行かないでくれベイビー
Sun.13.05.2012 Posted in 気軽な雑談
今にも眠気に潰れそうになりながら、ごきげんよう。

今日はもうまともな文章を書けそうにないので、お休みの挨拶だけ(笑)

昨夜は3時に就寝して今朝は6時に起床した。そうしたら奴が、「今夜から絶対に早く寝るんだ!」と怒った。今夜は23時までにPCを切らないと家出するそうだ(汗)

深夜まで起きていたのは友人の愚痴を聞いていたからなんだが、オレの体調を心配してくれる奴の気持ちも有り難いので、反論しないでおとなしく言うことを聞くことにした。

で、その友人だが、2年ぐらい付き合っていたマゾのパトロン(気に入ったマッチョ男子を囲って生活の面倒を見てくれるリッチなMオジ様)にフラられて大荒れしてな。「君だけは特別だ。君とは一生の付き合いだと思っている、とか言ってたくせに!」と昨夜は酒場でそんな事を口にしながら怒り狂っていた。

彼が怒る気持ちも判らなくはない。
だが、お金持ちマゾの中には、多淫と多情と奔放と尽きぬ浪漫を愛する者も少なくないからな。

お金はあるので容姿の良い愛人志願者は常に寄ってくるし、その気になればいくらでも『より好みの若い肉体と元気な勃起力をもった愛人』を囲うことが出来る(どんなお金持ちの話をしているかというと、ラグジュアリーホテルに月契約して、運転手付きのロールスロイスを所有していて、ゲイとか奴隷とかいうよりもアナルファック&拡張マニアのマゾヒストさんといった方の事だ)

そんな相手と長く付きあおうと思ったら、ずば抜けた容姿とか才能とか運命とかがなければ難しいだろう。
2~3年ぐらいは愛人の座をキープ出来ても、それ以上となると、相手に『飽き』が来て『さよなら』を告げられてしまう。たとえどんなに情熱的に忠誠を誓っていたとしてもだ。

この手の話はたまに耳にする。
耳にする度にオレは思うが、ずっとお金を貰ってリッチに暮らす事を夢見るよりも、お金をもらっている間に自分の仕事の規模を広げる事にオジ様を利用した方が賢明だ。それだけお金持ちなら色んなコネだって持っているだろうしな。

だから友人には悪いが、潮時だったとしか言えなかった。
酒は好きなだけ奢ってやったがな。美味しい刺身とフルーツもだ。

と、長くなった!
そろそろ眠る準備をしないと奴に家出されてしまう。

眠る前に、お詫びを。

今夜『act.4』を公開すると予告しながら出来なくて申し訳ありません。
今日も朝から夜まで外出で、帰宅したらもう就寝時間が迫っておりました。
改めて、『act.4』は明日の夜にお送り致します。

明日は月曜日だが、良い仕事(勉強)が出来るように頑張ろうぜ。
今週も皆さんが強運に恵まれて、充実した日々を送られるように応援しています。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもバナーのクリックをして下さってありがとうございます。更新の励みになっております。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

母の日と聖書
Sun.13.05.2012 Posted in 友人や家族
(コメント返信はこのエントリーの下にあります)

昨日はN町にあるしゃぶしゃぶの店に行った。
その店は時代劇を思わせる純和風の作りが美しくて、和の雰囲気を愛する奴のお気に入りの一軒だ。

2012_05_12_1.jpg

「ここのお肉は美味しいね」
「好きなだけ食べてくれ。最後のご飯とデザートが入る程度にな」
「しゃぶしゃぶの出汁で作る卵の入ったあのご飯は美味しいよね。今日はいつもより食べるよ」

奴は上機嫌だった。
もちろん、オレも。
一週間仕事を頑張った後に食べるご馳走は果てしなく美味で、一緒に飲んだシャンパンも舌をとろけさせるほど芳醇だった。

そんな食事をした帰り道は、満腹で更に幸福感でいっぱいだった。
店を出てすぐに帰る気にはなれず、近くの神社で参拝をして少し休んだ。そしてそこで奴の学校の話などを聞いた。

「じゃあ、それが完成したらお祝いをしようぜ」
「どんなお祝い?」
「貴方の食べたいものを奢る」
「そんなに何度も奢られたら申し訳ないよ」
「気にするな。貴方と食事に行くのが好きなんだから」

奴は照れ臭そうに笑って「ありがとう」と言った。
「応援してるぞ」とオレは言って、奴の腰を抱いて神社を後にした。

帰宅して、シャワーを浴びて、一緒にベッドで眠った。
明日(土曜日)は母のリハビリ施設に一緒に行く約束を交わして。

翌日、その施設のヘルパーさんから電話があった。
母から伝言がある、という内容で。
連絡があった時オレは携帯電話を別の部屋に置いていたので、留守録でその伝言を聞いた。

『お母様からの伝言ですが、次回面会に来られる時に聖書を持って来て欲しいとのことです』

母はクリスチャンの洗礼を受けているので聖書を傍に置いておきたいのは当然だった。

だがオレは幼い頃に、母が信仰によって聴こえるようになった幻聴に振り回される姿を見てきたので、否応なしに当時の感情を思い出してしまった。

当時、母は信仰にすがっても救われていないように見えた。むしろ状態は酷く悪化して社会生活に於ける善悪の区別も付かなくなって、その為に何年間も入院する事になったように思えた。

だが、最近になって思う。

それはオレの思い込みでしかなく、信仰があったからこそ母は精神を病んでも絶望に飲み込まれなかったのかもしれない、と。
もしも信仰がなかったら生きてる事に疲れ切って、狂言ではなく本当に自らの手で自分の命を絶ったのかもしれない。

現に母の精神を病ませた原因は父であって、信仰が原因になった訳ではなかった。
母は信仰の世界に没入する事で(神聖な救いの中に逃れる事で)精神を崩壊から守ったのかもしれない。例え『狂人』と呼ばれる状態として他者の目には映ったとしても。それは人間の持つ防衛本能が働いた結果だったのかもしれない。

本当のところは、オレには判らない。

だが、もう50代も後半となって、頚椎を損傷して満足に身体を動かせなくなってしまった母が、聖書を読んで心を満たせるのならば、それでこれから先も希望が持てるならば、それだけで全て良いように思えるようになった。

オレは母ではないので母の本当の気持ちを知らない。
母がどんな気持ちで生きてきて、その末にどんな事に幸せを見出して、どんなに聖書を大切にして、どんなに聖書に救われてきたのかも知らない。母がオレの幸せや願いを知らないように。

「明日、施設に行く前に本屋に付き合ってくれないか?」
「良いよ、何の本を買うの?」

奴は無邪気にニコニコと微笑みながらオレの肩を抱いた。
その温もりにオレの鼻は少しツンと来た。何故か漠然とした物悲しさを感じて。

「母が聖書を持って来て欲しいって言っているんだが、実家に戻ってる暇がないから新しく買いたくて」
「母の日のプレゼントになるね。一番ステキな装丁の聖書を買って、カーネーションを添えて贈ろうよ」

奴が思わぬ事を言って、(本当は母の日は13日だったが)、それが良いとオレは思った。
母の日ならば余計に母が喜ぶものを贈ってやらなくてはならないと、そんな事を考えながら。

ファスナー付きのキレイな黄色の革カバーに包まれた聖書を買った。
新約と旧約が一緒になっていて、文字が大きく書かれていて、母にも読みやすいものを。

花束は奴が買ってくれた。
赤いカーネーションにかすみ草を加えて、ベビーピンクとホワイトの飾り紙に包んで、大きな赤いリボンでまとめたものを。

面会はオレ一人で行ったが、奴は一階のロビーで待っていてくれた。
「本当は挨拶がしたいけど、それはその内に……」と笑顔で言って。

母は何度も聖書をめくって、何度もオレに「こんなステキな聖書と花束をありがとう」と言った。

贈って良かったのだろう。
過去の出来事や記憶を消すことはできないが、それらの上に、嬉しそうに笑う母の姿をかぶせる事はできるのかもしれない。
それでオレの人生が変わることはないが、すっかり老けて小さくなってしまった母が喜ぶ姿を見るのは悪いものではなかった。

「終わった。美味しいものを食べに行こうぜ」

ロビーに降りて、オレは奴にそう言った。
奴は面会の状況は何も訊かず、「リクエストして良い?」と言った。

「何が良い?」
「昨夜お前はガーリックの効いた料理が食べたいって言ってたよね? だから鉄板焼きに行きたい」

結局奴は、オレの希望を優先してリクエストしてくれた。
オレは奴の背中を軽く叩いて了解した。「ガーリックをたっぷり乗せた美味しいステーキを食べよう」と言って。

という訳で、本日5月13日は母の日だ。
親と子というのは時に難しい関係となるが、母を祝福する日には母が幸せであることを純粋に祈りたい。

今日も皆さんが幸運であるように祈っています。
どうぞ楽しい日曜日を。

★いつもバナーのクリックをして下さってありがとうございます。とても嬉しいです!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Sun.13.05.2012 Posted in コメント返信
(『コクーン act.3』はこのエントリーの下にあります)

★ko~oさん
マニアックなフェチ物も好きだと言って下さってありがとうございます。今回のシリーズはact.5で終わると思いますが、最後までどっぷりとフェチりながら楽しく書かせて頂きます(笑)
わざとだったのかもしれませんね。余りにも出来すぎたタイミングだったので。女王様が二人になるとサドが相乗効果を成して恐ろしい事になるようです。踏み潰されるかと思いました。
そ、そんな名作と並べられては三島先生に申し訳なさ過ぎます(汗) 16歳で読まれた時には、かなり衝撃的な感動を受けられたかと思われます。そして男の同性愛者の内面を奇妙にも思われたかもしれませんね(笑)
あの話はもうかなり前に読んだ切りです。再び読みたくなりました。

★k~oさん
もっとロングですが、ウィッグはこんな感じのものを使っています。プラチナブロンドと前髪ぱっつんでフェティっぽさをアピールです。で、どうして判ったのですか? 実はこっそり見てましたか!?
目は、大きな切れ長で吊り上がっているので、この倍は濃いです。唇もぶりんとしていて大き目なので、この倍は…(汗)
化粧をすると、とにかく派手な顔になります。見事にドラァグクイーン向けの顔立ちだと思います。
おお、良かった! パリにまで行く手間が省けました。パッケージも中身も可愛いですね。奴君への貢物に決定させて頂きます。いつもありがとうございます(笑)

★ky~uさん
ありがとうございます。パスタは奴の好物の一つなので、朝からお湯を沸かして茹でてあげました(笑)
ええ、愛はかなりあります! 奴の弁当だから週に三回も作れます。自分の弁当なら始めから作る気にはなりませんでした。奴は自分自信よりもずっと大切な存在です(のろけ)
まさか散歩紐が命綱になる日が来ようとは(汗)
お化け屋敷の中で奴にはぐれないように抱きついて歩いてきます。そして途中で脱落しないでクリアしたいものです!
昼間は暖かくて夕方以降は寒い、そんな日が続いていますね。裸族のオレは風邪をひかないように、露出プレイの時には毛糸のパンツを持って歩くことに致します(笑)
kyさんも風邪に気を付けて、明日の日曜日も楽しくお過ごし下さい。

★ga~aさん
フランス語もステキですね。本音を言えばオレは、英語よりもフランス語とドイツ語の勉強をしたいと思っています。仕事の関係でどうしても英語を優先しなくてはならないのですけどね。
オバマ大統領は思い切った表明をしましたね。これでまた大統領選挙の予想が付け難くなりました。オレも英語の報道を聞いていましたが、どうやら欧米の方にとってこの問題は、同性愛者だけの問題ではなく、人間の公平性や自由や正義を尊重すべきだと考える全ての人々にとっての問題であると位置付けられているようです。毎度思ってしまいますが、残念ながら日本とは意識の大きさが余りにも違いますね。
ええ、やっぱり結婚はしたいです(笑)
ムカつくなんてとんでもない! 親身に思って下さってありがとうございます。本当に心から嬉しいですm(__)m
そうですね、国民の真の幸福感を考えられる大人びた国家になってくれる事を切実に祈るばかりです。

★yu~iちゃん
金曜日の夜の開放感を満喫して、今日の土曜日は楽しく過ごせましたか?(笑)
yuちゃんのコメントを拝見して、オレも無償にニンニクが食べたくなってガーリックスライスとガーリックライスを食べてきました! 仕事のある日には絶対に食べられないものなので、ニンニクも週末だけの楽しみです。
何しろ料理の経験が少ないのでお弁当のオカズもワンパターンになりがちです。ですのでヒントを頂けると物凄く助かります! 本当にありがとうございました。
そうですね、やっぱり奴君は洋食が好きです。特にチーズとかジャガイモとかポークとか卵とか…洋食なら何でも(笑)
オムライス(オムレツ)は奴の祖国では定番中の定番料理で、奴も大好きです。なるほど、ならばそれも良いですね! 来週はそれに挑戦してみます。再びアドバイスをくださって感謝致しますm(__)m
明日も羽根を伸ばして楽しい日曜日を過ごして下さいね。オレもお腹を冷やして壊さないように気を付けて、明日も楽しく過ごします(笑)

★いつもバナーのクリックをして下さってありがとうございます。とても嬉しいです!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コクーン act.3
Sat.12.05.2012 Posted in SM・フェチ
S区にある男同士のカップルでも利用できるホテルに入った。
そこは広い部屋もあるので、これから身体を動かして楽しみたいオレ達には都合が良かった。

チェックインの時、奴は堂々とした態度でフロントマンを前にしていた。
そこはパーティ目的で利用する客も少なくないホテルだが、さすがに長身な男の奇抜でド派手な女装は珍しかったようで、フロントマンはカードキーをオレ達に渡す際にチラチラと奴を見ていた。気になって仕方がなかったのだろう(笑)

「今、会社の人に会ってもオレだって判らないよね」
「ウィッグも付けてるからな。顔を間近でじっくり見れば判るだろうが、横を擦れ違ったぐらいじゃ判らないだろう」
「ふふふ、違う人間に変身しているみたいで楽しい」

オレ達は喜々としてキープした部屋に入った。

入ったらまずは部屋のセッティングだ。
オレはルームサービスの飲み物を受け取って、照明を好みの明るさまで落として、音楽のチャンネルを選んだ。

奴はその間、軽くシャワーを浴びて、ドレッサーの前で化粧直しをしていた。
バサバサに長い付けまつ毛を使うようになると目元が重くて化粧崩れが非常に気になる、とか言いながら。

オレは乙女になったが、奴はすっかりドラァグクイーンになった(笑)

女装の好きなサディストはドラァグクイーン(女王様)の道を辿るものなのかもしれん。
そういえば奴も、オレの友人のニューハーフのサディストさんも、共に『ご主人様』というよりも『女王様』と呼んだ方が似合っている。華やかなイメージが強くてな。

すっかり準備を整えた後、メタモルフォーゼの楽しい夜を祝して乾杯した。

その日は帰宅しなくてはならない事情があったので、車の運転をするオレはノンアルコールのグレープジュースを、奴はジンベースのギムレットを飲んだ。

「この曲はジャズのリズミカルなバージョンの方が好きだ。メロウなシャンソン・バラード調のよりも」

カクテルを飲みながら奴がそんな事を言った。その時BGMに流れていた『Autumn leaves(枯葉)』を聴きながら(youtubeの動画はヴァイオリンだがピアノやギターバージョンも好きだ)

「趣味が合うな。オレもだ」
「ふふ、踊りたくならない?」
「そのヒールで踊れるか?」
「脱いでしまえば良い」

奴は白いヒールの靴を脱ぎ捨てて椅子から立ち上がった。
オレと奴はほぼ身長が同じなので、奴がヒールを穿いたままだとアンバランスになる。もっとも、ヒールの足でギュッと踏まれるのも捨てがたかったが……。

「オレに踏まれた時、物凄く痛かった?」
「涙が出たぞ」
「オレも涙が出た。可笑しくて」
「人事だと思って」

悪びれずに笑う悪い子の奴に、オレはお仕置きをしてやった。
両手で奴の小さな尻を掴んで(背後に逃げないように)、腰をグッと押し付けて互いのものを強く擦り合わせた。

「ふふふ、エッチ」
「エッチだぞ」
「いやらしい下着を穿いてるくせに」
「貴方もだろ。貴方なんかストッキングまで穿いてるしな」

オレは奴のエナメルのミニスカートを捲り上げて、ストッキングに包まれた奴のソコに自分のものを押し付けた。

それは、いつもは味わえない奇妙な気持ち良さだった。
人間の皮膚の感触の良さは快楽に繋がるものだが、シルクのサラサラとした感触も非常に官能的な滑りを以ってオレの情欲を煽ってくれた。

「あ……濡れそうだよ。この感触って何だか気持ちが良い」
「オレもだ」

ジャズの悩ましいBGMが流れる中、オレ達はゆっくりとステップを踏みながら腰を揺すった。

既にオレも奴も十分にペニスを大きくさせていた。
その内にオレは自分のデニムのジッパーを降ろして、ペニスの部分が盛り上がった猥褻な下着に包まれたソレで奴のソレを擦った。
すると奴は薄い下着とストッキングまで濡らして、そのヌメる感触でますますオレの興奮を刺激してくれた。

オレ達は何時の間にか踊るのを止めていた。
キスをして互いの舌を貪り合っている内に音楽は遠くなって、破廉恥で猥褻な快楽の中に没入して行った。

★今日もよろしければバナーのクリックをお願い致します。act.4は明日の夜に予定しております。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

朝の紅茶は忠犬のご馳走
Fri.11.05.2012 Posted in 恋愛
お昼休みに、ごきげんよう。

あくびが止まらないぐらい眠いが、昨夜は泊まり込み業務をやった甲斐があって今日は早く帰れる。

もっともオレが早く帰れても奴は定時上がりだ。
奴が上がるまで2時間ぐらい待たなくてならないが、オレは喫茶店でact.3を書いていれば良いか。

そもそもオレは自分が待たされる側になる待ち合わせが好きだ。
長い時間待って、ようやく相手が来てくれた時には嬉しくて尻尾を振りたくなる。焦がれていた気持ちが一気に歓喜となってスパークするみたいにな(ただし忠義を誓った愛している人が相手である場合に限る)

ご主人様に忠実なワン子の気持ちが良く分かるぜ。あれは本当に嬉しいんだ。いや、嬉しいなんてもんじゃなくて、生きている事に喜びすら感じる。

今夜はその歓喜が味わえそうで嬉しい。
今夜は楽しく忠犬プレイだぜ。奴に散歩紐を持って来てくれるように頼めば良かったな。

ところで昨夜は、一緒に仕事をしていた人が急に体調を崩した。
食中毒という訳ではないが(もしかするとアレルギー?)、食事の後に具合が悪くなってソファで朝まで休むことになった。

オレ一人で仕事をすることになって申し訳ないと彼は言っていたが、そういう時はお互い様だからな。
オレも毎日必ず元気いられる保証はないし、アレルギーなどで体調が悪くなった事を責められても困る。

とにかく仕事が間に合って良かった。
かなり時間は掛かって寝不足だが、周囲から労ってもらって早く帰るのだから文句はない。

『眠気覚ましに温かい紅茶を淹れて差し入れてあげようか?』

昨夜の状況を奴にメールしたら、奴はそんな返信をくれた。

奴の淹れてくれた紅茶は飲みたかったが、気持ちだけありがたく頂くことにした。
奴も寝不足なのだから、紅茶を淹れてポットに入れてオレと待ち合わせて……という手間を取らせては申し訳ない。

本音を言えば、クラッカーを食べながら一緒に飲みたかったがな。
ほんの少しだけウイスキーを垂らしてもらって、その香りに酔った気分になって、平日最後の今日をハイテンションで頑張りたかった(笑)

どうしても気分が乗らない時の朝食に仄かなアルコールは効果的だ。
あくまでも酔わない程度にな。それと車で出社する時には厳禁だ。

『寝不足なら、今夜の外食を明日に変更しても構わないよ?』

奴に(メールで)そんな事も言われたが、金曜日の飲み歩きが大好きなオレは『大丈夫』と返信した。

今夜の為に昨夜は頑張ったしな。
どんなに眠くても今夜は奴と食事をするぜ。
奴の可愛い顔を一日ぶりに見ながらアルコールも楽しんで、今週の疲れを全部吹き飛ばしてやろう。

もしも途中でオレが寝潰れたら、奴に介抱してもらえば良いしな(笑)

という訳で、午後も頑張ろう。
今日も皆さんが幸運であるように祈っております。

では、また夜に。

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

夜食は何が良い?
Thu.10.05.2012 Posted in 恋愛
いまだオフィスより、ごきげんよう。

昨夜からこうなる予感はしていたが、やはり泊まり込み残業になってしまった。
替えのパンツの用意はしてきたので良かったが(今夜の替えパンはエンポリオアルマーニの迷彩柄のローライズボクサー)、弁当の練習がしたかったので残念だ。

そして今夜は、学校で遅くまで勉強をしている奴に、お気に入りのパンを買っておいてやりたかった。

2012_05_10_2.jpg

奴は、学校のある日は夕食を外で済ませる。
けれど食べる時間が早い為に(しかも給湯室や休憩室で短時間で食べられる軽いものしか口にしない)、帰宅する頃には小腹が空く。

だからオレはいつも軽くつまめるものを用意しておくのだが、「今日は何にしようか?」と考えながらデパ地下やパン屋を回るのが楽しみになっていた。仕事の後の買物は飲食と同様で、ちょっとしたストレス発散になるからな。

今夜は帰宅したら何を食べるんだろうな?
と、気になって、泊まり込み残業が決まった時に奴にメールしてみた。すると、

『一人だし、冷蔵庫にあるブロッコリーとニンジンを蒸して塩をふって食べる』

という返信が来た。

一人の時には簡単なものを食べる。それは世界共通のお約束のようだ。
まあ、一人の時だからこそ『ここぞとばかりに』ゴージャスなものを食べる方も居るだろうけどな(笑)

ああ、今夜も奴と夜食を食べたかったぜ。

『夕食』と『夜食』は似たようなものだが、夜食は夕食よりもフレンドリーな雰囲気で食べられる。
テーブルの椅子ではなくソファに座って、砕けた気分でたくさんの話をしながら食べられる。

奴が疲れている時には身体を寄せて食べる。
たまにネガティブな話になる時もあるが、手軽につまめるサンドイッチやクラッカーを温かな飲み物と一緒に食べていると、何となく気持ちが落ち着いてまた頑張れそうな気分になれる。

そんな夜食の時間は、最近のオレのお気に入りだ。
奴が学校に行くようになって一人で過ごす時間が増えたが、その代わりにそんなリラックスできる時間が生まれた。

今夜はそんな風に過ごせなくて残念だ。
今日は学校でどんな事があったのかを聞いて、課題はどこまで進んだのか写真を見せてもらいたかった。

実は、夜食を食べても太らないように、オレも奴が学校の日は夕食をセーブするようにしている(笑)

『明日は貴方の好きなパンを買って帰るぞ』
『明日は帰りに待ち合わせられない?』
『一緒に買物するか? それとも行きたいレストランがあるのか?』
『行きたいレストランがあるんだ。パンはそこに行く前に一緒に買おう』

奴が行きたがっているレストランは、和風で楽しく食べられるところだった。

明日は旨い酒を飲もう。
せっかくの金曜日の夜だし、今夜はオレも奴も頑張るしな。

という訳で、
皆さんも明日は楽しい金曜日をお過ごし下さい。
連休明けの一週間は長くて、おまけに天気が激変するめちゃくちゃの気圧が続いて、本当にお疲れ様でしたm(__)m

さて、眠くなる前にデータ整理を片付けてしまおう。終わったらサウナだ。
そうそう、act.3は明日会社で書きます(笑)

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

髪を切った貴方とデートの約束
Thu.10.05.2012 Posted in 恋愛
遅い昼ご飯の後に、ごきげんよう。

今日はヒレカツ定食を食べた。

胃カメラ検査以降は胃の調子が快適なのですっかり普通の食生活に戻った。
案外、胃カメラで散々嬲られたのがストレス解消になったのかもしれん。さすがドマゾのオレだ。

その後、紅茶と一緒にベリータルトを頂いたが、カロリーオーバーだな。
だが15時からまた忙しいので夜には燃焼してしまうだろう。

今朝もしっかりとご奉仕したしな。
エッチなご奉仕ではなく、弁当作りのご奉仕だが(笑)

2012_05_10_1.jpg

メニューは、
牛そぼろ、スパゲティ、海老とアスパラの黒胡椒炒め、ポテトとマヨネーズとチーズのなんちゃってグラタン、じゃことピーマンの醤油炒め、フリルレタスとプチトマト。

じゃことピーマンの炒めものを教えて下さったna~iさん。
なんちゃってグラタンを教えて下さったyu~iちゃん。
ありがとうございます。簡単に作り置きができて、とても美味しかったです! 奴の健康を支えて下さって感謝致しますm(__)m

本当はそぼろの部分に○ッフィーを作る予定だったが、予想以上に難しかったので断念した。

○ッフィーは事前の練習が必要だ。それに適度な道具もあった方が良い。
今夜も奴は学校で帰りが遅いので、オレはキッチンに立って黙々と練習しようと思う。そして来週には可愛いのをお披露目したいぜ。

昨夜は学校がなかったので、奴は髪をカットしてから帰宅した。

奴にしてはかなり短く切って、今までとは雰囲気が少し変わった。
今までの長めのカットも前髪がクルクルしていて可愛かったが、今回のも頬と頬のライン(頬骨も)がキレイに際立って恰好良い。花まる。
奴は顎の骨がしっかりしているし唇も厚いので、かなり髪を短くしても物足りない感じにはならない。キュートよりもクールの比率の方が上がったが、華やかさは以前のまんま。

「良い、ステキだ。惚れなおす」
「そう? 長い方が好きなのかと思ってた」

オレは、スッキリした奴のフェイスラインやうなじにキスをした。
『今の貴方も大好きだ』という気持ちを込めて、ぎゅっと抱きしめながら。

「髪型が変わっても貴方は貴方なんだが、今まで知らなかった雰囲気があって、それが新鮮でドキドキする」
「そんな事を言われているオレだってドキドキするよ」

お互いに照れながら笑った。

そしてオレは、まるで初めてそうするように、奴にデートを申し込んだ。
『来週か再来週、一緒に富士急ハイランドの戦慄迷宮に行って欲しい』と。

こんな時にはもっとロマンティックな場所に誘うべきなのだろうが、次回の休日はどうしても富士急に行きたくて、その為には今から予定を確実にしておく必要があったんだ(汗)

まあ、新鮮な気持ちでドキドキしているオレ達には、初々しいデートの定番である遊園地がお似合いだよな。お化け屋敷でキャーキャー言うのは老若男女問わず乙女心を持つ者のお約束だ。

「オレは怖くないけど、お前は本当に大丈夫?」
「駄目だったら貴方にしがみついて目を瞑って歩く」
「なにそれ! せっかく行く意味が無いじゃない」
「雰囲気だけ味わえれば良いんだ。あとは写真でも撮って」
「勿体無い遊び方だね。でも良いよ。連休のお礼にナイトになってあげる」
「迷子にならないように首輪を付けて引っ張ってくれ」
「首輪じゃ目立つよ? 散歩紐を○○○に括り付けて引っ張ってあげる」

という訳で、戦慄迷宮行きが確定した。

ちなみに『散歩紐』というのは……ああ、皆さんのご想像通りのものだ。玉々の部分を皮のベルトで固定して、更に根本をギュッと締めて、その先に付いている長い紐をご主人様に持って頂いて散歩に連れて行ってもらうという、Mワン子の必需品だ。

そんなものでお化け屋敷を連れ回されるかと思うと、もうゾクゾクして仕事が手につかないぜ。

だがその楽しみの為に午後も頑張らなくてはならん。
皆さんも先に待っている楽しみの為に、充実した午後をお過ごし下さい。

天気予報が的中して空が荒れてきたな。
ご帰宅の際には強風と大雨にご注意下さい。

竜巻などは起きないで、夜には晴れると良いな。

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Wed.09.05.2012 Posted in コメント返信
(通常のエントリー「コクーン act.2」はこの下にあります)

★hi~oさん
はじめまして。コメントをくださってありがとうございます。
お弁当シリーズは奴君が学校に通っている限り(2年?3年?)続けるつもりです。
途中で脱落してしまわないように適度に手抜きをしながら楽しく頑張りますので、これからも見守って頂けたら嬉しいです(笑)

★ky~uさん
フェチやSMの連載エントリーはもう止めようと思いつつ(実は余り評判が良くない様です・笑)、でも自分が好きなのでランキング評価などは気にしないで書いてしまいます。
最高ですね、やる方も刺激的だし、やられる方も……と、続きは本編で(笑)
お弁当を褒めて下さってありがとうございます。ワンパターンのお粗末なオカズばかりですが、デザインに凝るとそれなりに見栄えが良くなるので嬉しいです。
明日も頑張ります! オレの毎朝は奴君に捧げることにしました。

★k~oさん
来ても恥ずかしくて晒せません(笑)
そうだ、シロ子にTバッグパンツを穿かせてセクシー写真を撮りましょうか。R18指定で。
オレは乙女と変態の間をウロウロしている生き物のようです。その内に、可愛いキャラ弁を持参してロシア大使館の裏で遊ぶエントリーが登場するかもしれません。
FC2ブログ、不安定が続きますね。iPhoneの対応が上手く出来ていないのかも知れません。ご不自由をお掛けして申し訳ありませんm(__)m

★ta~aちゃん
じっくり熟成させておきます。高級バターやチーズに匹敵するぐらい十分に発酵させて、香ばしい匂いを強烈に(略
そ、それは厳しい罰ですね(汗) 恐らく今週か来週に行ってくるので、やせ我慢にやせ我慢を重ねて頑張って来ます。
休みは取れますが、その為に今週は休日返上となりそうです(笑)

★as~aたん
朝からこんな変態なものを読まれるなんて、社会に背中を向けてるみたいでステキですね(笑)
ふふふ、その答えは今夜か明日辺りに。でも楽しかったです!
って、勝負パンツを要求するのか! いつからそんな駆け引きが(汗)

★ai~oさん
お久しぶりです。いまもなお来て下さって、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
プロフィールですか。
了解いたしました。いつになるかは判りませんが趣味や好みなどを書いてみます。
気長にお待ち頂けましたら幸いですm(__)m

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コクーン act.2
Wed.09.05.2012 Posted in SM・フェチ
イベントは賑わっていた。

今回はボンテージの本場である欧州のビザーレファッション(直訳すれば『奇怪な装い』)をテーマとしていたので、欧州人のデザイナーやモデルも招かれて参加していた。

モデルの中には奴のように女装している長身美人(15cm程の厚底ヒールを含んで2mの長身)もいたが、こうしたイベントの最中にはとても行動的になる奴は、彼等に屈託なく話しかけてすぐに親しくなっていた。

オレは、英語がちょっと不自由なので他の方々と話をしていた(TOEIC満点の道はまだ遠い・笑)
けれど途中で奴と女装モデルの方にリクエストされて、猥褻なピンクの下着一丁の姿をご披露する事になった。スカジャンを脱いで、盛り上がった部分をドンと。

部屋で初めて穿いた時には恥ずかしく思えたオレだが、ああいう開放的なイベントに参加してしまうと、まったく大した姿ではないように思えてくる。

いっそ綿でも詰めて、もっと大きく見えるようにしておけば良かった。
次回はそうしてやろう。目指せ、big schlong !!(大きなお○んち○)

「まあ美味しそう」
「オレのだからそれに触っちゃ駄目」

などと二人は仲良く話しをしていた(多分)

二人ともありえないような厚化粧とエロティックな衣装で、妖しいフェロモンをムンムンと発していた。
そんな二人に下半身を凝視されたオレは、ついマゾ心を刺激されて息子を大きくしてしまうところだった。

化粧と香水の匂いもきつくてな。そういうのが大好きなオレにとっては悩殺ノックアウトな状況だった。
大柄で彫りの深い男のコケティッシュでケバケバしくて華麗な女装姿はなんであんなにも悩ましいのだろうな。興奮の余りに、組み敷かれてビンタされて弄ばれて支配されたくなる。

ところで奴だが、根っからビザーレ(奇怪)&ボンテージ(拘束)の雰囲気が好きなようだ。イベント会場の中で、「もしも今の会社で仕事をしていなかったら、こちら方面の仕事もしてみたかった」と言っていた。
奴は社会貢献意識が強くて生真面目である反面、デモーニッシュな美しさにも強く惹かれているからな。納得だ。

初めて奴と出会った時、『きっとこの人には同性愛の柔軟性と変態の素質がある』とオレは睨んだが、その予想は完璧に当たっていた。当たっていて良かった。お陰で趣味がバッチリと合う。

やがて時間は過ぎて、イベントのクライマックスには親しくなった者達の間で写真撮影会が始まった。

「二人でポーズを取って」

と女装モデルさんに言われた(と奴に教えて貰った)

オレ達は暫し悩んで、結局、オレが床に転がって奴がピンヒールでオレのアソコを踏み付けているポーズに決定した。

踏み付けるといっても、あくまでも軽く置くだけだ。本気でギュッとやる訳ではない。
しかしヒールに慣れない奴は撮影中にヨロケて、オレの玉々を細長い踵でグニュっと踏み付けてくれた。
それは飛び上がるほどの痛みで、オレは「あう!!」とか叫んで両手でソレを覆って身体を丸めた。

「ごめん!」
「あっはっはっは! 危険! でも可笑しい!」

モデルさんは爆笑していた。
奴も「大丈夫?」とか言いながらも爆笑していた。

最後に笑い者になれて、マゾとしてのオレは大満足だった。突き刺さるような痛みで不能になりそうだったがな(汗)

シャンパンを何杯か飲んでいた奴は軽く酔っていた。
オレはノンアルコールシャンパンしか口にしなかったので、車の運転をしてホテルへと向かった。

本当は都外の古びたモーテルまで行きたかったが、笑いの止まらない愉快な興奮がそんな悠長な事を許さなかった。

すぐにでもホテルの密室に入って戯れたかった。
お互いに猥褻極まったファッションをしている夜に、思いっきり。

★いつも応援のクリックをありがとうございます。act.3は明日か明後日に公開します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

その時間は貴方のもの
Wed.09.05.2012 Posted in 恋愛
お昼を食べに行く前に、ごきげんよう。

今日は奴の学校が休みなので(週に3日の選択制)、今朝は45分ゆっくり起きることができた。

「今日は紅茶を飲んでも時間が余る」と、オレがソファで紅茶を飲みながらそんな事を言うと、
「いつもありがとう」と、奴はポツリと言った。笑顔だったが少しうつむいて、ちょっと申し訳なさそうな感じで。

「いいや、前から早起きしたかったしな。早く起きた方が頭も冴える」
「うん。でもお前の生活を変えてしまって、ちょっと申し訳ないよ」

まったく、
水臭い事を言うよな。

オレの生活が変わったからといって、だから何なのだろうな?
今までの自分の生活が完璧だったとは思えないし、今までの生活をかたくなに守らなくてはならない価値などもなかった。

それよりも、今までよりも好きな人の為に時間を使える生活になったんだ。それに何の後悔がある? いままでもよりもずっと価値のある生活になったに決まっているじゃないか。

オレがそんな事を言うと、奴ははにかむように笑った。
そしてこう言った。「お前と暮らせて幸せだ」と。

「オレも嬉しいぞ」とオレが笑い返すと、
「お前の良い恋人になれるようにオレも頑張るよ」と奴が言ったので、
「他の男に惚れないでくれたらそれで十分だ。良い男に見惚れるぐらいなら良いけどな」とオレは言った。

すると奴は笑いながら、「絶対に浮気はしないよ。見惚れるのは良いなんて寛大だね? オレは嫉妬しちゃうよ」と言った。

なんだ、じゃあオレも理解ある大人ぶったりしないでそう言えば良かったぜ(汗)

という訳で、

人間、素直が一番だな。
やせ我慢して恰好を付けても、その時は良くても後々後悔する事が多い。
奴もオレに弁当を作ってもらって助かっているなら、これからも遠慮無く素直に喜んでいて欲しいぞ。

さて、
連休後の長い一週間も、今日が終わればあと2日だ。
今日の都内は曇り空だが、心の中は晴れやかにして頑張ろうぜ。

では、また夜に。

★今日もバナーのクリックをありがとうございます!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コクーン act.1
Tue.08.05.2012 Posted in SM・フェチ
オレは鏡の前で愕然とした。
『本当にこんな下着を穿いて参加しなくてはならんのか!?』と、自分の破廉恥な下半身を見てそう思った。

それは余りにも際どい形をしたピンク色の下着だった。

全体的に窮屈なぐらいのフィット感があったが、ペニスの大きさを強調する為にソノの部分だけは膨らんでいて、革紐でソレを縛り上げているように見せる編み上げのデザインになっていた。
そして後ろはTバックだった。股を通る紐は細くて、一見なにも穿いていないように見えた。

その下着は台東区のあるボンテージショップで購入したが、その時は試着も出来なかったので実際に穿いた姿は想像できなかった。いや、想像はしたが、これほど変態くさい恰好になるとは夢にも思わなかった。

「このぐらいは大丈夫だよ。ああいう場所ではきっと普通」
「うーん、貴方もピンクのレースの下着を穿いて行くんだよな?」
「そうだよ。オレにばかり恥ずかしい恰好をさせるつりじゃないよね?」

奴とそんな会話をして、その場のノリで買った。
けれどフェティッシュイベントの当日に実際に穿いてみれば、下半身の強調ぶりが半端でなくて、おまけに部屋の照明の元で見れば色もド派手で(ボンテージショップの照明は暗いのでもっと地味な色に見えた)、さすがのオレも躊躇した。

しかし、3分ほど眺めていると、その下着の持つ淫らな雰囲気にだんだんと馴染んでいった。
その内に、『これはこれでなかなか良いかもしれない。結構オレに似合うかも?』とまで思うようになって、鏡の前でそれらしいポーズを取る始末だった。

そういうものにすぐに馴染んでしまうのは、オレがそういういやらしさが好きなナルシストだからなのだろう。
そして、実際にそういう恰好をしてみたいという願望もあったのかもしれない。
卑猥な下着を穿いた男のポルノグラビアが大好きで、そういうのを見ていると興奮するからな。

もっとも、そのパンツ一枚でイベントに参加するつもりにはなれず、派手な刺繍の入った黒いスカジャンを着てサングラスを掛けた。
で、その恰好で奴を呼んだ。「オレはこれで良いか?」と訊く為に。

「クール! 変態だ!」

と奴はニッコニコの笑顔で言って、ピンク色の下着に包まれたオレのイチモツを指先で突付いた。

「突付くと勃つぞ」
「勃たせた方がもっと変態ぽくなって良いんじゃない?」
「はみ出たら困る」
「はみ出させちゃえ」

オレのイチモツは暫し奴の玩具になった。
奴もエナメル製のマイクロミニのナースウェアという超変態くさい恰好をしていたので、きっとオレ達はお似合いのカップルに見えた事だろ。見物客がいなくてとても残念だった。

「でもオレの恰好は地味じゃない? ファッショナブルな恰好で行かないと入れないんでしょう?」
「オーナーの審査はあるけど、それで十分だ。キレイだしエッチだし」
「そうかな? もう少しメイクを濃くして派手にしようかな」

奴はオレの変態臭さに刺激されたのか(笑)、急に自分の恰好を気にした。

オレは奴のメイクを手伝った。
アイシャドウで目を大きく見せて、アイラインを太くして、コケティッシュな付けまつ毛を付けて、リップライナーで唇を厚くして、世間から十分に好奇の目で見られるような派手な顔に描いてやった。

「さすが。さっきよりずっと良い。自分じゃないみたいで楽しいよ」

奴の中でメタモルフォーゼが完成したようだった。
今回はプレイの披露はないコスプレパーティのようなイベントだったので、変身願望が満たされないまま行ってはきっと面白さは半減したと思う。

いよいよ外出の時間が迫って、奴は上着を取ってくる為に部屋に戻ろうとした。
その時、オレは奴の恰好を見てふと思い付いた。イベントの後に行う予定でいる、倒錯したセックスを楽しむ為に必要な事を。

「一つリクエストしても良いか?」
「なに?」
「ストッキングだけど、今日はガーターじゃなくて普通のを穿いて欲しい」
「この服にガーターは似合わない?」
「ガーターも合うけど、いつもガーターばかりだから。それにその服にはこれの方が似合う」

それは、奴にある刺激を味わって欲しくて願ったことだった。
オレが白いシルクストッキングを選ぶと(はじめからナースウェアに付属していたもの)、奴は快くそれを穿いてくれた。

オレ達はすっかり準備を整えて、(衣装を隠すためにゆったりとしたトップとボトムを着込んで)車に乗り込んだ。

イベント会場となるバーでは面白おかしく過ごすつもりだった。
オレ達はボンテージファッションやフェティッシュプレイの話に盛り上がって、楽しく会場へと向かった。

★「act.2も待ってます!」と思って下さる方はクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ
PCか、スマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングサイトにポイントとして入るそうです。アイフォンをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいです。ご親切に教えて下さったNさん、ありがとうございますm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今朝の彼氏とコメント返信
Tue.08.05.2012 Posted in 弁当&料理
お昼前に、ごきげんよう。

今朝も眠かったが昨日ほどではなかった。
一日でも会社に行くと、身体が元のリズムを思い出してくれるのだろう。

けれど、奴は今朝もちょっとやらかしてくれた(笑)

奴はシャワーを浴びて、床に落ちていたタオルで顔を拭いたのだ(シャワーに入る前にバスルームの前で落として、時間がないのでそのままにしておいたらしい)

その時いきなり、

「おしっこ!」

と叫んだ。

叫ぶぐらいなら早くトイレに行けよ! とオレは思ったが、そうではなかった。

「このタオル、○○(猫様の名前)がおしっこしてる!」

という事だった。

猫様は発情期を一度も迎えることなく去勢したが、それでオスの習性が完全になくなる訳ではなく、何かをキッカケに突然戻ってしまうことがある(猫様に限らず、多くの去勢済みのオス猫がそうなる)

いつもはちゃんとおトイレでおしっこをする猫様だが、今朝は春の気候に刺激されたせいか、床に落ちているタオルについやってしまったようだ。

奴はその、猫様のおしっこが染みついたタオルでモロに顔を拭いてしまった。
春のオス猫のおしっこに臭いは独特だからな。さぞ衝撃的だっただろう(汗)

「またシャワーで顔を洗ってくる!」
「弁当はカバンの中に入れておくぞ」

という訳で、今日の弁当はハンバーグ。

2012_05_08_1.jpg

先々週も作ったが、ハンバーグは星とハートとチューリップの形。
他のオカズは、うずら卵と大豆の煮物、マッシュポテト、パプリカとニンジンの塩炒め、レタスとトマトとブロッコリーのサラダ。

今日も美味しく食べて貰えたら何より。
オレはこれから会食の為に外出だ。
昼休みは一人でゆっくり食べる方が好きなんだが、会食も大事な仕事なので頑張って食べてこよう。

では、皆さんも充実した一日をお過ごし下さい。
今日も皆さんが幸運であるように祈っています!

★いつもバナーのクリックをありがとうございます! 今日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

<以下よりコメント返信です>

★as~iさん
asさん、はじめまして。当ブログにお越し下さってありがとうございます。
応援して頂けて、とても励みになります! 当方はとんでもなくマゾヒストで不束なブロガーですが、どうぞこれからも仲良くして下さい(笑)
お弁当を褒めて下さってありがとうございます。クッキーもですが、四苦八苦しながら作ったのでそう言って頂けると物凄く嬉しいです。
今度また可愛い型を使ってクッキーを焼いてみます。その時もsaさんの目の保養になれば幸せです(笑)
ブログを拝見いたしました。なんて素敵な料理と猫ちゃんでしょうか! センスの良い美しい写真が羨ましいです。これからもちょくちょくお伺いさせて頂きますm(__)m

★ha~8さん
惜しい! その下の2番が正解でした。ちなみに1番に似た事は、連休前にオレがやってしまっておりました。玄関に置いてあったゴミ袋を誤って倒して、中身がドサっと出て大変でした(汗)
ビーグル君、好奇心と元気が有り余っていますね(笑) けれど片付けはさぞ大変だったでしょう。お疲れ様でした。
そ、それは洗濯機のフタを開けたまま外出されたのでしょうか? 一瞬、空き巣に荒らされたかと思ってビックリしますね!

★ta~aちゃん
今日はとにかく眠くて参りました。
ミッキーの顔を褒めて下さってありがとうございます。お手本を見て頑張った甲斐があって、奴はとても喜んでくれました。海苔で包んだ耳も美味しかったそうです。
taちゃん、大正解です! 今夜は服に付いたティッシュを二人で必死でコロコロで取る予定です。
豪華賞品の発送ですが、もうちょっとオレの匂いを染みこませる為にあと3年ほどお時間を頂きます。なお、賞品が届けられても警察に通報などなさらないようお願い申し上げます(笑)
戦慄迷宮をリクエストですか(汗) も、もしも途中で脱落したら、何か罰ゲームが待っているのでしょうか?
奴は平気だそうなので、オレは奴にしがみついてずっと目を瞑って歩くかもしれません。

★yu~iちゃん
yuちゃんこそお疲れ様でした。
オレは適度に喫茶店でサボれましたが、yuちゃんはその隙すらなくて大変でしたね。お子様、大きくなったらyuちゃんにいっぱい親孝行しないと(笑)
今夜はゆっくりお休みになって、連休疲れを癒して下さいね。
オレの弁当を参考にして下さるなんて光栄です。そして非常に為になるメニューをありがとうございます。
作り置きが一品でもあると楽になりますね! こちらこそ参考にさせて頂きます。ポテトグラタンなど奴の好みで有り難いです。
いえいえ、オレなどワンパターンなオカズしか浮かばなくてまだまだ未熟です(笑)
そうですね。余り気張らずに長く続けられる程度に頑張ります。色々とアドバイスをありがとうございました。

★ky~uさん
すみません、その泣きたくなる2番が正解でした(汗)
洗濯物を洗濯機から出したら、もうティッシュがボロボロと。黒い服や靴下などは余りにも無残で見られた状態ではありませんでした。
まあ、オレなどは「あーあ、やってくれたな!」と爆笑しましたが(笑) 今夜は二人でコロコロを仲良く掛けたいと思います。
キャラ弁、作ってみると面白いです。あれ以上こった物は作れないですが、またちょくちょく作ってみようと思っています。

★sa~oちゃん
ついやってしまいますよね、ティッシュ。
実はオレも奴の事は言えなくて、一人暮らしの時に二回はやりました(汗)
その後のコロコロかけが面倒で面倒で。

★me~iさん
今日は銀座に行く予定があったので休憩時間に立ち寄ってみようかと思いました。けれど急きょ場所が六本木に変更になってしまいました。アンラッキーです(泣)
商売上手ですね! 全て観たいが為にオレも買ってしまうかもしれません(笑)
それにしても展示数が少ないのはちょっと残念です。展示されているものと写真集の迫力は違ったものですから、両方を十分に堪能したかったです。
それまで知らなかった新しい世界を知るのは、確かに新鮮で感動的ですね。オレなど本当にたいした人間ではありませんが、少しでもそのキッカケになれたならとても光栄です。こちらこそそのように言って頂けて嬉しいです。ありがとうございます(笑)

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

良く遊び、良く眠る
Mon.07.05.2012 Posted in 恋愛
奴も無事に学校から帰ってきたので安心しながら、ごきげんよう。

今日はとにかく眠かった。
本当は今夜はフェティッシュパーティのエントリーを書こうと思ったが明日に変更しよう。

いつもはどんなに眠くても夜になれば頭が冴えるが、今日はこの時間になっても眠い。
連休中の疲れが一気に来たんだろうな。連日ハメを外しまくりだったから、当たり前か。

そう言えば職場の方々も眠そうだった。
昼食の後のミーティング中、集まったメンバーのほとんどが目が虚ろでな。「寝不足でしょう? 遊び過ぎだよ」と、そんな事を言い合っては笑った。

けれど奴は元気に仕事をしてきたそうだ。
基礎体力の違いというか、毎日規則正しい生活を送っているせいだろうな。見習わねば。

ちなみに今日のミッキー弁当だが、かなり喜んで貰えた(笑)

出張先の主任さん(50代の女性)にミッキー弁当を見られたそうで、オレは『うわ、恥ずかしい!』と思ったが、

「彼女が作ってくれるの?」と主任さんに訊かれた奴は、「ええ、恋人が作ってくれるんです」と答えた。
すると主任さんは、「こんなに凝ったお弁当を作ってくれるなんて愛情たっぷりの恋人なのね、羨ましいわ」と言ってくれたそうだ。

ははは、むず痒い感じに嬉しいぜ。
もっと言ってくれ(笑)

「でも見られて恥ずかしくなかったのか?」
「全然。可愛いお弁当を作るのが好きな恋人がいて恥ずかしいことなんてないよ」

可愛い弁当を作るのが好きな恋人か。

否めんな。
正直なところ、手間は掛かるが普通の弁当を作るよりも面白い。
上手くできた時は快感だ。あれはスイーツやオードブルをキレイに仕上げた時のエクスタシーに匹敵する。

オレにとっての料理の面白みとは『快楽』なのかもしれん。
もちろん愛情もあるがな。
奴に喜んで欲しいし、栄養のあるものを食べて元気でいて欲しい。

奴が喜んでくれるなら、今度はもっと可愛いのを作ってやろう。
明日は無理だが、来週は○ッ○ィーを作ろうかと目論んでいる。頑張るぜ。

「今夜は早く寝るんだよ」

と、あくびばかりしているオレに奴が言った。

「貴方が寝る時に一緒にベッドに入る」
「そうして」

奴はオレの頭を撫でて、それからテーブルの横に置いたままにしたランドリーバスケットを見て、こう言った。

「洗濯物についたティッシュ、取るのは明日で良いよね?」

という訳で、正解は2番でした!
几帳面な奴にしては珍しくやらかしてくれた。オレのお気に入りの黒いパンツもティッシュまみれだ(笑)

連休の疲れなどないような顔をしていた奴だが、本当はちょっとだけ疲れがあったようだ。

今夜はワインを一杯だけ飲んでぐっすりと寝よう。
明日も楽しい一日にする為に。

皆さんもゆっくりとお休み下さい。
連休の疲れがすっかりと癒えますように。

おやすみ。

★いつもバナーのクリックをありがとうございます! 今日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ハロー、平日!
Mon.07.05.2012 Posted in 弁当&料理
お昼休みに、ごきげんよう。

眠い(笑)

こうして窓辺の席で寛いでいると、オレを強引に押し倒すように睡魔がやってくる。
『ああ! そんな! 皆が見ている会社の中で!』とかエロい妄想で意識を刺激していないと本当に眠りそうだ。

いや、そんな妄想をしても下半身以外は眠ってしまうかもしれん。
もしも会社でそんな状態で寝ているのが見付かったら、アッという間に噂になるだろうな。素晴らしい羞恥プレイだ。

皆さんもお疲れ様。
今朝は眠くて大変だっただろう?
連休明けの会社に行けば息も吐けないぐらいの多忙に目が回っただろうしな。

オレも今朝は連休ボケにクラクラしながら弁当を作ったぜ。
予定よりも10分遅く起きてしまったので(『あと5分』を二回も繰り返した)手抜きしようと思ったが、一週間ぶりの弁当なので頑張って可愛くしてみた。

2012_05_07_1.jpg

ミッキーマウス弁当。
中身は、ミッキーおにぎり(レタスの影に隠れているがちゃんと耳も付いている)、卵焼き、蒸しポテトとトマトとフリルレタスのサラダ、チーズ&マヨネーズ味のマカロニ、チキンの白ワイン煮。

キティちゃん弁当で海苔を切る大変さを思い知ったので、今回は前の晩に切っておいた。
朝は非常に時間が限られてしまうので、こうした工夫は絶対不可欠だな。

今日の奴君は都外で仕事。
きっと見知らぬ場所で孤独に昼休みを過ごすだろうのでミッキーが潤いになってくれたら幸いだ。

ところで奴だが、今朝はちょっとした事をやってくれた。
さて、奴がやった事とは次の中のどれでしょうか?

1、出そうと思ったゴミをぶちまけて玄関をゴミだらけにしてくれた。
2、ポケットにテュッシュを入れたまま服を洗濯に出して洗濯物全部をティッシュまみれにしてくれた。
3、ミッキー弁当を忘れて駅まで行ってタクシーで戻って来てくれた。
4、仕事先に持って行く予定のノートPCを落として故障させてくれた。

正解された方には漏れなく、オレが縛られて鞭で打たれている動画と生パンツをセットで(以下略

という訳で、正解は夜に。

それにしても今日も良い天気だな。
こんなに天気に恵まれているのに遊園地にもドライブにも旅行にも行けないとは理不尽だ。

今週は忙しくて無理だが、来週にでもインパしてくるかな。連休が終わって空いているだろうしな。
だが富士急ハイランドの戦慄迷宮も捨てがたいし、室内プールでゆっくり過ごすのも良さそうだ。

取り敢えず、今は目の前の仕事を片付けてしまおう。
遊びの事で悩むのはその後だ。遊びの事を考えている方が目が冴えるんだがな。

では、今日も一日楽しく頑張ろうな。
そして夜には、連休が終わって平日が始まった事を祝ってビールで乾杯しようぜ。

★いつもバナーのクリックをありがとうございます! 今日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Sun.06.05.2012 Posted in コメント返信
長らくお休みしておりましたが、久しぶりにコメント返信です。

5月以降に頂いたコメントに返信させて頂きました。
5月以前に頂いたコメントも楽しく拝読させて頂きましたが、今回は返信できずに大変に申し訳ありません。深く感謝とお詫びを申し上げます。

これからはまた、出来るだけ返させて頂きます。
返信ができない期間も、たくさんのコメントを送って下さって、まことにありがとうございました。

★sa~uさん
旅行などには行けませんでしたが十分に楽しいGWを過ごせました。
saさんは如何でしたか? 楽しい事があったならオレも嬉しいです(笑)
おお、ウニ苦手仲間ですね! オレもイクラは大好きなのですが、ウニの生っぽさがどうしても馴染みめません。
ありがとうございます。saさんも充実した良い一週間をお過ごし下さい。

★as~kたん
本当は旅行か遊園地に行きたかったんですけどね。行ってみて駐車場の混雑ぶりに尻尾を巻いて逃げてきました(笑)
でも満足しています。連休中は○ッ○○皆勤賞になりましたから!
世間よりも一足早く、お仕事お疲れ様ですm(__)m
長かった(いや短かった!)連休も終わって普通の毎日が始まりますが、asたんも元気に頑張って下さい!
そうだ、ムーミンをゲットできなかったら奴君にお仕置きしてもらおう! ……いや、それだとオレが得するばかりだな(汗)

★mi~aさん
良いですね、ミューズという表現。
薔薇のお風呂とは、何とも麗しくてオレの好みです(笑)
そうですね、当時のディスコミュージックには妖しい色っぽさがありました。当時のミュージシャンのルックスや歌声も同じですね。そしてスター性があって輝いていました。
つくづく、80年代を満喫できる年齢に生まれたかったです。
ピート・バーンズにそんな痛ましい過去があったとは…。miさんに教えて頂いて検索して知りましたが、本当に人生を分かち合える相手と結ばれることが出来て良かったです。
こちらこそ、素晴らしい時代の話を聞かせてくださってありがとうございますm(__)m
またバブル時代を超えるような豊かな時代が到来してくれる事を祈りたいです。
大腸内視鏡の辛い噂は良く耳にします。オレも今回受ける事を考えたのですが、周囲に「あれは辛いぞ!」と散々言われて止めておきました(汗)
まあ、そこまで不調ではないし……でも根性のないマゾヒストです。

★ky~uさん
お休みの日にもお疲れ様でした。
ご家族に頼られるのは嬉しい事ですが、連休の時ぐらいは思いっきり自由に羽根を伸ばして好きな事だけをしたいですね。お肩でもお揉みしたいです(笑)
調教失敗談ですか、面白みのない話ですが、それでもよろしければ(汗)
ムーミンの型でクッキーを焼くのも名案ですね! 良いアイデアをありがとうございます。

★ha~8さん
そうです、北欧の妖精さんです。
もしかしてムーミンは北欧と日本でしかメジャーでないのでしょうか? ボストン君も余り見掛けたことがないと言っていました(ガッカリ)
そういえばドイツとデンマーク、まだまだ先ですが橋で結ばれますね。そうするとドイツ&デンマーク間の旅行が楽になるので今から楽しみにしています(笑)
ありがとうございます。もしもムーミンのお菓子を見かけましたら、教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致しますm(__)m

★me~iさん
はい、胃潰瘍かと思っていたので、予想よりもずっと軽い症状で本当に良かったです!
胃カメラが気持ちの良いものなら、あの技師さん目当てに毎月通ったものを(笑)
いいえ、その写真集は前々から興味があったのですが見たことがありません。以前amazonかヤフオクで…と思ったのですが、かなりの高額が付けられていたので諦めました(汗)
なのでその情報はとても嬉しいです。カレンダーにマルを付けて忘れずに行ってきます。これでようやく(しかも写真展で)見ることが出来ます。
そうですね、三島由紀夫の衝撃的な感性に影響された者は余りにも多くて、いまだに氏の存在は新鮮です。
三島由紀夫は同性愛者であったと共にナルシストでもありました。氏の写真にはそちらの影響もかなり強く出ていますね(笑)
オレなどの文章に興味を持って頂けてとても恐縮です。もっと美しいものを的確に描けるように今後も精進したいです。本当にありがとう御座いますm(__)m

★k~oさん
胃カメラを受けられるなら、必ず鼻からしてくれる病院を選んだ方が良いですよ(汗) 先日は診察台の上で悶えながら、何度もそうしなかった事を後悔しました。
大腸検査は拷問そのもののようですね。オレもよほど不調にならない限りは受けたくありません。苦痛系の好きなマゾのオレでもそう思うのですから、ノーマルな方にとってはおぞましくて耐え難い恐怖なのでしょうね(サドの方には屈辱?)
お互いに検査の必要がないぐらい健康でいましょう! 美味しいものを食べて、ストレスを残さないようにして(笑)

★Fe~hさん
バトルシップ、確かに「うそーん」な展開でしたがテイラー・キッチュのノリと可愛さに目を瞑って、近頃の娯楽映画の加減(いい加減?)と割り切って大甘に高評価を付けてみました。オレもイケメンには甘いものです(笑)
リアーナ、キュートでキレの良い演技が評判ですね。登場すると目を引かれる存在感(魅せ方)はさすがでした。きっと今後は様々な役柄でオファーを受けるのではないでしょうか?
そうそう、つまらない映画を語り合うのも楽しいんですよね。むしろつまらない方が物凄く盛り上がったりして(笑)
これからもジャンルや口コミを気にせずに、色々な映画を観たいと思います。

★いつもバナーのクリックをありがとうございます! 今日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

連休最後の日のiPhone写真日記
Sun.06.05.2012 Posted in 恋愛
「そう言えば端午の節句らしい事ってしなかったな」
「もう男の子って年齢じゃないからね」

外出の前にそんな会話をしたことから始まって、今日は和風デートをしようということになった。

2012_05_06_1.jpg

まずは蕎麦を食べに行った。
だがお気に入りの蕎麦屋が予約でいっぱいだったので、その近くの洋食屋に入った。

入ってから『しまった』と思った。洋食屋は和食ではないことを思い出して。
けれども老舗の店だったので、洋風の和食だと思えば良いということで妥協した。

そこでオレ達は、洋食御膳と紫芋のケーキを食べた。
どちらも懐かしい感じのする美味しさだった。

2012_05_06_2.jpg

2012_05_06_3.jpg

次に、軽く買物をした後にホテルに行くことにした。
もちろん和室に入るつもりだったので、和室のあるホテルに向かった。

「セックスをする為のホテルに向かっている時って興奮するよ」

と、車で移動している最中に奴が言った(奴の祖国にはラブホテルというものがないので、奴はラブホテルの事をセックスする為のホテルと呼んでいる)

「はは、オレも」
「もう興奮してる?」
「してる」
「……ふふ、本当だ」

ニヤニヤしている奴に息子をギュッと握られてオレもニヤニヤした。
息子はますます大きくなって、早くホテルに行けとオレを急かした。

それにしても、オレも奴も元気だよな。
オレ達の恋愛は色情狂の神様に見守られているに違いない。

そしてホテルに付いて部屋を選んだ。
が、なんとお目当ての和室が空いてない!

仕方がなく普通(でもないが)の部屋に入ったが、ちょっと大奥っぽさが味わえるあの和室が取れなくて物凄く残念だった。

2012_05_06_9.jpg

けれど、

「でもこの部屋のベッドには鏡が付いてるよ」
「エロいな。やってる姿が丸見えになるじゃないか」
「この部屋で良かったんじゃない?」
「ははは。エロスケベなセックスをするから覚悟しろよ」

奴の言った通り、オレはこの部屋になってラッキーだと思った。
さっきの落胆は吹き飛んで、胸も下半身も歓喜でドキドキした。

さっそくオレ達はキスをして、互いのものを撫で合いながらシャワーを(アダルト嫌いな方の為に以下略

3時間ぐらい楽しんでホテルを後にした。

それから2時間ぐらいドライブと買物をして、晩御飯を食べに寿司屋に入った(今朝は茨城の鹿島灘方面にドライブしたいと思っていたが、竜巻が起きて大きな被害が出た為、都内に留まっておいて幸運だった。災害に遭われた方々を思えば胸が痛い)

大将のお勧めのイクラやトロやイワシを注文。

2012_05_06_4.jpg

2012_05_06_5.jpg

奴も食べられるものだけを注文して、「このお店はとても美味しい!」と喜んでいた。寿司の味は店によって大きく違うが、今夜はその事が良く判ったようだった。

だが、実はオレはウニの美味しさが良く判らない(汗)

この店なら美味しく感じるのかもしれないと思って大将に注文してみたが……うーん、確かに他の店よりも甘さがあってトロリとしていたが、やはり良く判らなかった。味覚の一部が子供のままなのだろうか?

ついでに天麩羅を注文。
海老がプリップリッで弾けるようでとても美味しかった。

2012_05_06_6.jpg

そしてその店では敢えてデザートを注文せずに、少し離れたところにある甘味屋であんみつを食べた。

正統派のクリームあんみつ。
和食のデザートと言ったらこれ以上のものが浮かばない。そう言えば少し前に浅草で食べた抹茶あんみつも美味しかった。

2012_05_06_7.jpg

「寒天と餡をちょうだい」

と、珈琲を飲んでいた奴が言った。
オレはスプーンでそれらを掬って奴の口に運んだ。
すると奴はキュッと目を閉じて、「甘い」と言った。

「可愛いぞ」
「あんみつを美味しそうに食べてるお前も可愛いよ」

などとイチャイチャと話をしながら食べるあんみつは美味しかった。
そして楽しくて、何だか家に帰りたくない気分になってしまった。

休日の楽しい時間は、本当に過ぎてしまうのが早い。
また明日も休みなら良かったのにと、奴の笑顔を見詰めながらそう思ってしまった。

甘味屋を出て、雨が降っていたのでまっすぐに駐車場に向かった。

けれど一軒だけ寄り道をした。
今日の思い出に、奴にプレゼントしたくて、花屋に立ち寄った。

2012_05_06_8.jpg

「素敵な思い出になるよ」

と、奴は花束を抱いて笑った。

プレセントして良かったとオレは思った。
最後の最後まで楽しそうに笑ってくれた奴を、本当に心の底から大好きだと思いながら。

……。

ふう、連休が終わる日というのは切ないぜ。
明日もまたデートしたいと思っても出来ないのだからな。

まあ、楽しい出来事は永遠には続かない。
そして続かないからこそ楽しい日々は焦がれとなって『楽しみ』でいてくれる。

それに『あと○○日でようやく……!』と焦らされるのも嫌いじゃない(笑)
毎日が楽しいデートになったら、きっとオレ達は何の新鮮味も感じられなくなってしまうだろう。

と言う事は、平日はセックスも控えるべきか?
出来そうにないが。

さて、
今日で連休は終わりだが、皆さんも十分に楽しまれたか?

今日の都内は午後から突風と大雨(一部では雹)にみまわれたが、満足感や良い思い出が残せたなら何よりです。

今夜はゆっくりお休み下さい。
連休中の楽しい日々を回想して、そして明日も楽しく頑張れるように。

オレは明日から、また弁当作りを頑張るぜ(笑)

おやすみ。

★いつもクリックをありがとうございます。ちょっとエッチなフェティの話も大丈夫!と思って下さる方はクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

連休中の日課はメイク・ラブ
Sun.06.05.2012 Posted in 恋愛
連休最後の昼に、ごきげんよう。

連日遊びまわって体力を使ってちょっと疲れ気味だが、今日も思いっきり楽しんでやろう。

「今日はどうする?」
「インパしたい」
「昨日、駐車場の混雑ぶりを見て諦めたじゃない」
「今日は昨日よりは空いているかもしれない。じゃあ富士急は?」
「明後日は早いんだから今日行くのは無謀だ。来週か再来週の平日に付き合ってあげるから」

今朝はモーニングウォーターを飲みながらそんな会話をした。

結局、今回の連休は最初から最後まで無計画だった。
昨日の夜は計画的にフェティッシュイベントに参加してきたが(プレイはしない仮装パーティのような内容)、それ以外は、その時の思い付きで行動してばかりだった。

「じゃあ、取り敢えず外に出てみるか?」
「そうしようか。予定を決めない休日なんて初めてだけど面白いね」
「あ」
「何?」
「一つだけ決まってる予定があるぞ」
「何?」
「今日もセックスをする。昨日も一昨日もその前もしたんだしな」

奴は一瞬ポカンとして、すぐに笑い出した。

「そう言えば連休に入ってから毎日してる」
「連休中の日課だから今日もしようぜ。最後の日にしなかったら今までの積み重ねが無駄になる」
「無駄にはならないけど、良いよ。今日もしよう」

そしてオレ達はキスをして外出の準備に取り掛かった。

その一つの予定だけを決めて、連休最後の休日を楽しんで来よう。
それにしても今日は、ホテルでするのか、自宅でするのか、それとも?

今日の都内は晴天。
この休日日和、皆さんも楽しい一日をお過ごし下さい。

★いつもクリックをありがとうございます。よろしければ今日も2つのバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

Turn Around and Count 2 Ten
Sat.05.05.2012 Posted in 恋愛
数年前にはちょくちょく遊んでいたクラブに行った。
クラブといっても広いフロアを構えた大規模なものではなく、バーに踊り場を付け足したような小さな店だ。

昨夜は連休中のせいか、オレと奴が入った頃には店内は閑散としていた。
けれど10分もしたらカップルやグループが来店して一気に賑やかになった。

その後、40代後半と見られる背の高い男性が来て、マスターに80年代のダンスミュージックをリクエストした。
音楽が変われば店内の雰囲気もガラリと変わる。
どうやらその店にも80年代ミュージックのファンは多いようで、それまでシートに座っていた方々が次々とフロアに出て踊り始めた。

オレも一時は80年代のハイエナジー(電子楽器を使用したダンス・ミュージック)に嵌って良く踊っていたので、椅子に座ったまま足でリズムを取っている内に物凄く踊りたくなってしまった。

「踊ってきても良いか?」
「良いよ、ここで見てる」
「貴方も来てよ」
「オレはお前みたいに上手くないから……あっ」

オレは、躊躇している奴の手を引っ張ってフロアに出た。
そして例の40代男性をお手本に、80年代の流行の踊り方を真似て踊った。

80年代のクラブ・ミュージックは、今の流行のものよりもずっと好きだ。
何とも言えない艶めかしさと青臭い(青春らしい)物語性があって、踊っていると興奮や切なさが浮かんで胸が熱くなってくる。
特に恋愛感情が刺激される。そして踊りに感情移入して行く。

やがて好きなアーティストの曲が続いた。
頭や胸を震動させる電子音と低い声の絡み合いが堪らなくて、オレはほとんどエクスタシーを感じていた。

かなり長い間ノンストップで踊った。
そんなに踊るのは久しぶりだったが、快楽の中で暴れているような感覚から離れがたくて踊るのを止められなかった。

向かいには奴がいた。
はじめはぎこちなく踊っていた奴も、額から汗を流すその頃には音楽と一体になってリズムに乗っていた。

オレは踊りながら奴をじっと見詰めた。
すると奴はオレの視線に気付いて笑顔を向けた。

音楽と踊りの熱に感化されたせいか、奴のことが物凄く愛しく思えた。
可愛くて、大好きで、その想いに堪え切れずにその場で抱き締めてしまいたかった。

その衝動を飲み込む事ができず、オレは再び奴の手を握って強引にその場から連れ去った。
奴は驚いていたが、構わずにレストルームの個室に押し込んで鍵を掛けた。

『どうしたの?』と言い掛けた奴の口をキスで塞いだ。
そしてキスをしながら、奴の腰や尻を撫で回した。

レストルームの厚いドアの向こうではユーロビートが流れていた。
だがオレはその歌詞のように『Turn Around and Count to Ten(後ろを向いて10数えろ)』などという余裕はなかった。
どうしてもたった今ではなくては嫌だった。
迷いもなく今すぐに奴が欲しくてデニムのジッパーを下げた。

「愛してる、愛してる」

オレはその言葉を繰り返して、トイレのフタの上に両手を付かせた奴のアナルを舐め回した。

「駄目、聞こえたら……」
「構うか」

強引にオレに脱がされて愛撫されて躊躇していた奴も、次第に愛撫の刺激に興奮して声を漏らし始めた。
出来るだけ息を漏らすまいとして自分のシャツの襟元に噛み付いていたが、その様はますますオレを昂ぶらせた。

後先の事を考えずに何の準備もなくここに来てしまったオレだったが、行為の途中で奴はヒップバッグをオレに差し出して「使うでしょう?」と言った。
中を探れば案の定、衝動的にホテルに入った時などに使うポーションタイプのローションとコンドームが入っていた。

「10倍にして返す」とオレが言うと、
「今すぐにね……」と奴は言ってニヤリと微笑んだ。

狭苦しい個室の中に二人の熱い息が充満した。
落ち着いて出来る環境ではなかったが、せわしなく性を貪り合う雰囲気がオレ達をこの上なく興奮させた。

オレは背後から奴をガクガクと揺さぶった。
奴の中でガチガチに硬くなったもので激しく貫けば、奴は前方にあるパイプにしがみついて「あっ! あっ!」と、くぐもった声を小刻みに漏らした。

ハァハァという息遣いが生々しかった。
腰を叩き付ける度に服と身体がぶつかり合う音が鳴って淫らだった。

途中で誰かがレストルームに入ってきた。
だがその間もオレは腰の動きを止める事ができず、背後から奴の口を塞いで緩やかにピストンを繰り返した。たまに意地悪をして、とつぜん深く突き上げたりなどもして(クラブのトイレでのセックスなどオレも何度か遭遇しているので)

「先にいくぞ」
「あ、あっ!」

やがてクライマックスが差し迫って、オレはひときわ激しく奴を貫いて射精した。
それからすぐに奴をこちらに向かせて、口の中で奴の精液を受け止めた。

「はあっ」

と奴が深く息を吐いて、ガクリと崩れるようにトイレの上に座り込んだ。
オレは床にしゃがみ込んで、奴の膝の上に頭を乗せた。

「愛してる」
「ん……ふふ……」
「オレの大切な人だ」
「……うん」
「貴方が好きだ。ずっと一緒に居てくれ」
「オレもだよ。うん、一緒に居るよ」

オレは奴の膝にキスをして目を閉ざした。
ドアの向こうから流れてくるユーロビートを聞きながら、たまにそれを口ずさんで。

トイレから出て、早々にクラブから出ることにした。
奴の身体を洗ってやりたかった為もあって。

その前に一旦シートに戻って、最後に炭酸を飲みながら話をした。

「お前は可愛いね」
「子供っぽいって意味か?」
「ふふ、でも好きだよ。さっき、汗の匂いが素敵だった。あ、踊ってる姿も素敵だった」
「ありがとう」

確かに、情熱に流されて云々……というのは青臭い証拠かもな。
だが、奴がそれで良いというのなら良いということにしておこう。オレはそういう人間なのだしな。

連休後半の2日目の夜もとても楽しかった。
オレの突然の激情をも受け止めてくれる奴に感謝したい。

奴君、愛してるぜ。

<余談>
Turn Around and Count 2 Ten』はDead Or Aliveというユーロビートバンドの80年代のヒット曲。
ボーカルのピート・バーンズは、長くバイセクシャルとして帯妻しながら同性の恋人と付き合っていたが、2007年に10歳下のウェイターの彼氏と同性婚した。

★今日もクリックをありがとうございます。明日の更新も待って下さる方はクリックをよろしくお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

心配しないで、お前の為なら
Fri.04.05.2012 Posted in SM・フェチ
ボンベイ・サファイアを飲みながら、ごきげんよう。

ちょっと酔っているので、何時もにも増して誤字脱字があったら申し訳ない。

昨日の事、知り合いのサディスティン(女性のサディスト)さんからメールが来た。オレと奴がDVDを見ながらキスをしていた時だ。

タイトル『見てあげて!』
本文『この奴隷、こんな事をされて射精する変態なのよ♪』

添付された動画を見ればなんと、全頭マスクを被せられた奴隷さんのお尻には傘が突き刺さっていた。
正確には、パラソル傘の石突(先の長細く尖った部分)をアナルに挿入されてヌポヌポとピストンされていたのだった。

医療器具や腕や足を突っ込まれる話は良く聞くが、傘は初めて聞いた。

あの奴隷さん、傘を突っ込まれて大笑いされながら感じるなんて、本当の玩具奴隷に成り下がった気分で堪らなかったのだろうな(お許し下さいイッてしまいます! と挿入が始まった途端に叫び続けて2分ぐいらいで射精していた。前にはローターを括り付けられていたが、イナズマが走るような超エクスタシーだった模様)

「凄いな」とオレが感心していると、
「お前にもやってあげようか?」と奴が言った。

とんでもない!! とオレは言って、心底から勘弁願った。
オレはアナル&羞恥系のマゾじゃなくて、苦痛&奉仕系のマゾだからな。傘なんか突っ込まれたらきっと萎えまくるだろう(汗)

「お気に入りの傘で虐めてあげようと思ったのに」

と、奴は本気なのか冗談なのか良く判らない顔付きでそう言った。

もう奴にこの手の話をするのは止めよう。おかしな好奇心を持たれたら困る。
オレが「好みじゃない」拒否しても、奴が「オレがやりたいからやるんだ」と言ったら、奴隷のオレは従わないといけないからな(汗)

「そんなことはしてくれなくて良いから、ロシア大使館の裏で鞭でぶってくれ(ロシア大使館の裏→SM専門ホテル)」
「良いけど、鞭だけじゃなくて他にも何かやりたい」
「奉仕する」
「それは当たり前だから、他の」
「針?」
「うーん。縛りたい。えーっと、こういう風に。こうすると腕や胸の筋肉が目立ってキレイだ。それと、背中に縄が食い込むのって良いね」

奴はそんな事を言いながら、海外のゲイSMハードコア動画サイトにサインインした。

奴も玄人的な事を言うようになったな……。とオレは思いながら、縛り&鞭は好みなので「ほお、縛りに興味があったのか」とだけ言って否定はしないでおいた。

「でもこんな風にキレイに縛るのは難しいぞ?」
「オレは器用だから大丈夫。心配しないで」

と奴は言って、オレを抱き寄せて頬に優しくキスをした。
奴の目には、『本当に上手く縛ってくれる?』とオレが心配しているように見えたようだ(笑)

良い男にそそのかされる生娘の気持ちだった。
奴のスマートなキスの仕方はやっぱり素敵だ。
オレは物凄くマゾ心を刺激されて期待してしまった。

という訳でマゾヒスティックに惚気た訳だが、眠い(笑)
明日も奴とデートなので、今夜はこのまま酔い潰れて眠ってしまおう。朝が来るまでぐっすりと。

皆さんも楽しい夢を。
明日も皆さんがハッピーであるように応援しています。

おやすみ。

★今日はクラブで気持ちが昂ぶって……をしてしまった。何をしたのか興味を持たれた方はクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今朝のSEX惨事
Fri.04.05.2012 Posted in 恋愛
「出掛けるから起きるんだろう?」
「ん……起こして……」

奴は目を瞑ったままそう言って両腕を上げた。
けれどオレはそれを無視して布団の中に潜った。

奴の身体の中央に付いているモノは、まだまだ寝惚けている主を差し置いて先に起き上がっていた。

オレはそれの先にチュッとキスをした。
すると奴は「はっ」と声を出して腰をもぞもぞと動かした。

オレは暫くそれを口で刺激した。
先の割れ目やカリ裏にレロレロと舌先を震わせ、裏筋に沿って根本から先へと舐め上げ、ピンと反り返ったそれを口に咥えて浅く深くピストンを繰り返した。

「あっ……来て……」

奴は喘ぎながらそう言って、オレの頭に被さっている布団を剥いだ。

オレはベッド脇のボードに手を伸ばして、引き出しの中に入っているジェルを取り出した。その間も奴のものを口で愛撫し続けていたので、上手くジェルが取れずに周囲にあったボトルを何本か倒してしまった。

