アヒルはその日までお留守番
Fri.27.07.2012 Posted in 恋愛
金曜日の夜に、ごきげんよう。

今は自宅(奴宅)からだが、「ホテルでお風呂に入る計画は?」というツッコミは……実は行こうと思ったホテルが全て満室でな(泣)

ここもダメ、あっちもダメと、それが3回続いた時には立場がなくなったぞ。奴に白けられているような気がしてな。

金曜日の夜に(同性OKの数少ない)広くてキレイなラブホテルの部屋をキープするのは難しい。狭い部屋で良いなら選択の幅はあったが、今回は広い風呂の為にラブホテルに行きたかったので妥協するのはナシにした。

(余談:平日なら予約を受け付けてくれるラブホもあるが、金曜と土曜は当然のように受け付けてもらえない。曜日にかかわらずいつでも予約を受けてくれるシティホテルの方がずっと簡単に利用できるが、シティホテルも週末料金になって高くなる。どっちもどっちだ)

もう少し待てば入れたかもしれんが(あるいはもっと車を走らせれば)、翌朝は早く出なくてはならない事を思えば、それ以上粘るのが億劫になってしまった。

「……じゃあ、帰るのか?」
「泊まる準備をしてきたから残念だけど」
「そうか、替えのパンツを持って来たのか」
「アヒルもね」

オレは思わず吹き出した。
「どれ見せろ」と奴の鞄を覗き込めば、そこには風呂に浮かべる白いアヒルの玩具が入っていた。

「だって、もうずっと前だけど、また広いお風呂に入る時に持って行こうって約束したじゃない」
「そうだった、忘れてた。すまない、すまない」

今日、奴がバッグの中にアヒルを入れて行動していた事を思えば微笑ましくて笑わずにはいられなかった。
けれど余計に、今日それを風呂に浮かべて遊べなかったのが残念に思えた。

「また暑い日に行こうな。今度は平日か日曜日に」
「早くその日になると良いね」

こちらを向いてニコリを笑った奴に、オレはキスをした。
そして車を発進させて、涼しいレストランで食事をする事にした。

赤坂のフレンチのカフェレストラン(入り口付近がカフェで、奥がレストランになっている)で食べたが、チーズたっぷりのサラダも、バジル風味のエスカルゴも美味しかった。

2012_07_27_2.jpg

「エスカルゴなんて何年ぶりだろう」
「ここのは柔らかな貝みたいで美味しいだろう?」
「美味しい。お前は殻から取るのが上手いね」
「接待で慣れているからな」
「ステキだよ」

そんな事で奴に誉められてオレはデレデレした(笑)
ホテルの部屋でピッツァを摘むのも良かったが、エスカルゴ給仕で奴に奉仕をするのも劣らずに良かった。

食事をしながら、明日の夜の約束を交わした。
それは今日予定していた風呂イベント以上に楽しそうだが……その内容は明日のエントリーにて。

明日は今日の様に『中止』にはならないぞ。
奴とそんな風に過ごすのは一年ぶりぐらいなので楽しみでならない。

さて、
皆さんも楽しい金曜日の夜を過ごされているか?

明日は土曜日だ。
お休みの方もお仕事の方も、充実した良い一日なるように祈ってます!

では、今夜はゆっくりと楽しい夢をお楽しみ下さい。
おやすみ。

★今日は残念だったけど明日があるさ! と思って下さる方はクリックをお願い致します。明日は夏の風物詩だ。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

たまにはビッチも困ってしまう
Fri.27.07.2012 Posted in 友人や家族
『何度も何度も断っているのにしつこく誘ってくる人がいるんだけど、もうキリがないし怖いから、Rちゃんが私の彼氏って事にして一緒に来て判らせてあげて』

と、ニューハーフのお姉さまのTちゃんからそんな頼み事をされた。

2012_07_27_1.jpg

Tちゃんは美人だからな。
かつてはプロとしてプレイをしたり舞台に立ったりしていた超絶テクニシャンの美形ビッチ(本人談)なので、倒錯した性愛を好むマゾヒスト男にはかなりの人気だ。

だから困った男のあしらい方は上手いはずなんだが、今回は本当に困った相手に好かれてしまったようだ。

その相手は身元は確かなんだが恋愛に溺れやすいタイプのようで(思い込みが激しくて暴走しやすいというか、相手の気持ちを一度も考えた事のない人生を歩んで来たんじゃないかというか)、Tちゃんが怒鳴って断ったぐらいではビクともしない。数日は大人しくしているが、その後また姿を現して口説いてくる。

Tちゃんは一度だけその相手と拘束レイププレイをしたそうだが、それ以来その男はTちゃんとTちゃんの竿に夢中だ。

そもそも恋愛とは激しい感情を抱くものだが、そこに快楽も加わると物凄い執着が生まれる場合がある。
一定の人間にとって理想的な性愛もまた純愛と変わりのないものだからな。実際、理想通りのセックスパートナーを得ると、感動すら覚えて見境がなくなってしまうこともある。

だが、自分がどんなに相手を好きになっても、相手が自分を完全に拒否したのであれば、その時点でその相手は自分の理想の人ではなくなっているのだから諦めなくてはならん。その現実を見るのは辛くて悔しい事だがな。

「構わないが、オレの彼氏に伝えてからにするぞ」
「良いわよ。でも彼氏さん、嫌だって言わないかしら?」

で、奴に訊いたら、

「オレも同席する。お前が彼氏の振りをするのは話がこじれる可能性があるから法的に進めるべきだ。断ってもしつこくつきまとっているならストーカー行為として警察にも訴えられる」

と言い出した。
いや、奴の事だからそんな事を言い兼ねないと思っていたがな。
しかしTちゃんは諸事情あって、警察や弁護士を使わずに解決したがっている。あと、Tちゃんのパトロンの存在を出せば解決は早そうだが、それもしたくないらしい。

取り敢えず、奴はTちゃんに会いたいと言っているので会わせて相談といってみるか。

その結果、奴がTちゃんの彼氏役になったら笑えるな。そうなったらオレは、Tちゃんの彼氏である奴に付きまとっているヒモって事にでもしでもしておくか。そんな面倒な人間関係に巻き込まれたがるカタギの人間はそうそういないだろうしな。

いや、カタギだからこそドロドロした関係に自分も溺れてみたい願望があるかもしれないな。だからこの案は使えないか。それ以前にオレは演技が下手だしな(汗)

まあ、Tちゃんと奴の意見を合わせると、その相手とはもう正攻法で話して釘を刺すしかないと思うが。

という事で、この件は未解決。
解決したらまたエントリーにしよう。

さて、今日も暑いな。
だが今日は昨日ほど多忙ではないので、1年半ぶりに昼休みに奴を誘ってみようかと思う。というか、もう誘ってる(笑)

昨日の昼御飯はたこ焼きとカキ氷だったから、今日は栄養のある美味しいものを食べるぞ。

皆さんも楽しいお昼ごはんを!
そして充実した金曜日の午後を過ごされるように応援しています。

★困った問題がスムーズに解決すると良いね! と応援して下さる方はクリックをお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP