ねえ、ムーミン
Tue.01.05.2012 Posted in 恋愛
帰宅した奴は浮かない顔をしていた。
職場か学校で何かあったのかと思って、オレは奴に事情を訊いた。

「電車の中で2分ぐらい眠って夢を見たんだ」
「夢?」
「一瞬だったけど、とてもハッキリ見た。まるで現実みたいに」
「どんな?」
「5才ぐらいの時、父親の車で買い物に行った時の夢だった。オレはお菓子を買ってもらった。ムーミンの人形の中にお菓子が入っているやつだ」

ムーミンとは可愛いな。と、オレは奴に笑いかけようかと思った。
だが、奴はいきなり涙を零して顔を両手で覆ってしまった。

オレは奴から幼少期の話を聞いていたので、すぐに奴の心の中を察した。
奴はたまにそれを思い出しては涙する(感情の昂りが続いた時になど、ごく稀にだが)
家族の間で『事件』と呼べる出来事が起きたのをキッカケに、楽しかった過去の思い出がことごとく色褪せてしまった事を。

「そのお菓子、オレが買ってやるぞ」

オレがそう言うと、奴は泣き続けながらも頷いた。
オレは奴の頭を撫でながら、自分の幼少期にあった一コマを思い出していた。

もうどんな歌だったのかも思い出せない。
母親はその歌を涙声で歌いながらオレの髪を梳かしていた。
当時オレは母親に嫌悪の念を抱いていた。だがそんな悲しそうな声で歌われると、オレまで悲しくなって涙が零れそうになった。

愛人を作って暴力を振るう父親も大嫌いだったが、ヒステリックな言葉をわめきちらして狂言自殺を繰り返す母親はもっと苦手だった。
名前を呼ばれれば嫌悪に震えて、触れられればそこを洗い流す程だった。

けれど、それでも母が父に泣かされていると、オレを頼ろうとする母を突き放すことは出来なかった。
「パパとママが別れたら、Rちゃんはどっちの方に来る?」と質問されれば、母親の方に付いて行くと答えた。

嫌悪とは裏腹に同情の念が常にまとわり付いていた。
オレはひ弱な母を毛嫌いしながらも、そんな母を哀れんで一種の屈折した愛情を感じていたのかもしれない。
それ故にオレはますます母親に対してどう振る舞って良いのか判らず、避けるばかりとなったが。

「ごめんね、急に泣いたりして」
「いいや、愛してるぞ」

奴にキスをして、奴の好きな珈琲を淹れた。

「優しいね」

と奴は言った。

奴に優しくしたいのは当然だが、それだけではなかった。
ここには暴力も悲しみも存在していないという事を、オレが奴に優しくする事で証明したかった。

せっかく出会ってここまで仲良くなれたのだから。
大きな諍いもトラブルもなく上手く過ごしているのだから。
わざわざ自ら辛い思いを作り出すことはないんだ。

ところで、そのムーミン。
奴に詳細を訊いたが、どうも日本では売っていないようだ。

買ってやると約束してしまった手前、困ったな(汗)

欧州方面で売られていないか、ボストン君に頼むしかないか。
だがもう二十年以上前に売られていたお菓子なので、もうないのかもしれない。

という訳で、
オレは暫くムーミンを求めて三千里だ。

上手い具合に見つかれば良いんだがな。
きっと奴は大喜びしてくれるから。

皆さんにも、もう手に入らない思い出の品というものがあるのかもしれない。
そういうものがまだ身近にある方は、どうかそれを大切にして欲しい。
失ってしまったらもう二度と手に入らないものは、結構この世の中にたくさんあるのだから。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもクリックをありがとうございます。今日も是非ともポチリとお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

陵辱されてきました
Tue.01.05.2012 Posted in SM・フェチ
内視鏡の技師は優しそうな雰囲気の人だった。
身長は178cm前後で、程度に筋肉の付いた体格をしていて、黒縁のメガネをかけていて、低めの声で丁寧に内視鏡の説明をしてくれた。……なかなかのヒット。

『こういう優しそうなタイプにじわじわと嬲られるのも良い』

……と、オレは咄嗟に思った。
柔らかな真綿で首を締められるように追い詰められてな。

マウスピースを噛まされた時にはマゾヒスティックドリーム(マゾヒストの夢)に胸がときめいた。
これはもしかすると本当に、ずっと調教を受けているような心地で終われるかもしれない……と思えて。

だがドリームとは儚いもので、内視鏡を喉に突っ込まれた時には全ての意識が現実へと引き戻された(泣)

オレは二年ほど前にも内視鏡を受けたので、辛いと言ってもまたあの程度の辛さを我慢味すれば良いのだと思っていた。

だが、どうしてなのか?
今日は二年前よりずっと辛かった。今もまだ喉に違和感がある。
技師さんにうつつを抜かした為に奴の生霊に罰を当てられたのか?(汗)

胃の泡を消す不可解な味の薬を飲まされ、その後に、口の中が不快感でいっぱいになる凍った麻酔薬を舐めさせられた。

そして、
マウスピースを噛まされて閉じれなくなった口の中に、黒くて長いアレを突っ込まれた。

それは生きた蛇のようにオレの喉の先まで潜り込んで、ありえないぐらい深くオレを貫いた。
貫くばかりでは飽き足らず、あらゆる角度から濡れた粘膜の壁を擦って、オレの内部を思うがままに蹂躙した。

そしてオレは、自分のそこがどんな様子で犯されているのかをモニターで見せ付けられて……。

ああっ!
もう駄目だ! もう無理だ! 本当にもう許してくれ!!

と、そんなマゾくてエロい状況を必死で妄想(いや、本当に上記のままの状況なんだが)したが、まるで駄目だった。
予定ではオレはゾクゾクしちゃって、うっとした目で息も絶え絶えになっている筈だったんだがな。

とにかく一刻も早く終わって欲しくて必死で身体から力を抜いた。
だが強引に力を抜こうしても無理だったようで、腹の底から込み上げてくる苦しさに涙が出た。

終わった時には本当に陵辱されてしまった気分だった。
グッタリしてるし目はウルウルしてるし、そのまま技師さんの奴隷人形になっても良いとすら思った(浮気性ではないが悲しいマゾのサガだ)

とにかく、終わってくれて良かった。
時間にして15分ぐらいだったが、苦痛の時間は長く感じるもので、1時間以上は弄ばれたような気がした。

で、肝心の今日の結果だが、

入り口付近にポリープ1個発見。陽性で問題のないもので、薬も何も渡されなかった。
ただ、ストレスには注意してくれとの事。あと、暫くは刺激のあるものは控えるようにと言われた。

そして重要な事として、

オレは本格的な医療プレイは合わないと十分に理解できた。やるならスケベなお医者さんごっこ程度にしておく。

今日の技師さんはステキだったが、もう二度と胃カメラは飲みたくない(汗)
『知り合いが居るから』という理由で受ける病院を決めたりはせず、鼻から楽に挿入できる胃カメラの設備のある病院を探して行けば良かったぜ!

『終わった』
『お疲れ様。どうだった?』
『ポリープ1個だけで問題なし。CTも異常なし。ウイルス感染もなし。辛くて診察台の上では興奮できなかった』
『興奮したら切るよ。チョンって』

チョンって、奴はどこを切るつもりなんだろう?
ポリープ?
それとも?

皆さんも胃は大切にされて下さい。
不安を持たないように、一日一回は笑って、美味しいものを良く噛んで召し上がって下さい。

では、また夜に!

<お礼>
胃カメラの応援をして下さってありがとうございました。
結果は何の問題もありませんでした。
日々、皆さんから思い遣りを頂いているお陰でストレスを和らげることが出来ています。改めて感謝いたします!

★胃カメラお疲れ様! と思って下さる方はクリックをお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP