キスの中に閉じ込めたもの
Sat.07.07.2012 Posted in 恋愛
美味しいインドカレーを大きなナンで食べた後、そろそろ見納めとなる紫陽花の名所に行った。

雨が降っていて足場は悪かったが、雨に濡れた紫陽花は青と紫のグラデーションの花を美しく咲き誇らせていた。

2012_07_07_1.jpg

もう夜は更けていたので誰もいなかった。
その光景は暗くて寂しかったが、そんな静寂の場所も嫌いではないのでオレ達は休息場のベンチに座る事にした。

「……で、更新を切られた」
「そうなんだ……」

他愛もない事から始まって仕事の話になった。

オレが今日のアンラッキーな出来事を話すと、奴はガッカリした顔をした。その程度の事は度々あるのでオレは笑いながら語っていたのにな。

「心配しなくて良いぞ。大丈夫だ」
「無理してない?」

奴はオレにキスをした。周囲を気にして、チュッと素早く。

オレは奴の気持ちが嬉しかった。
そのキスは奴からの励ましであると、オレはすぐに判った。

「今ので元気が出た」
「本当?」
「うん」

オレは笑って奴の髪を撫でた。

本当の事を言えば今日のアンラッキーはちょっとショックだった。
だが奴の気持ちを思えばクヨクヨしていられなくなった。

たかが一瞬のキス。
されど気持ちの篭ったキス。

オレの後ろ向きな気持ちはキスの中に閉じ込められてしまった。

「駅前の七夕には間に合わなかったね」
「まだ笹はあるから、コピー用紙で短冊を作って、願い事を書いて勝手にぶら下げたら良いんじゃないか?」
「他の短冊に申し訳ないから駄目。8月に書こう、平塚で」
「了解」

8月の七夕は何枚もの短冊が必要になるだろう。
叶えて欲しい願い事はたくさんあるからな。

という訳で、

今日の七夕で短冊を書かれた方の願い事が全て叶うようにお祈り致します。
関東は生憎の雨だったが、雲の向こうで織姫と彦星が全ての短冊を見ていたと信じようぜ。

そしてますます皆さんの日々が幸運に満ちますように。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★明日の休日出勤も頑張ってね! と思って下さる天使のような方はバナーのクリックをお願い致します。明日も頑張ります(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

休日出勤を楽しくやってます
Sat.07.07.2012 Posted in 気軽な雑談
休憩時間に、ごきげんよう。

今日は夜まで仕事があるが、出社時間は遅かったので朝はゆっくり過ごせた。

だが、ゆっくりと言ってもせいぜい30分ぐらいだ。
昨夜もちょっとあって夜更かしたオレの眠気を解消してくれる程のものではなかった。

眠いぜ。

休日出勤が続くと夜更かしの負担が倍増する(汗)
今朝は奴の前であくびを噛み締めるのが大変だった。何度もあくびをしたら、また夜更かしをした事がバレるからな。

今日から本当に早寝早起きを徹底させるぞ。
もうこの台詞は何度言ったか判らんが、今度こそ本当だ。

ところで今夜は、奴とカレーを食べに行く約束をした。

奴の方が一時間ぐらい早く仕事が終わるので待ってもらうことになるが、オレも奴も「今夜はどうしてもカレーの気分だ!」と言う事で決定した。

そしてその後は自宅でゆっくり座椅子プレイ……と行きたいところだが、来週に控えている仕事が大詰めでそんな余裕はない(泣)

「毎日の睡眠時間が3時間で足りたら良いのにな」というオレの呟きに対して、
「不可能な事を望むより、可能な事で効率的な生活をするんだ」という事を奴は言った。

だが今は時間が限られているので、どんなに効率的にしてもホテルに行ったり座椅子で遊ぶ余裕は生み出せない。

今はじっと我慢する期間だよな。
だが今夜は、紫陽花の見納めをする約束をしたぜ。
今夜も余り時間は取れないが、雨に濡れた紫陽花はさぞキレイだろう。

とか思っていたら雨はすっかり止んでるな(汗)

まあ良い。
オレは今夜を楽しみにしながら今日も仕事を頑張るぜ。

そしてインパの日も着々と近付いている事も忘れてはならん。
インパした日には、またTDRデートの模様をお送り致します。今度はタイムリー中継更新とかしてみたいな。

という訳で、今日も楽しい一日にしような。
おやすみの方も、お仕事の方も、お勉強の方も、充実した土曜日をお過ごし下さい。

★TDRデートのエントリーも楽しみにしています! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。iPhoneで上手く更新できるように訓練しておきます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP