スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルームーンに魔法をかけられて
Fri.31.08.2012 Posted in 恋愛
どんなペスカトーレを食べさせて貰えるのかと思ったら、まろやかな口当たりで、スパイスとワインの風味がしっかりと効いた美味しいペスカトーレで驚いた。

手作りであんなにも美味しく作れるものなんだな。
生パスタもモチっとした弾力があって、(失礼ながら)市販のものを使ったんじゃないかと思ってしまった。

奴は今日の為に新しいパスタ皿を買った。
そしてその皿に綺麗に盛り付けてくれたのだが、写真を撮り忘れて物凄く残念な事をした。

「器用な貴方の事だから美味しく作るんだろうと思ってたが、ここまで美味しいなんて凄いな」
「ふふ、だから美味しいって言ったでしょう? 頑張って作ったからね、パスタを捏ねている時は汗が出たよ」
「プロでやっていけるんじゃないか?」
「無理だよ。少しだけ作るから味をコントロール出来るんだ。それに、きっと同じ味のペスカトーレは二度と作れない」

なるほど。
確かにオレも同じ味の料理は一度しか作れないが、その辺が素人と玄人の違いなんだよな(汗)

「でも、これはまた食べたいぞ? 忘れられない味だ」
「ありがとう。努力するよ。お代わりならあるけど、もっと食べる?」

オレは当然のようにお代わりをした。
奴は嬉しそうにニコニコ笑いながら、ペスカトーレの作り方や今日の出来事を話した。

あんなに美味しい生パスタをご馳走されてしまったら、オレも同じぐらい美味しいニョッキを作らないとな(笑)

だからオレは奴に言っておいた。
「明日、楽しみにしていてくれ」と。

ニョッキを作った事は一度もないが、何とかなるだろう。
オレは追い詰められた時にこそ力を発揮できるタイプだ。夏休みの宿題を31日に全て片づけたりな。

簡単にキッチンを片付けた後は、奴と一緒に冷えたペリエを飲みながら、眩しいほど明るいブルームーン(*)を眺めた。

(*)ひと月のうちに満月が2回あることをブルームーンと呼ぶ。本来は大気中の塵の影響により月が青く見える現象をブルームーンと呼んでいたが、それは極めて稀な現象で、今では2度目の満月を指す方が一般的になっているのかもしれない(wiki参考)

「ブルームーンを見ると幸せになれるみたいだね」
「みたい、じゃなくて、幸せになれるって信じようぜ」
「あはは、そうだね。じゃあオレ達は幸せになれるんだ!」
「はは、その通り!」

グラスの中に月を浮かべて飲みたかったが、さすがにそんな上手いことは出来なかった(笑)
あれは月が遠く見えるようなところでは出来ないな。もっと大きく月が見える広いところでないと。

だが、グラスをブルームーンにかざして乾杯した。
お互いの幸せを祈りながら、ブルームーンの光を浴びた幸運のペリエを飲み干した(笑)

ああ、それにしても美味しいペスカトーレだった。
これもブルームーンのおかげなのか、今夜は幸せな夜ご飯だったぜ。

皆さんもこの週末、たくさんの楽しい事があるように応援しています。
お休みの方も、お仕事や勉強の方も、充実した土曜日をお過ごし下さい。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★明日のニョッキは美味しく作れたら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。美味しく作れそうなレシピを探して頑張ります。美味く出来たらお披露目します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。
スポンサーサイト

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

きっと今夜は美味しいペスカトーレ
Fri.31.08.2012 Posted in 恋愛
8月最後の昼間に、ごきげんよう。

早いな。
あんなに待ち焦がれた8月はもう終わりだ。

今日は会社全体が忙しいがオレは時間に余裕があるので、外出の時には8月の景色を見納めて来よう。

奴も今日から三連休で時間はたっぷりとある。
もっとも9月に入ったら学校も始まるので、また帰宅の遅い日々が続くのだが。

寂しいな(笑)
休みの少ない夏休みだったが、それでも夏休中はどんなに恵まれていたか、9月に入ってみると良く判るもんだ。

9月になればオレも弁当やご飯担当になるから、寂しがっている暇もないだろうがな。
そうだ。7月の後半には弁当の中身がワンパターンになっていたから、今から新しいレパートリーを増やしておこう。

弁当もだが、自宅のご飯のレパートリーも増やしたいぜ。

2012_08_30_1.jpg

「今夜はオレが作っておくね」

と、今朝、奴はそう言った。

「何を作ってくれるんだ?」
「生パスタを手作りして、ペスカトーレにしようと思うんだ」

凄いな。
パスタって手作りできるものなんだ?
自宅でスパゲティを食べる時は、必ずパスタは買ってくるものなのだと思っていた。

奴が生パスタなら、オレはニョッキぐらい作れないとな(笑)
よし、近い内に挑戦して、キレイに出来たらお披露目しよう!

「きっと美味しいだろうな」
「美味しいよ。早く帰って来て」
「ああ、仕事が終わったらすぐに帰る」

奴に玄関まで見送ってもらってキスをした。

帰りには、ペスカトーレに合うワインを買おう。
それとも、今朝の奴の服装に合いそうなカラフルなマカロンでも買ってくるか? 奴は今朝、レトロな感じの鮮やかな蛍光グリーンのパンツと猫Tシャツを着ていた(笑)

という訳で、今日は残業を長引かせない為に頑張ろう。
早く帰って美味しい手作りペスカトーレが食べたい。

皆さんも充実した金曜日をお過ごしください。
そして今夜は美味しいものを召し上がって、暑い一週間を頑張ってくれた自分を労って下さいね。

では、また夜に。

★今夜はご馳走だね! ニョッキも頑張ってね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。自宅で手作り生パスタなんて初めてなので物凄く楽しみです!(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信とお知らせ
Thu.30.08.2012 Posted in コメント返信
<お知らせです>

天気予報のアルバム代わりのブログ、『ラグナ写真部』をお披露目させて頂きます。

本当はキリ良くカールトン篇を完成させてからにしたかったのですが、全ての写真をトリミングする時間がなかったので、これから少しずつ増やして行く事にしました。

レストランやホテルや景色などに興味のある方がいらっしゃいましたら、今後は写真部の方もよろしくお付き合い下さい。

更新は不定期になりますが、様々な写真のお披露目ができればと思っています。
なお、写真部を更新した時には、天気予報の方でお知らせ致します。

<コメント返信です>

また遅くなってしまって申し訳ありません。

本日より出来るだけ毎日、たとえ少しになってもコメント返信を行う事に致します。

全てのコメントに返信したいのですが、余りに話題が古くなってしまったものも多いので、今回は最近のものに対してのみ返させていただく事にいたしました。

けれど初めてコメントを下さった方には必ず返信させて頂きますので、もう少しだけお待ちください。

メール返信を希望されている方にも早々に返信いたします。

===============

★mi~iさん
親身で優しいコメントを下さってありがとうございます。
miさんは愛情深い方ですね。旦那様は無論、お子さんも、きっと今の家庭に幸せを感じていると思います。
感謝致します。限りはありますが、沢山のものを作って残していきたいです。そして何十年経っても、そうした思い出に愛しさを感じられたら幸せです(笑)

★ma~neさん
心配してくださってありがとうございます。
奴の具合が優れない時にはアドバイスを大いに参考にさせて頂きました。
首用のアイスノンを巻いて、冷えピタを効果のありそうなところにぺたぺたと。お陰で頭痛はすぐに治まりました。本当にありがとうございます。
けれど熱中症は後遺症を引きずるようで、奴は完治したように見えましたが、今も暑い場所でちょっと無理をすると頭痛がするみたいです。可哀想なので、涼しくなったら治まると良いなぁ(泣)
そうですね! 料理を作るのは素晴らしいことですが、時には楽しみを優先するのも大切ですね!
オレもピザを注文したくなりました(笑) そしてコーラとかジンジャーエールを飲んで、楽しくサッカー観戦したいです。むしろそんな時は、健康に良い味噌汁や納豆よりも、ピザとコーラの方が美味しそうに思えます。
しっかりと楽しんでご自分を大切するmaさん、オレは相変わらず貴方のファンです(笑)

★to~iさん
そろそろ秋風を感じたいものですが、昼間はまだまだ暑さが続くようですね。
ありがとうございます。toさんもご無理をされませんように。
そのように言って頂けるなんて、オレはそうとうな幸せ者です。忙しい時(昨夜など)は雑談以下の意味のないものを書いているような気がしますが、それすらも読んでくださってありがとうございます。お陰でオレは気ままに楽しくこのブログを続けることが出来ています。toさんの優しい言葉に感謝するばかりです。
連休中は思いっ切り楽しく、そしてゆっくりと過ごせました。エネルギーチャージも完璧です(笑)

★Fl~eさん
親身になって読んでくださってありがとうございます。そんな気持ちを向けて頂けるお陰でオレは頑張れています(笑)
そして本のご紹介をありがとうございます。そろそろ秋になって本に耽りたくなる時期ですので、その本も購入して読んでみます。自分で本を選ぶと似たようなものに偏ってしまうので、良い本をご紹して頂くと嬉しいです。

★sa~uさん
本当に良かったです。一時はかなり心配しました。
ガーナ子は女の子です(笑)
飼う時に躊躇しましたが、今ではシロ子の良い友だちです。ただ喧嘩をするとシロ子が負けてばかりですが(汗)

★ky~uさん
ありがとうございます。ますます強い関係になって行けるように頑張ります!
ガーナ子の顔が可愛く戻って本当に良かったです。
kyさんの猫ちゃんも1日も早く完治するように祈ってます。
今はとても心配で大変だと思います。可愛い愛猫を支えているkyさんを限りなく応援させて頂きます。オレもそれほど知識がある訳ではありませんが、不安な事があったら何でも言って下さいね。

★ak~oさん
何かを主張したり同意を求めるような文章は余り書かないオレですが、たまに自分の経験を踏まえて何かを伝えたくなる時があります。それは悲しい出来事を繰り返して欲しくないからなのだと思います。
オレも言い争いって苦手です。気後れして、勘弁して欲しくて先に謝ってしまう事もあります(汗)
ですね、本当にそう思います。無くても良い経験って絶対にあります。
過去に何人かの人を傷付けてしまったので、今の奴との関係はその反省でもあります。オレもそうですよ。放すもんかー!の意地があります(笑)
腫れが引いたガーナ子を美人と言ってくださってありがとうございます! もう少しなので、完治まで根気強く頑張ります。
彼氏さんにロマンティックなデートをおねだりしましょう! 逆にakさんがそんなデートに誘っても良いかも(笑) でもああいう雰囲気もかなり好みが分かれるんですね(汗)

★ha~8さん
ありがとうございます! あんなに腫れ上がっていたのが小さくなって、妹もオレもホッとしました。美人と言ってもらえて本人(本猫)も大喜びだと思います(笑)
そうなんです、ガーナ子は白い靴下を履いてます。一時里親になってくれた方が、「(ガーナ子の母猫は子供が出来てから捨てられたようなので)外で生まれなくてはならなくなった我が子が風邪をひかないように靴下を履かせてくれたんですね」と言っていましたが、その話にジーンとしてしまいました。

★may~eさん
待ちに待った連休だったので、思いっ切り楽しんで大正解でした。
奴はそう思ってくれたなら嬉しいのですが、どうなんでしょうね(笑)
子供の頃からクラシックバレエや音楽が大好きだったので、エレガント&ゴージャスな雰囲気には一生憧れ続けるのだと思います。
エポワスはクリーミーで美味しいですよ! フランスパンは勿論、茹でたジャガイモと食べても、甘いドライフルーツと食べてもピッタリと合います。
そうですね、高価なチーズなので、輸入食品を扱っているお店でもなかなか見かけません。大きなデパートやチーズ専門店(オレは新宿ISETAN内のマダム・ヒサダで買いました)か、ネットで注文になると思います。
奴に食べて欲しくて自宅で買った時は高価なのでゆっくり食べました。お客さんとのお付き合いで食べた時は遠慮なく頂きましたが(笑)

★k~oさん
和風の猫の名前(店名でも)って、どうしてそんなに可愛いのでしょうか。
もしも奴は新しい猫を飼ったら、「和風名にするのも良いな」と言っていました。
kさんの夏休みが来るまで、オレは毎日kさんを応援します。暑いが続いているので大変でしょう。
そういえば9月に入ったら電車が混みますね。ますます夏の終わりを感じてしまいます。
素敵な猫カフェを教えてくださってありがとうございます。次回はここに行きます(笑)
古い民家というのが素敵ですね。猫も落ち着いてノビノビと過ごしていそうです。お、お見合いに参加してみたい! でもオレもそのまま可愛い子を持ち帰ってしまいそうです(汗)

★mi~aさん
夜には静かな虫の声が聞こえるようになりましたね。
夏の賑やかな夜も好きですが、秋の静かな夜も好きです。どちらもたっぷり楽しめるなんて、四季の表現の豊かな日本は恵まれていますね。
そうですね、他の日ならとにかく、記念日には言ってはならないことでした(汗)
それだけ奴に独占欲を持ってもらっている事を喜ぶとします。なんて書くと、本当にただのノロケのように聞こえてしまいますね。実は奴の機嫌を直す為に尽くすのも嫌いではないし(笑)
奴は後々まで問題を引きずらないタイプなので、機嫌を直してくれた後は再び楽しいデートになりました。待ちに待った連休でしたが、思った以上に楽しく過ごせて幸せでした。
miさんにお花やお茶菓子で持て成してもらって、そのご友人も楽しかったでしょうね。伺った先でそんな風にもてなされると、楽しい気持ちになって会話が弾みます。
素敵なお蕎麦屋さんですね。では夜に行って幸運であればホテルを眺められるのでしょうか? 出来ればこの夏、そんな日本情緒に溢れる場所にも行きたかったです。それは来年のお楽しみにしようかな(笑)

★コメント返信も楽しみにしてるよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。『やるやる詐欺』はもうやらないように気を付けますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

思い出は、どこまで行ける?
Thu.30.08.2012 Posted in 恋愛
「痕は、もうなくなってるよ」
「早いな。あんなに強く打たれたのに」

大きな窓から見える夜景の前で、オレ達は何も着ていない姿で寛いでいた。

オレはさっき、奴に鞭で打たれた。
奴の滾るような想いと欲望が込められたその打撃は、オレ達の行為を狂ったようにさせた。

そして今、限りない静寂の気持ちで、オレは奴に背中を触れられていた。
そこはかとなく寂しさを漂わせている暗い部屋の中で、ついさっきまで行なっていた欲望の全てを剥き出しにさせた快楽を思い出していた。

苦痛と快楽によって正気を追い出して、現実には出来るはずのない理想を口にして誓い合う。
そんな事をしながらオレ達は一つになることを求めていた。

「お前の背中を見る度に今日のことを思い出そうと思ったのに」
「オレもそうしたかった」
「ずっと残るような傷痕を付けてしまおうか?」
「構わない」
「いつか、ね」

それを想像すれば、とても怖い。怖いと思っているのは奴もなのだろう。
一生残る傷跡を付けるのは、簡単な事ではすまされないから。

だがオレ達は、そんな痛ましい事にも夢を抱く。
身体の傷痕に思い出を蘇らせ、二人が一体であった歓びを確実な記憶として残すことが出来るなら……と願う。

「オレ達はどこまでいけるだろう?」

その台詞は、以前も奴が口にしたものだった。

二人が結びついた証といえる子供を残す事も、社会に認められる『紙切れ』を提出する事も出来ないオレ達は、互いの気持ちだけで自分達の絆を保たせるしかない。──そんな思いから零れた台詞だった。

「貴方がオレに傷跡を作って、仕事で形あるものを作って、死ぬまでずっと一緒に何かを作ろう」

いつか恋愛感情がなくなる日が来ても、二人で何かを作る事が楽しいと思える気持ちが残ってくれたら嬉しい。
互いに年老いて、肉体への欲求がなくなる日が来ても、自分たちが作ったものを一緒に眺められたら嬉しい。

思い出を身体に刻み、社会に刻んで。
どこまで思い出を作り続けてやろう。

という訳で、
皆さんもたくさんの楽しい日々を過ごして、たくさんの良い思い出を残されますように。

今日も皆さんが幸運であるように応援しています。

★これからも良い思い出をたくさん作ってね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。楽しい思い出も、辛い思い出も。後から幸せだったと思える思い出をたくさん作って行きたいです!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

素直になる夜
Wed.29.08.2012 Posted in 気軽な雑談
明日の準備をした後に、ごきげんよう。

眠い。
気を抜くと今にも意識が途切れそうだ(汗)

今朝は早くから仕事だったのもあるが、昨夜は今日の準備の為に夜更かしをしたのでロクに眠っていなかった。

昼間は忙しかったので平気だったが、シャワーを浴びて音楽を聴いていたらガクリと来た。
15分ぐらいカーペットに転がって半裸で寝ていた。奴に、「そんな姿で寝てると風邪を引くよ」とユサユサと揺り起こされたが、物凄く気持ち良かった。いつ眠ったのか判らないぐらい呆気無く眠りに落ちていてな。

「ちゃんと布団に入って、今夜は早く寝て」
「そうする。あと30分で寝る」
「素直だね。また仕事をするとか言うかと思った」
「明日も眠くてボーっとしている訳にはいかないしな」
「オレも早く寝るからね。早く眠ると良い夢が見られるよ」

奴はそう言ってオレの頭を撫でた。
その時も心地良く、ごろにゃ~んと奴に抱きついて眠りたいぐらいだった。

奴が早く眠るのはいつもの事だが、そうか、素直に早く眠れば良い夢が見られるのか。今夜はどんな夢を見るんだろうな? 本当に良い夢が見られたら、明日のエントリーで報告するぜ(笑)

という訳で、今夜はそろそろ寝ようと思う。

けれど皆さんにお詫びしなくてはならない。
昨日から予告していた、コメント返信と、写真ブログのご報告は、明日に延期にさせて頂きます。

また延期してしまって申し訳ありません。
明日はどちらも必ずさせて頂きますm(__)m

皆さんもお疲れの日はゆっくりとお休みください。
そして良い夢を見て、翌日は充実した1日をお過ごし下さい。

では、今夜も心地良くて楽しい夢を。
おやすみ。

<お礼>
ガーナ子にあたたかなコメントを下さってありがとうございます!
もう心配はないと思います。また完全に腫れが引いたら、もっと可愛くなった写真と共にご報告させて頂きます。

★良い夢が見られますように! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。夢の中で心地良く過ごせれば、目覚めた時は気力満点だろうな(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

可愛い顔でこんにちは
Wed.29.08.2012 Posted in 気軽な雑談
さすがに連休明けは忙しいな。
朝からずっと働き詰めで(ツイッターを覗いたりはしたが)、ようやくさっき昼ご飯を食べることが出来た。

だが、連休で怠け癖が付いた身体には心地の良い忙しさだ。
仕事をしている内に、徐々に多忙のペースに慣れて行くのが判って面白い。

もっとも、こんな忙しいのが毎日続いたら「オレは奴隷じゃないんだぞ!」怒りたくなるがな(笑)
だがオレは奴隷だったな? でもそれは奴限定でだからな。

今朝は奴も元気に仕事に行った。
奴は明後日から三連休なので張り切っていた。

それに、今朝はちょっと良いニュースがあってな。
妹がガーナ子の写真を送ってきてくれたのだが、この通り、目と鼻の腫れはほとんどなくなっていた。

2012_08_29_1.jpg

(注意)背後のボヤっとした白いものは猫霊写真ではなくシロ子です。

右側の目頭がかすかに盛り上がっているが、最も腫れた時はこの5倍は酷かった。眉間に大きなコブが出来たみたいになってな。

「可愛い顔だね」
「キリッとしてるよな」
「シロ子と対照的」
「喧嘩すると必ずシロ子が負ける。耳をぺたんこにして逃げ腰になるんだ。ガーナ子はキッツイ顔で睨んでいてな」
「あははは、そんな感じがするよ」

朝のサラダを食べながら、一緒に写真を見て笑った。
連休はあと一週間ぐらい欲しいと思ったが、今日からまた普段の生活に戻るのも良いかと思った。

仕事の日でも楽しい事はある。
それに気の早い話したが、もう秋の予定は立てたしな(笑)
去った思い出に浸るのも楽しいが、先にある楽しみの為に頑張るのも悪くないな。

という訳で、もうじき9月だな。
夏が終わっても皆さんに沢山の楽しい出来事があるように応援しています。

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、浪漫の秋、甘美の秋。
色々と楽しみたいな。

では、また夜に。

★ガーナ子の鼻、ほとんど治って良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。一時はどうなるのかと物凄く心配でしたが、これで一安心です。本当に良かった!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

30代は、そんなものなのかもな
Wed.29.08.2012 Posted in 恋愛
気持ち良く酔いながら、ごきげんよう。

今夜はミッドタウンの地下にある和食レストランで夜ご飯を食べた。
比内地鶏の焼き鳥とか、サザエのつぼ焼きとか、ハモとか、きりたんぽとか、ホタルイカとか、普段は滅多に食べないものばかりを注文した。

ワインは、冷えた白をボトルで頼んだ。
白ワインはもう何度も飲んでいるが、今日は何故かとても美味しく感じて、レストランを出る最後の時まで飲んでいた。

帰り道、タクシーに乗る前に買い物をした。
新発売のカマンベールチーズを見付けてカゴに入れて、美味しそうに冷えている白のスパークリングワインも一緒に買うことにした。

最近は外食した夜は自宅で飲んだり食べたりはしないのだが、今夜はどうしても、もう少しだけワインが飲みたくて仕方がなかった。

2012_08_28_1.jpg

自宅に帰ってチーズを少しだけ切った。
そして冷蔵庫にしまっていたワイングラスにスパークリングワインを注いだ。

それはとても美味しくて、自ずと心地の良いため息が漏れた。

「今夜は美味しそうに飲むんだね」
「なんだか凄く美味しいんだ」

奴はソファに座っているオレの隣に座って、「少し飲ませて」と言って顔を寄せた。
オレはグラスを奴の口に付けた。
奴は目を瞑って、発砲する淡い金色の液体を飲み込んだ。

「冷たくて美味しい」
「さっきも飲んだのにまだ飲みたくてな。前よりも白ワインが好きになったのかもしれない」
「前よりも味が判るようになったんじゃない?」

奴のその言葉にオレは納得した。

そうなのかもな。
オレは30代に入って白ワインの良さをようやく知ったのかもしれない。
20代の頃は浴びるように飲んでいた時もあったが、ゆっくりと味そのものを楽しみたいと思った事は余りなかった。

ワインってこんなに美味いものだったんだな。
今日飲んだワインはどちらも辛口だったが、フルーティでハニーな味が口の中で広がって、アルコールよりもその味そのものに酔うようだった。

「オレも成長したな。ようやく舌が大人になったか」
「でも本当の酒好きになると、お腹も成長しやすくなるから気を付けて」

奴はそんな事を言ってオレの腹を撫でた。
急に腹を触られてくすぐったくて、オレは笑いながら奴を抱きしめた。

「今夜のワインは美味しかった。貴方の話も楽しくて……ありがとう」
「連休最後の日を楽しく過ごせて良かった」
「今度の週末は仕事だが、ワインショップぐらいは行きたいな」
「白ワインを買うの?」
「ああ、買いに行くから付き合ってくれ」

今日で休みは終わりで、暫く休みはない。
だがワインを買ってワインを楽しむ余裕はある。

良かった。
楽しい連休を過ごせて。
そして、これからも楽しい日があって。

という訳で、
予想していた事だが、やっぱり毎日外出続きの連休だった(笑)

オレの連休を彩ってくれた奴と、友人と、皆さんに、心からの感謝を申し上げます。
良い休みになりました。明日からまた頑張ります。

皆さんも明日は良い1日をお過ごしください。
明日も沢山の幸運があるように、心から応援しています。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

<ちらりとお知らせ>
前々から予告していた写真ブログを明日辺りに公開します。アルバム代わりなので文章はほとんど付けていませんが、ホテルやレストランやTDRなどに興味のある方にお付き合い頂けたらとても嬉しいです。よろしくお願いいたします。

★これからも美味しいものや素敵なものを発見できたら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。30代は本当の味の良さを知る年頃だから、お腹も成長しやすくなるのかもしれませんね(汗)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

オレの胸に刻まれた思い出の場所
Tue.28.08.2012 Posted in 恋愛
おかしな夢を見た。

オレはカールトンの45階でモーニングを食べに来ていたらしく、料理を山盛りにした皿を両手に持っていた。

オレの隣には奴が居た。
奴はオレに向かってこう怒鳴った。

「そのまま1分以内に1階のベーカリーに行くんだ!!」

45階から1階に行くには、特急エレベーターを使っても1分は無理だ。
ましてや山盛りの料理を持ったままなど……。窓から飛び降りない限り。

なんだろうな?
なんの罰ゲームだ?(汗)

どうやら昨日の件がこんな形で夢に現れたようだ。
もしかして今回のイベントで一番心に残ったのは、奴に叱咤された件だったのかもしれん。

マゾすぎるじゃないか、オレ。

とろけるようなラブラブな事だってたくさんしたのにな。
シーツがぐちゃぐちゃになるまでセックスをしたし、誓いのキスだってしたし、一緒にお風呂だって入ったし、素敵なプールで泳いだし、美しい夜景の前でネクタイで手を縛られてベルトで打たれたりもしたし。

しかしまあ、本気での叱咤って、調教上での叱咤にはない迫力があるんだよな。
こちらはビクっとするのだが、同時にゾクっともしてな。そうなるように意識している訳ではないんだが、まったく困った体質だ。

「またカールトンの45階で食事をしような」
「ずいぶん気に入ったんだね」
「まあな、良い店だった」

奴には本当の理由は言えなかった。
『貴方に怒られたせいで、あのレストランは記念の場所になりました』なんて、恥ずかしくてな。

さて、
今日は連休最後の日だ。

天気も良いから、オレはこれから一人でドライブをしてくる。
そして夕方には奴と落ち合って夜ご飯だ。

何を食べようかな?
和食というか……最近食べていなかったものも良いな。

皆さんも楽しい午後をお過ごし下さい。
今日もたくさんの良い事があるように応援しています。

では、また時間に余裕があれば夜に!

★素敵な思い出の場所が出来て良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。いや、なんというか……ですね、嬉しいです(汗)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ソックスがキュートでも余所見するのはお馬鹿さん
Mon.27.08.2012 Posted in 恋愛
高層階で景色を眺めながら食べるモーニングは美味しかった。

ブッフェ形式だったが、シティホテルでも珍しいぐらい豊富な種類の和食と洋食が用意されていた。
そして1階のベーカリーでも販売されている高級なデニッシュやチーズもたっぷりと並べられていた。

普段はそれほど朝食を食べないオレ達だが、今朝は何度も料理を取りに行く為に席を立った。

オレ達の他にも沢山の国籍のゲストが来ていたが、みんな豪華なモーニングを美味しそうにゆっくりと味わっていた。

2012_08_27_6.jpg

オレ達のテーブルの斜め横に、長めの巻き毛の米国人が一人で座っていた。
彼はこの近辺でビジネスをしているらしく、上等で洒落たスーツを着て、足には紐付きのダークブラウンの革靴とカラフルな横縞のソックスを履いていた。

「センス良いな。可愛い。きっと本国でも日本でもかなりモテるぞ」

オレは奴にそう言った。
この手の会話(趣味の良いメンズを見付けて褒める事)は頻繁にしているので、その時も何気なく口にしていた。
ついでに奴もカラフルなソックスが好きなので(仕事のスケジュールによっては会社にもそんなソックスを履いて行く)、便乗して奴のセンスやキュートさも褒めていたつもりだった。

だが奴の反応は、眉間にシワを寄せて、こうだった。

「こんな時に他の男を可愛いって言うなんて不愉快だ」

オレはビックリして、「こんな話はいつでもしてるだろう?」と言った。
だが奴は、「特別な日に余所見をされて嬉しいと思うの? 冗談でも言って欲しくなかった。お前がそんな事も判らないなんて。馬鹿」と言った。

馬鹿と言われて、その通りだったと思った。
オレは自分で大切な記念日だと思っていた日に、とても無神経な事を言ってしまった。

『特別な日は二人きり』なんだよな。
周囲に大勢の人がいても、心の中ではオレと貴方の二人きりのハズだったんだ。

ちょっと話は違うが、そういえば知り合いの女王様も言っていたな。時と場所を弁えて会話の出来ない奴隷には物凄く腹が立つと(汗)
真性サディストさんもマゾヒストに負けないぐらいロマンティストが多い。だからデリケートなところは大切にしなくてはならないんだ。

2012_08_27_5.jpg

「ごめん。オレが悪かった。反省する」
「反省して。そしてオレの機嫌を直して」
「判った。何でもする。何をすれば良い?」
「知らない。自分で考えてよ」
「判った」

そんな訳でオレは、ラウンジでエスプレッソを薦めたり、1階のベーカリーで美味しいパンとチーズを買ったり、隣のビルで売られているリアルで可愛い縫いぐるみの手を動かして語り掛けたり(人形劇のように)、色々と頑張った。

その甲斐あって、チェックアウトをする前に奴の機嫌は直ってくれた。

「今度同じ事をしたらその場で頬をぶつからね」と奴は言ってくれたが、オレは心の中で、『今回もそうしてくれて構わなかったのに』と思った。
口に出せばまた奴に「本当に頭に来たんだから冗談を言わないで!」と怒られるので言わなかったが(笑)

まあ、よりによって二人の恋愛的記念日に余所見をするのは最悪だな。
もしもそんな事をする友人がオレにいたら、オレはその友人に、「馬鹿だな、お前は!」と言うだろう。

ああ、オレって馬鹿だった。
ごめんな。

今朝はそんな失敗をやらかしたオレだが、今夜は奴の好きなイタリアンサラダとローストビーフで楽しんで貰った。
それらをリッツ・カールトンのベーカリーで買ったパンに挟んで食べたら美味しかったぞ(笑)

「明日の夜も何か作っておく」
「でも明日もミッドタウンなんだよね? それなら待ち合わせて何か食べない?」
「外食で良いのか?」
「お前の最後の休日だから美味しいワインを奢るよ。お前の好きな店に入ってね」

そんな事を言って貰うと嬉しくてたまらないな。
素直に奴に甘えて、明日は連休最後のデートをして来よう。明日が終わればまた暫く休みはないしな。

という訳で、今日は楽しい月曜日だった。
毎週月曜日がこうだったら良いのにな(笑)

皆さんも楽しく過ごされたなら何よりです。
次の週末までちょっと間が空いているが、今週も充実した一週間になったら良いな。

明日も皆さんにたくさんの良い事がありますように。
明日はオレもちょっと仕事をしながら応援させて頂きます。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

<お詫び>
休日中も時間に余裕がなくてコメント返信がなかなか出来なくて申し訳ありません。
明後日(水曜日)から返させて頂きます。
すぐにお返事したい方がたくさん居りますが、もう少しだけお待ちください。本当に申し訳ありませんm(__)m

★奴の機嫌が直って良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。あの時はヒヤッとしました。真面目に反省しております。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

欲しいのは永遠の愛と歓喜
Mon.27.08.2012 Posted in 恋愛
この週末はザ・リッツ・カールトンに宿泊した。
今年の夏は旅行などに行けなかったからな。奴に寂しい思いをさせたくなくて、ちょっと贅沢な一夜をプレゼントした。

2012_08_27_1.jpg

奴はとても気に入ってくれて、今朝は帰りたくなさそうだった。
しかも奴は、今日は昼から仕事でな。
「このホテルに滞在している方が現実になれば良いのに」などと言っていた(笑)

「このホテルにも数百万円の月契約で住んでいる人がいるんだろうな」
「そんな暮らしが出来るように頑張ろうか。でも猫も一緒に住めるかな?」
「帰りにフロントで訊いてみるか?」
「あはは! 訊いて!」

なんて会話をしたが、たぶんオレの方が奴よりも、本当にそうしたい願望は強いと思う。

奴はそうでもないが、オレは贅沢で愉快な時間を過ごすのが大好きだ。
『フィリップ、きみを愛してる!(*)』という映画を観た時にはワクワクした。あんな派手で愉快な生活ができたら物凄く素敵だろうな、と。

(*)ゲイの主人公のラブ・コメディ。『IQ169の天才詐欺師スティーヴンは、収容された刑務所で心やさしいフィリップに一目ぼれ。彼を幸せにするために詐欺を繰り返すが、再び投獄されてしまう。でも、たった一言「愛してる」と伝えたい一心で……(公式サイトより)』

オレにはスティーヴンのような才能も大胆さもないが、自分が望む成功は掴みたいと思っている。
ザ・リッツ・カールトンに猫様と一緒に住むのは無理かもしれんが(笑)、美しい調度や洋服や花や香水や、音楽や絵画や舞踏に囲まれる生活を送りたいぜ。

2012_08_27_3.jpg

「楽しい家庭を作ろうな」
「そうしようね」
「猫をいっぱい飼おう」
「約束だよ」

50階を超える部屋の窓から景色を眺めてキスをした。

今回はお互いにプレゼントし合った指輪を嵌めて来ていた。
何となくオレ達の結び付きを祝うような気持ちでいたから。

夜は更に良いムードだった。
思いっ切り定番だが、やはり夜景の美しい場所は気分が盛り上がる。

2012_08_27_2.jpg

まあ、部屋でゆっくりと楽しむ前に、ラウンジでとても美味しいケーキと珈琲を頂いたり、すぐ近くにある豚しゃぶ屋で食事をしたり、麻布まつりに行ったりしたがな。

けれど麻布まつりは、物凄い人出と熱気で30分で脱落した(汗)
去年は(大震災の為の自粛で)開催されなかったせいか? 一昨年よりも混み合っている感じがしたぞ。

「大丈夫か? はぐれるなよ」
「手を離さないから。でも暑くて息苦しい!」
「ここから抜けよう。あ、そこのバーの席が空いてる。入って冷たいものを飲もう」

奴と繋いだ手は汗まみれになっていた(笑)
逃げるように入ったバーは冷え冷えに冷房が効いていたので助かった。

夏が終わるまで奴に無理はさせられない。
奴の身体は奴だけのものじゃないからな(オレのものでもある)

という訳で、今日と明日は、今回の週末デートの模様をお送りしたいです。

だが楽しい事ばかりじゃなかった。
今朝は奴を不機嫌にさせてしまってな(汗)
あと、宿泊に関しても残念な事があった。

けれど、幸せだった。
楽しい気分がピークに達すると幸せな気分になるが、まさにそんな感じでな。

オレは明日も諸事情あってミッドタウン(しかもカールトン前のカフェで待ち合わせ)に行かなくてはならないが、昨夜来た時とはまるで違う場所のように感じるだろう。

昨日は本当に、奴と来て良かった。

さて、
今夜は仕事をしてきた奴の為に夜ご飯を作るぞ。

明日もオレは休みだが、奴は仕事だ。
そしてオレの連休は明日で終わりになるが、心残りはもうないぜ。

では、また夜に!

★楽しい連休になって良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。楽しかったから新たな目標も持てて、充実した休みになりました(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

天国の快楽
Sun.26.08.2012 Posted in 恋愛
昨日の昼間、寝室に繋がるベランダに洗濯物を干した。
けれどオレ達はずっと外で遊んでいた為にすっかりそれを忘れて、結局昨夜一晩放置してしまった。

朝、奴はそれを取り込んだ。

「カラカラに乾燥して温かくなってる!」

そしてそんな事を言って洗濯物を抱きしめた。

「オレのパンツも温かいか?」

オレはまだ全裸でベッドにいて、そんな冗談を言ったが、奴はわざわざオレのパンツを探して、それを頬に当てて「温かいよ。穿いたら気持ち良さそう」と言った。

「穿かせて」
「あはは」

奴はオレのかぶっていた布団をめくってパンツを足に通してくれた。
そして腰までグッと引き上げると、オレの息子や尻はほんわかとした温もりに包まれた。

「気持ち良い! 幸せだ!」
「そんなに良い? オレも(いま穿いてるのを脱いで)穿き替えようかな」

冷房で冷えた肌を包む温かなパンツは天国の感触を思わせた。
この行事はきっと、オレ達の夏の風物詩として、これからも続けられる事だろう。

昼間から下ネタになるが、天国パンツを穿いた同士で息子や恥骨を合わせてグリグリしあうと、これまた凄く気持ち良かった(笑)

だがこれは夏にしか出来ない事だな。
また近い内、天気が良くなりそうな日に、わざと洗濯物を一晩中干しっぱなしにしておこう。

さて、今日は麻布まつりだ。
奴の体調が心配なので涼しくなる夕方以降に行って、夜は近くのホテルに泊まる予定だ。

楽しい1日にするぜ。
そんなに長い連休ではないから、最後の日まで毎日思いっ切り楽しくしてやろう。

皆さんも楽しい日曜日をお過ごしください。
今日も皆さんが元気で幸運であるように応援しています!

では、また夜かツイッターで!

★思い出の麻布まつりを楽しんで来てね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

猫の楽園、猫だ!カフェ
Sat.25.08.2012 Posted in 恋愛
奴に「行きたい、行こうよ!」と言われて、お台場にある、『猫(にゃん)だ!カフェ』に行って来た。
日本最大級の200坪近い敷地を誇る猫カフェとはどんなところなのかと、オレも興味津々だった。

2012_08_25_1.jpg

入り口。

可愛くて、くぐるのがちょっと恥ずかしかった(笑)
だが奴は「ピンクの猫に食べられるよ!」と言ってズンズン進んでいった。男らしいというか猫まっしぐらというか……。

中は、ツイッターの方で呟いたが、カフェというよりも猫屋敷だった。
テーブルやイスや本棚などが置かれた普通の部屋が幾つも続いていて、どの部屋にもたくさんの猫がいて、思い思いに歩いたり遊んだり寛いだりしていた。

お客も自由に移動してテーブル(イス)を変える事ができる。
全ての部屋を回って、たくさんの猫の傍に座って、ゆっくりと時間を過ごす事も可能という訳だ。200坪という広さのあるカフェならではの楽しみ方だな。

2012_08_25_2.jpg

奴は猫に夢中で、入るなりオレを放置して部屋を飛び回った。
はじめはオレはそんな奴を追っていたが、ちょっとイスに座ってアイスティーを飲んでいたら、奴がどこに行ったか判らなくなってしまった(汗)

オレは置き去りにされて猫に敗北したぜ。
奴をあんなに夢中にさせる事はオレにはできない(泣)

だが猫フェチってそうなんだよな。
彼氏と一緒だろうが、猫と自分の世界に没入するんだ。
オレの叔母さんも相当な猫フェチで、今の旦那さんと結婚したのは、『猫に詳しくて猫の話が一番できる相手だったから』という、猫が主役の理由があったからだった。

奴がオレを選んだ本当の理由も実はそれだったりしてな。いや、それでも良いんだが(汗)

2012_08_25_3.jpg

「楽しかった! 床で寝ていた子が可愛くて、床に張り付いて撫でちゃった!」

カフェのコーナーから出た後は、ショップの方で買い物をした。
お買い物コーナーには物凄い種類の猫グッズが売られていてな。オレは健気にも奴に貢いだぜ。美しい猫様の置物や、可愛い猫ちゃんのメモ帳などを。

やれやれ、マゾ気分が満喫出来て楽しかった。
負け惜しみじゃなくて本当にな(笑)

『猫だ!カフェ』を出た後は、今度はオレの趣味に付き合ってもらうことにした。
猫カフェと同じビル(デックス東京ビーチ)の中にある、『たこ焼きミュージアム』へ。

2012_08_25_6.jpg

「5店のたこ焼き屋があるんだな。全部の店のたこ焼きを買って半分ずつ食べてみるか?」
「多いよ」

本当はそうしたかったが、さすがに量が多いので、3軒のたこ焼きを買って食べてみる事にした。

「どれが一番好きだ?」
「どれも美味しいけど、この天カスの入ったのが香ばしい」
「オレはこの中身がトロトロの」
「たこ焼きって材料や焼き方で味が変わるんだね」

どの店のたこ焼きも美味しくてオレは幸せな気分になった。
こんな素敵な店があるなら次はお台場周辺に住むのも悪くないと思いながら、iPhone用にたこ焼きのストラップを買った。

ところで、『たこ焼きミュージアム』のあるフロアで、こんな自動販売機を見付けた。

2012_08_25_7.jpg

とん汁、筑前煮、おでん、醤油ラーメン、豚骨ラーメン、味噌ラーメン、焼き鳥、肉ジャガ、りんごカレー、もつ煮込み、焼きリンゴ、玄米がゆ。

色々とあるもんだな。
もちろん麺や米や肉も入っているんだよな? まさかジュースでそういう味がする訳じゃないよな?(汗)

次に、先日ボストン君から新装開店の招待券をもらっていた『ジョイポリス』に行った。
ここも同じビル内にある。

2012_08_25_4.jpg

だがこの遊園地、お化け屋敷がたくさんあって怯んだ。

「iPhoneでレビューを見たけど、そんなに怖くないよ」と言う奴の言葉を信じて『貞子3D 呪いのツアー』に入ったが、ガイド役のお兄さんの語りが笑えたので本当に怖くはなかった。貞子に追いかけられた時はビックリしたけどな(笑)

あと、生き人形とダークチャペルに入ったが、どうもオレは3Dホラーアトラクションには鈍いようで、こちらもそれほど怖く感じなかった。
ダークチャペルに関して言えば、ラストはストーリーに置いてけぼりを食らったしな(汗)

ジョイポリスは3Dやシューティングが多くて、遊園地というより大型ゲームセンターという感じだな。

けれど1階には絶叫系のアトラクションがあって、オレはそれに乗った事を後悔した。
前に乗った女子高生グループが「キャーーーーー!!!」と悲鳴を上げていてビビったし、イザ乗ってみたら立ったまま激しく動かされて腰が抜けそうになった(こう表現するとエロくて楽しそうだな)

「でもお前は踊りをやっているから、ぐるぐる回ったりバランスを取るのは上手なんじゃない?」
「自分でそうするのは良いんだが勝手に振り回されると気が遠くなるんだ。怖くて」
「そんなものなんだ」

2012_08_25_5.jpg

ドリンクを飲んで一段落して、次に、オレは4年ぶりぐらいにプリクラを撮った。
奴がプリクラの最新技術に興味を示して、「撮ってみたい。お前も一緒に来て♪」と言ってな。

それにしても最近のプリクラの加工技術は凄いな! 簡単操作でフォトショップレベルだ。
目を大きくしたり、足を細くしたり、小顔にしたり、メイクをしたり、ウィッグをかぶったり、猫耳を付けたり……。

奴は夢中になって、アレよコレよと色々な加工をしてプリクラを撮りまくった(欧米にもオネエ気質たっぷりの人は多いが、そんな人は物凄く面白がるよな、あれ。ちょっと趣味に走った記念撮影に持って来いらしい)

「だけど貴方がやるとあんまり違和感がないな。もっと凄い顔になるかと思ったけど」
「普通にメイクした顔だよね? 綺麗」

ついに奴は自分で自分を綺麗だと言うようになって、オレは誇らしかった。
ああ外見の美しさは満々の自信と努力で作られるものだ。化粧をした貴方は誰よりも派手で綺麗だぞとオレも絶賛してやろう。貴方の美しさの進化の為に。

「ねえ、キスしよう。キスしてるところを撮りたい。オレの友達がそんなのを持ち歩いていた」

奴は『まつ毛バサバサ&唇プルプル加工』のプリクラから出て、そう言った。

オレは了解して、加工なしのプリクラで何パターンかを撮影した。
ギューっとハグったり、ちゅーとキスったりしながら。

「ふふ、気に入ったのをお婆さんに送っちゃおう」
「本気か?」

奴は「うん」とニコニコしながら言ったが、どうせ送るならスカイツリーのお菓子とかの方が良いんじゃないのか?(汗)

という訳で、長くなって申し訳ない。
最後まで読んでくれてありがとう(皆さんにもハグ!)

こんな感じで連休の二日目を過ごした。
そして明日も予定でいっぱいだ。やはり自宅ゆっくり過ごせる日なんてないのかもしれんな(笑)

ちなみに明日は、麻布まつりだ。
またツイッターで簡単なレポをすると思うので、お暇な方はお付き合い下さい(リプライなしで、読んでくれるだけでも嬉しいです)

さて、
今日は土曜日だったが、皆さんも楽しく過ごされたなら何よりです。
土曜日の夜は長い。どうぞ引き続き週末の夜をお楽しみ下さい。

そして眠られる時には素敵な夢を。
明日も皆さんが幸運であるように祈ってます。

おやすみ。

★楽しい食事はそれだけで楽しいデートになるね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。今日は昨日とは違った美味しいものを食べてきます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

舞台選びから始めるデート
Sat.25.08.2012 Posted in 恋愛
天気の良い休日に、ごきげんよう。

土曜日が休みなんて何週間ぶりだろうな(笑)
今日は奴も休みなので、午後は外で遊びまわる予定だ。

昨日は『アベンジャーズ』を観に行った。

アイアンマンは観ていたが、他の映画(マイティ・ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク)はほとんど知識が無かったので内容を把握できるか心配だったが問題なかった。

レビューサイトを見ると、前~中盤が退屈との声もあるようだが、その辺は演技で楽しめた。あと、ヒーロー達の『イカニモ』な個性や天才ぶりを垣間見せる台詞もあってな。あの手の映画にはそういうシーンがないとつまらない。

それと、華麗で美しい映像が時折はさまれていて、それに対比するもの(悪役の支配&破壊欲とか、科学的&機械的なイメージとか)を際立たせていたように思えた。

で、後半は迫力のあるアクションの連続。
今回はヒーローがたくさんいてバラエティな戦い方が楽しめて、派手なアクション映画にありがちな『派手さに飽きる』というのも無かった。最後はこのストーリーをどう収拾させるのかも興味深かった。

しかしまあ、残念に思えた部分も幾つかあった。
けれどこの映画は個人的に贔屓したいので(色男&肉体美に目が眩んだ・笑)、以上でレビューは終わりにしておく。

この映画に興味のある方は、大きなスクリーンで上映している間に、是非。

2012_08_24_1.jpg

映画の後は食事に行った。

「嬉しいな、久しぶりの本格的なフレンチだ」

と奴は喜んでいたが、オレは数日前にフレンチで辛い思いをしていたので奴ほど陽気にはなれなかった(汗)

だが、奴が大満足してくれたのでエスコートした甲斐があった。
物凄く正直に本音を言えばメインディッシュをパスしたかったが、奴と語りながら食べるのが楽しくて、ゆっくりとワインを飲みながら食べきることが出来た。

食事は雰囲気が大切だ。
ワインと会話で楽しくなれば、食欲は後から付いてきてくれる(限度はあるが)

昨夜は、映画とワインとフレンチにご機嫌になった奴が可愛かった。
オレは何やら下心を持つ男の気分になって、言葉で奴を可愛がりまくった。美味しいアルコールのお代わりを薦めて、仕事ぶりを褒めて、素敵だ・可愛い・愛しいと何度も言った。

「酔いそうだよ」
「もう酔ってるだろ?」

目をトロンとさせる奴の手を、オレはテーブルの下でさり気なく握った。
奴は「楽しい。幸せだよ」と呟いて、オレの手を握り返して自分の膝の上に置いた。

ロマンティックなフレンチレストランはこんなシチュエーションを作ってくれる。だからオレは胃の具合が悪くても行ってしまう(笑)

特にオレは舞台の上にいるような場所が好きなので、そんな気分にさせてくれる店に奴を連れて行くのが大好きだ。そして、そこで奴を口説いて楽しみ合うのがお気に入りのデートプランの一つだ。

2012_08_24_2.jpg

「そろそろ出よう」
「うん」

最後にギャルソンに珈琲を薦められたが、白ワインの味を消したくなかったので断った。

すぐにタクシーに乗って、自宅に戻って朝の続きがしたかった。
奴をオレのもので揺さぶりながら、昼間はどれだけ自慰で感じたのか告白したかった。

白ワインで夢心地に酔っていた奴は、オレに首輪を掛けて、オレを好きなように扱った。

奉仕をさせながら乗馬鞭で背中を打って、自慰をする姿を見せるように言って、それに興奮したらオレの硬くなったもので貫いて満足させるようにと命じた。

オレは従った。
奴を揺さぶっている間も、背中に爪を立ててくれと願いながら、奴が満足するまで続けた。

昨日はそうやって連休をスタートさせた。
今日もこれから外出して、奴を思いっ切り楽しませようと思う。

オレは奴隷体質だからなのか生粋のマゾだからなのか、連休中でもご主人様への奉仕は止められないようだ。結局それが一番楽しくてな(笑)

という訳で、
皆さんも楽しい土曜日をお過ごし下さい。
今日も皆さんがハッピーでラッキーであるように応援しています。

では、また夜か、ツイッターの方で!

★楽しい食事はそれだけで楽しいデートになるね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。今日は昨日とは違った美味しいものを食べてきます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

極上だぜ
Fri.24.08.2012 Posted in 恋愛
目が醒めると心地の良い開放感があって嬉しくなった。
オレははしゃぐように奴にキスをして、そのまま下方へと手を伸ばした。

「あ……オレは仕事があるのに、朝から?」
「ああ、朝から」

とは言え無理をさせる訳にはゆかず、オレは奴を満足させた時点で行為を止めた。
そして奴にバスタオルを渡して、「帰りを待っている」と囁いてキスをした。

「夜までお前は自分でしないの?」
「そのつもりだったが、貴方の事を考えながらした方が?」
「している姿を写真に撮って送って。でも最後まで行かないように。命令だ」
「判った、従う」

赤くて厚みのある唇でニッと笑った奴にもう一度キスをした。
奴にセクシャルな命令をされるのはかなり久しぶりだった。だがオレは相変わらずそれに興奮を感じて、またそんな淫靡な繋がりで奴と快楽を分かち合える事に歓喜を感じた。

「じゃあ、約束した時間に映画館のロビーで」
「今日の映画は楽しかったら良いな」
「今日のお前は何をしても楽しいでしょう?」
「違いない」

猫様を抱っこして奴を見送った。
奴は今夜のデートの為なのか、仕事着の中では一番お気に入りのスーツで出ていった。
オレはその背中を抱きしめたかったが、それは夜のお楽しみに取っておいた。

極上の休日の朝だった。
楽しくて、刺激的で、幸せで、安らかだった。

さて、これから大掃除をするぞ!
そして買い物をして冷蔵庫の中を充実させて、休日に備えるんだ。

今日は金曜日だ。
平日最後の日でお疲れの方も多いかと思うが、今日もたくさん楽しい事があるように応援しています。

夜も天気が良いみたいだからビール日和だな。
気候がどうであれ夏と呼べる時期はそろそろ終わる。今のうちの夏のビールを存分に楽しんでおこうぜ。

では、時間に余裕があったらまた夜に。

★映画も命令も楽しんでね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。心に羽根が生えた気分で楽しくやります(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ようやく会えたハグ
Thu.23.08.2012 Posted in 恋愛
20時にホテルの入り口で待ち合わせた。

だが19時50分に、『ごめん、道が混んでいて10分ぐらい遅くなりそう』というメールを奴から受け取った。

20時丁度にオレはホテルの入り口に到着した。10分ぐらいなら景色でも眺めて待っていようと思って。

だが、20時10分に奴からまたメールが来た。『ごめん! あと5分では着かない。20時20分には着くから!』と。

短いメールだったが、奴の焦りが伝わってきた。
『焦らなくても大丈夫だぞ』とオレは返信した。奴をそれ以上焦らせないように、穏やかな気持ちで。

2012_08_23_4.jpg

20時22分に奴を乗せたタクシーが到着した。
奴は窓ガラスに顔を寄せて手を振っていた。

奴がタクシーから降りてこちらに向かって来たので、オレは片手を上げて「お疲れ。会いたかったぞ」と言った。
すると奴は笑って、「待たせてごめんね、オレも会いたかったよ」と言って、オレに抱きついて来た。

タクシー乗り場の辺りには、日本と中国と米国の方が居たが、その視線は気にならなかった。
オレを待たせてくれた連休と奴がやって来たのが嬉しくて、周囲にお構いなしに陽気にハグをした。まるで長く会えなかった相手とようやく会えたみたいに。

「開放された顔をしてるよ」
「爽快だ。乾杯しようぜ」
「やっぱり飲むんだ!」
「ここで飲まずにはいられないぞ。でもここでは一杯だけな」
「あとは自宅で?」
「チーズとジャガイモの料理を作るから、それを食べながらワインを飲もう」

奴の背中を押して1階のラウンジに入った。
そしてシャンパンを注文して、連休の始まりを祝った。

「自宅でゆっくりする日がないね。大丈夫?」
「貴方が仕事の時はずっと家にいる」
「遊ぶのも楽しみだけど、身体も休めてね」
「そうする」

テーブルの上にスケジュールを広げて、明日からの予定を確認した。
また忙しい休みになりそうだが、夏休みは遊び尽くさないと勿体無い。

先週と今週は体調的にきつかったが、休みに入ってしまえば途端に楽になった(笑)
そんなに長い休みではないが、精一杯楽しむぞ。

という訳で、無事に休みに入りました。
オレの体調や忙しさを心配して下さった皆さんに心からの感謝を申し上げます。

お気遣い頂いたぶん、休み中の楽しいエントリーが書ければと思っています。
お休みの間もどうぞ仲良くお付き合い下さい。

明日は金曜日だが、いつも忙しい(神経を使う仕事のある)金曜日に休めるなんて最高だな!!

明日は昼間は家で掃除でもしながら、皆さんを応援しています。
充実した金曜日を過ごして、楽しい週末をお迎え下さい。

では、今夜も安らかで幸せな夢を。
おやすみ。

★待たされて焦らされるのも良いものだよね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。休み中はそういうエロスな調教もしてもらいたいです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今夜は楽しく乾杯するぜ!
Thu.23.08.2012 Posted in 恋愛
今日は朝から忙しかった。

会議や、交渉や、書類制作や、相談や、割ってしまった自分のマグカップの後片付けやら(汗)

お気に入りの白いカップだったが仕方がない。デスクいっぱいに広げた書類を集める時に落下してしまってな。見事にパリーン、と。
せっかくなのでこの機会に、奴にマグカップを買って貰おう。奴の事なので猫ちゃんの絵柄のものを選ばれてしまいそうだがな。

今日はそんな状態だったので、昼ご飯を食べている暇もなかった。
昨夜は食べ過ぎで苦しんでいたが、昼は空腹で苦しかった。皮肉なもんだな。というか、こういうバランスの悪い食生活が身体を疲れさせているのかもしれん。

『昼を食べる時間もなかったが、残業にならないで済むぞ』
『お腹が鳴ってるでしょ? 何か買っていってあげるよ。今は外で、同僚に午後のおやつのパンを頼まれているしね』
『ありがとう! 愛してるぜ』
『オレも愛してる♪』

2012_08_23_3.jpg

そんな訳で、15時近くにようやく昼ご飯を食べた。

「飲み物は珈琲で良かった? 紅茶は売り切れだったんだ」
「野菜チップスまで付けてくれたのか。ありがたい、これで午後も頑張れる」
「頑張って今日は一緒に帰ろう」

奴からパンの紙包みを受け取った時、感謝のハグが出来なかったのは残念だった。

その感謝は今夜返そう。
連休前の乾杯は奴の好きなワインを選んで、奴の好きな蒸しジャガイモの上に奴の好きなチーズをたっぷりと乗せて振る舞ってやろう(笑)

今日は忙しいが気が楽だ。
何せオレは明日から連休だからな!

ちなみは明日は、奴はまだ仕事がある。
だが連休の先取りデートとして、映画の指定席はしっかりと取ってあるぞ。

ようやくやってくる連休が物凄く楽しみだ。
だから今日は楽しく仕事をしてやるぜ。

という訳で、もう夕方になってしまったが、皆さんも充実した時間をお過ごし下さい。
今日も会社や学校や遊び先や自宅で、楽しい事がたくさんあるように応援しています。

では、また時間に余裕があれば夜に!

<余談>
今、会社の窓の外で蝉が鳴いている。最後の力をふりしぼっているような鳴き方だ。
まだ暑い日が続いているが、それでも確実に秋になって行っているんだな。

★明日から連休で良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます、思いっ切り遊びます!(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

お家ご飯の美味しいエッセンス
Wed.22.08.2012 Posted in 恋愛
今日の夜は会食があったが、暑さで疲労したのか、食欲がまったくなくて困った。

お決まりのコース料理だったが、途中でげんなりしてしまってな。
だがそんな顔は見せられないので、3分だけレストルームでボーとしてリラックスして(ツイッターでもちょっと泣き言を漏らして)、そして笑顔に戻って会食を再開させた。

しかしこんな時に限ってシェフさんはサービス満点で、コース料理のメニューに入っていない、ホタテのグリルと、チーズとドライフルーツの盛り合わせと、マカロンとカヌレまで出してくれた(汗)

申し分なく美味しい料理だったのだがな。
だが今日のオレはシャケ茶漬けで十分という腹具合だった。

そういえば以前は、親や友人が「接待の料理を食べるのは辛い。食べ飽きた」と言っているのを聞いては、『またまた嘘ばっかり。そんなご馳走なら飽きることなんてないだろう』と思っていたが、自分が同じ立場になってみると全く同じ事を誰かに話しているのだから笑えるぜ。

『今終わった。辛かった』
『大丈夫? 迎えに行こうか?』
『もう電車に乗った。あと15分で着く』
『冷たいハーブティーを作って待ってるよ』

帰宅したら、奴が「お帰り!」と玄関まで出迎えてくれた。
その時の奴の顔を見たら、身体に蓄積していた緊張がじわじわとほぐれる感じがした。

「ただいま」とオレは言って、はあっと息を吐きながら奴に抱き付いた。
奴は「今日も頑張ったね、お疲れ様」と言って、オレの背中を撫でてくれた。

疲れている(体調が悪い)時は、一番身近な相手の存在がとても頼もしく思えるものだな。
もう大丈夫だとか、ようやく気を抜いて休めるとか、相手の顔を見た途端にそんな安堵に包まれる。

「お前も熱中症になった? 外を歩く事も多いし」
「いや、頭痛や微熱はないんだ。今日は食欲がなかったって言うか、ちょっと胃がムカムカしてな」

奴の作ってくれた冷たくて酸っぱいハーブティは美味しかった。
それを飲みながらオレ達は、連休中も無理をしないで身体に優しい生活をしようと約束した。

……と言っても、何度か破ってしまいそうだけどな。激しい遊びもしてしまうから(笑)
だがもう予約をしている外食の他は、お家でご飯をゆっくりと食べたい。

最近とても強く思うんだ。
美味しいレストランは沢山あるが、一番美味しく思えるのは自宅でのご飯だな、と。

奴の作ったカレーが食べたいぜ。
手抜きの即席みそ汁も美味しいぞ。

という訳で、
今日も何とかそつなく仕事を終わらせて、連休まであと少しだ。
明日も忙しいが頑張るぞ。

皆さんも暑い中、お疲れ様でした。
お盆が終わっても暑さが厳しくて、これから夏の疲れが出る方もいるかもしれない。だから身体に良いものを食べて、夜はゆっくりと休んで下さいね。

明日も皆さんが元気で幸運であるように祈ってます。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★暑さに負けるな! 休みはもうすぐだ! と応援して下さる方はバナーのクリックをお願い致します。夏にこんなにバテたのは初めてですが、まだまだ頑張れます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

いつかきっとサマーパラダイス
Wed.22.08.2012 Posted in 気軽な雑談
今日も暑いぜ、ごきげんよう。

昨日はサボってしまって申し訳ない。
昼間は休息を入れたら緊張がたるんだのか、何だかボンヤリした気分になってしまった。
そして夜は、珍しく長々と奴とおしゃべりをして、のんびりした気分になって何も手につかなくなってしまった。

ちょっと疲れていたのかもな。
まあ、たまには脱力していたい日もある。暑い中ずっと仕事をしているし、精神的に夏バテだったのかも。

そんな訳で昨夜は、奴と一緒にダラダラと過ごした。
洗濯も掃除も料理も放置して、夜ご飯は出前の弁当で済ませて、シャワーを浴びた後は冷たいものを飲みながらソファに寝そべっていた。観る訳でもなく付けたテレビに視線を向けながら、奴と取り留めなく話をして。

「アイスコーヒーでも作る?」

と奴は言った。
だがオレは断った。

奴は熱中症に掛かって以来、以前よりも暑さが苦手になって、少し無理をすると頭痛を感じるようになった。昨夜もそんな感じで、だから何もして欲しくなかった。

もしも日本の気温が上昇する一方で、奴の体調も戻らないようなら、ゆくゆくは涼しい所に移住してやりたいものだな。

「好きな場所に住めるとしたら、貴方はどこに住みたい?」
「東京」

なんて昨夜は言っていたがな。
来年の夏にはせめて、涼しいところで長期間休暇を過ごしたいものだ。長期は無理かもしれんが一週間ぐらいは。その為に今から頑張ろう(笑)

「その内に快適なバカンスをプレゼントするからな」
「期待してるよ」

奴にペリエを注いだグラスを渡して乾杯した。
いつか本当にそんな最高にバカンスを過ごそうなと、約束するように。

という訳で、今日も微妙にダルいが頑張るぜ。
だが数日は気の抜けたようなエントリーになるかもしれん。申し訳ない(汗)

あと、コメント返信が大変に遅くなって申し訳ありません。
気力が戻るまで、もう少しだけお待ちください。皆さんから頂いた数々の言葉、大変に嬉しく受け取っています。本当にありがとうございます。

では、今日も充実した良い1日を。
今日も皆さんが幸運であるように応援しています!

★気の抜けたエントリーでも読んであげるから! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。いつもいつも、本当にありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

スローでも、クイックでも
Mon.20.08.2012 Posted in 恋愛
「疲れていてメガネを掛けたままシャワーを浴びていたのも気が付かなかった」
「酷いな」
「だがバスルームの壁の汚れが良く見えて、そのまま掃除をしたぞ」

ボストン君も夏休み返上で仕事をして疲れているようだった。
だが彼は今日から暫く休みで、明日から海外に遊びに行くらしい。

「楽しい休日にしてくれ」と言うと、
「休みが終わる前にまた会おう」と彼は言った。

また土産を買って来てくれるそうだ。
楽しみだ。
ボストン君の旅の無事を祈らないとな(笑)

20分ぐらいでバーを出た。
そしてオレは帰宅して、昨夜作ったカレーを温めて奴と一緒に夜ご飯を食べた。

「美味しいね。お前の作るカレーは最高」
「一晩寝かせれば誰でも作れるレベルだぞ」
「ううん。お前が作る味が好きなんだ」
「そうか? またいつでも作るぞ。ところで筋肉痛は大丈夫だったか?」
「今日はずっと痛かった。後で軽くで良いからさすって」
「じっくりマッサージしてやるぞ」

奴の方からリクエストしたので、オレは心を込めて奴の下半身をマッサージした。
下半身のマッサージというとエロ臭いが、純粋に筋肉をほぐすマッサージしかしていない。下半身を支える重要な筋肉の集まるお尻はたくさん撫で撫でしたけどな(笑)

今夜もゆっくり出来たらきっとしていたが、今週末からいよいよオレの夏休みは始まるので、今週は色々と忙しくてな。

「早く連休になって欲しいね」
「休みに入ったら優雅に過ごそうぜ」
「その時だけは贅沢しようか」

奴はボクサーパンツを下げた格好で、こちらを向いてニコリと笑った。
それが可愛くてオレは、奴の尻にチュっとキスをした。

連休中の計画はもう立てている。
オレ達は休みになるとビッシリと予定を詰め込むので、今回は余裕のあるスケジュールにした。

だが、またスケートで遊びたいし、前から行きたいと思っていたレストランで食事がしたいし、映画も観たいし、最終的にはまたビッシリなスケジュールになってしまいそうだ。

まあ、ゆったりな連休でも慌ただしい連休でも、楽しかったらそれで満足だ。

という訳で、今日も何かと忙しい月曜日だった。
暑い中の移動も多かったしな。

皆さんもお疲れ様でした。
今夜はゆっくり眠って明日に備えて下さい。
明日もたくさん楽しい事があるように応援しています。

では、今夜も心地の良い幸せな夢を。
おやすみ。

★今週末からの連休が楽しみだね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ようやく夏休みです。本当に嬉しい!(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

早く愛して、何度も愛して
Mon.20.08.2012 Posted in 恋愛
日曜日の朝の心地良さは身体が溶けるようだった。
まだ夢の中の柔らかな襞に包まれているようで、奴の内部を擦り上げながらオレはキツく眉を寄せていた。

だが、それは呆気無く終わった。
強引に吸引されて吐き出されたかのように。

堪えられると思った快感は予想以上で、オレは一気に奴の中で登り詰めてしまった。
奴はコンドーム越しに放出される躍動を感じながら「あ……」と呟いて、オレの顔を見上げた。

「……すまない、凄く気持ち良くて」
「嬉しいよ」

奴はオレの顔を引き寄せてキスをした。

「ゆっくりやっても良いか? もう一度したい」
「良いよ。昼まで……何度でも」

奴の言葉にオレは興奮を取り戻した。

再び自分のそれが鋼のようになるまで奴への愛撫を繰り返し、そして昼が来るまで戯れ合った。

「腹が鳴ってたぞ」
「ふふ、お前だって」

ベッドに横になっている奴の腹を撫でながら、昼は何を食べようかと考えた。朝から何も食べていなかったので、正しくは遅い(遅すぎる)朝ごはんだったが。

午前中はたっぷりと家で過ごしたので、午後は外出する事にした。
本屋に行ったり、お茶を飲んだり、お互いに10年以上ぶりにアイススケートで遊んだり、夜ご飯を食べたり。

で、スケートのせいで今日はオレも奴も筋肉痛だ(笑)
オレは普段から運動したり踊ったりしているので軽く済んだが、奴は運動不足だったので椅子から立ち上がる度に痛そうにしていた。

今夜は奴の尻と足をマッサージしてやるか。
昨夜から仕込んだカレーを食べて貰った後にな。

という訳で、
すっかりお盆は終わったな。
スポーティなレジャーを楽しまれた方の中には、奴みたいに筋肉痛になっている方もいるかもしれんな?(笑)

今日は連休明けの月曜日だが、充実した一週間のスタートになるように頑張ろうぜ。
今週も皆さんにたくさんの良い事があるように応援しています。

では、また時間があったら夜に。

★夏のカレーも良いね! 思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ビーフを煮込んで一晩寝かせて美味しいのを作りました(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

浮気に付いて、オレが語れる事
Sun.19.08.2012 Posted in 恋愛
■あなたは、どこからが浮気だと思いますか?

自分がされたら辛いと思うところから、オレにとっての浮気は始まる。

「あの人の顔って好み! 良い身体!」と彼氏が誰かに思うのは気にしない。オレも日常茶飯事なので(笑)

だが、「あの人が恋しい。あの人のことばかりが頭に浮かぶ」となったら、それは彼氏の気持ちは自分よりも他の人間に移って浮気が始まっていると見なす。自分の彼氏がそんな状態になったら辛くて見過ごす事はできない。

けれどもオレの頭の中は矛盾していて、もしも彼氏の心が完全に他の人間に移っていたとしても、オレを思って現実的な行為に及ぶことを我慢してくれたなら、「それは浮気ではなかった」と思い込む事にするだろう。

浮気が始まるのは、彼氏が恋心を抱いた時点で。
だが、それでもオレを選んでくれたら浮気ではなかった事にする。
けれど、浮気を現実的に実行したらアウト。

そんな感じだな。


■実際に浮気をしたことがありますか? した事がある場合、どのような内容でしたか?

<その1>
付き合っている相手が居るのに他の人とセックスをした。

前から可愛いなと思っていた人と飲む機会があって、酔ったムードに流されてお互いに隠していた気持ちを告白し合って、欲情を突っ走らせてホテルに行った。

秘めた心に火が付けば感情は一気にヒートするもので、ホテルにいる間は、もうこの感情を止める事は出来ないように思えた。

だが後日、彼氏と会ったら、罪悪感でいっぱいになった。

その彼氏はオレを本当に好いてくれていて、オレに対して一生懸命になってくれる人だった。
その日もそんな彼氏の姿を見ていたら辛くなって、浮気した相手に「もう会う事は出来ない」と電話で伝えた。

すると浮気相手に、「だったらなんで好きだなんて言った? 出来ないなら初めからするな!」と怒鳴られて泣かれた。

その時、オレは人の気持ちを全く判ってやれない冷たい人間だった事を自覚した。自分はとても幼稚で、人を愛する事と自分の感情(欲望)を埋める事を混同させていた事に気付いた。

結局、彼氏とも別れた。
「浮気した事は許すから」と言われたが、彼氏の優しさに甘えるのが辛くて、もう顔を見ることが出来なかった。

思えばその判断も、自分勝手なものだったな。
オレに本当の愛情があったら、その彼氏が願った通りにしただろう。

<その2>
付き合っている相手が居るのに他に人を好きになって別れを切り出した。

過去のブログで告白したが、今の彼氏(奴)と付き合う前の彼氏にそういう事をした。
別れたくないと言われたが、それでもオレは今の彼氏を選んだ。

そしてオレは誰とも付き合っていない立場になったが、別れた彼氏への罪悪感があって、1年近く奴に告白できなかった。奴がオレに好意を示してくれても、前の彼氏の事が浮かんで。

<まとめ>
この2つの経験があって今のオレは浮気に対してネガティブな男になった。
二度と浮気したくない。心を移したくない。
奴との関係を大切して、毎日のように奴に愛情を示す事を止めない姿勢は、奴がそういったコミュニケーションが当たり前のようにされている欧州人だからという理由ばかりではない。オレの過去も理由の一つとなっている。


■実際に浮気をされたことはありますか? された事がある場合場合、どのような内容でしたか?

こっそりと浮気された事はない。
けれど、オレよりも好きな人が出来たという理由で別れを告げられた事はある。

大好きな人だったが、見えっ張りで本音をなかなか言わないオレに呆れてしまった。

別れ際に、「オレの事を信用していなかったから本音を言ってもらえなかったんだよな?」といった事を言われた時には愕然としてしまった。そんなつもりは全く無かったから。

本当の気持ちをほとんど言わないで、けれど相手には自分の本当の気持ちを判っていて欲しいと望む。
そして相手が自分の気持ちを判っていないと感じると、自分は孤独だといじける。

それはとても我侭な事だったと、オレは彼氏が去ったショックの中で学んだ。
恋愛に対して、オレは本当に幼稚な考え方をしていたな。


■恋人(配偶者)以外の人と性行為をしたいと思いますか? また、する人をどう思いますか?

魅力的な人と会えば「やりたい!」と思う事もあるが、それを実行したいとは思わない。
やった後の事を現実的に考えれば腰が引けてな。

やってしまったら最後で、それが原因で今の彼氏と破局を迎える事になっても自業自得だ。

何せ浮気はバレやすい。しかもオレはこの手の事には必ず罪悪感を感じて口が軽くなる。
だから本能に従わずに頭の中で最悪の事態をシミュレーションして、やりたい衝動を抑える。素敵な相手との刺激的な射精は気持ち良いが今の幸せを手放せるほど大切ではない筈だ、と。

浮気でセックスをして、それで人間関係が壊れるのは悲惨だぞ。
軽い浮気のせいで本気の相手と破局する可能性もあるし、しかも浮気相手がコンドームを使っても防げないウイルスを持っていたらもっと最悪だ。本命の相手にも感染させてしまったりな。

一生治らず何度も病症を繰り返すヘルペスウイルスとか、癌の原因にもなるヒトパピローマウイルスとか。
こうしたウイルスは体内に持っていても発病していない場合が多いので、肉眼で相手の性器をチェックしてたぐらいでは全く判断が付かない。

オレは全ての浮気が『悪』であるとは思っていない。
場合によっては『浮気をされても仕方がない』状況であったり、『浮気』という繋がりが幸せへと発展する事もあるからだ。

だがそれでも、人格とか交友関係とか、そうしたものを知らない相手と浮気するのは怖い事だと思う。

浮気をする場合も、自分を不幸にするような相手を選ぶべきではない。

最低でも身体と立場を気遣ってくれる人を浮気相手に選ぶべきだ。後で浮気が原因でどんな状況になろうと、取り返しの付かない惨めな立場にはならないように。


■浮気をされたら、あなたはどうしますか?

落ち込む。
もう世界は終わったと思う。

大袈裟かもしれんが、恋愛は自分を支える大きなエネルギーの一つだから、当然のようにそれ相応に落ち込む。心が陥没して真っ暗になったようになって。

だが、なにがなんでも本当の事を言ってもらいたい。やった行為も、心の中も、包み隠さず。
その上で、浮気相手かオレか、どちらを選ぶかハッキリとさせて貰う。

浮気をされたらショックだが、自分から別れを切り出す事は出来ないと思う。

どんなに悔しくてもショックでも、『別に別れても良い。オレも新しい相手を探すから』とか思っていても、別れる土壇場になると相手に対する本当の想いが込み上げて、別れられくなる。

そして、浮気相手よりも自分を選んで欲しいと切実に願う。無様だから言葉には出さないが、心の中で。いや、本当に切羽詰まったらきっと言葉に出して懇願するだろうな、今のオレなら。


■最後に浮気についてのあなたの考えをお聞かせ下さい。

浮気は刺激的だ。普通の恋愛では味わえない悪魔的な快楽に満ちていてゾクゾクする。
だが、しない方が良い。

オレが実際に自分の耳で聞いた中で、最悪だと思った浮気は、実は結婚しているのに未婚者を装って交際していた事だった。

その人は6年近くも相手を騙していた。
奥さんが亡くなった時に初めて既婚者である事を交際相手に伝えたが、交際相手はショックを受けて無気力状態になってしまった。その件があったのは数ヶ月前だが、今でも。

オレの亡き親父も浮気性だった。
会社を経営していて、気に入った女性社員に手を出していた。一度だけではなく、何度も。
死ぬ間際に病室に来て、父の遺産のほとんどを受け取ったのも、かつて社員であった女性だった。

父が浮気相手から受け取った恋文を母が見つけた時には酷い状態だった。
おまけに浮気相手が調子に乗って、「下の可愛いお嬢さんは私が引き取りますから、安心して離婚して下さい」といった陰湿な電話を母にかけた。

母はそれでノイローゼになり、信心深かったのが仇となって、聖書の聖人達の幻の声を聞くようになり、数年間精神病院に入院する事になった。

母が入院する前、父は独り言を言うようになった母を気味悪がって家を出ていった。
残されたオレと妹は母と暮らしたが、母は父が出て行ったのを経緯にますます精神を病ませて、オレと妹に正気でない接し方をした。

たかが浮気と言う人も居るだろう。
だがオレにとって浮気とはそんな陰惨なイメージでしかない。

それなのにオレも浮気をしたのは、父の血を継いでいたせいか?
なんて、それは違うな。きっと浮気が刺激的だからだ。

物凄い快楽であるように思えて、それを仕掛ける相手がたまらなく魅力的に見える。
だから多くの人が浮気をして誰かを傷付ける。

怖いな。

だから、
それを自覚したオレは、もう浮気をすることはないだろう。

以上。
このアンケートは【浮気調査】様よりご依頼を受けて書かせて頂きました。
アンケート調査に興味のある方は、ぜひ【浮気調査】様のサイトをご訪問下さい。

★人間に欲望は必要なものだが、時に時に悲しいものになるな。と思われる方はバナーのクリックをお願い致します。生きていれば色々とありますね。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

祭り提灯
Sat.18.08.2012 Posted in 恋愛
確か去年もブログに書いたと思うが、今年もお世話になっている先生の後援会が主催する夏のイベントに参加してきた。去年は確か、メガネのイケメン君と知り合って名刺交換をして喜んでいた記憶が(笑)

今年も野外会場には数軒の屋台が出ていて、ちょっとしたお祭り気分を味わえた。
先生に挨拶をした後は無礼講で食べて飲めるイベントなので、奴を同伴させてもまったく問題は無かった。賑やかな家族連れの出席者もいたしな。

「周囲は真っ暗なのにここだけこんなに明るくて幻想的!」

と、奴はその会場の雰囲気を気に入って写真を撮っていた。

「焼き蕎麦を買ってくるから待っていてくれ。チョリソーも食べるか? ビールは欲しいよな?」

と、オレは仕事の後で空腹で、屋台料理に夢中だった(笑)

会場の隅にはブルーのベンチがあって、オレ達はそこに座ってビールで乾杯した。

「今日もお疲れ様! 夏の仕事の成功に乾杯!」
「貴方も大活躍したな! 乾杯!」

一週間の休日出勤を頑張った後のビールは夢のように美味くて、オレ達は遠慮なくジョッキビールをお代わりした。

そして、焼き蕎麦とチョリソーと焼き鳥をツマミにして、飲んだ後は、カキ氷と綿菓子をデザートに食べた。

「これでコンプリートだ」
「ここのカキ氷、氷が薄く削られていて美味しい」
「オレのメロンを1口食べるか? 美味いぞ。貴方のイチゴが1口欲しい」
「良いよ。好きなだけ食べて」

先週は深川の大きな祭りには行けなかったが、今日のこじんまりとした祭り(ではないが)も楽しかった。

奴にとっては、屋台がズラリと並んだ大きな祭りよりも、都会のど真ん中の木々が茂った一角に提灯をぶら下げた今夜の光景の方が神秘的に見えたようだった。

だが、オレもどちらかと言えば木々の茂った神社の境内での祭りの方に心惹かれる。賑やかに楽しめる大きな祭りも、神輿がぶつかり合うエネルギッシュな祭りも大好きなんだがな。

神社での祭りには静寂と華やかさが同居していて、ちょっと秘密めいたような艶かしい温かみを感じさせる。
そこにオレも奴も、日本独特の神性や祭りの意味を感じ取っているのかもしれんな。

「ねえ、あの提灯には何て書かれているの? やみせ? やてん?」
「よみせ(夜店)だ」
「神秘的。お願いしたらあの提灯を分けてくれないかな」
「くれないと思うぞ。レンタル品だろうからな」

古めかしい日本の文化を愛する奴は、たまにそういうものを欲しがる(汗)
だが浅草の文字入り提灯は欲しがらなかったので、よほど『夜店提灯』は色も文字も形も気に入ったのだろうな。奴は買い物を慎重にするタイプなので、本当に欲しいと思った物しか欲しがらない。

まあ、伝統的日本に憧れる外国人らしいエキゾチックな趣味だな。
それをぶら下げた部屋でメイクラブするなら、雰囲気に流されやすいオレも着流しにキセルを咥えたくなりそうだ。

物凄く嘘臭いエロティックな雰囲気で良さそうだな。
イメクラで遊んでいるみたいで興奮しそうだ。マゾヒスト男のエロスはイメージこそ命だからな。
提灯から蝋燭を取って、それを垂らして欲しいぜ。

と、そろそろ欲求不満なのか、話が脱線した。
提灯に関してはちょっとした思い出を持つオレだが、その内容はまた別の機会に書きたい。

「楽しかったか?」
「とっても楽しかった。たくさん食べてお腹もいっぱいだ」

帰りはタクシーに乗って、心地の良いほろ酔い気分で帰った。
手を繋いでな。「来年はカキ氷器を買おうな」とか仲良く話をしながら。

という訳で、やったぜ週末だ!!
今日の朝はグタグタした気分だったが、頑張って仕事をして良かったぜ。ビールを飲んだ時の開放感は天国に登るようだった。

応援してくださった皆さんにも感謝致します。
いつも皆さんのコメントには励まされて、そして楽しませて頂いております。
この多忙期間もそろそろ終わりなので、また長らく返せませんでしたが、コメント返信を再開させて頂きます。

明日の日曜日、思いっ切り楽しい1日になるように応援しています。
明日もたくさんの良い事がありますように。

では、今夜もゆっくりとお休みになって楽しい夢を見てください。
おやすみ!

<お知らせ>
アンケートの依頼を頂きましたので、明日のエントリーでは『浮気に関する事』をディープに語らせて頂きます。ご興味をもたれましたら是非お付き合い下さいm(__)m

★今日のビールは美味しかったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがといございます。本当に美味しかったです!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

iPhoneの壁紙を変えた日
Sat.18.08.2012 Posted in 恋愛
今朝、隣の家から『ガタン』という大きな音が聞こえて、その後、『にゃー』という猫の鳴き声が聞こえた。

奴のマンションは動物を飼うことを許可しているので、住人のほとんどが猫か犬を飼っている。
だが猫の方が多そうだ。数軒の部屋の通路に面した窓で、何度も猫の姿を見掛ける。

「部屋の模様替えでもやっているのか?」
「どうだろう? 可愛い猫の声が聞けて嬉しいけど」

今日は奴は休みなので、猫様をトリミングに連れて行くそうだ。
大きな猫様をキャリーバッグに入れて運ぶのは大変そうだが、奴の月に一度の楽しみらしい。何せ自慢の愛猫の美しさを多くの人に見て貰えるからな(笑)

「昼は美味しいものを食べるんだぞ」
「あの近くの猫と一緒に入れる喫茶店に行こうかと思ってるんだ。サンドイッチが美味しいし」
「そうか。トリミングが終わったら猫様の写真を送ってくれ」
「良いよ」

オレが仕事の書類のチェックをしている向かいで、奴も外出の準備をしていた。バッグの中に財布やカードや猫の餌を入れて。

猫の餌は、猫様にあげるものではない。
外出した時、外で野良猫に出会った時にあげるものだ。
奴は自分に懐いてくれる全ての野良猫を保護してやりたいと思っているが、それは出来ないので、せめて飢えないようにご飯をあげるようにしている。

「仕事の後に○○○のイベントがあるが、貴方はどうする?」
「夜ご飯の時間だからオレも行こうかな」
「茶菓子と焼き蕎麦ぐらいしか出ないぞ?」
「それで良いよ」

玄関でキスをして、奴に見送られながらオレは家を出た。
そしてマンションの通路を歩けば、隣の家の窓には可愛い三毛猫が座っていた。

正直なところ、今日は物凄くダルい(笑)
だが明日は休みだ。それに残りの労働時間は3時間半ばかり。アルバイト君とおしゃべりしながら気軽に仕事をして楽しく帰宅してやろう。

それに、さっき奴から猫様の美しくなったお姿の写真が送られてきたしな!
トリマーさんに撮ってもらったそうで、奴が猫様を抱いて頬をくっつけている写真だった。

奴も猫様も可愛いかったぜ。そっくりな顔をしてな(笑)
奴と猫様の為にもオレは仕事を頑張るぞ。その写真はオレの新しいお守りとしてiPhoneの壁紙にした。

という訳で、皆さんも良い土曜日をお過ごしください。
今日も皆さんがハッピーでラッキーであるように祈ってます。

では、また夜に。

★今日も奴と猫様が元気で何より! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。皆さんもお元気でありましように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

弱音を吐きたい訳ではなく甘えたいだけ
Fri.17.08.2012 Posted in 恋愛
「疲れた」

シャワーを浴びた後、オレはそう言ってソファに横になった。

「大丈夫?」

と奴はオレの傍に来て心配してくれた。

実はそう疲れている訳ではなかった。
ただ、そんな事を口実にして甘えたいだけだった。

「……で、今日は物凄く気を使ってな。だから大丈夫じゃない」

オレは奴の髪を撫でながら今日の忙しさを少し大袈裟に語った。

「本当に疲れたんだね」

奴はオレを甘やかそうとしてオレの髪を撫で返そうとした。

だがオレはそれだけでは物足りなくて、ガバっと奴を抱き締めた。
そして「疲れた。今日は疲れたぜ」と口にしながら何度もキスを繰り返した。しつこく何回も、きっと30回以上。

奴はキスをされながら笑っていた。
そして奴からもオレにキスをしてこう言った。「疲れて甘えたい気分になっちゃった?」と。

図星を指されてオレは笑った。
だが「YES」と言うのも照れ臭くて、ただ「こうしてると癒されるんだ」と言ってキスを続けた。

ふと思ったが、たまにオレはそんな風にキス魔になるが、あれは乳首に吸い付いて甘えたいという幼児的欲求の変形バージョンなのかもしれんな?

そういえば恥ずかしい話だが、オレは指をちゅーちゅーと吸う癖がなかなか取れなかった。
キス好きのオレにとってキスとは、その代用でもあるのかもしれん。相手を抱き締めてちゅーちゅーとキスをしていると、疲れとか寂しい気持ちが満たされてくる。

そんな訳で、しっかりとエネルギーチャージをしたぞ。

明日も休日出勤でちょっとうんざりしていたが、明日もテンションを上げて頑張ってやろう。
そして明後日はちゅー以上の事を奴とするぞ(笑)

皆さんも明日は楽しい土曜日をお過ごし下さい。
明日も皆さんが幸運であるように祈ってます。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★明日の朝もちゅーをして元気に仕事に行ってらっしゃい! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。明日もエロスパワーで乗り切ります(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

思えば楽しかった休日出勤
Fri.17.08.2012 Posted in 恋愛
そろそろ今日の仕上げをしながら、ごきげんよう。

今日が終われば休日出勤も終了で、奴と気軽に昼ご飯を食べたり帰ったりできなくなる。

寂しいが、会社は仕事をする場所なので、この一週間が幸運だったと思う事にしよう。
ほとんど毎日、奴とランチを一緒に出来て楽しかったぜ。

だが出来れば、最後の日となる今日も一緒にランチを食べたかった。

けれども今日は(今日に限って)、昼はお客さんと食べる事になりそうだったので奴とは食べなかったのだが、そのお客さんが大幅に遅刻をしてな。なんとオレは炎天下の野外で待たされたまま食いっぱぐれたんだ(汗)

この5日間の幸運の代償だったのか?
それにしても昼抜きはキツイぜ。帰りに銀だこでも買って帰れば良かった。

『貴方と食べれば良かった』
『あーあ、可哀想だね。オレはアルバイトのY君と美味しいピラフを食べたよ』

Y君は働き者の良い子だがジェラシーを感じた(笑)
しかも食後には、奴がその店名物のチョコレートアイスを奢ってあげたそうで、羨ましさ(嫉妬)は100倍に膨れ上がった。

『良いな、あの店のチョコレートアイスは美味しいんだよな』
『お前もオレに奢って欲しい?』
『欲しい。Y君が羨ましい』
『正直で良いね。でも明日はお前が忙しいから明後日にね』

やはり休日にならないとオレの夏はやって来ないようだ。

それだけでメールを終わりにするのは寂しくて(空腹で虚しくてな)、オレは『ちゅー』と打ったメールを送った。
すると奴から『ちゅーちゅーちゅー』と返事が来た。

3倍になったので満足した。
今夜は帰宅したら10倍にしてちゅーしてやろう。

という訳で、本日最後の追い込みだ。これを終わらせれば明後日は丸一日休める。

しかしその前にパンでも買ってこよう。空腹だと労働意欲も性欲も落ちて書類もブログも書けなくなる。

では、また夜に!

★楽しい休日の為に今がんばるんだ! 休日のエロスの為なら頑張れる筈だ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ひたすら頑張ります!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

レトロな喫茶店のウエハスの乗ったパフェ
Thu.16.08.2012 Posted in 恋愛
今日はトータル・リコールを観た。

今月は話題作が多くて何を観ようかと迷ったが、往年の名作のリメイク作を優先する事した。
感想は余談にて。辛口になって申し訳ないが。

映画館を出た後は、予告に流れた007の最新作である『007 スカイフォール』に話題は集中した。
集中したというか、オレが熱くなって語っただけだが(笑)

何せ、英国俳優の中でもっとも好きな、ダニエル・クレイグとベン・ウィショーが共演するからな。

ベンが演じる『Q』は、007に様々な秘密兵器を提供する武器オタクらしい。過去作の『Q』は若いオタク的なキャラクターではなかったが、今の時代に合わせてイメージチェンジさせたのだろう。

予告でこの二人の会話シーンが少しだけ登場したが、超演技派の二人らしく、それだけで雰囲気満点でワクワクした。
ダニエルとベンが共演するのは初めてではないが、それはかなり昔の事なので、物凄く楽しみで仕方がない。

「仕事をサボってでも初日に観るぞ」
「土曜日が初日? オレも付き合うよ」
「約束な」

中華レストランでオレ達は指切りをした。
その後でお互いにiPhoneのカレンダーに予定を入力して。

「それにしても今日は暑いね」
「ああ、夜になったら涼しくなるかと思ったが蒸し暑いな」
「H公園に行く予定を変えても良い?」
「当然。また貴方の具合が悪なったら大変だ」
「ありがとう。じゃあ本屋に行って、それから涼しい喫茶店で珈琲を飲もう」

まったく、今日も奴と涼しい夜の月見をするつもりだったが、何でも今日の都内は今年最高の気温だったとか?

まずは本屋で、奴はアート関連の雑誌を買って、オレは近頃ハマっている諸星大二郎の漫画を買った(夏目友人帳が好きな奴とは違う方向の怪物が好きになってしまった・汗)

それから喫茶店に入ったが、ウエハスとチェリーとポッキーの乗ったレトロな感じのパフェが美味しそうで、オレはそれを注文した。

「へえ、可愛いパフェだね」
「ああ、少し粉っぽい(*)感じのクリームも昔風だ。美味い」
「粉っぽい?」
「ほら」

(*)粉っぽいという表現は妥当ではないかもしれないが、そんな食感。あの古めかしい感じの生クリームは、甘味屋のパフェやクリームあんみつでたまに食べられるんだよな。

オレはスプーンにクリームを乗せて奴に差し出した。
奴はパクリと食べて、良く味わった後に、「本当だ、普通の生クリームと違う」と目を丸くした。

結局、パフェは奴と半分ずつ食べた。
いつもは甘いものを欲しがらない奴だが、今日は暑くてアイスクリームが美味しかったようでパクパクと食べていた。

ちなみに奴の注文したアイスコーヒーも美味しくて、オレは半分ほど貰って飲んだ。
レストランで1つの料理を取り皿に分けて半分ずつ食べることは良くするが、1つのパフェやアイスコーヒーを半分ずつにするのは初めてだった。
間接キスも出来るし、彼氏とデートという感じだし、なかなか楽しかった。

「美味しかった」
「ああいう古い感じの喫茶店も良いな」
「楽しく食事が出来るお店って良いよね」
「来週もそんな店で食べよう。良い店を探しておくからな」
「楽しみにしてる」

そして電車に乗って、駅前のスーパーで買い物をして、奴の家に帰宅した。

映画と食事だけのデートだったが楽しかった。
これで忙しい明日も頑張れるぞ。

という訳で、明日は金曜で、明日が終われば週末だ。
お盆中もお仕事や勉強をされていた方はお疲れ様でした。明日を乗り越えて、楽しい週末を迎えような。

そして帰省ラッシュから戻られた方もお疲れ様でした。
忙しいながらも楽しい休日を過ごされたなら何よりです。今夜はゆっくりお休みになって下さいね。

では、今夜も安らかで幸せな夢を。
おやすみ。

<余談のトータル・リコールの辛口な感想>

オレ個人の感想だが、迫力のCGとアクションの中に、ドラマとキャラクターが埋もれてしまった感がした。

見ているこちらに気持ちのメリハリが生まれる事なく物語は進んで、ちょっとありきたりである退屈さを感じた。

あの映画で主役を映えさせようとするなら、際立った個性や目を引くルックス(美形という意味ではなく)を備えた役者を使わないと難しいような気がする。

ヒール役の女性が最も印象的だったのは、その辺に理由があるような気がした。彼女の執拗で華のある演技は楽しめた。ヘヴィな一本鞭が似合いそうな女性だな、と(笑)

それにしても眠い。今日はもうダウンだ。

★休日まであと2日! 頑張ってね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。黙々と頑張ります!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

デートの前には色々と思い出すものだ
Thu.16.08.2012 Posted in 恋愛
今日も快晴の空が見えるオフィスより、ごきげんよう。

今朝は奴が温野菜サラダを作ってくれたが、その時、熱くなった鍋の金属の部分に触って「あぅ!」と声を出した。

大した火傷ではなかった。
だが冷やしても、ピリピリとしたあの痛みが残ってしまったようだった。

「会社に着いても痛むようなら冷やしておくんだぞ」
「うん、幸い今日はPC業務ばかりだからそうする」

そういえば1年以上も前だが、オレも足に熱湯を掛けて火傷をした事を思い出した。
あの時はろくに冷やさなかった為にちょっと酷い火ぶくれになって、このブログでも皆さんに心配して頂いた。懐かしい話だぜ。その節にはお世話になりました(笑)

そして同時に、奴が同僚の不注意で指に傷を負った事も思い出した。
それもこのブログに書いたが(オレがその同僚に対して激怒してしまってな・苦笑)、あの時の傷は今も奴の指に白く残っている。

「火傷の痕なんか作るなよ。貴方は色が白いから目立つんだ」

奴が鏡の前でネクタイを首に掛けた時、オレは奴を振り向かせてネクタイを結んでやった。

「大丈夫、痛みはもうほとんどなくなったから」
「火傷の薬があれば良かったな。この家には何の薬もないが」
「炎症を抑える軟膏と風邪薬ぐらい買い置きしておこうか」
「今日、買おうぜ」

ネクタイを結び終えて、オレは奴にキスをした。
奴は微笑んで、「ありがとう。今日は映画だね」と言った。

ああ、待ちに待ったお盆デートだ。
今日は久しぶりの映画と外食を楽しむぞ。どうやら観に行く予定の映画の評判はイマイチのようだが、デートをする事の方に意味があるので別に構わない(笑)

という訳で、今日も残業を作らないように仕事に追われて頑張っています。

皆さんも楽しい1日をお過ごし下さい。
今日も皆さんにたくさんの良い事があるように祈ってます。

★楽しいデートになると良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。楽しい気分で美味しいビールが飲めたら大満足です!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

夏が終わるまで、夏が終わっても
Wed.15.08.2012 Posted in 恋愛
19時を過ぎていたが、西の空はまだ仄かに明るかった。
そして風は心地良くて、まっすぐ帰宅するには勿体無い気がした。

「そこにあるPホテルのバーにでも行かないか?」

オレは奴にそう言った。
だが奴は、

「行かない」

と言った。

そんなにもハッキリと断られたのは初めてだったので驚いた。
あるいは自分でも気付かぬ内に奴の機嫌を損ねてしまったのかと不安になった。

けれどそうではなかった。

「バーに入ったら夜風に当たれなくて勿体無い。N公園を歩いてから駅に行こう。今夜のメニューはもう決まっているから、スーパーで買い物をしてね」

奴はそんな事を行ってオレの腕を引っ張り、そのまま公園へと向かった。

オレは奴を頼もしく思いながら苦笑を漏らした。
すぐに外食をしようとするオレに、奴の『ストップ』の声は効果的だ。
けれど今日は、きっとそれだけではなかった。たぶん奴は、今月何かと失費の多いオレに無駄遣いをさせまいとしたのだと思う。感謝しなくてはな。

「販売機でジュースを買うのは良いか? 喉が渇いた」
「良いよ。オレにもちょっと飲ませて」

120円のミネラルウォーターを買って、ホームレスさんの居る区域を通りすぎて(笑)、噴水の近くのベンチに二人で座った。

オレはペットボトルのキャップを取って奴に渡した。
奴は数口飲んで、「ああ、冷たくて美味しい」と言った。

今夜は風が爽やかで、それだけで十分に気持ちが良かった。
仕事の後にそんな場所で飲む物はなんでも美味しく感じるもので、オレもミネラルウォーターで満足してしまった。

「今夜は、何を作るんだ?」
「チキンのグリル焼き。マスタードを使って」
「ああ、あれは美味しいな。楽しみにしてる」
「皮をカリカリにして美味しく作るよ」

奴はオレの肩を抱いて笑った。
まるで本当に、屈託なく恋人に戯れるようにして。

今夜の風はとても爽やかで、できる事ならベンチに横になって寛ぎたいぐらいだった。奴ともっと好きなように戯れてな。

それを奴に言ったら、「向こうにいるホームレスさんに新聞を借りてくる?」と奴は言った。
オレは笑った。「借りてくるか!」と言って、奴がオレにしたように奴の肩を抱いて。

という訳で、
昼間はまだ暑いが、夜は少し秋めいて来たな。

お盆が終わってしまうと夏も終わってしまうような気がして少し寂しくなる。
オレと奴の夏休みは、まだ先だっていうのにな。
深川の夏祭りには行けなかったが、町内会の公園での夏祭りも、麻布の夏祭りも、これからだしな。

お盆休みが終わっても充実した日々が続きますように。
明日も皆さんが幸運で楽しく過ごされるように祈ってます。

では、今夜も安らかで幸せな夢を。
おやすみ。

★秋が来るのも楽しみだね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。秋の夜長は、楽しみたい事がたくさんあって忙しくなりそうです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

眠れる森のオレ
Wed.15.08.2012 Posted in 気軽な雑談
ようやく眠気がなくなったところで、ごきげんよう。

今朝は物凄く眠くて、目覚まし時計が鳴ってもまた眠って、奴に2回起こされてもまた眠ってしまった。

「今すぐに起きないと遅刻するよ!」

と、3度目の正直で奴に布団を剥ぎ取られて起きたが、それでも起きなかったら奴に鞭で叩かれていたかもしれん。朝は奴も慌ただしくて、オレの面倒などを見ていられないからな。

だが、本音を言おう。
あと1回眠ったふりをして、鞭で叩いてもらえば良かった。

実は過去に1度だけ寝起きの悪さを理由に奴に鞭で打たれたことがあるが(眠る前に、起きなかったら打ってくれと、枕元に鞭を準備して奴にお願いしていた)、奴はオレのパンツをズルリと下げてモロ出しの尻をビシビシと打ってくれた。

あの時は感動した。
強引に下着を下げられていきなり鞭で打たれて、瞬く間に感じて……と、話が脱線するので戻そう。

さて、どうして今朝はそんなに眠かったと言うと。

実は数日前、不眠症仲間(困った仲間だ)から市販薬の睡眠改善薬を貰ってな。
その友人が「これ高かったのに全然効かない! 捨てる!」と言ったので、勿体無いし、ちょっと試してみたくなって「捨てるぐらいならオレが貰おう」という次第になった訳だ。

オレの慢性不眠症はかなり改善したが、頭や身体が忙しかった日は決まって眠れなくなる。
連休に入る頃もそんな状態だったので試してみたくなった。友人は『ぜんっぜんっ効かないっ!』と言っていたので、ほとんど期待しないで。

で、昨夜飲んでみた。
すると、まったく効かない。

通常、経口薬は飲んで5~30分ほどで効果が現れるものだと思うが、1時間経っても、2時間経っても、全く眠気は訪れなかった。

「そんな薬を飲んだの? 薬に頼るのは余り賛成できないけど、全然効かないのは酷いね」
「友人も怒るはずだ。あいつはオレよりずっと深刻だからな」
「その人も、薬の心配をしなくても眠れるようになると良いね」

チュッとキスをしてオレ達はベッドに横になった。

オレの寝付きは普通。薬の効果はやはり感じられない。
いつも寝付きの良い奴を羨ましく思いながら、次第に眠くなって眠った。

だが、今朝。
9時間も前に飲んだ筈の薬が思いっ切り効いて、眠くて眠くて起きられなかった(汗)

あれは夜に眠くなる薬ではなく、朝起きた時に眠くなる薬の間違いだったようだ。

その眠気は果てしなく、いつも利用している電車のホームを間違えそうになるし、書類を見ると目が閉じてしまうし、ボーっとした頭を動かすとクラクラと世界が回転して見えるほどだった。

『眠い。世界が回ってる』
『もう薬を飲んではいけません』
『判りました』

昼休みは奴とそんなメールのやり取りをして、軽くサンドイッチを食べた後はデスクに顔を伏せて15分ぐらい眠った。
それで少しは目が醒めたが、まだ気を抜くとボンヤリする。

友人の嘘つき、凄く効く薬じゃないか! 朝なら。

昨日のエントリーでは応接室でメイクラブとか書いたが、今日は応接室で鞭で打って欲しくて仕方がない。
ネクタイで両腕を縛られて、太くて長い一本鞭で思いっ切り背中を打たれたら、嫌でも目が覚めるだろうな。ああ、そうされたいぜ。

今日はそんな妄想で自分を刺激しながら退屈な書類作業に勤しもう。
明日は仕事が終わったら奴と映画デートだからな。今日の仕事を明日に持ち越して残業にしない為にも頑張ろう。

という訳で、
皆さんも規則正しい生活を送ってしっかりと睡眠時間を確保して下さい。
連休中は夜更かしをしたくなるものだが、ほどほどに(笑)

では、また時間があれば夜に!

★今夜は眠れると良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。だがこういう場合、夜になると必ず目が醒めるんだよな(汗)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

彼と一緒に鬼灯を添えてお供えします
Tue.14.08.2012 Posted in 恋愛
ちょっといびつだが、それらしいものが出来たぞ。
自分で自分を褒めるのも何だが、塩加減が良くてなかなかの出来栄えになった(笑)

2012_08_14_1.jpg

朱色の鬼灯(ほおずき)は、灯籠の明かりの代わりに。

さあ、親父様とご先祖様、オレの初めてのおはぎをとくと味わってくれよ!
秋にはちゃんと墓参りをするからな。その時には特級の吟醸酒を持って行くぜ!

そしてその他のおはぎは、オレと奴の夜ご飯になった。
奴は甘い物がそれほど得意ではないが(嫌いではないが自ら求めはしない、という感じ)、それでも2個も食べてくれた。

「甘いだろ? 無理しなくて良いぞ、オレが食べるから」
「お汁粉は好きだよ? それにこのおはぎは中身がしょっぱくて、それが美味しい」
「そうか? 良かった」
「お前が初めて作って、しかもこんなに美味しくて、お父さんは喜んでるね」

だったら良いが、また「甘すぎる」とか「潰し方が足りない」とか、文句を言ってるような気がしないでもないぞ(笑)

けれど2個も食べればオレも口の中が甘くなった。
しょっぱいものも食べたくなって奴と一緒に冷蔵庫を探って、黒胡椒を効かせた鶏のササミとアスパラとブロッコリーの塩炒めを作った。

「オレが作るからテーブルで待っていてくれ。今日はオレが当番だったしな」
「一緒にいるんだから一緒に作ろう。一人でテーブルに就いてじっとしている気分じゃないし」

奴はそう言ってササミや野菜をパックから出した。
オレは今夜は楽しく過ごしていたかったので(おはぎが成功してテンションが上がって・笑)、奴がずっと隣にいて話し相手になってくれるのは嬉しかった。

「助かる。ありがとうな」

オレはそう言って奴の耳たぶにキスをした。
奴は笑って、「ビールを飲もうか。この料理に合うよ」と言った。

窓辺に置いたおはぎの横に、ビールを注いだグラスを並べた。
親父は余り飲まない人だったが、久しぶりにこの世に来たなら、ほろ酔い気分になるのも悪くはないだろう。

「貴方の事、もしも親父が長生きしていたら、いつか親父に紹介していたかもしれなかったな」
「今からでも遅くないよ」
「はは、そうだな。じゃあ秋の墓参りには貴方も一緒に来るか?」
「行くよ。お前のお父さんのお墓なら行かないと」

生前にそれを告白したなら、恐らくオレは確実に拒まれていただろう。恥ずかしい人間だとか言われて。

だがこうなってしまった今、こんな夜のほろ酔い気分の親父になら、笑顔で受け入れて貰えそうだと思えるから不思議だな。
それは残された人間の、都合の良い思い込みなのかもしれんが。

「オレは彼を愛しているんだ」

と、オレは奴の目を盗んで、おはぎに向かってこっそりと呟いた。

滑稽な光景だが、オレはそれなりに緊張を感じていた。
心の中で『バチなんて当てないで許してくれよ』とか願ってな。
親父が生きていた頃は、『オレの生き方に親父の存在は関係ないから何かを許して貰う必要はない』と思っていたのにな。

まったく、突然倒れて、突然俺に謝って、突然亡くなって、突然毒気を奪って行って、とことん調子を狂わせてくれたもんだ。

まあ、それでも母には、まだ親父の話は一言も言えない状態なんだがな。
母の父に対する気持ちに『突然の変化』は望めない。もっとも焦る必要もない。母はまだまだ長生きをするのだろうから。

という訳で、生まれて初めて作ったおはぎは成功した。

皆さんも今日は良いお盆を過ごされたか?
きっと物凄く忙しい思いをしている方もいらっしゃるだろうが、多忙が終わるまでは頑張って下さい。応援しています!

リゾート中の方は、明日も思いっ切り楽しい日になるように祈ってます!
けれど怪我や事故には注意して下さいね。

では、今夜も幸せで安らいだ夢を。
おやすみ。

★明日も楽しい休日出勤になると良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。明日は頑張って、明後日は帰りに映画デートをしてきます(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。