名状しがたき箱の中に這い寄るもの
Thu.19.07.2012 Posted in 恋愛
今日は外出先で仕事が終わりになった。
もう会社に戻る必要はなかったので、「この近くにある豚肉専門店で一緒に食事をしないか?」と奴に電話した。

2012_07_19_0001.jpg
■写真は数日前に撮影したものです。

だが、

「今日は自炊が良い。自宅でポークを食べようよ。野菜もたっぷり使って」

と奴に言われた。

奴は偉いな。
オレはちょっと疲れるとすぐに外食に頼ろうとする(汗) 有言実行を守る奴を見習わなくては。

という訳で、奴のマンションのある駅前で待ち合わせをして、一緒に買い物をした。
しゃぶしゃぶ用のポークと、胡麻ダレと、たっぷりの野菜と、ドイツの天然炭酸水のゲロルシュタイナーを。

「半分持つよ」
「軽いからオレ一人で大丈夫だ」
「そういえばずっと忘れていたけど、そろそろエコバッグが欲しいね」
「○○○で猫の可愛いエコバッグが売られていたぞ」
「休みの日に買いに行こうかな」

そんな他愛もない会話をしながら奴と買い物をするのは、かなり久しぶりだった。
懐かしいような照れくさいような、そんな良く判らない気分になった。
しょっちゅう一緒に買い物をしていた頃は慣れっこになっていて、何とも思わなかったのにな。

日が暮れれば昼間の焼けるような暑さはどこかに行ってしまっていた。
マンションの側の河から流れる風は涼しくて、そこで立ち止まって少し日没の景色を眺めた。

「夜は涼しいな」
「昼間はあんなに暑かったのにね」
「暑い中、お疲れさま」
「お前も」

顔を見合わせて笑った。
「乾杯のビールでも買えば良かったかな」と奴が言ったので、「これがあるぞ」とオレは言って買い物袋からゲロルシュタイナーを取り出した。

「でもこれ、しゃぶしゃぶを食べながら飲むつもりだったんでしょう?」
「コーラでも開けよう。電車に乗ってる時から喉がカラカラなんだ」
「はは。そうだね」

ブシュっとキャップを開けて、冷たく冷えた炭酸水を二人で飲んだ。
ビールではなかったが満足だった。
奴と笑いながら飲んだそれは、身体に溜まった熱と疲れをサッパリと流してくれるようだった。

ところで、
話はガラリ変わるが、昨日オレは奴宅ではなく実家に帰った。

妹に段ボールに詰めたTDRの土産などを渡したが、その段ボールを開けて暫くした後、妹は急に「ありがとう、猫も買って来てくれたんだ」等と言った。

「猫? マリーちゃんのグッズは今回は買ってないぞ?」
「猫、入ってるよ」

いったい妹は何を言っているのかと思って、オレは段ボールの中を覗いた。
するとそこには、

2012_07_19_001.jpg

またしてもシロ子が、狭苦しいスペースにむちむちの身体を埋めていた(汗)

ガーナ子はこういう事はしないんだがな。
もしかしてオス猫の方が狭い場所が好きか? それとも甘えっ子だと好きなのかもしれんな。

そしてガーナ子だが、実は手術ではない方法を勧められて試しているのだが、なんと腫れが半分ほどになってくれた!

一時はかなり腫れ上がっていたが、見違えるほど良くなった。
オレとしては手術や麻酔も一つの手段だと思っているが、妹はかなり心配しているので(後遺症など、絶対的に安心できるものではない為)、このまま完治してくれたらと切実に願っている。

だが再び腫れが大きくなったら、もう手術しかないそうだ。
妹の為にもガーナ子の為にも、どうかこのまま腫れが引いて消えてくれますように。

ガーナ子の心配をして下さっている皆さんにも、改めて感謝を申し上げます。
どんな結果になっても最後まで最善の選択をして可愛がるので、これからもガーナ子を見守って頂けたらと思いますm(__)m

さて、
今日も記録的な暑さだったが、明日の関東は天気が崩れて雨になるようだ。

せっかくの金曜日に雨が降るのは残念だが、明日の仕事帰りは楽しく過ごしたいな。
皆さんも充実した昼間を過ごして、楽しい週末の夜をお迎え下さい。

明日も皆さんにたくさんの良い事があるように祈ってます。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

<タイトルに付いての余談>
H・P・ラブクラフト全集は読んでいますが、這いよれ!ニャル子さんは観ていません。
ちなみにラブクラフトの中で一番好きな作品は『エーリッヒ・ツァンの音楽』です。

★シロ子のお腹はモフモフ。と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。モフモフ。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ごきげんよう、夢の国のお姫様
Thu.19.07.2012 Posted in 東京ディズニーリゾート
今まではずっと車でTDRに行っていたが、今回はシーでアルコールを飲みたかった為に電車で行った。

舞浜に付いて、アンバサダーホテルへと向かった。
だが行き方が良く判らなくて、ディズニーリゾートライン(モノレール)に乗って移動すれば良いのかと思ったら徒歩で行けた。リゾートライン一回分210円を無駄に使ってしまったぜ(汗)

2012_07_19_01.jpg

「こっちで良いのか?」
「看板にはこっちだって書いてあるよ」
「ああ、あれがホテルか? ホテルっぽいよな」
「まだ歩くみたいだね」

奴と頼りない会話をしながら、ようやくそれらしい建物に辿り着いた。

2012_07_19_02.jpg

アンバサダーホテルは、ホームページのガイドで見た通りの姿をしていた(違っていたら詐欺だな)

今まで利用したミラコスタともディズニーランドホテルとも違ったその佇まいに、オレ達は興味深く見物を始めた(過去に撮った両ホテルの写真も後日、写真ブログにてお披露目致します)

「ステキだね。とてもキレイで楽しそうだ、こういう雰囲気って大好きだよ」
「この辺りを写真に撮って回っても良いか?」
「お前は先にチェックインしてきてよ。写真は撮っておいてあげるから」
「判った」

奴に尻を蹴られて(願望)、オレはチェックインの手続きに向かった。
部屋に案内してくれたお兄さんはとてもイケメンで爽やかで楽しくて、ご縁があったらお友達になりたいタイプだった。

2012_07_19_03.jpg

「良い部屋だ!」
「あ、待て。先に撮らせてくれ、ベッドに転がるのはその後だ」

さっそくベッドでポムポムしたがっている奴をストップさせて、オレは速攻で部屋の写真を撮った。
また奴に尻を蹴られるかと思ったが(願望)、奴も思い出したようにカメラを取り出して「お婆さんに送ろう」とか言いながらバシャバシャと撮り始めた。

2012_07_19_03_2.jpg

まさにリゾートという感じの、窓の外が明るいホテルだった。
ベランダに出れば白と青のコンストラストが眩しかった。曇り空だったのでイマイチ眩しくなかったが(汗)

「ねえ。この鏡、素敵だね」

オレよりも先にバスルームの撮影をしていた奴がそう言った。
オレも行って見れば、四隅にミッキーマークの入った銀縁の鏡があった。

2012_07_19_05.jpg

「大きくて良いな。外して持って帰ってやるか?(当然ですが冗談で言ってます)」
「本当?」
「ああ、貴方の部屋の鏡と交換して、これに映しながらしたいぜ」
「ふふ、エッチだね」

奴を後ろから抱きしめて胸などを撫でれば、たちまちオレの息子は元気になった。
おまけに奴もまんざらではない様子だった。

だが、時間は既に16時を過ぎていた。
これから食事をしてランドに行く事を考えれば、しっぽりとしている余裕はなかった。

「やっぱり外して持って帰るか」
「お前に任せた!」

鏡の前で奴がチュウっとオレにキスをした。
オレは鏡に映ったそれを横目で眺めつつ、記念の一枚として写真に収めた。

2012_07_19_04.jpg

カードキーを奴に一枚渡して、取り敢えず部屋を出て1階のラウンジに入った。
3つのディズニーホテルはどこも、宿泊人数分のカードキーを渡してくれて、チェックアウトをしても記念に持って帰ることが出来る。
奴はこのキーも祖母さんに送るそうだ(笑)


遅すぎる昼食をとったロビーラウンジ『ハイピリオン・ラウンジ』では、オレは『今日のサンドイッチ(クリームチーズの美味しいシーフードのベーグルサンドイッチ)』を、奴は『今日のピッツァ(カレー風味の効いたハムとウインナーのピッツァ)』を注文した。

そしてこのラウンジには美しいデザートが多かったので、ウォルト・ディズニー誕生110年記記念のデザートセット『プリンセスメドレー』を注文した。

2012_07_19_06_2.jpg

これは5人のお姫様(アリエル、ベル、白雪姫、オーロラ姫、シンデレラ)をイメージしたスイーツの盛り合わせだが、どれも美しくて食べるのが勿体無かった。

オレは個人的にはガラスの靴が一番気に入った。
奴も気に入ったようなので奴に譲ったが、『こんなガラスのピンヒールがあって、それを奴が履いてオレを踏み付けてくれたらステキだろうな』と、夢心地で奴の食べる姿を眺めていた。

ここはやはり、夢の国のホテルだぜ。

2012_07_19_06.jpg

そしてシー編へと続きます。
また明日の昼間に。

……。

今日も暑い暑い晴天だが、しっかり食べてしっかり水分補給をして、楽しい一日にしようぜ。
今日も皆さんがハッピーでラッキーであるように応援しています!

★次回の微エロ楽しい更新も待ってます! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP