スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜の答えはオレのハート
Wed.31.10.2012 Posted in 恋愛
『だからオレは、中に奴の好きな……
 白いハートのチョコレートの入ったこのアソートを選んだ』

2012_10_31_1.jpg

昨夜のエントリーの続きは以上。

白いハートのチョコレートはまだ食べていない。
オレが奴に食べさせるんだ。もっと夜が更けたらな。

左のお化けケーキは半分ぐらい食べた(笑)
お互いに「あーん」と相手に食べさせて、チョコレートクリームで甘くなった口でキスをした。1回や2回じゃなく、濃厚なのを何度も。抱擁し合って、足を絡めながら。

そして今は欲情中。
だが一息付いて、ちょっとした準備を整えてからパーティを再開。

今夜は夜が明けるまで楽しむぞ。
妖しく愉しく危うく、奴が眠くなっても寝かせない。

皆さんも引き続き楽しい夜を。
今夜は収穫祭の豊穣の女神にたくさんの幸運を贈られますように。そして、快楽の女神にも微笑んで貰えますように(笑)

おやすみ。

甘いお菓子やワインを口にした後のキスは美味しいね! と思われる方はバナーのクリックをお願い致します。美味しくてそのまま燃えてしまいます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。
スポンサーサイト

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ハッピーハッピーハロウィン!
Wed.31.10.2012 Posted in 恋愛
Happy Happy Halloween ♪
Trick or treat ♪

って事で今日はハロウィンだ。
オレはこの日が大好きなので昨夜から浮かれている。

ハロウィンのどこが好きかと言うと、愉快で陽気で豊かで破壊的で神秘的で淫靡な辺りだ。
日常の常識的観念をぶち壊すようなそんな雰囲気は祭りならではのものだよな。その辺は日本も欧米も変わらないようだ。

しかし今日はそのお陰で忙しかったぜ。
仕事は暇だったが、挨拶に行った一部ではパーティみたいな歓迎をしてもらってな。

ある事務所に行ったら、そこの奥様(50代のアメリカの方)にガバっと抱き締められてお菓子の包みを押し付けられた。いやはや、あんな歓迎をしてくれるなら、「お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ~♪」と言って事務所のドアを開けば良かった。オレもまだまだユーモアが足りないな(笑)

ところで今夜は、奴と2つの約束をしている。

1つ目は、自宅でハロウィンパーティをする事。
2つ目は、ある場所で……まだ内緒だ。

昨夜はワインを飲んで、少しだけ良い心地になっていた。

「明日はまたお前に悪戯しちゃおうかな……」

と意味深な目つきで言う奴に、オレはわくわくと淫らな期待をした。

「じゃあ貴方にお菓子はあげない」
「お菓子をあげると悪戯してもらえなくなるから?」
「その通り」

オレが素直にそう答えると、奴は笑ってオレを抱き締めた。
頭を撫でて、ピッタリと密着させた身体を少し揺らして、じわじわとオレを刺激した。

オレはまだ奴の許しがないと手を出せないのだが、奴はそんなオレの気持ちを知った上でやっていたのだろう。オレが下半身を興奮させていた事もちゃんと知りながら、意地悪をしてな。

「最近のお前は可愛いね。オレの気を引くようなことばかりをしている」
「反省しているんだ。気に入って貰えたか?」
「うん」

奴はそう言ってキスをした。
オレは嬉しかったが、『機嫌はすっかり直った』とは言ってくれなかったし、キス以上の事もさせてくれなかった。「もうちょっとで機嫌が良くなりそう」と言っただけで。

奴はいつからあんなに意地悪になったのだろうな?
オレは耳を垂らす犬の心境だった。
どんなに意地悪されても飼い主のことが大好きで、じっとそこに居て離れることはできなくてな。

「大好きなんだぞ」
「うん、判ってる」
「貴方は?」
「大好きだよ」

奴が眠りに就くまでキスをして頭を撫でた。

焦らされるは嫌いじゃない。
支配されるのも嫌いじゃない。
そうやってオレはずっと奴への気持ちを冷ますことを許されずに長い月日を過ごして行くのだろう。そうある事が自分の運命だったと思えるようになるまで。

でも、貴方の機嫌が良くなったら、少しは貴方の方からオレを求めてくれるだろうか?

マゾヒストは支配されて尽くす存在だ。
けれどそれでも、時に相手に深く求められて安心したいものだ。

ちょっと寂しい。

だからもう調子には乗るまい。後でこんなに寂しくなって必死になるぐらいなら、初めから貴方を悲しませたりはしない。貴方もきっと、あの時はこんなに寂しい気持ちになったのだろうな。

という訳で、今夜は楽しく過ごすぞ。
奴が「楽しくて機嫌が直った!」と言ってくれるようにな。そうなるまでは落ち込んでいる暇はないぜ!

今夜はハロウィンパーティをする方も少なくないだろうな?
千代田区~港区界隈でも、ハロウィンのデコレーションやケーキの箱を持っている人がたくさん居た。

皆さんもそうかな?
今夜は魔法に掛けられたように楽しく過ごせるように祈ってるぜ!

では、また時間があれば夜に。
時間はないかもしれないが、昨夜のチョコレートだけでも(笑)

今夜はきっと Happy Happy Halloween ♪ と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。皆さんの過ごす夜も、愉快で陽気な精霊さんに祝福された楽しいものとなりますように!(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

お菓子をあげます 愉快な悪戯をお願いします
Tue.30.10.2012 Posted in 恋愛
今夜はちょっと時間がないので短信にて。
忙しいのではなく、お家デートでな(笑)

さて、今日は定時に上がって作ったぞ。
生まれて初めてボルディエバターを使って料理するので他の材料にもこだわって作ってみた。

そして出来上がったのが、この、バターとチーズのスパゲティ!

2012_10_30_1.jpg

★背後にはサーモンとレタスのサラダ。そして……? レシピはこのエントリー最後の <今日のレシピを見る> からどうぞ。

バターの味を最高に引き立てる素朴な味付けにしたが、大正解だった。

自分で言うのも何だが物凄く美味しく仕上がった。
オレの料理が成功したというよりも、素材の良さで勝ち取った美味しさだったな(笑)

今回使ったボルディエバターは、オレ個人の好みとしては、あのエシレバターよりも格上だった。

奴と一緒に「良い味だなあ」と、しみじみと味わった。

そして、風味豊かなバターとチーズとオリーブに刺激されて、どうしようもなくスパークリングワインが欲しくなって特別に一杯だけ飲んでしまった。あの三種の味が揃うと逆らえないよな(汗)

「ダメだ、どうしても飲みたい、冷蔵庫に冷えてるミニボトルがあるよな?」
「オレだけ飲もうかな」
「恨むぞ!」
「あはは、一緒に飲もう」

という感じでな。

料理が上手に出来たのも、特別にワインが飲めたのも嬉しかったが、奴がニコニコと美味しそうに食べてくれたのが何よりも嬉しかった。
奴はスパゲティだけでなく、サーモンとレタスのサラダも、お化けへのお菓子も気に入ってくれたからな。

そうそう、お化けへのお菓子はこれにした。
オレは大切なお願い事をするので奮発してやったぜ。

2012_10_30_3.jpg

お化けの食べ残しは、奴とオレが一緒に頂く事になっている(笑)

高級なイメージのゴディバも、ハロウィンには可愛らしいキャンペーンをやっているんだな。こんなキーホルダー(別売)をラッピングに付けてくれるなんてちょっと意外だった。

余談だが、
オレの隣にいた男性客は、自分の子供達にあげるつもりなのか、3つほど買って全てにキーホルダーを付けてもらっていた。
あのお父さん一家も明日は楽しいハロウィンになったら良いな。子供たちの為に美味しいお菓子を奮発したのだからな(笑)

ちなみに、そのハロウィン限定キーホルダーは奴に貢ぐ事になった。
初めからそのつもりだったし、奴も思い出に欲しいって言ってくれたしな。

だからオレは、中に奴の好きな……と、この先は明日のエントリーで書こう。チョコレートの箱は明日開く予定なので、中の写真を添えてな。

おっと、短信の予定が長くなった。

これからムーミンを観るんだ。
昨夜オレが買ってきた紅茶を淹れて、奴が買って来たクッキーをつまみながら。
今夜の話ではスナフキンがどんな素敵な事を言ってくれるのか楽しみだぜ。

もう23時だが、奴は今夜、超特別に夜更かしをするそうだ。
と言っても、まあ、せいぜい30分ぐらいだろうな(汗)

という訳で、皆さんも引き続きハロウィン・イヴをお楽しみ下さい。
明日のハロウィンには妖しくて愉快な幸運がいっぱいやって来るように応援しています!

では、今夜も眠られる時にはゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

気前の良いお化けが願い事を叶えてくれる良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。願いが叶ったら明日は最高のパーティになるでしょうね(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

本当はもう……なんだろう?
Tue.30.10.2012 Posted in 恋愛
「今夜は本当に大丈夫? もしも忙しかったら……」
「大丈夫。最後の仕事が終わったら直帰できるようにしておいた」
「そう? じゃあ楽しみにしてるね」

奴はオレに『行ってきます』のキスをして玄関を出た。
そして何度か笑顔で振り返って手を振った。

自分で言うのもなんだが、仲睦まじい朝の光景だ。
とても奴がまだ完全に機嫌を直していないとは思えない(笑)

楽観しすぎか?
いいや、でも調子には乗るまい。

『本当はもう機嫌は直っているんだろう?』と、そんな事をオレから訊くよりも、奴の方から言って欲しい。
『もうすっかり機嫌は直ったよ』と、上機嫌の笑顔で。

今夜は何が起ころうと定時で帰るぞ。

今夜はワインも用意しようと思ったが、真っ赤なそれを飲むのは明日の方が良いよな?
あとケーキも。カボチャをデコレーションしたそれをテーブルに飾るのも明日の方が良さそうだ。

今夜はハロウィン前夜祭のハロウィンイブだ。
こじんまりとした手料理を食べて、紅茶を飲みながらほのぼのとムーミンを観て、奴と暖かく過ごしたい。

そして明日のハロウィンパーティが成功するように陽気なお化け達にお願いしておこう。
明日はちゃんとお菓子を用意しておくから、奴がニコニコ顔でオレに「許してあげる」と言ってくれるますように! と。

では、皆さんも引き続き楽しい午後をお過ごしください。

年甲斐もなく早くも浮かれているオレだが(笑)、今夜のハロウィンイブも明日のハロウィンも愉快に過ごそうな。美味しいワインや料理を楽しみながら。

では、また時間があれば夜に。

今夜の料理を楽しみにしてるよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。かなり簡単で失敗のないレシピですが、より美味しく出来るように頑張ります。レシピのお披露目もします(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

パーティの時間は近い
Mon.29.10.2012 Posted in 恋愛
間に合わなかった。

予定では18時半に会社を出て、買い物をして、19時半には帰宅して、20時には料理が完成するハズだった。

だが、相談を持ちかけてきた後輩が遅刻した。
仕事の都合での遅刻だったので仕方がなかったが、それでも「ああん、もう焦らさないでえ!」とヤキモキした。

結局、焦らしプレイが終わったのは21時。
会社の近くのスーパーが閉まる時間だった。
もっともまだやっていたとしても、22時過ぎにご馳走を作らても奴は困っただろう。

「ごめん、本当にごめん。こんなに遅くなった」

相談が終わった直後、オレは奴に電話を入れた。

悩み相談が決まった時にもメールで『話の内容によっては、もしかすると遅くなって夜ご飯が作れないかもしれない』と伝えていたが、つい先日もオレは自分の都合で予定を変更して奴に怒られたばかりなので、かなりハラハラしながらの謝罪となった。

だが、意外にも奴はあっさりと許してくれた。『そんな内容の相談なら長くなっても仕方がないよ。お疲れ様』と言ってくれて。

オレはホッとしたと同時に嬉しくなって、数年に一度するかしないかの長話をした。といっても2~3分ぐらいだったが。

「紅茶は昼間に買っておいた。あとは、何が欲しいものはないか?」
「大丈夫だよ。お前が事前に連絡をくれたから、念の為に生ハムやチーズを買っておいた。美味しそうなクッキーもね。早く帰っておいで、一緒に食べよう」

奴の美味しそうな言葉に刺激されて急に腹の虫が鳴った。
そういえば今日は昼に天麩羅蕎麦を食べたきりで、空腹を我慢して相談に乗っていた事を思い出した。後輩に『お礼に何かどうですか?』と食事のメニューを差し出されたが、今夜は奴と食事をする約束をしていたからな。

食事は空腹の方が美味しい。
せっかくの美味しいバターを使った料理、そして奴がとても楽しみしてくれた食事なのだから、今夜は思いっ切り空腹で帰宅しようと決めていた。

残念ながら今夜はバターとチーズの○○○○○は作れなかったけどな。

しかし奴の用意してくれた生ハムとチーズを(あとレタスとジャガイモも)、軽く焼いたバケットに挟んで食べたら物凄く美味しかった。
そしてクッキーも、温かい紅茶と一緒に食べたら腹の底から幸福感が込み上げてきた。

明日は必ずオレが作ろう。
明日もお昼の後は何も食べないで、お腹が鳴るぐらい空腹で帰ってな。
奴にそうするように伝えておくか? 「その代わり期待して良いぞ!」とか自信満々に言ってな(笑)

「ごちそうさま、美味しい紅茶だった」
「明日は早く帰るから、また食後に飲もうな」
「今夜はもう遅くなっちゃったから、明日こそムーミンの続きを観ようね」
「ああ、必ず」

指切りの代わりに奴を抱き締めて髪を撫でた。
そのまま今日の出来事などを話す奴からは、香ばしいクッキーと紅茶の香りがした。

ちょっと欲情した(笑)

奴の部屋にはニャンコ先生が増えて、ムーミンの絵本やフットライトも増えて、ますます良い感じになったからな。

そんな部屋の中で奴が猫耳を付けていると本当に可愛んだ。ローズ色の縁のメガネを掛けて、ピンクのラバーのミニスカートなどを穿くとますます可愛い。そろそろ寒くなってきたから白猫のきぐるみなども良いかもしれない。

決して幼い感じの可愛さではなく、美形だがエロフェティスト的な変態臭いオカマの……と、これ以上は言うまい。オレのその辺のマニアックな趣味は、もう皆さんはお判りだと思うしな(笑)

明日は何が何でも美味しい料理を作って、奴に機嫌を完全に直してもらおう。
そうしないとそろそろ限界だ。
先週はフェティッシュパーティーに行けなかったら、今週はお家でそういうパーティが出来たら良いな。

という訳で、いよいよ明後日はハロウィンだ。
皆さんも楽しく準備をして、当日は美味しいお菓子を召し上がって下さい。大人の方も子供に戻って(笑)

今日はお疲れ様でした。
明日も充実した良い1日になるように応援しています。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

明日こそ美味しい料理を作って完全に許してもらえるように頑張れ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。明後日のハロウィンを思えば失敗は許されないな。命を掛けて頑張ります!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ホットな約束
Mon.29.10.2012 Posted in 恋愛
昼間のちょっとした揉め事が片付いて、ごきげんよう。

まあ、会社だろうと学校だろうとサークルだろうと、人が集まれば決まって色々と問題が起きるものだ。
今日の問題は比較的軽く済んで良かった。酷い時には……というネガティブな話題は横に置いて、マグカップだ。

オレと奴は今日、先日オレが買って来た新しいマグカップを会社に持って行った。

奴の部署とオレの部署のフロアは違っていて、それぞれの部署が利用している給湯室も違う場所にあるで、オレの不安は過剰な取り越し苦労であったように思えた。

オレが自分のカップを持って奴の部署にお邪魔しない限り、オレ達が同じブランドの似たカップを使っている事はバレないだろう。
オレ達を疑っている人が居る場合はその限りではないが、まあそんなのは居ないだろう。

しかし、面倒くさいよな。

もう慣れたとはいえ、オレはマゾでゲイだが猟奇的変質者ではない。単に生まれと育ちとの影響で男の身体が好きになって、だから当然のように同性と付き合っているだけなんだが。
とは言え、そうした人間に対して生理的嫌悪感や軽蔑の念を抱く人間もいるし、そんな事が仕事に影響を及ぼすのも事実だ。

「でも会社にこんなに良いカップは勿体無かったんじゃない?」
「そうか? スーツを着ている貴方をイメージして選んだんだけどな?」
「……そうなの?」

奴は照れたようにニコニコと笑った。
そんな顔をすると途端に少年ぽくなる奴だが、それでも『チャーミングな紳士』というイメージであるのがオレ好みだ(笑)

「今日は寒いから、会社に着いたら新しいカップで熱いココアでも飲みたいな」
「オレもそうしようかな」

今日は残念ながらオフィスで奴に会う用事はない。
だから同じものを飲む約束を交わした。家を出て、寒い秋風に身体を竦めた後に、奴とキスを交わしながら。

ところで、昨日の発酵バターのレシピを決めたぞ!

だが帰りに材料を買って料理するヒマがあるかな?
今日は夜も暇で早く帰宅できるハズだったが、後輩に悩み相談を持ち掛けられた。職場での人間関係のトラブルは辛いものだから、「後日にな」とは言えなかった。

どうにか間に合って、特上のバターとチーズの○○○○○を奴に食べて貰えたら良いんだがな。

奴に頼まれた紅茶を買って、ケーキも買って、今夜はそんなこじんまりとしたご馳走を食べながらムーミンの続きが観たいぜ。昨夜からオレはスナフキンに痺れっぱなしだ(笑)

上手くバターとチーズの○○○○○ができたらレシピをお披露目します。初めて作る料理だが頑張るぞ!

皆さんも引き続き充実した午後をお過ごし下さい。
午後もたくさんの楽しい事がありますように。

では、また夜に。

今夜作れたら良いね、頑張ってね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。仕事をサボりまくって一生懸命にレシピを考えたので、今夜作って奴に食べてもらいたいです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ハッピーハッピープレゼント
Sun.28.10.2012 Posted in 恋愛
今日は昼過ぎに実家に行った。

一人で行って夜に奴と合流してご飯を食べるつもりだったが、奴が急に「オレも行って良い? 買いたい物が出来たんだ」と言ったので一緒に行く事になった。

「買い物って?」
「お祖母さんからメールが来たんだけど、今年の向こう(デンマーク)は物凄く寒いんだって。先日は気温が1℃だったとか」
「1℃!?」
「うん、だから温かいセーターでも贈ろうかと思ってね」

オレ達は実家に行く前に百貨店に寄る事にした。

オレも母にニットのストールを買った。
11月に入ってからで良いかと思っていたが、この数日は急に寒くなったので少しでも早く届けたくなった。祖母さんを案じる奴の気持ちに影響されたのかもしれないが……。

母の面会に行って、実家に行って用事を済ませた。

実家を出る時に妹に荷物を渡された。
一つは妹からで、先日のTDRのお土産へのお礼。
もう一つは友人からで、中身は秘密のプレゼント。
もう一つは同じく友人からで、中身は奴の大好きなプレゼント。

「何だろうね?」
「開けてみるか?」
「オレが開けても良いのかな?」
「どれも『オレ達に』って感じで受け取ったものだから大丈夫だぞ」

オレがOKすると、奴は嬉しそうに包を開いた。

まずは妹からのプレゼント。
紙袋を開けると、なんと、ムーミンのDVDとフットライトが入っていた!

「こんなに可愛いのを貰っちゃった!」
「妹ちゃん気が利くぜ、良かったな」
「ふふ! 今夜は一緒にDVDを観ようよ」

奴は妹からのプレゼントを胸に抱えてニコニコした。
奴のそんな顔を見られるのはオレも嬉しいが、なんだか昨夜のデートよりもずっと嬉しそうで仄かな嫉妬心が込みあげた(汗)

「次は箱のを開けてみるね」
「ああ」

その箱の中身はオレは知っていた。だから奴の反応が楽しみで、運転をしながらニヤニヤしてしまった。

奴はテープをビーっと剥がした。
そして箱を開いて「あ!」と言って、中からプレゼントを取り出した。

「ははは、気に入ったか? 大きいニャンコ先生と、小さいニャンコ先生と、あとニャンコ先生のティッシュカバーもあるみたいたぞ?」
「へえ、こんなものまであるんだ。抱きしめるとふかふかする! 帰ったらすぐにティッシュを入れてみる。ぬいぐるみはこんなにたくさん入ってたよ!」

奴は大喜びで、しきりに感動していた。
けれどオレはその隣で、密かに先日のエントリーを思い出していた。

今回頂いたニャンコ先生のぬいぐるみも、きっとまたあんな使われ方をされるのだろうな……と。
奴の部屋のベッドに飾られたら最後、その運命からは免れられない。奴のベッドに新しいぬいぐるみが追加される度に、何故かオレは狼になるのだから。

オマケに今回はティッシュボックス付きだ。
こちらは汚さないように気をつけよう(何で汚れる心配をするかというと、それはご想像にお任せ致します)

「もう一つのプレゼントは?」
「開けてみるね」

奴はガサゴソと最後の包みを開けた。

なんとそれには、フランス産のボルディエバターが入っていた! しかも、有塩・無塩・海藻入りと三種類も!(フランスの3つ星レストランでも使われている発酵バターです)

「わあ! これもまた良いものを貰ったちゃったね!」
「良かったな、きっと美味しいぞ! もうなんてお礼を言ったら良いのやら」

こちらはオレも全く中身が判らなかったので驚いた。
オレと奴の食べ物の趣味を知り尽くしたようなサプライズだった(笑)

「どうやって使おう? パンに塗るだけでも美味しそうだけど……」
「料理に使って、もしも失敗したら首を括りたくなりそうだ……」
「やめてよ」

取り敢えず自宅に帰ってから有効的な使い方を検索してみる事にした。

だが、奴はフレンチ系のベーカリーでバケットを買って、それに塗って食べてみたいと言い出した。

「でも、今夜は鉄板焼を予約してるぞ?」
「ちょっと味見程度に塗って食べるだけだから。ちゃんとご飯を食べた後に」
「そうだな、オレも一口食べたい」

という事で、鉄板焼き屋ではワインとデザートを抜いて、帰ってからボルディエバターの味を堪能する事にした。

2012_10_28_1.jpg

本当はこの週末もワインは金曜日に飲むつもりだった。だがオレが馬鹿な事をしたせいで飲めなかった(汗)

その代わり、今夜飲むことにした。
リビングの大きなソファでくつろぎながら、ムーミンのDVDを観て、カリカリに焼いたバケットにボルディエバターを塗ってサクサクと食べながら。

昨日の失敗は、今日の幸運を前に準備されたオレへの意地悪だったのかもな。
そう思えるぐらい今日は楽しい1日だった。

意地悪というよりも配慮か?
悪い事があった翌日に良い事があると、余計に幸せを感じるものだからな。

2012_10_28_2.jpg
ニャンコ先生のぬいぐるみと妹からのプレゼントは画面に入り切らなかったので、また後日に。

ニャンコ先生は可愛かったし(奴は頬擦りしてずっと抱っこしていた)、
ボルディエバターはうっとりするぐらい美味しかったし、
ムーミンのDVDはとても良かった。

オレがムーミンを観たのは遠い昔でストーリーのほとんどを忘れていたが、スナフキン、あいつは良い男だな! ムーミンもメチャクチャ可愛かったしな。

DVDはシリーズで出ているので、全て揃えようと奴と約束した。
オレと奴とで半分ずつ買ってな。
そして一緒にいる夜に少しずつ観る事にした。

「……ワインも良いけど、美味しい紅茶が飲みたくなるね」
「オレもそう思っていた」
「明日、美味しい紅茶を買って来て。紅茶はお前の方が詳しいから」
「良いぞ」
「ありがとう。明日の夜はその紅茶を飲みながら、またムーミンを観て、このバターを塗ったバケットを食べたら、それだけで上機嫌になりそうだ」

思わずオレはニヤッと笑った。
奴もニッと笑った。

明日は比較的ヒマな日だ。
仕事が終わったら一番美味しい紅茶を買って夜のティータイムの準備をしよう。

あと、せっかくの発酵バターがあるし、それで何か作れたらもっと良いだろうな。
明日は仕事をサボってレシピを探しまくってみるか!

という訳で、ホットなプレゼントのお陰で明日も幸せに過ごせそうだ。

プレゼントってそういうものなんだよな。本当に有難い。
何を頂いてもオレは嬉しいぞ。楽しい気持ちになれるし、奴と一緒に喜べるからな。

今日の3つのプレゼントのお陰で奴の機嫌はほとんど直ってしまったような気がするが、明日もご機嫌取りを頑張ろう(笑)

皆さんも今日は楽しい日曜日を過ごされたか?
明日は平日最初の月曜日だが、明日も幸運な事がたくさんあるように応援しています。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

<お知らせ>
別館の『ラグナ写真館』のURLが変更になりました。
ブックマーク等に登録して下さっている方は、お手数ですが新しいURLへの変更をお願い致しますm(__)m
今後もポツポツと更新して行きますので、たまに覗いて頂けたら嬉しいです。

明日も奴とのムーミン時間を楽しく過ごしてね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。明日はほとんど1日仕事をサボってしまいそうです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今夜のデートが失敗でも
Sat.27.10.2012 Posted in 恋愛
奴の買い物に付き合った後、オレ達は夜ご飯を食べることにした。

「何が良い?」
「温かいものが食べたい」
「良いぞ。今夜は寒いからな」

オレはちょうど良い店を思い出して車を走らせた。
奴がまだ食べたことのない(そして食べてみたいと言っていた)、『ちゃんこ鍋』の店に向かって。

だが、到着してみればそこは別の店になっていた。普通の中華レストランに(汗)

「あれ、なくなったのか? 美味しい店だったんだけどなあ」
「あーあ、とっても残念」

相撲不人気の煽りを受けて閉店になったのかもしれんな?
当時は接待にも使われていた人気のある店だったのに、飲食店の世界も諸行無常だ。

仕方がないので、その近辺の店に入る事にした。
その辺りにはたくさんの店が並んでいるので、すぐに手頃な店が見付かるだろうと思った。

確かにすぐに見付かった。
店構えの良いイタリアンレストランだ。

だが、ピッツァは焦げ過ぎて苦くて、店構えに反して騒がしい大声が飛び交っていて、オマケに、食べ始めて10分ぐらいしたらいきなり「混雑してきたのであと1時間で食べ終わってお帰り下さい」といった事を言われた。

あんな扱いをされたのは初めてだったぞ(汗)
そういう事は入店前に言うものじゃないのか?
イタリアンでワイン付きのコースを頼めば(飲んだのは奴だけだったが)、ドレスコードのある店なら2時間、そうでない店でも1時間半は必要だ。

さすがに外面の良いオレもムッとした。
奴も「良いよ、混んでいるんだから」と言っていたが、やはりつまらない気分になってしまったと思う。

オレ達は60分で食事を済ませて店を出た。
休日の夜に外で食事をすれば、いつもは楽しくてヌクヌクとした気持ちになるものだが、今日は寒々としてしまった。

「寒いな」と、オレは皮肉を込めて言った。
「まったくだね」と、奴はオレの気持ちを察したように笑った。

1.jpg
(写真は違う日に撮影したものです)

そのまま帰るのもつまらないので銀座に出た。
口直しに雰囲気の良い喫茶店で珈琲でも飲もう、という事になって。

その途中、ある洋菓子店の前を通った時、美しくデコレーションされたクリスマス用のケーキのサンプルを見付けてオレは立ち止まった。

奴も立ち止まってオレの隣でそのケーキを眺めた。そして、「去年はブッシュ・ド・ノエルだったけど、今年はこういうケーキにしようか?」と言った。

オレは嬉しくなった。
奴の機嫌はまだ完全に直った訳ではないのだろうが、それでも奴はオレとクリスマスを過ごす事を考えてくれて。

「貴方はこれが良いのか?」
「美味しそうでしょう? サイズも手頃で、綺麗だし」

じゃあこのケーキを注文したら貴方は機嫌を直して、今年のクリスマスもオレと一緒に過ごしてくれるか?

オレは奴にそう質問しようとした。

だが止めておいた。
奴が当たり前のようにオレと過ごすと思ってくれているなら、オレも同じようにそう思いたくなった。

仲違いしても、不機嫌になっても、特別な日に一緒に過ごすのは当たり前。
オレも奴とはそんな関係でいたいと思ったから。

「候補の一つにしておくか。まだ決めるのは早いだろう? この先もっとたくさんのケーキを見るだろうしな」
「そうだね。ブッシュ・ド・ノエルもやっぱり捨てがたいし……」
「31のミッキーのアイスケーキも忘れるなよ」
「そうだった! 去年は買いそびれて悔しかったんだよね!」

オレ達はケーキの話に夢中になりながら喫茶店へと向かった。
そこでもっと、ハロウィンやクリスマスの話を盛り上げたいと思った。

今夜のフェティッシュパーティはキャンセルになって、食事デートも失敗してしまった。だから次のデートは絶対に成功させて、今度こそ思いっきり奴に楽しんでもらって、すっかりと機嫌を直して貰いたいと思った。

機嫌うんぬんは横に置いても、奴が大喜びしている顔は可愛いからな。きっとオレはそれが見たいんだ(笑)

という訳で、今夜のデートは散々で立場がなかったぞ(汗)

今日は恋愛運が最悪だったに違いない。明日も奴と外出する予定なので、その時にはお不動様のお守りでも持って行こう。恋愛に勝運のお守りが効くかどうかは判らないが。

さて、土曜日の夜はまだまだ長いぞ。
皆さんも引き続き楽しい夜をお過ごし下さい。

明日の日曜日も幸運に満ちた1日になるように応援しています。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

次回のデートはきっと成功するよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。前向きな励ましをありがとうございます! 次回は絶対に楽しいデートにしてみせます。ハロウィンも近いですからね(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

焦らし上手で意地悪な猫
Sat.27.10.2012 Posted in 恋愛
夜の外出の前に、ごきげんよう。

今日は休日だったが朝は早く起きた。
規則正しい生活を奴にアピールして点数を稼ぐ為に(笑)

奴よりも早く起きてiPhoneで遊んだ。
そして奴がそろそろ起きる頃には遊ぶのを止めて、奴の髪を優しく撫でた。

「……おはよう、早いね」

奴はそう言ってオレの手を握った。

「起こしたか?」
「もう起きる時間でしょ?」

奴のその台詞に、オレは思わず笑った。
休日にも起きる時間を決めている人間と恋愛関係になったのは初めての事で、はじめの頃はとても新鮮だったし違和感もあった。

「なに?」
「いいや」

首を傾げる奴に、オレはキスをした。
すると奴は「あ」と言って、オレの肩を軽く抑えた。

「まだキスもダメか?」
「んん……、どうしよう」
「キスだけでも許して貰えたら嬉しいぞ」
「キスだけで良いの?」
「セックスも許して貰えたらもっと嬉しい」
「喧嘩している最中も性欲は止まらないね」
「本当だ」
「こら」

奴のそれに手を伸ばせば、それはオレと同じようになっていた。
オレ達は笑いながら今だけは昨日の件を有耶無耶にする事にした。

けれど、奴はしっかりと意地悪だった。
オレには動くなと命令して、自分だけが好きな事をした。オレが奴の身体を感じさせたくてたまらない気分になっているのを知っていて、そうやってたっぷりと焦らしてくれた。

「オレも貴方にしたい」
「ダメ。お前には暫く勝手なことはさせないって決めたんだ」
「でもそうされたら貴方も感じてくれるだろう?」
「そうだね。でも今はダメ。お前は良い子して、オレに感じさせられていなさい」

奴は時折、猫のように吊り上がった大きな目でオレを眺めていた。
そのブルーの瞳はとても綺麗だったが、オレの我儘を許そうとする甘さは少しも浮かべなかった。

絶対命令とあっては仕方がなかった。
それに奴にそんな刺激的な事をされて気持ちも良かった。

だが、奴に奉仕をして奴の感じている姿を見るのがオレの無上の歓びであり興奮だ。
早いところ奴のご機嫌を完全に直さないと、精神的欲求不満で頭が爆発するかもしれん。

「本当に最後までダメだったな……。許してくれると思ってたのに。でも貴方は満足してないだろう? 今からオレが奉仕するぞ?」
「気付かなかったの? お前を口でしながらずっと自分でしていたんだ。だからスッキリ」

スッキリって……ああ、奴はなんて意地悪なんだろう(泣)
奴の絶頂のほとばしりと、そうしている時の姿が、どれほどオレを歓喜させるのか、きっと奴はまったく判ってはいないのだ。

早く奴のご機嫌を直してきっちりと判かって貰わないとな。
完全に許して貰ったら、その日は仕事も何もかも放棄して寝室に閉じ篭もるぞ。

という訳で、今日のオレは甲斐甲斐しく奴の好きな料理などを作った。
そしてこれから外出して、奴が行きたがっていた新規オープンの店に行ってみるつもりだ。

まあ、こんな奴隷状態も心地が良いものだが(実は普段とそう変わらない?)、やはり奴に「ぜんぶ許すよ」って早く言って貰いたい。

オレは昨日からずっとそれだけを願っている。
どうかこの休日中に、その願いが叶えられますように。

という訳で、行ってきます。
皆さんも引き続き楽しい土曜日の夜を。
ハロウィンパーティをされている方は、愉快にお化けと遊んで下さい(笑)

■そしてここで当選のお知らせです!!

ka~nさん、正解です! ボン・ヴォヤージュからランド方向に少し行った所にあるアーチの内側でした。

良くお判りになりましたね。実は先日のインパでオレも初めて気付いて、なかなか素敵だったので写真に収めて来ました(笑)
お約束通り、クリスマスインパの際にはkaさんのハッピー&ラッキーをたっぷりとミッキーサンタさんにお願いして来ます。年末も来年もたくさんの良い事はありますように!

そして全ての皆様にお詫びです。
実際にインパしないと判らないような出題をしてしまって申し訳ありませんでしたm(__)m
もちろん皆さんのハッピー&ラッキーも心からお願いしてきます! 楽しい年末を過ごして、幸運いっぱいの新年を迎えましょう!

早く奴がご機嫌になって、クリスマスインパも2人で楽しく行けたら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。今夜も明日も奴に尽くします。そして楽しく過ごして、奴に楽しい気持ちになってもらいますあ(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ほんの少しの勇気
Fri.26.10.2012 Posted in 恋愛
奴と半分一緒に暮らすようになってもう2年になる。

自分の手で奴のマンションのドア開けて「ただいま」と言う習慣は、はじめの頃は照れ臭かったが、今では当たり前のようにするようになっていた。

だが今日は、久しぶりに落ち着かない気持ちだった。

『勝手にドアを開いて良いのか?』
『たたいま、なんて言うのは図々しくないか?』
と、2年前に戻ったように、そんな事を思って戸惑った。

「……ただいま」

と遠慮がちに言ってみれば、「お帰り」と奥の部屋から奴の声が返って来た。

奴はいつものように玄関まで出迎えてくれなくて落胆した。
しかし、今はそれで当然なのだと思い、また甘い事を考えてしまった自分に反省を促した。

だが、少しして奴は出て来てくれた。
オレが廊下を歩いて自分の部屋に入ろうとした時に。

奴はもう一度「お帰り」と言った。そして、「猫のブラッシングをしていて手が離せなかった」と付け加えた。

オレももう一度「ただいま」と言った。
いつもならそこで挨拶のキスをするのだが今日は出来なかった。奴が来てくれたからといってすっかり元に戻ったように振る舞うのは、さすがに図々しく思えて気が引けた。

だが、その代わり、銀色の包装紙に包まれた箱を奴に差し出した。「会社で使って欲しい」と言って。

「会社で? ここで開けて良い?」と奴に訊かれて、オレは頷いた。奴が気に入ってくれる事を願いながら。

「ペアのマグカップ? あ、同じブランドで似ているけど模様が違うね。2つともオレに?」
「一つは貴方の、もう一つはオレの。マグカップを替えたいってちょっと前に言ってたよな? だからオレもついでに替えようと思って」
「でもお前は、そういうのはバレるかもしれないから避けたいって……」
「考えすぎだった。趣味が合う者同士だって思われるぐらいは構わないだろう。同じブランドが好きで、休日にはたまにそのショップに一緒に行くぐらい仲良しだって思われるのも」

奴は少し驚いた顔をした。
それから2つのカップを手に取って、「お前はどっちが良い?」と訊いた。

オレは片方のカップを選んだ。
奴は残った方のカップを両手に持って、「そう思われても良いんだね?」と言って微笑んだ。

オレは頷いた。
奴は「ありがとう、お前がそんな風に思ってくれて嬉しいよ」と言った。だがこう付け加えた。「でもそれ以上は無理しないで。このカップをお前と使って仲良しだと思われるだけで十分だから」と。

奴はとてもオレの立場を考えてくれる。オマケに、たったそれだけの事で喜んでくれる。
だからオレは物悲しくなった。奴と比べてオレは愛情も配慮も足りなくて、奴になんて惨めな思いをさせてしまったのだろう……と。

「受け取ってもらえて良かった。着替えてくる」

今は一人で反省したくて、オレは自分の部屋に入った。
そして思った。大切な人に喜んで貰えればオレもとても幸せな気持ちになるものだと。

今日知った、その思いは忘れないようにしたい。

正直に言えば、会社で似たようなカップを使う事には抵抗があった。
だが、きっとそれはオレが過剰に(自分の立場を案じる余りに)不安になっていただけだ。
現に世間にもオフィス内にも流行というものがあって、似たようなカップを使っている人間は何人もいるのだからな(苦笑)

完全に仲直り出来るまで、オレはもう少し奴の事を知ろう。

明日はどうしような?
また貴方が喜んでくれる事ができたら良いな。
貴方の好きな料理を作るのも良いかもしれない。

という訳で、初心に戻って勉強中だ。
実はハロウィーンフェティッシュイベントは明日の夜なのだが、そんな初診プレイを楽しむのはもう少し後の方が良さそうだ(笑)

今夜はサラリと短く書くつもりだったが、また長くなって申し訳ない。

こんな文章でも読んで下さる皆さんに、改めて感謝いたします。
オレはすっかり前向きになったのでもう大丈夫です。気にして下さって、気遣って下さって、本当にありがとうございました。

金曜日の夜は長くて、まだまだ終わらない。
引き続き楽しい夜をお過ごし下さい。
明日の土曜日にもたくさんの良い事があるように祈っています。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

良いプレゼントをしたと思うよ!奴との関係もカップも大切にね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。茶渋が付かないように丁寧にキレイに洗って大切にします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

貴方にプレゼントしたいものが出来た
Fri.26.10.2012 Posted in 恋愛
「起きて」

と奴に身体を揺さぶられてオレは目を覚ました。

昨夜は奴の部屋の前に布団を持って来て寝たのだが、2時過ぎに眠った上に時計をセットし忘れたので、奴よりも先に起きることが出来なかった。

オレが身体を起こした後、奴はオレから視線を逸らして溜息を吐いた。

奴の機嫌はまだ直ってはいなかった。
甘い気持ちでいたオレは落ち込んだ。もしかすると奴は、一晩眠って、今朝のオレの姿を見たら、『もう良いよ』と言ってくれるかとしれないと期待していたから。

「昨夜は本当にすなまかった。もう二度とあんな事はしないし、貴方をもっと大切にする」

朝になっても許してもらえなかったことで不安が膨らんだ。
もしかしたらもう許して貰えないかもしれない……? とオレは思い、切羽詰まりながら謝罪の言葉を口にした。

こんな時、いつも奇妙に思う。
仕事ではいくらでも上手い事を言えるオレなのに、奴を相手に不安になると何を言ったら良いのか判らなくなる。
言葉を使って話をするのはオレの特技だとも言えるのに、どんよりと心が重くなって頭が動かなくなる。

奴を不幸にした時はいつもこうだ。
後悔して、焦って、不安になって、腹ただしくなって、暗くなって、良いところが一つもない気分に落ち込む。

「……昨夜は、オレは久しぶりに料理を作ろうと思って楽しみにしていたのに、お前はそうじゃなくて、カップの事だって……」

オレが言葉を区切った時に奴がそんな事を言った。
その言葉に対してオレは更に謝るしかなかった。頭を項垂れて。

「すまなかった。でも違うんだ、オレだって楽しみにしていた。でも昨夜はしゃぶしゃぶでも良いかと思って……貴方の好きなものだったから。あと、カップも、もう忘れているかと思ってな……」

オレはそんな事を言ってしまってから、その非常に責任逃れくさい内容に自分でうんざりした。
言わなければ良かったと思った。ただ「ごめん」とだけ謝っていれば良かったと。

「違ってない。お前はオレほどには楽しみにしていなかった。だからお前は約束を破って、オレは悲しくなった」

奴のその言葉はとても重かった。
本当にオレは奴の手料理を楽しみにしていたのだが……だが、結局そういう事になるのか?

けれどオレはそれを認めたくなかった。というか、それでは駄目だと思った。本当にもう二度と、奴にそんな事を思わせてはいけないと。

オレは奴の事をとても大切にしているつもりだった。
確かに昨夜は、オレの気持ちは奴よりも小さかったのかもしれない。だがそれでオレの愛情までも同じだと思われるのは嫌だった。

「昨日は本当にすまなかった。オレが悪かった。だけど、それでオレの気持ちを疑ったりしないでくれ。本当に貴方が好きなんだ。貴方に捨てられたら死ぬ。仕事も全部どうでも良くなる。本当だぞ」
「お前は自分の気持ちをオレに判って欲しくてこんな所に眠たんだよね? でもこんな事をされるより約束をちゃんと守ってくれる方がずっと嬉しいよ」
「ああ、そうだな。そうだった、すまなかった」
「オレに判って欲しいと思うなら、後からそんな必死になるんじゃなくて……」
「判った。いつも貴方の事を一番大切にする。二度と勝手に約束を破ったりしない」

奴はオレの顔をじっと見詰めた。
オレは奴を抱き締めてしまいたかったが、今は奴の目をしっかりと見つめ返していなくてはいけないように思えてじっとしていた。

やがて奴は眉間にシワを寄せて苦笑した。
それまで奴はほとんど無表情だったので、オレは少しホッとした。

「まったく、もう。本当に、昨夜は悔しかったんだから」
「すまない。許してくれるか? 別れようなんて言わないか?」
「別れるつもりなんかないよ、始めから。でも……もう許してあげるけど、オレの機嫌はまだ直ってないからね」
「どうしたら直る? なんでもするから」
「お前がもうオレを寂しがらせないでくれたら、その内に治るのかも」

オレは「判った」と言って奴を抱きしめた。
奴は頷いた。「機嫌が治ったら完全にお前の事を許す」と言って。

確かに、感情とはそんな風に複雑なものだ。

相手を許したとしても、それで気持ちが晴れるとは限らない。
どんなに好きな相手の事だって許し切れなくて辛い気分になる時もする。
好きだからこそ丸っきり相手を信じてしまうのが怖くなってな。自分ばかりが片思いのように相手を好きでいるんじゃないかと疑って。

今回の事は、オレには良い薬になった。
良薬すぎてちょっと苦味がきつかったが。

オレはたまにお調子者になる。誰かを楽しませるのが楽しくて八方美人になる。

オレはそんな性質に生まれついたのだから、それを完璧に戒めようとは思わない。
だけどそんな風に振舞っている時にも守らなくてはならないものがあるという自覚に欠けていた。

奴もオレが仕事上で愛想を振りまく事には反対していない。ただ、そんな時にも常に自分(奴)を一番大切にして欲しいと望んでいるだけで。

奴はそんな風にオレの立場を十分に理解してくれていた。
だからオレも、奴の気持ちをしっかりと理解してやろう。

オレ達は会社で関係を公言できないからな。
だから不安になる事がたまにあるが、それが大きな不満にならないように努力したい。

……今までオレはかなり奴との交流を抑えてきたが、もう少しオープンにしても良いのかもな? 特に仲の良い仕事仲間、というぐらいには。

しかしたまに思う。もうバレも良いんじゃないかと。
オレも少しは出世して、そんな噂が立っても大丈夫な立場に……は、残念ながらもう少し足りないか。早く独立できればな。何を言われても不動の地位を保てる実績を築いて。

という訳で、オレは色々と考えた。
どうすれば奴の機嫌が直ってくれるか? と。

その結果は、これから順々にお披露目します。ちゃんと効果のあった後に(笑)

昨日と今日と、オレを心配して下さった方々に深くお礼を申し上げます。

AAによる激しいキックやビンタ(汗)、叱咤、注意、応援、励まし、どれもとても嬉しかったです。
いつもそうですが、何かあって落ち込んでも、皆様から頂くコメントを見ていると前向きに努力したくなります。

いつもありがとうございます。

奴が完全にオレを許してくれるまで継続して努力します。
奴に対して何が足りなかったのか、良く良く考えて答えを出すことが出来ました。

これからも見守って頂けたら嬉しいです。
未熟なままで終わらないように頑張りますので。

長くなってすみません(笑)

では、平日最後の仕事を片付けます。
目の前の書類を片付けたら、奴にプレゼントしたいものを買って帰ります。

皆さんも充実した金曜日をお過ごし下さい。
そして今夜は開放的な楽しい夜をお迎え下さい!

取り敢えず良かったね! もう約束した事を忘れないで、奴の機嫌が治るまで頑張ってね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。誠実に頑張ります。後から後悔して必死にならないように。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

指の隙間からこぼれ落ちるように
Thu.25.10.2012 Posted in 恋愛
まずはお知らせです。

大変に久しぶりのご報告となりますが、『ラグナ写真部』の更新をいたしました。

今日から数日間、ハロウィン合わせにTDRのハロウィーンイベントの写真を掲載して行きます。是非とも遊びに来て下さい!

2012_10_25_1.jpg

さて突然ですが問題です。
この写真は東京ディズニーランドのどこでしょうか?

正解された方にはもれなく、クリスマスインパの際にミッキーサンタに貴方の幸せをお願いしてきます! それ以外の方にもミニーサンタにしっかりと幸せをお願いして来ます! 楽しい年末を過ごせるように!

そして今日の日記だが……。

すまない、ここでガクリとテンションは落ちる。
今日はまたオレが無神経な事をして奴を怒らせてしまった。

今夜は奴が夜ご飯を作ってくれるはずだったじゃないか?
それなのにオレは、夜の仕事で一緒になった女性スタッフのお誘いに応じて、皆でしゃぶしゃぶに行く事を勝手に決めてしまった。

奴も一緒だから良いかと思った。

けれど奴はメールで、『なんで勝手に決めるの? せめてオレに聞いてから決めてよ。オレは今夜は自宅で食べたかったんだから、しゃぶしゃぶには行かないからね』と言ってな。

オレはメールと電話で奴に謝って、どうにか許してもらった。
『貴方の料理を楽しみにしていたのは本当だった、もう勝手に予定を変更したりしない』と何度も約束して。

だが、オレって無神経な上に調子の良い八方美人でな。

皆で食事をしている最中にiPhoneの話題になったのだが、その繋がりで、女性スタッフの一人にずっと以前にもらった『お父さんマグカップ』をあげる約束をしてしまった。もらってからもう2年近くなるから、あげてしまっても良いかと思って。

だが考えてみればそれは、奴とお揃いだったんだよな。
ずっと使ってはいなかったが、「いつか一緒に使おう」と約束もしていたハズだった。

帰り道、奴はずっとオレに対して無言だった。
はじめはどうして奴がまた不機嫌になったのか判らなかった。
けれど皆と別れてオレと奴だけになった時、奴は一気にレストラン内での不満をオレに告げて、再び無言に戻った。

「お前はそうやって誰にでも良い顔をする。オレの気持ちなんて考えもしないで」

奴は本気で怒っていた。
一度ならず二度までも……だったからな。せっかく一度目の過ちは許して貰えたというのに。

その台詞は、以前は奴に度々言われていたものだった。
最近では言われなくなったので自分の悪癖はほとんど治ったのだと思っていたのだが、まだ駄目だったな。

そんな訳で、奴はずっと自分の部屋に閉じ込もっている。
今夜はもう話をしてくれないかもしれない。

眠る前にまたメールを送るつもりだがな。
取り敢えずマグカップを譲るのは中止にして、もうあんな無神経なことは二度としないと約束しよう。

心の底から反省しているから、明日には……いや、出来れば今夜中に許して貰えたら嬉しいぜ。

奴は「今夜は放っておいて」と言ったが、何もしないでいるのは怖くて、奴の部屋の前で謝罪を言い続けたくなる。

朝までそうしていたら奴はもっと怒るかな? うるさくて眠れないだろう、って。
だがそれでも良いからオレと話をして欲しい。怒りに任せて怒鳴ってもなじっても良いから。

今回ばかりは、罵倒されてもマゾヒスティックに喜んだりは出来ないな(苦笑)

という訳で、皆さんも無神経な言動にはお気を付け下さい。ってここまで馬鹿をやるのはオレぐらいか。

今夜は自宅で奴の温かい手料理を食べるハズだった。
だがオレのせいでそれを台無しにしてしまった。

奴が許してくれるなら、明日は奴にたくさん優しくしよう。
明日は金曜日だから、何でも奴の我儘を聞いて。

今夜もゆっくりと休もうな。
オレは毛布と枕を持って来て、奴の部屋の前で寝ようと思う(泣)

では、楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

お馬鹿さん!でも奴に許して貰えたら良いね! と思って下さる優しい方はバナーのクリックをお願い致します。今夜はさすがに酷い事をしたと反省しています。明日は本当に許して貰えたら良いな…。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ハロウィンの夜に魔法が使えるなら
Thu.25.10.2012 Posted in 恋愛
25日になって今月もいよいよ大詰めだ。

Trick or Treat♪ のハロウィンも間近で、なんとこのブログで大好評の『おみくじ』もハロウィン仕様になったぞ!

たまにおみくじではない失礼な発言をする事もあるが(オレもしょっちゅう「働け!」とか「ハズレ!」とか言われている)、今月終盤の運試しをしてみるのも良いかも。
けれど出た結果はあてにならないので信じないように。でも良い結果ならきっと当たります(笑)

ところで今夜は奴が夜ご飯を作ってくれるのだが、そろそろ本格的にハロウィンの準備をしたいので、お菓子とかジャック・オ・ランタンとかアレとかコレも買って来る事にした。

アレとかコレというのは、「悪戯しちゃうぞ~」で使うものだ。
フェティッシュのパーティの後にも使おうかと思っている。パーティの後はいつも気分が(下半身も)高揚するからな。

今朝は2人で珈琲を飲みながらそんな話をしている内に、奴がこんな告白をした。

「前にお前が実家に帰っている時、オレは一人でしたんだ。自分の部屋で。それで気持ちが良くなってきて「ああっ!」と声を上げたら、途端に猫が駆け寄って来て、まんまるにした目でオレの顔を凝視した……ふんふんと匂いまで嗅いでさ……」

……これは実はオレも経験がある。

というか猫を飼っている方ならみんな経験があるんじゃないか? 猫って「ああっ」っていうような声を出すとギョロリとした目でこっちを見るんだよな。飼い主に何かがあったと思ってビックリしているのだろうが(汗)

シロ子はオレを凝視するだけだったが(シロ子のいる部屋でしたのか、というツッコミは有り難く頂戴いたします)、そうか、猫様は近付いて凝視した上に匂いまで……。

奴は『何の匂いか』までは言わなかったが、きっと性的フェロモンの匂いだったのだろう。

オレも猫様と一緒に奴をふんふんしたいぜ。
相手が本気で感じている時って、具体的には何の匂いもしなくても何となくムンとしたものを感じるんだよな。オレはそれが大好きなんだ。

「じゃあ今度、オレと猫様がいる部屋で一人でしてみせてくれ」
「いやだよ!」

オレがそんなお願いをすると、奴は珈琲を吹きそうになりながら片手を振った。

ちっ、駄目か。
だがあきらめんぞ。ハロウィンの夜に何かゲームをして、そのペナルティにそれ持って行ってやろう。
駄目とか言いつつ奴もオレも見せ合うのが好きだしな。ただし、まあ、猫様を同席させるのは無理だろう(汗)

ハロウィンの夜に魔法が使えるならオレは猫に変身したい。白猫ってガラではないから、身体のでかい黒猫が良いな。目つきの悪いハチワレも良いかも。
そして奴をふんふんして、舐め回して、それから……と、どんどん変態的な興奮が込み上げて来たのでこの辺で止めておこう。オレみたいなフェティストの欲望には底がないんだ。

という訳で、今日も楽しい1日にしようぜ。
今日も皆さんにたくさんの楽しいことがあるように応援しています。

では、また夜に!

何かに変身できたら楽しそうだね! そして今夜は良いお買い物を! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。真っ先に猫に変身してみたいです。今夜はハロウィンの可愛い物も淫靡な物もたくさん買って楽しむつもりです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

美味しさは共有できる幸せ
Wed.24.10.2012 Posted in 恋愛
今夜の親子丼は奴に大好評だった。
奴は、食べている時には「美味しい」と、食べ終わった後には「美味しかった」と、何度も言ってくれた。

特に、食べ終わった後にもそう言って貰えるのは嬉しい。

オレが食器を片付ける為にキッチンに行ったら、奴は何の用事もないのにくっついて来て、オレが食器を洗うのを眺めながら「料理が上手くなったね」とか「また作って欲しいな」とか言ってくれた。

飼い主に甘えてくっついて来る猫みたいだった(笑)

後片付けはオレ一人で十分だった。だが、奴はずっとそこに居たので、洗い上がった食器を拭く手伝いを頼んだ。

奴はニコニコしながら丼を拭いてくれた。
今度はオレが何もやる事がなくなったが、それでも奴を残してキッチンを後にしては悪いような気がして、居残って奴とおしゃべりをした。

明日の仕事の事と、仕事が終わった後の事を。
明日は奴と一緒に帰れそうだ。
オマケに明日は奴が何か作ってくれるそうなので今から楽しみにしている。奴の手料理なんて何週間ぶりだ?(笑)

キッチンをすっかりとキレイにして、奴がオレにちゅっとキスをした。
それは色気のない親子丼の味だったが、たまにはそういうキスも悪くないと思った。

だがやっぱり甘い味が欲しくなって(笑)、オレは奴に食後のデザートを食べようと言った。
奴が買って来てくれたリンゴを焼いて蜂蜜で味を付けて、紅茶と一緒に頂こうと。

「でも、またお前に調理をさせたら悪いよ」

と奴は言ったが、奴も生よりも焼いたリンゴの方が好きなので焼くことにした。
蜂蜜の他に、バター、ブランデー、シナモンを加えて、スペイン風にして。

出来上がったそれはとても香りが良くて、オレ達は「良い匂い!」と大喜びしながら、今年初めて手作りした温かなデザートを味わった。

「はあ、美味しいね。うっとりしちゃう。寒くなると温かい料理が美味しいね」
「今度は洋梨で作るか。アイスクリームを添えてな」
「それも美味しそう、お願い!」

焼きリンゴはソファで食べた。
隣に座っていた奴はまたオレにちゅっとキスをしたが、今度は甘いブランデーの味がした。

カツオ出汁の効いた醤油味と、バターとシナモンの効いたブランデー味。
今夜は2回も調理したが、その2種類のキスをもらえたのでオレは十分に満足した。

オレは3年前にはガスコンロすらない家に住んでいて、一生料理はしないと思っていた。
だが、誰かと一緒に暮らすなら、料理は作れた方が良いのかもしれない。それは長く共有できる楽しみになるからな。

皆さんも今夜は美味しいものを食べたか?

健康な身体を作る一番の基本は食事だからな。それに美味しいものを食べると手軽に満足感を得られる。だからこれからも『ご飯』を大切にしたいな。

という訳で、明日も美味しいものを食べような。
そして多忙の週末を元気に乗り切ってやろう!

明日も皆さんにたくさんの良い事があるように祈ってます。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

親子丼も焼きリンゴも美味しくできて良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます! 両方とも超簡単メニューでしたが本当に美味しく出来ました。レシピは後日、お披露目いたします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

親子丼物語
Wed.24.10.2012 Posted in 恋愛
仕事が終わって、ごきげんよう。

今日は午後から急な仕事が入ってとても忙しくなった。
だが、お昼ご飯はお客さんに誘われて、浅草の有名な和食屋で食べたぞ。

オレは親子丼を注文したのだが、評判通りに美味しかった!
一緒に行ったバイト君も「お店によってこんなに違うんですね!」なんて喜んでいた(笑)

奴とまた浅草に行きたいな。
そして1日中美味しいもので食い倒れたい。

そういえばスカイツリーに行く約束もしていたしな。
公式サイトで確認する限り、今は混雑も落ち着いていつでも予約が出来るなようなので、近い内に行ってみよう。

『今日の昼は何を食べた? オレは浅草で親子丼を食べたが美味しかったぞ。今度その店に一緒に行こう』
『良いな。こっちはツナとハムのサンドイッチだ。来週にでも連れて行って』

昼休みの終りに、奴とそんなメールのやり取りをした。

ちなみに、奴は北欧人だが丼物の味付けは好きだ。うどんや蕎麦や天麩羅も。
醤油はグローバルに国籍問わず多くの人間に好まれる味なのかもしれない。欧米人も寿司を食べる時には必ず醤油を欲しがるしな。

午後の仕事をしながら、オレは何気なく奴の過去話を思い出していた。

奴が学生時代に過ごした日本の親戚の家では、ある日、奴が「日本の丼料理を食べてみたい」と言ったら親子丼を作ってくれた。
数ある丼料理の中から親子丼が選ばれた理由は、奴の好物が卵とチキンだからだそうだ(欧米人の多くは生卵を食べないので、卵にはしっかりと火を通してくれたらしい)

奴は初めて食べる親子丼を『美味しい!』と思って、大のお気に入りになった。

オレはその話が好きだ。
当時の奴は様々な不安を抱えて日本に来た訳だが、その親戚の方々が暖かく接してくれたお陰で、奴は本来の陽気な性格を取り戻せたように思う。

もしもこの先、機会を得られるならご挨拶したい。
オレの奴への気持ちと共に感謝の言葉を伝えられたら嬉しい。

多忙の波が引いた18時頃、再び奴からメールが来た。

『今日は大変だったでしょう? 夜ご飯はオレが用意しておくよ』

オレはすぐに『頼む』と返信しようと思った。
だが昼間の事を思い出して、『いや、オレも帰りはそんなに遅くならないから、オレが簡単なものを作る。親子丼で良いか?』と返信した。

『作ってくれるの? ありがとう! じゃあオレは食後の果物を買って帰るね♪』

と、間もなく奴から返信が来た。

勝手な想像だが、メールの文章から奴がとても喜んでくれているように思えてオレは嬉しくなった。相変わらずオレは単純だな。

親子丼は簡単に出来る。料理時間は10分未満だ。

調味料を合わせて、ニンジンとタマネギを切って(我が家では細く刻んだニンジンも入れる。奴の親戚さん宅の真似をして)、それを軽く煮込んで、溶き卵を加えて、炊き立てご飯の上に盛って、最後に三つ葉を乗せて完成だ。

寒くなってくると、鍋料理も良いが丼料理も美味しいな。
そうだ、鶏肉を多めに買って、ボイルして猫様にあげよう。最近は奴も手が回らなくて、猫様に手作りのオヤツを上げていなかったからな。

それにしても、
20代の頃は仕事が終わったらバーやクラブで飲むことばかりを楽しみにしていたが、今は自宅でホッと出来る事ばかりを楽しみにするようになった。

年齢のせいかな?
それとも奴と半同棲を始めて環境が変わったせいかな?

どちらにしても、今夜も帰宅した後に楽しみがあって嬉しい。
まだまだ料理半人前以下のオレだが、頑張って美味しい親子丼を作るぞ!

オレは昼も夜も親子丼を食べる事になるが、そんなのはどうでも良い(笑)

という訳で、皆さんも美味しいご飯を召し上がって下さい。
そして食後には温かな飲み物を飲んで、今日の疲れを心地良く癒して下さいね。

では、今日もお疲れ様でした!

昼間食べた親子丼よりも美味しい親子丼が作れたら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。それは難しいですが、愛情の量で勝負して頑張りたいと思います(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

チャンスを無駄にしない鉄則
Tue.23.10.2012 Posted in 恋愛
今日はオレも奴も残業があった。
だが、終わる時間が同じぐらいだったので、カフェレストランで待ち合わせて一緒に帰る事にした。

「雨、止まないね」
「これからスーパーに行くのが面倒だったら、ここで食べて帰るか?」
「それも良いね」

オレはチキンソテーを、奴はビーフステーキを注文した。
食後には雨の降る夜景を眺めながらお茶を飲んで、十分に身体が暖まったところでカフェを出る事にした。

クロークに預けていた傘を受け取った。
そしてそれを外で開くと、奴のブルーの傘にはミッキーマウスのイラストが描かれていた。

「それってこの前のシーで買ったやつだよな?」
「うん。ちょっと前から置き傘にしていたんだ」
「気付かなかった。オレもそうするかな」
「お前のはピンクでしょう? 会社に持って行ける?」
「無理だな」

オレ達は懐かしくなって当時の話をした。
奴の友人ご夫婦が一緒でとても楽しかった、ハロウィーンインパの二日間の事を。

ミッキーの傘は2日目のシーで、土砂降りになった時に買ったものだった。
奴はブルーのものを、オレはピンクのものを、お揃いで買った。

「あれからもう三週間も経つんだな」
「早いね。当日になる前は、早くインパの日になって欲しいって毎日思ってたのに」
「また行きたいな」
「また行こうよ」

駅に着くまでの数分間、オレ達は冬のインパの予定を立てた。
けれど、年末にはもう別の予定が決まっているので次回のインパは正月イベントになってしまうだろうと、そんな結論になってしまった。

「クリスマスも楽しいから行きたいな」
「去年、綺麗だったよね。宿泊したディズニーランドホテルもとても素敵だった」
「行きたいな」
「行きたいって二度も言ったね? じゃあ何とかして行こうよ」

奴はこちらを向いて笑った。
それで決定した。
クリスマスにも行く事になった(笑)

何とかなるだろう。
TDRのクリスマスイベント期間は長いしな。師走の忙しい時期であっても、行くと決めておけば1日ぐらいどうにかなるものだ。去年もそうだったしな。

「でも本当は今月もう一回行きたかった」
「全身仮装しても良い日にでしょ?」
「ああ、ハロウィンが一番盛り上がっている時に行きたかったな」
「お前は楽しみにしていたもんね。オレがマリーちゃんの猫耳を付けて女装してあげるから、それで我慢して」

奴め、気の利いた事を言ってくれるぜ。嬉しくて今朝のように息子が元気になりそうだった。

ああ、それで大満足だ。
お家で猫コスをしてくれるなんて、まさに大人向けのハロウィンナイトだ。……と思ったが、待て。そんなサービスをしてくれるなら、やはり前回のインパの時にマリーちゃんの尻尾を買っておけば良かったぜ(泣)

『欲しいと思うものを見つけたら迷わすにその場で買う』

その大鉄則はフェティッシュの世界にも当てはまるようだ。

くそう! マリーちゃんの尻尾を買う為だけにオレ一人でインパしてくるかな!? どうしても欲しいぜ!!

皆さんはそうしているか?
心惹かれる女装用の衣装とか貞操帯とか鞭とかディルドに出会ったら、迷わずに買っておく事をお勧めしよう。たとえその時には使う予定がなかったとしてもだ。

それを使うチャンスはいつやってくるか判らない。
ちゃんと買って備えておけば、いつチャンスが来ても安心だ。今回のオレのように悔しい思いに枕を濡らす事もない。

という訳で、もう少しでハロウィンだな。

そろそろ部屋用の飾りを出しておこう。
去年のハロウィンインパの時にホテルで貰ったリースもあったな。
そして当日はお化けカボチャに囲まれながら、可愛い猫ちゃんと朝まで遊ぶぞ!(どうせ奴は0時前に寝るだろうが・泣)

さて、当時の夜を楽しみにする前に、今夜も良い夢を見ような。

今日もお疲れ様でした。
明日も皆さんに、たくさんの幸運があるように祈ってます。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

クリスマスもインパ出来るように応援するよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。TDRマニアのオレと奴の為にありがとうございます。インパできたら、皆さんに素敵なプレゼントを贈ってくれるようにサンタさんにお願いしてきます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

夢の中でも同じように
Tue.23.10.2012 Posted in 恋愛
何かを考えながら眠ると夢を見やすい。
昨夜は奴の事を考えながら眠ったので、こんな夢を見た。

何故かオレは学校で勉強をしている学生だった。
そこに突然奴が現れるのだが、何故か奴は北欧出身のモデルという肩書きになっていた。

なんでだ?(汗)
だが夢に突っ込みを入れた所で何もならない。

学校には大勢の人間がいるのだが、その中で奴はキラキラして目立っていた。まあリアルでも王子様タイプで目立っているのだが。

オレはそんな奴に一目惚れ状態だった。ここもリアルと同じだな。

だが奴は、奴の気を引こうとしてアプローチするオレを馬鹿にしていた。オレは奴の手にキスをするのだが(学校で良くやるぜ)、奴はカーテンでその手をゴシゴシと拭っていた(泣)

いくらなんでもサド過ぎるぞ。
だが、たまにはそんなプレイも良いかもしれない。

けれど奴はオレを嫌っている訳ではなさそうで、授業が終わった後、オレの席まで来てにこんな事を言った。

「牛乳とヨーグルトとパンを買って来て」

……パシリ?
オレは奴にパシリにされていたのか?
いやいや、そうじゃない。きっとオレは奴に頼られていたんだ!

で、オレは学校を出てコンビニまでお買い物に行った。
奴のパシリになれた事に心底喜びながら。って、パシリでも満足してしまう自分が愛しいぜ(汗)

その辺で目覚ましが鳴って目が覚めた。
オレの夢など知らない奴は呑気に「うーん」と伸びをした。

奴の温かい身体が背中にくっついて、オレはムラムラっとした。

オレは毎朝下半身が元気になっているのだが、今朝は特に元気だった。きっと奴に虐められる夢を見たからだろう。あんな夢にまで興奮するなんてオレのマゾぶりはやっぱり真性だな。

「あっ、今日は休みじゃないのに」
「我慢出来ない」
「んん、遅刻……」
「遅刻はさせないから」

背後から奴をもぞもぞとやって、性急に事に及んだ。
その忙しいやり方にオレも奴もメチャクチャ興奮してな。

実は先日の週末は、色々とあってその気になれなかった。
その反動が今朝になって来たのだと思う。あの夢を引き金にして。……マゾヒストのオレらしい引き金だな。

たったの数分で終わったので遅刻の心配はなかった(あまりにも早くて恥ずかしいので具体的な時間は省きます・汗)

けれど慌ただしく支度をして家を出た。
そして電車の中で今夜も自宅で夜ご飯を食べる約束をして、会社の最寄り駅で別れた。

という訳で、昨夜は早く眠ったが、そのお陰で今朝は充実していた。
いや、夢の中にいる時から充実していたな(笑)

早く眠る事に対して抵抗を感じていたオレだが、最近はそうでもなくなってきた。
今夜も早く寝よう。そしてまた楽しい夢を見るんだ。

さて、そろそろ夕方から始まる仕事の準備だ。

皆さんもお仕事や勉強を頑張って下さい。
夕方と夜にもたくさんの幸運があるように応援しています!

Rは夢の中でもやっぱりマゾなんだね! と思われた方はバナーのクリックをお願い致します。どうやらそうらしいです。夢の中でも奴に尽くていたい健気なマゾなのでしょう(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

天国の雲に包まれるように
Mon.22.10.2012 Posted in 恋愛
「眠い……」

先日の話だが、
奴はシャワーの後に猛烈な眠気に襲われて、ソファに置いているダッフィーのぬいぐるみを抱き締めて目を瞑った。

「寝るならベッドに行って。ちゃんと布団をかけてやるから」

オレはそう言って奴の肩を優しく揺さぶった。

だが、奴はもう動きたくない様だった。
そのまま寝入るように自分の腕を枕にして、「眠くてもう動けない」と甘えた声で呟いた。

奴はかなり眠そうだったので、そのまま熟睡させてやりたかった。
だが、ソファでは十分に身体が休まらないような気がして(寝心地が安定しなくて途中で起きそうだし)、奴の肩を抱えて寝室に移動した。

「背中が楽……」
「やっぱりベッドの方が良いだろう」
「んん……」

奴は眠り慣れたベッドの上で身体を伸ばしながら両手を上げた。
そしてオレを引き寄せて緩やかに抱擁した。

ふと、オレは奴を愛撫したくなった。
奴は何も言わずにキスから始まったそれを受け入れて、口で刺激されている間はゆっくりとオレの頭を撫でた。

けれど、それは長くは続かなかった。
ほんの数分で奴は眠りに落ちてしまった。

不思議とオレの欲求はそれで収まった。
奴が夢心地の快楽を感じながら眠ったのなら、それで良いと思えて。

奴にキスをして、部屋の照明を消した。
オレも眠気を感じて目を瞑った。
急に眠くなったのは、奴の寝顔がとても安らかだったからなのかもしれない。

その日はオレも奴もとても眠かった。
そして今日も、同じぐらい眠い。

おやすみなさい。
今夜はゆっくりと眠って、また明日も元気に頑張ろう。

皆さんも良い夢を。

寒くなってくると温かい布団に包まれて眠れる幸せが物凄く良く判るよね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。まるで天国にいる心地になって、気持ちが良すぎて笑ってしまう時すらあります(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

猫にゃんナリキリ度あっぷ!?
Mon.22.10.2012 Posted in 恋愛
月曜日の昼間の忙しさが終わって、ごきげんよう。
また夕方から忙しくなるんだがな(汗)

だが、午前中に客さんから頂いたマロングラッセは美味しかったぜ。
箱ごともらったので部署で空けたが、数個あまったので、その内の1個をお昼ご飯の時に奴に渡した。

「甘くて美味しい。マロングラッセなんて凄く久しぶり!」

と、奴はニコニコしながら食べた。

奴はマロン系のお菓子は結構好きなんだよな。渋皮栗のタルトとか。
ならば栗饅頭や栗最中はどうだろう? 奴は欧米人にはして珍しく餡子も好きだからな(しかし北欧人の餡子好きは実は奴で2人目だ)

2012_10_22_1.jpg
(写真は別の日に撮影したものです)

今日のお昼ご飯は、PAULでサンドイッチを買って、奴とオフィスの一室で食べた。
最初は奴の他に、奴の後輩2人とオレの手伝いをしてくれているバイト君もいたが、3人とも忙しくて早々に食べ終わって仕事に戻ってしまった。

そのお陰でオレは奴にマロングラッセを渡すことが出来たが、あの3人には申し訳ない事をした。3人とも甘いお菓子が超大好きな男子だからな。
秋後半の多忙期が終わったら皆をデザートブッフェに誘おう。年若い彼らは普通の居酒屋やレストランよりもデザートブッフェの方が喜ぶからな。

ところで、今朝はオレも奴もちょっと寝不足だった。

エッチな事に励んだからではないぞ(笑)
昨日オレは少しも仕事をしないで休日を過ごすつもりだったが、眠る前に2枚程度の書類を制作した。すぐに終わるかと思ったが、仕上がったのが1時半頃でな。

オレが眠る時には、とっくに奴は眠っているのだと思っていた。
だがオレがベッドに入ると、奴は寝返りを打つようにこちらを向いて、「カタカタはもう終り?」と言った。

カタカタとは、オレが書類制作の為にキーボードを打っていた音の事だ。

どうやら奴はその音が気になって(僅かに漏れる明かりや気配なども)、浅い睡眠を行き来して眠り切れないでいたようだった(汗)

「すまない、もう深夜に書類は作らない」

オレは慌てて奴に詫びた。
すると奴はふにゃっとした笑顔をして、「良いよ、仕事なんだもん。でも……やっぱり、キーボードを考えようか」と言った。

実は少し前、オレの週末夜更かしの為にキーボードを音の静かなタイプに替えようという話が出た。カタカタ音がなければ奴も安眠を妨害されずに済むだろうという事で。

だが近所のPCショップにはイマイチ気に入った静音タイプのものがなくて、それ以来その件は有耶無耶になっていた。というか、オレはそれ以上探すのが面倒になって放置していた。『買い替えなくても夜更かしをしなけりゃ良いんだ』とか思って。

「判った、明日中にネットで調べて評判の良いものをすぐに買う」
「ありがとう。お前はいつも、オレのお願いをちゃんと聞いてくれるね……」

と奴は言ってすぐに眠ったが、オレは今回すぐに聞いてなかったので罪悪感が二倍になって襲ってきた。すまない、本当にすまない!(泣)

そんな事があって、今朝は眠かった。
奴はいつも目覚ましと同時にスッキリと起きるが、今朝は猫のように身体を丸めてオレの背中にくっついていた。

ちなみにオレは毎朝目覚めが悪い。
今では奴に起こして貰わないと起きられない甘えっ子になったが、今朝は珍しくその立場は逆転した。

「おーい、遅刻するぞ」
「ううー」
「猫様が来るぞ、ご飯ちょうだいにゃーって」
「にゃー」

奴は一旦身体を起こしたが再びベッドに伏せた。香箱を作る猫のような恰好で。

オレはそんな奴の耳元で「にゃーにゃーご飯ー」と言った。
奴は「ああー、くすぐったい、やめてー」と言いながらようやく起きて、オレに珈琲を淹れておくように催促した。

今朝みたいな奴も可愛いが、寝不足にさせて申し訳ない事をした。

という訳で、今日の仕事中にちゃんと弱音タイプのキーボードを選んで注文したぞ。これで少しはオレの夜更かし規制が緩和されると良いのだが……ではなくて、奴の安眠が守られる事を祈ろう。

ところで、キーボードを探している時にこんなものを見付けたぞ。
どうしてキーボードを探しているのにそんなものが見付けられるんだ? という鋭いツッコミは無用にてお願い致します。

お風呂上がりにくつろぐ三毛猫のもふもふルームウェア。

猫になって自分を解放したり、お風呂上がりにそのままはおれるし、猫へのナリキリ度がアップするらしい。

奴に良いと思わないか? というか、オレの(歓びの)為に良いと思わないか?

クリスマスプレゼント合わせに予約できるようなので、ちょっと考えている。
邪な事は抜きにしても、真冬にもふもふな奴をぎゅーっとしたら温かくて気持ちが良いだろうな!

そんな訳で、ダラダラと雑談をしてしまった。
忙しい月曜日にこんなダラけてノロけたエントリーを読んで下さってありがとうございます(汗)

では、引き続き楽しい夜をお過ごしください。
今夜も楽しい事があるように応援しています!

寒くなってきたし、奴を温かいもふもふ猫に変身させるのも良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。そう思われる方が多かったら本当に買ってしまうかも(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

過去を思うよりも2人でご飯を食べよう。
Sun.21.10.2012 Posted in 恋愛
日曜日の夜に、ごきげんよう。

今日は、午前中は家の中の掃除や洗濯などをして、午後からはずっと奴と遊びに出ていた。

丸一日仕事に手を付けなかったのは何ヶ月ぶりか?
何となく本来の素直な自分を取り戻した気分になった。仕事では、自分の感情を押さえ込んで演技をする事が多いからな。

で……、これは書くか書くまいか悩んだが、ご飯を炊くスイッチを押して少しした時、知人から悩み相談の電話を受けた。
その方は父子家庭のお父さんなのだが、どうも息子さんが学校で虐めに遭っているようでな。

オレには子供がいないので、あまり気の利いた励ましは言ってやれなかった。

だが、『虐められている方にも責任がある』という言い分には納得出来ない性質なので(レイプされた方にも非がある、という言い分も同じく)、出来るだけ親身に話を聞いて、何よりも息子さんを守る行動に出るべきだとアドバイスした。

虐めは残酷な事件に発展してしまう場合もあるしな。というか、虐めのほとんどは犯罪と何ら変わりない。

彼(お父さん)もそれを酷く心配していたので、とにかく早急に行動して阻止するべきだと伝えた。
学校側に伝えて理解して貰うとか、それが駄目なら児童相談所やイジメ対策団体を利用するとか。あと、法的な手段へと持って行く方法なども。

どれも過去に学習塾を運営するお客さんとの交流で学んだ事だった。当時は自分には無縁な話だと思っていたが、やはり『経験』というものに無駄は一切ないのかもしれない。

午後の奴との外出の時、オレはいつも通りに振舞っていたつもりだった。
だが奴に、「何かあった?」と訊かれた。

オレはドキッとしたが、奴に依ればオレは非常に『顔に出やすい』人間のようなので、今回もそれでバレてしまったかと観念した。
本当にそれほど気に掛けていた訳ではなく、たまに頭に浮かんで少し考える程度だったが。

まだ夕暮れ前だった。
オレはさほど遠くない河原に奴を誘って、そこで知人の話を打ち明ける事にした。

奴は、オレのアドバイスは適切だったと言った。
その子はきっと、心の中で心配されるよりも現実的で確実に効果のある救いを求めているに違いないと言った。

あのとき奴は、過去の自分と知人の息子を重ねていたのかもしれない。
奴は虐められていたのではなかったが、自分の力ではどうする事も出来ない状況に置かれて散々悩んだ末に大人に救いを求めた過去があるから。

「昨夜の猫のことではお前が協力的になってくれたから、その件ではオレが応援するよ」
「ありがとう。頼もしいぜ」

オレ達は枯れた草の上に座っていた。
話を終えた時には夕暮れ掛かっていて、青い空は少しだけ朱色が混じり始めていた。

そんなキレイで気持ちの良い空を見上げながら、奴はポツリとこう言った。

「……良い匂いだね」

実はオレも、話をしている時からずっと『その匂い』が気になっていた。

何の匂いかと言うと、秋の草花の匂いではない。
少し離れた場所で4人のご家族がやっている、バーベキューの匂いだ(笑)

そういえば、お昼ご飯を食べてから7時間が経っていた。
本当は既にどこかのレストランに入っている予定だったが、知人の事があったので遅くなってしまった。

「今夜はお肉が食べたくなっちゃった」
「ははは、オレも」
「じゃあお腹も空いたし、今からレストランに行く?」
「うーん、そうだな。レストランも良いけど、自宅で食べるのも良いな。焼肉とかすき焼きとか」
「すき焼き!」

奴の嬉しそうな声で、今夜のメニューはすき焼きに決定した。
デパートの地下で、割り下と、牛肉と野菜などを買って、それを車に積んで嬉々として自宅に帰った。

すき焼きも準備が簡単で良いな。幸い、ご飯は外出する前に炊いていたしな。

オレも奴もお腹がグーグー鳴っていたので、帰宅してすぐに準備に取り掛かった。
オレは野菜を切ったりして、奴は猫様にご飯をあげて頭を撫でてな。って奴はぜんぜん準備してなかったな(笑)

「これは美味いな!」
「奮発して良いお肉を買って正解だったね!」
「だからケチるなって言っただろう?」
「だって!」

オレも奴もたっぷりと野菜と肉を食べた。
今度オレ達もバーベキューをしようとか、またアイススケートに行こうとか、バレエを観に行こうとか、そんな楽しい話ばかりをして。

今日も昼間はちょっとしんみりとしてしまった。
いや、知人のせいではなく、奴が過去(母国)を思い出して寂しくならなかったかと心配になってな。

だが夜には楽しさを取り戻せて良かった。
和気あいあいと食べられるすき焼きのヒントになってくれたバーベキュー家族に感謝したい(笑)

という訳で、良い日曜日だったぞ。

しかし休日の時間の流れは早いな。
夜ご飯が終わって少し経ったと思ったら、もう風呂に入ったり寝る支度をしなくてはならない時間だ!

慌ただしいな。
だが、楽しかった1日を惜しみながら夜を過ごすのも嫌いではない。

皆さんもこの週末は楽しく過ごされたか?
明日は平日1日目の月曜日だが、明日も楽しい事がたくさんあるように祈っています。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

次の楽しい週末までお仕事を頑張ってね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。仕事中には色々とあるが、すべて乗り越えて頑張るぞ!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

幸せなニャンコ、幸せにしたいニャンコ
Sat.20.10.2012 Posted in 恋愛
土曜日の夜に、ごきげんよう。

借りている駐車場にちょっとした事があって、一週間だけ別の駐車場を利用する事になった。今までよりも7分ほど歩く事になったが数日間だけなので我慢できる。

今日の夕方、オレ達は車を使って買い物に出た。
そして帰宅して一時間ぐらい経ってから、オレは車の中に財布を忘れてきた事に気付いた。

「ちょっと取りに行ってくる」
「あ、オレも付き合う」
「なんで?」
「そろそろぬいぐるみを交換したくて」

オレの車には奴の私物を幾つか乗せている。
ぬいぐるみもその一つで、今までは猫を置いていたが、一旦それは洗う事にして、今度はオレの友人に頂いたニャンコ先生を置く事にしたそうだ。

団子を咥えているやつでな、可愛いぞ。
「友人が同じものをもう一匹くれるって言ってたぞ」と奴に教えてやったら(ジャパニーズコミック大好きな奴の為に本当に有難い!)、奴は「じゃあ、こっちのは車に乗せようかな? 眠くなった時には枕にもなりそうだし」等と言った。

そんな訳で、オレ達はすっかり日が落ちて真っ暗になった駐車場に行った(臨時で借りている駐車場はあんまり整備されていない野外でな)

オレの財布はすぐに見つかった。
だから車から降りて、奴の様子を見る為に後部シートに回った。

すると、シートの上に四つ這い(に近い恰好)になっている奴の尻が目に入った。
オレはついついそれを撫でて、「まだか?」と質問した。

しかし奴は、いきなり尻を撫でられて驚いたらしく、「あっ」と悶えるような声を上げた。
オレも驚いたが、ふと昨夜の『密室で興奮』の話を思い出して、もう少し悪戯がしたい欲求に駆られてしまった。

「早くしないともっと撫でるぞ」
「もう終わったけど、お前がそこに立ってるから出られない!」

奴はニャンコ先生の代わりに回収した猫のぬいぐるみを抱えてそう言った。

だが一度この手の欲求に取り憑かれるとなかなかストップできないもので、オレは『もう少し』の範囲を超えて奴の尻を撫で続けた。尻ばかりじゃなく、色々と。腕を伸ばして奴の服の中に手を差し込んで胸の方まで。

最初は笑ったり(冗談で)叱ったりしていた奴だったが、そうしている内に本気のスイッチが入った。
いきなりオレの腕を掴んで車の中に引っ張りこんでディープなキスをした。

車という密室も個室と同じように興奮に満ちている。
その中で身体を密着させれば、たちまち全身に欲情が渦巻いて止まらなくなる。

オレ達は急速に登り詰めたくなる衝動を何度も堪えて限界まで感じ合った。
あまり車を揺らさないようにして、そして声が外に漏れないように息を噛み殺して。

で……、
ニャンコ先生は早くも車の中で役立ってくれた。奴が腰を突き出す時に、そのクッションとなって(汗)

こんな使い方になってしまって友人には申し訳ない限りだが、寝室に置いてあった時からそんな使われ方ばかりしていたしな。奴の腰を支えたり、喘ぎながらしがみ付く抱き枕になったり……。まあ、オレ達に貰われたらそんなもんだよな。

ところで、
その後は家に戻った訳だが、その途中、野良猫の家族に出会ってしまった。
はじめは4匹だったが、その内にぞろぞろと8匹ぐらいになってな。

これからどんどん寒くなる。
ご飯が食べられない野良猫は弱って死ぬしかない。
だからこれからも定期的に様子を見たいと言った奴に、オレは賛成した。里親を探してやりたいな、と言って。

(念の為に書いておくが、奴は安易な餌やりには賛成していない。それを無責任にやってしまうと、かえって野良猫を増やして苦しめる事になるので)

という訳で、温もりが欲しい季節になって行くぜ。

ガーナ子を保護した時のように、すぐに良い里親さんが見付かれば良いんだがな。お譲りした後、その里親さんにどうにもならない事情が出来て、ガーナ子はオレの実家で引き取ることになったのだが。

今日は刺激的で楽しくて、けれどちょっとしんみりとする土曜日だった。

皆さんは楽しく過ごされたか?
せっかくの週末は楽しまないとな。何かあっても、最後には良い結末になる事を信じたい。

明日も皆さんが幸運であるように祈っています。

では、今夜も暖かくして幸せな夢を。
おやすみ。

<スコーンのレシピのお知らせ>
スコーンのレシピを、完成写真を掲載した『今夜もいつものように』に追加しました。
振って、練って、混ぜて、伸ばして、焼く、だけなので、スコーンを作ってみたい方の参考になれば幸いです。もっと判りやすいレシピはたくさんあるので、あくまでも参考までに(笑)

里親が見つかるように応援するよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。餌の負担をする事を条件に(必要なら多少の医療費も)、面識のある保護活動をされている方に連絡してみようと思います。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

巣の中の二人
Sat.20.10.2012 Posted in 恋愛
2012_10_20_1.jpg

「ここも雰囲気の良いレストランだね」
「だけど週末なのにガラガラだな」
「ん……不景気?」
「ああ、以前は早い時間にもたくさんのお客さんが居た」

そんな、少ししんみりとする会話で始まった食事だったが、赤ワインで乾杯をすれば楽しい気分が戻ってきた。

昨夜はせっかくの金曜日の夜だったので、いつもよりちょっとゴージャスに食事がしたかった。
奴がオレの禁酒を特別に解いてくれたこともあったので(笑)、とにかく好きなものオーダーして、これ以上はもう食べられないし飲めないと言うまで席を立たないルールを設けた。

「それならもっと大きなお肉を頼めば良かった」
「本気を出すと貴方はオレよりも食べるよな。前菜の生ハムのサラダもカボチャのポタージュも魚料理もボリュームがあったから、オレはこのサイズでちょうど良いぞ」
「今夜は貪欲な気分なんだよ」
「負けそう。この後にデザートと飲み物が来るけど、大丈夫か?」
「アラカルトでもう一品注文したいぐらいだ」

酔いながらの食事は久しぶりで、オレ達は陽気になっていた。
給仕をしてくれるウェイターさんがなかなかの長身イケメンで、2人でこそこそと彼の話を楽しんだりもした(笑)

だが、二本目のワインを飲み切る頃には酔いが深まって艶かしい心地になった。
ウェイターをチラチラと横目で見るよりも、他の人間の話をするよりも、向かいの席に座っている奴だけを見て話がしたくなった。その時間になってもまだガランとしている、ある意味とても良いムードのレストランの雰囲気に流されるように。

「楽しい食事だったね」
「美味しかったか?」
「とても。気に入ったよ」
「また来ような」
「うん」

2012_10_20_2.jpg

会計を済ませてレストランを出た。
そのレストランはあるホテルの中にあるものだったが、ホテルから出る前に奴はレストルームに寄りたいと言った。
オレはロビーで待っているつもりだったが、奴に腕を引っ張られたので一緒に入る事にした。

中には誰もいなかった。
奴は笑ってオレの腕を引っ張り続けた。そして個室のように仕切りがされているドレッサーの前まで来てオレにキスをした。

「早くしないで良いのか?」
「あはは、まだ我慢できるから」
「下っ腹を押してやるぞ」
「やめて!」

そんな戯れをしながら、オレも奴にキスをした。酔いが回っていつもより温かく感じる身体を抱き寄せて。

「こんな所に来るとホッとする。さっきみたいなレストランは大好きだけど、行儀良くしてないといけないからね」
「オレ達ってこういう狭い場所が好きだよな」
「うん、巣の中に居るみたいでね」
「巣?」
「そう、外から守られているみたいで安心する。安心するからこんな事をしたくなったり、欲情までしちゃうのかも」
「はは、そうかもな」

その日はレストランもレストルームもガラガラだった。
だからオレ達は暫く鏡の巣をキープさせてもらった。欲情に突っ走る事はなかったが、大きな鏡にキスをしている姿や互いの身体に触れている姿を映して、ちょっとだけ官能的なリラックスタイムを楽しませてもらった。

その後、タクシーの中でオレ達はひそひそとこんな話をした。

「大きめのタンスを買って、家でも狭い密室を作るか?」
「良いね、でもタンスでは息苦しそう」
「じゃあカーテンで1畳分を仕切るか?」
「カーテンだけじゃ不安。特注で扉付きのボックスを作って貰わない? 簡単に出来そうだし」
「判った、給料が入ったら注文する」

さて、果たしてオレも奴も本気だったのかどうか(笑)

奴が本当に嫌じゃないならオレは作ってみたいが。
しかし一時だけ『密室ごっこ』とか『怪しいお店ごっこ』とかで楽しんで、あとは流行の健康器具のように放置されそうでもあるな。邪魔臭い物置状態になって(汗)

ああいう狭い密室は、外出した時に遭遇するからこそ刺激があって良いのだろう。

だが、奴が安心して笑ったり怒ったり欲情できる巣を作り続けられたら思っている。いま住んでいる部屋でも、これから引っ越すかもしれない部屋でも。ずっと。

という訳で、昨夜のステーキは美味しかった。
そのせいか何だか今日もステーキが食べたい。ワインと一緒に!

……しかし、今夜は奴は許してくれないだろうな。昨夜は1人で1本空けたしな(汗)

今夜ワインを飲まれる方は良く味わってお召し上がって下さい。
オレが密かに貴方を羨ましく思っております(笑)

さて、これから一仕事して、夜はまた奴と外出だ。
それまでステーキとワインの事は忘れて頑張るぞ。明日の休日確保の為に。

では、皆さんも引き続き楽しい土曜日をお過ごし下さい。
今日も皆さんに楽しい事がたくさんあるように応援しております。

今まで頑張ってきたのだからここで油断して飲み癖を戻さないように気を付けて! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。判りました、今夜はぐっと我慢してまた来週の超お楽しみにします(泣)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

気が付けば二本目も空になって
Fri.19.10.2012 Posted in 恋愛
奴は酔ってもう眠ってしまって、ごきげんよう。

オレも今日はそろそろ休もう。
美味しいステーキレストランでワインを飲み過ぎて今夜はちょっと頭が回らない(汗)

2012_10_19_1.jpg

2人でこのボトルを二本を空けた。

こんなに飲んだのは久しぶりだった。
昨夜のスコーンと今日のランチが効いたのか、今夜は奴が優しくて、好きなだけワインを飲んでも良いというお許しが出た。

やっぱり週末に酔うのは楽しいな。
帰りは遠回りをしてデートコース定番の公園に寄ってカップルのように話をしたしな。カップルだが(笑)

詳しい事は明日に。
今から奴の眠るベッドに潜り込んで、自然に目覚めるまでゆっくり眠ろう。
奴が先に寝ているベッドは暖かくて気持ちが良いんだ。猫湯たんぽのようでな。背中に抱き付いてやろうかな。

皆さんも楽しい金曜日の夜を。
眠られる時には暖かくして幸せな夢を見て下さいね。

おやすみ。

寒くなってくると程よい赤ワインの酔いが気持ち良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。楽しい金曜日の夜でした。毎週金曜日だけは完全にワインを解禁してくれるように、明日は奴にお願いするつもりです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

秋の花と青い空
Fri.19.10.2012 Posted in 恋愛
外出先にて、ごきげんよう。

これから始まる仕事が終わったら週末の始まりだ。
そう考えると俄然元気になってくるぞ。お客さんとの会話中、はしゃぎ過ぎないように気を付けよう(笑)

ところで今日の昼は、ようやく念願のランチ計画が実行できた。

場所はとあるレストランで、本来はサマーシーズンのみ開放しているガーデン席(室外席)が、数日間だけスペシャルオータムデイとして使えるというものだ。

その期間だけはレストランというよりも、『庭を眺めながらのんびりと休憩できる場所』という感じでやっていてな。
何か1つでもオータムフェアのメニューを注文すれば、あとは飲食物を持ち込んでも、何時間居座ってもOKという内容だ。

オレ達は、昨夜のスコーンを持ち込んだ。

昨夜は奴に大好評でな。
奴は特に、紅茶葉入りのスコーンにジャムとバターを塗って食べるのが気に入っていた。

「なんて美味しい! こんなに香りが良くて美味しいスコーン初めて食べる!」

と、いつものように大袈裟に喜んでくれてな。
オレは照れ臭くなったが、それでも物凄く嬉しくて顔が緩みっぱなしだった。「口に合って良かった」とか何度も言ったしな。

昨夜のエントリーを上げてから奴は10分未満に帰ってきたが、まだスコーンは温かかった。
やはりスコーンは温かい内が一番美味しい。冷める前に食べて貰えて良かった。

あと、オレの作るスコーンは砂糖を入れない。その代わり少量の塩を入れるので甘いディップを付けると味が引き立つ。
そんな仄かな塩味のスコーンはチーズを混ぜ込んでも相性が良かった。きっとハーブを入れても美味しいだろう。今度はそれを作ってみたいぜ。

奴は三種類すべてのスコーンを食べてくれた。
紅茶葉もチーズもチョコも美味しいと言って、夜遅かったというのに2つずつ食べてくれた。「1つじゃ足りない」と笑いながらパクパクと。

残ったものはビニールに詰めて、明日(今日)のランチに食べる事にした。今度こそ必ずオータムランチに行くぞ! と意気込んで(笑)

で、秋の野外でのランチは良かったぞ。
風はちょっと冷たかったが空が真っ青でな。それを背景にした秋の花々が美しくて、カメラを持ってくれば良かったと後悔した。

「花がいっぱい咲いてるね。植物もキレイで、空気が美味しく感じる」
「毎日こんなところでノンビリとランチができたら良いだろうな」
「午後の仕事がしたくなくなっちゃうよ」
「ははは、そうだな」

持ち込んだスコーンをつまんで、注文したサラダを食べて、紅茶を飲んで、オレ達は短い昼休みを満喫した。

本当に、出来る事なら午後の仕事なんて放棄してしまいたかった。
その庭で奴といつまでも話をしていたかった。

今朝は寒かったね。
週末はどう過ごす?
買いたいものがある。
面白い話を聞いたよ。
……と、そんな他愛のない話を止めどなくして。

「またこんな所でゆっくりお茶が飲みたいな」
「また来よう。別のお店でも良いけど、素敵な所が他にもあるなら」
「もう何年も前になくなったが羽澤ガーデンというレストランがあってな。そこも建物も庭も素敵だったから、貴方を連れて行きたかった」
「そうなんだ。残念だな……」

仕事に戻らなくてはならない時間が迫ってきて、オレ達は名残惜しくてそんな話をした。

今日のレストランのオータムフェアには、今年はもう行けないだろう。
だが奴を連れて行きたい店はまだまだたくさんある。
これからも限られた休日や空き時間を使って、1軒ずつ案内していってやるぞ。

という訳で、ようやく行けたぜ!
『明日こそ行けたら良いね』と思って下さった皆様と、天気の神様に心からの感謝を申し上げます。

そうそう、昨夜のスコーンのレシピを教えて欲しいというリクエストを頂いたので、今夜か明日中に書かせて頂きます。

最近ではなかなか予告したものが書けなくて申し訳ない限りですが(小遣いオヤジの話の続きとか、過去のレシピとか、コメント返信とか・泣)、今回は『やるやる詐欺』にならないように必ず書かせて頂きます。

あと、オレ達の馴れ初め話のリクエストも頂いているので、今まで予告してきたものと合わせて、そちらも必ず。

部署が変わってからすっかり自分の都合によるマイペース運営になって申し訳ありません。
頂いたコメントはその日の内に拝読しています。そして喜んだり照れたりしています(笑)
いつも本当にありがとうございます。

さて、良い具合に外が暗くなってきた。
そろそろ移動して交渉のシミュレーションをするか。

皆さんも引き続き充実した午後をお過ごし下さい。
そして仕事や勉強の後は、週末の開放感をお楽しみ下さい!

では、また時間があれば夜に。

スコーンを喜んで貰えて良かったね。そしてランチ計画も実行できておめでとう! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます。初の三種類スコーンに挑戦してみて良かったです!ちなみにオレはチョコチップが気に入りました(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今夜もいつものように
Thu.18.10.2012 Posted in 恋愛
出来たぞ!

2012_10_18_1.jpg

左、カマンベールチーズを混ぜ込んだマリーちゃん型。
中、紅茶葉を混ぜ込んだ花型。
右、チョコレート(ダースのビター)を混ぜ込んだハート型。

ずっと前から何かを混ぜ込んだスコーンを作りたいと思っていたので、今夜は一気に三種類を作ってみた。

難しいのかと思っていたが、単にプレーンスコーンの生地に混ぜるだけでOKなんだな。簡単だった。
まあ、混ぜ物をしたせいか、ちょっとマリーちゃんが焦げたりハートが崩れたりしたが(汗)

バターは常温に戻して程よく柔らかくなったし、紅茶を淹れるお湯も沸かしたし、後は奴が帰ってくるのを待つばかりだ。

あと5分か? それとも10分?
今夜は雨が降っていて寒いから早く帰って来て欲しいぜ。電車に乗ったらメールをくれと言っておけば良かったな。

今夜は、猫様はずっとオレの傍にいる。
寒くなったから温もりが欲しいのだろうな。良い子良い子(いま撫でています)

今はこうして猫様と2人でシンとした部屋にいるが、(奴が遅くなる夜はいつもそうだが)奴が帰ってくるとガラリと賑やかになるから面白いよな。

たった一人増えるだけなのにな。
だが当たり前か。
オレも猫様も奴を待っているのだから、奴が帰ってくれば嬉しくなるに決まっている。

今夜は雨だが奴はいつものように、「ただいま!」と、元気に帰って来ますように。
滑りやすいタイルの所で滑って転んだりしませんように(雪の日だが転んだことがあってな・汗)

さて、奴が帰るまで猫様を撫でながら読書だ。
この秋の夜長、買うだけ買って溜まりまくった本を少しでも消費しよう。

皆さんも今夜は暖かくしてお休み下さい。
そして元気に明日を過ごして楽しい週末を迎えられますように。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

奴がスコーンを美味しいと言ってくれたら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ちょっと形はいびつですが頑張って焼いたのでそう言ってもらえたら嬉しいです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

仕事をサボってレシピに夢中
Thu.18.10.2012 Posted in 恋愛
お昼休みに、ごきげんよう。

今日のお昼ご飯は、釜揚げうどん。

今ぐらいの季節なら、温かい蕎麦やうどんを熱い汁に付けて食べるのって好きなんだ。で、もっと寒くなると天ぷら蕎麦とか煮込みうどんが好きになる。

しかし、もしも今日の天気が良かったら、先日行きそびれた室外ランチに奴と一緒に行っていたはずだった。

実はその室外ランチサービス、あるレストランでオータム期間限定でやっているものなのだが、雨とか体調不良とか多忙とかやっている内に終わってしまいそうな予感がしてならない(汗)

それを奴にメールで伝えたら、『何とかしなさい』、という絶対命令が来た! 従わなくては鞭の嵐が来るぜ!(来ても良いが)

取り敢えず、天候を変える超能力はないので、いつも健康でいて、天気の良い日には昼のスケジュールを自分の都合の良いようにいじらせて貰おう。

明日こそランチが出来たら良いな。
だが明日の予報も雨マークがあって微妙だ。
明日が駄目ということはもう今週は終りだから……来週は本気を出さないと本当にマズそうだ。

秋は短いな。
むしろ一年とは短いもので、あと74日で今年が終わる。たったの74日で!?

ホテルや百貨店やスーパーに入れば、クリスマスケーキ&おせち料理の予約が始まっているしな。
今年も無事に温かい年末年始を迎えたいぜ。その前にハロウィンとクリスマスを思いっきり楽しんでな。

『今夜は予定通り学校に行ってくる。スコーンを楽しみにしているよ』

命令メールの後半に、そんな文章があった。

ああ、今日は今まで作ったことのない美味しいスコーンを作るぞ。
その材料はしっかりとメモしてきた。

という訳で、
今日は午後から暇なので、スコーンのレシピサイトを見て回ろうと思う。
時間がないので余り凝ったものは作れないが、奴に幸せな気分で食べて貰える温かなスコーンが焼けたら良いな。

では、皆さんも引き続き充実した午後をお過ごしください。
今日もたくさんの楽しい事があるように応援しています。

一年って早いよね。でも楽しい年末にしたいね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。奴&猫様と一緒に、自宅でぬくぬくと幸せに過ごせる年末が理想です(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

スコーンに塗るジャムは愛欲の果実
Wed.17.10.2012 Posted in 恋愛
「お疲れ様」

というオレの言葉でミーティングは終わった。

いつもなら、それからオレは簡単な書類のまとめをして、奴達(奴&同僚の方々)は食器などを片付けて先に帰る。
だが今日は、奴は少し残業をするという口実で、オレが終わるのを待っていてくれた。

オフィスで二人きりになるのはかなり久しぶりだった。
照れ臭いような緊張するような心地になった。

オレの仕事が終わると、奴は、「お前のカップも一緒に片付けてくるよ」と言った。だがオレは奴と共に給湯室に行く事にした。待ってもらった上にカップまで洗わせては申し訳なくて。

けれど本当は、ちょっとした下心もあった。
オレが『一緒に行く』と言った時、その下心はきっと奴にも伝わっていたと思う。

中は暗くてシンとしていた。
オレ達は2人並んで、流しの上にある小さな灯りだけを点けてカップを洗った。

洗い終わって、奴がこちらを向いた。「じゃあ帰ろうか」と言って。

オレは笑って流しの灯りを消した。
真っ暗になった。
そして奴の腰を引き寄せてキスをした。

たちまち興奮に包まれた。
はじめから軽いキスで済ますつもりではなかったが、それ以上に深く口を重ねたキスとなった。

濡れた唇と舌の音。
奴の息遣いと汗ばむような体温と身体の蠢き。
それらはオレを酷く興奮させた。真っ暗な狭い室内で密かに行なっているという状況も十分な興奮の理由となった。

オレの手は自然と奴のものに伸びた。
奴は抵抗もせずに悩ましい呻きを漏らして、そのオレの手に自分の手を重ねた。

もしもそのフロアにある部屋の照明が全て消えていたら、オレは迷わずフィニッシュまで持って行った。
だが、誰かがいつ入ってきてもおかしくない状況である限り、どんなに離れがたくても離さなくてはならなかった。

けれどやはり離れがたくて、オレは奴の足元に跪いて、奴のものにボトムの上からキスをした。
奴の足を抱きしめて、愛しくてたまらない欲情を無理やり飲み込みながら。

「凄く興奮したね」
「そうだな」

会社の外に出て2人で笑った。
途中、何人か知っている人と会って挨拶をしたが、その度にオレ達は胸をドキドキさせていた。

楽しくてまっすぐに宅する気にはなれず、カジュアルなイタリアンレストランで夜ご飯を食べた。
食事をしながらオレは、明日の夜ご飯のメニューを奴に提案した。

実は今日、オレはツイッターでスコーンの話題を見てからスコーンに取り憑かれてしまった。
焼き立てアツアツのスコーンにバターやクリームを塗って食べたい!! と。

幸いな事に奴は、『明日は学校で帰宅が遅いのでスコーンのように軽く食べられる物の方がありがたい』と言ってくれた。

という訳で、明日は美味しいスコーンを焼くぞ。
ホイップ&クロテッドクリームも良いが、たまには本場を見習ってジャムも良いな。今の季節なら、林檎か? 紅茶と一緒にそれをいただいたら物凄く美味しそうだ。

とか考えていたら今すぐに食べたくなってきた。
本当にすっかり食欲が戻ったな(笑)

改めて、オレの体調を心配してくださった皆様に心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。

明日は木曜日で、明日が終わったらすぐに週末だ。
明日も皆さんにたくさんの良いことがあるように応援しています。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

美味しそうにスコーンが焼けたらブログでお披露目してね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。明日はハードな食感の可愛いスコーンを焼く予定です(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今日は会社に行きました
Wed.17.10.2012 Posted in 恋愛
仕事が一段落したので、ごきげんよう。

今日もオレの具合を案じて下さってありがとうございますm(__)m
熱はほとんど引いたので今日は仕事に行きました。

午前中はちょっと頬が火照る感じがしていたが、忙しく働いている内に治ってしまった。

病気は気から、という事か?
お客さんの前では元気でいなくてならないので元気な演技をしていたら、本当に元気になってしまったようだ。

昨日はまったくなかった食欲も戻った。
昼ご飯は奴と軽く済ませたが、軽すぎたせいかオヤツ時間に急に空腹を感じて、近くの弁当屋に駆け込んで野菜たっぷりの焼肉弁当を買って食べた。久しぶりのボリュームのある食事は美味しかったぜ。

もっともオレが軽度の熱だったので(風邪ではなく寝不足と多忙による発熱だったかもしれないしな)、本当に具合の悪い方は安静にしてしっかりと治して下さい。何やら風邪が流行ってきたようなので、決して無理はしないように。

今朝は、奴にも心配された。

「まだ頬が火照っているのに本当に大丈夫?」
「2日も休むと良い儲け話に乗り遅れるかもしれないからな」
「じゃあ、お昼ご飯は消化に良いものを食べるんだよ。寒い恰好はしてない? 少しでも具合が悪くなったら無理をしないで帰って。人に任せられる仕事まで負担しないように。……」

と、色々と言われて(上の台詞のように一気に言われた訳ではないが)、過保護なお母さんに心配されるおぼっちゃんの気分になった。

奴は性格的に人を構うのが大好きだ。と言っても、限られたお気に入りの相手にだけだが(そしてそれは支配欲にも繋がっている)
オレは、奴のそんな性質を重く感じていた頃もあったが、それはオレを構いたいが故の表れである事が判ってからは有り難く思うようになった。

今ではむしろ、そういう執着心をオレに向けてくれないと心配になる。『もうオレには飽きたのか?』と(笑)

「そんなに心配してくれるならランチに誘って様子を見てくれ」
「今日誘って大丈夫なの?」
「ああ。大丈夫だから誘って欲しいぞ」

奴は喜んでくれた。一昨日はランチ計画を果たせなかった事もあって、余計に。

オレは先月からずっと昼休みに用事が入っていたが、今日は大丈夫だと思っていた。忙しかった要件は月曜日で終わったので、今日は普通に昼休みが取れるだろうと。

ところが、今日に限ってとんでもない急用が入って余り長く昼休みが取れなくなってしまった。
奴にそれをメールで伝えたら、『OMG! せっかく身体に良いお店を選んだのに!』という返信が来た(汗)

結局、オレと奴はファーストフード風の店に入って、オレは15分で食事を済ませて慌ただしく仕事に戻った。
サンドイッチを食べている時間もなくて、ポテトを摘んで紅茶を飲んだだけでな。病み上がりだというのに(泣)

だが、半端にお腹が刺激されたのが良かったのか、その後に空腹感に襲われて食欲が戻った。
何が幸いするか判らんな?
それでもやっぱり、奴と楽しくランチが出来る幸運にありつきたかったぞ。

という訳で、この時間になっても平熱だ。もう完全に大丈夫だろう。

安心したら急に甘いものまで食べたくなってきたぞ。
家に帰ったら、昨日奴が買って来てくれたハーゲンダッツのクレープを食べよう(笑)

都内では雨が降ってきたな。
今夜も冷え込むかもしれないので、皆さんも体調にはお気を付け下さい。滑りやすい雨路(タイルの部分とか)にも気を付けてな。

では、また時間に余裕があったら夜に!

早く治って良かったね!明日こそ楽しいランチ計画が実行できたら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。本当にありがとうございました。今夜も早く眠って明日の楽しいランチに備えます(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

病中の惚気
Tue.16.10.2012 Posted in 恋愛
奴がハーゲンダッツのクレープ二種類(フランボワーズ&チーズケーキ)と、黄玉(白葡萄)を買って来てくれた!

昼間のエントリーでは土産は要らないとか書いたが、もらうとやっぱり嬉しいな。
言葉で心配して貰えるだけで十分だが、それプラス何かがあれば二重に嬉しくなる(笑)

熱はすっかり引いた(気分的には)
これなら明日は会社に行けるだろう。
それにしても仕事の山場が終わった後で良かった。これが昨日の事だったら、どんなに高熱だろうと必ず行かなくてはならなかったからな。

皆さんにも感謝いたします。
心配して下さって、そしてコメント欄やツイッターやピグなどでお見舞の言葉を下さって、ありがとうございました。

昼間は奴がいなくて心細かったですが、お陰で二度も怖い夢を見ることもなく安心して眠ることができました(笑)

今回の発熱は、寝不足で体力が落ちていたせいだったかもしれんな? 実は昨日から少し頭がボンヤリしていたしな。

「今日からオレの睡眠の監視をしてくれ」
「不調が続いて懲りた?」
「懲りた。本気で改善したい」
「良いよ。協力するから治して行こうね」
「厳しくして良いぞ」
「そう? じゃあ平日に夜更かしをしていたらパンパン!って頬を叩いちゃおうかな」

そんな事を言われたらわざと夜更かしをしたくな……んて事は言わないぞ(笑)

奴が買って来てくれた葡萄は美味しかった。
今日は食欲がなくてパンを一つ食べたきりだったが、葡萄は甘くて、腹の底から癒された気がした。

あと、温かい紅茶も淹れてもらったから、今夜はもう心残りはない。幸せだ。あとはゆっくり寝よう。
早くベッドに入って、ちょっとだけ奴と無駄話をしてな。

皆さんもゆっくりと眠って良い夢を見てください。
そして明日も楽しい日にしようぜ。

おやすみ!

夜更かしの習慣が治るように応援してるよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます。今度こそ改善させて慢性不眠症も治したいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

お土産よりも温かな紅茶を淹れて欲しい
Tue.16.10.2012 Posted in 恋愛
おはようございます。

ちょっと横になっていたらいつの間にか眠っていた。
というのも、今朝は熱が出て、奴に会社に行くのを止められた。
とつぜん休日が出来るのは嬉しいが、熱で頭がボンヤリしていては楽しさは半減だな。

どうせなら元気な日にサボりたかったぜ。
今日は奴と楽しいランチ計画をしていたしな(泣)

昨夜のパンは、半分は奴が会社に持っていた。
今日は天気も良くて、室外で食べたらさぞ美味しかっただろう。奴はもう食べたかな? オレはこれを書きながら食べているが。

2012_10_16_1.jpg

昼頃に眠る前に奴からメールが来た。

『ちゃんと休んでる? 帰りに口当たりの良いものを買って帰るからね』といった内容で、オレは『ありがとう。楽しみにしている』と返信したが、本音では、買い物に時間を費やしていないで早く帰って来て欲しいと思った。

熱のある日にシーンとした部屋にいるのは心細い。
そのせいか、さっきはおかしな夢を見たぞ。ホラー映画を観ているのだが、観なければ良かったと後悔している夢だ(チャッキーみたいな人形が登場していた)

不安な感情がクローズアップされてそんな夢を見たのだろう。
風邪をひいている時は精神状態が子供の頃に戻るものなのかもしれんな。安心できる人に傍にいて欲しくなる。

だから今夜は何もいらないから早く帰って来てくれ。
そう素直にメールに書けば良かった。

熱が出たのは、恐らく冷え込みのせいだ。
母のいる施設ではそろそろインフルエンザの予防接種が始まる。

皆さんも冷え込みには十分にお気を付け下さい。
あるいは風邪を引いてしまったら、暖かくしてゆっくりとお休み下さい。

という事で、
さっき起きたばかりだが、再び、おやすみ。
食べたらまた眠くなってきた。今日は今までの寝不足をすっかり解消してやろう。

では、引き続き楽しい午後をお過ごし下さい。

お大事に、ゆっくり眠って早く良くなってね! と思って下さる心優しい方はバナーのクリックをお願い致します。おやすみなさい。起きたら温かいものが飲みたいな。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。