「ふふ……ガタガタって凄い音。焦ってる?」
「ああ、早く貴方の中に挿れたい」
「オレの……どこに……?」
「オ○○コ」

挿入前の興奮でオレのモノははち切れそうだった。
ジェルのフタを外して奴のソコと自分のソレに塗り付けようとした時、うっかりボトルを落としてシーツを汚してしまった。

だが興奮している時には、そんなミスなどに気を留められないもので、オレは半ばヤケ鉢になってドバドバとジェルを注いだ。

「あっ! あああっ!!」

きつい括約筋に締まった奴の中に指を挿せば、奴は大袈裟ぐらい大きな声を出して身体を仰け反らせた。

その声はオレの下半身を更に刺激した。
オレは奴のそこを慣らすのもそこそこに、ジェルまみれにした自分のモノを奴の中に深々と埋め込ませた。

「気持ち良い! もっと、もっと!」

奴はいつもよりずっと大きな声を出して、激しい揺さぶりを求めてオレの腰に腕を回した。
オレは更にジェルを繋がっている箇所にぶちまけて、獰猛な快楽の衝動に任せて腰を叩き付けた。

溢れるほど塗りたくったジェルのぬめりが気持ち良かった。
腰を動かす度に奴の中に飲み込まれて行くようで、オレは夢中でその感覚を楽しんだ。

……。

事が終わった時にはお互いに汗だくだった。
窓から入ってくる風が気持ち良くて、暫く抱き合ったままボンヤリとしていた。

だがオレは不意に思った。
窓など開いていたか? と。

「窓……貴方が開けたか?」
「うん。昨夜、蒸し暑くて、途中で起きて」

窓が開いていたのなら隣の人に聞かれたかもしれない……。
何せ今朝の奴の声は、通常のホテルであれば筒抜けになるぐらい大きかったので。

奴の声の大きさに興奮しまくっていたオレは一気に現実に引き戻された。

だが、まあもう終った事なので『たぶん大丈夫だろう』と言うことにしておいた。さすがにこのご時世、「隣にホモが住んでいるからエイズをうつされる!」とか騒ぐ人は居なかろうと思って(居るのかもしれないが)

けれど、シャワーを浴びようとした時、二度目の戦慄に襲われた。

「うわ、髪までベタベタだ!」

そう叫んだ奴の髪を見れば、そこにはジェルがベッタリと付いていた。
どうやら激しくギシギシやっている間に、フタを外したジェルのボトルが枕元にまで転がって、そこで中身をダラダラと垂らしてしまったようだ。

そのお陰でベッドは枕元までベッチョリ。
シーツやマットだけでなく、毛布や布団カバーもベタベタになっていた。

二人で「やれやれ」とベッドメイキングをすることにした。
まずはシャワーを浴びて、自分達の身体のベタベタを綺麗に洗い流してから。

オレはジェルのフタを閉じて、そのボトルをティッシュで拭こうとした。
で、ティッシュに手を伸ばしたその時、三度目の戦慄に遭遇した。

ボードの上に置いていたマニキュアの瓶が倒れて、中の液体がボードの上とカーペットにべっとりと零れているのを発見した。
使った後にちゃんとキャップを締めたと思っていたが、どうやら締め方が不十分で漏れてしまったようだ。

「オーマイガー……」
「ああ……」
「今後はもっと寝室に気を使おう」
「倒れても液体が零れないボトルが欲しいね」

マニキュアを拭いて、ジェルまみれのシーツや布団&枕カバーを洗濯機に放り込んで、オレ達はモーニングウォーターを飲みながら話をした。

今朝はセクシーでプレジャーな時間を過ごすつもりだったが、やはり今回の連休は行き当たりバッタリになってしまうようだ。

という訳で、そろそろ外出だ。
皆さんも引き続き楽しい夜をお過ごし下さい。

雨が上がって良かった。
雨というか傘にまつわる変態な話を聞いたが、それはまた夜に!

★明日の更新も待ってるよ!と思って下さる方はクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

悠久の浴場伝説(テルマエ・ロマエ)
Thu.03.05.2012 Posted in 恋愛
外で奴を待つのは好きだ。
奴がオレを見付けて笑顔で手を振れば、オレも自ずと笑顔になって手を振り返す。

と言うことで、
本日観た映画は『テルマエ・ロマエ』

2012_05_03_1.jpg

「これの原作は面白かったです」とオレが言ったら、
「映画も面白かったから観てきたら?」と、ある先輩が招待券を譲ってくれたので、有り難く観に行く事にした。

映画は評判通りだった。

未完の作品をどうやってまとめるのかと思っていたが、なるほど上手く感動的にまとめたものだ。
ちゃんとクライマックスに相応しく、ルシウスの皇帝への忠誠心を貫き通した末に得たハッピーエンドに、ついつい胸が熱くなった。

特に前半は笑えるシーンの目白押しで退屈も感じさせない。
場内で何度も笑い声が上がって、思いっ切り気軽に楽しめる娯楽映画だった。

いや、娯楽面ばかりでなく、芸術文化面の見所(聞き所)もかなり多かった。

セットや衣装の美術も素晴らしかったし、その上、三大テノールのプラシド・ドミンゴ(大の親日家としても知られるイタリアのオペラ歌手)の神々しい美声まで聴けるとは! しかもお茶目な演技付きで。

今日は買いそびれてしまったが、このエントリーを上げた後にamazonでサントラを買っておこう。オレの好きな歌曲(プッチーニやヴェルディ)ばかりを歌っていたので、かなりお買い得だ。

そして、これをオレが書かずにどうするという感じで大いに評価しておきたい。

主役のルシウスを演じた、阿部寛の身体が素晴らしかった!
(個人的嗜好で言えばあとちょっとズッシリ感のある筋肉が好みですが、今は個人的な事は横に置いて語ります)

後ろ向きで衣装を脱いで全裸になるシーンがあったが、ピシっと伸びた背筋から繋がる引き締まった中臀筋と大臀筋(お尻)、そしてその下方に伸びる良い長い足が恰好良かった。

それから太く鍛えられた腕、身体の雄々しさを強調する胸筋・腹筋・大腰筋・腸骨筋、どれもお見事だったが、それらを惜しげもなく何度も披露していた。

この映画はお風呂をメインとしたストーリーなので露出度が物凄く高い。モザイクなしで股間を上手に隠した映し方もドキドキするばかりだった。

と、思いっ切りオレの視点から評価して花丸特点を付けておこう(笑)
だが演技も良かったとちゃんと言っておきたい。とてもキュートで、ホットで。

映画の後は、かなり盛り上がって奴と話をした。

「ああいう露天風呂に行きたい」
「銭湯も良いぞ。早い時間に行けば空いてるし」
「お風呂にああいうボトルを置きたくなった」

等と話をしながら、映画館の前にある階段を降りていた。

と、その時、
想定外の事件が起きた。

いきなり誰かが奴の名前を呼んだのだった。
心臓が跳ね上がるほどドキリとして後ろを見れば、そこにはオレの知らない女性が二人立っていた。

「わあ、○○さんも観に来ていたんですね!」

と、彼女達ははしゃぐように言った。
どうやら同じ会社の新人で、奴の間接的な部下のようだった。そして奴のファン?

彼女達の視線は必然的にオレの方にも向かってきた。
オレは軽く挨拶をしたが、プライベートな時間にプライベートな恰好で一緒に居る所を初めて会社の人間に見られて動揺していた。

奴などピンク色のスキニーデニムを履いて、ちょっとヒラヒラしたコットンのシャツを着ていたしな。
この手の事に勘の鋭い女性は多いそうなので、モロにデート中のファッションだと見破られやしないかとドキドキした(思い込みだけでまるで見当違いな人間をゲイ扱いする方も多いそうだが・汗)

奴は彼女達にオレを紹介した。上司であって、元は同じ部署に勤めていたという事を。
けれど彼女達はオレの事を知っていて、頭を深々と下げて挨拶をした。

『元同じ部署の親しい人間が一緒に映画を観に来ていた』

と、どうやらそういう事でオレと奴が一緒にいる説明が付いた。
本当にそう信じてくれたなら良いがな。

昼食を一緒にどうかと誘われたが、これから仕事の話をしなくてはならないと言って断った。
本当は、『恋人とデートだから』と言って断りたかったが、それはまあ追々に。

ああ、ずっと隠しているつもりはないんだ。
言ってしまっても大丈夫な時が来たら、オレと奴は自分達の本当の関係を告白して一緒に暮らすつもりでいる。
その為にも今は頑張っているんだ。独立できるように。あるいは、そういう評判に関係なく仕事が出来る力を蓄える為に。

2012_05_03_2.jpg

「ビックリしたな」
「ふふ、でもちょっと嬉しかった。オレとお前が親しいって事を、ほとんどの人が知らないから」

ホテルのラウンジで食事をしながらそんな話をした。
オレも奴と同じような気持ちでいた。知られるのは今はまだ困るが、奴がオレと親しいということぐらいは知っていて欲しいと、たまに思う事があった為に。

そもそもオレは独占欲が強い。
だから本当は知り合いの全てに知っていて欲しいんだ。奴はオレのものなのだと。
大人気のないことかもしれないが、それが言えないのは不安だし寂しい。

「お前をオレの恋人だって皆に紹介したいな」
「その時が来たらきっと紹介して。とても楽しみにしているんだ」

奴はニコリを笑ってオレに乾杯を求めた。
オレは笑い返して、自分のワイングラスを奴のそれにチンと当てた。

だが一つだけ、オレは胸の奥で小さな痛みを感じていた。
そういえば父親には最後までその秘密を打ち明けられなかったな……と思って。

連休後半の初日は、ちょっとスリリングにハッピーに終了。

皆さんもハッピーに過ごされたなら何より。
今夜は残りの3日の事を思って楽しく過ごそうな。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

<お礼>

ムーミン探しを応援して下さった方、ムーミン情報を教えて下さった方。
本当にありがとうございます!
まだ奴が求めているムーミンは探し出せてはいませんが、欧州に詳しいボストン君と、輸入食品に詳しい某君と、そしてこっそりと奴の同郷の友人にも協力をお願いする予定でいます。

二十年以上も昔のお菓子なので今は製造されていない可能性が高いですが、もしも見付かったら、皆様に感謝を込めてご報告させて頂きます。

見付からなかったら代用ムーミンをたくさん買うつもりなので、その時にはそれをご報告させて頂きます(笑)

いつも親身になって下さってありがとうございます。
奴の分まで一緒に、心からの感謝を申し上げます。

★明日の更新も待ってるよ!と思って下さる方はクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

スロウな休日
Thu.03.05.2012 Posted in 恋愛
「起きるか?」
「もう少し……」

猫様にご飯をあげた後、奴は再び眠りに落ちた。
オレも久しぶりにゆっくり出来る朝に微睡んで、いつのまにかまた眠ってしまった。

それから2時間ぐらいして、ほとんど同時にオレと奴は起きた。
奴が「ん……」と言って身体を伸ばした時に、オレも目を覚めて。
けれどすぐに身体を起こす気にはなれず、ベッドに入ったまま他愛もない話をした。

「今日はこれからどうしよう?」
「食事は?」
「まだ食べなくても良いや」
「あ、そうだ。これな、図書館で借りてきたんだけど」

オレが大きな画集を開くと、奴はオレの背中にくっついて背後から覗きこんだ。
全裸でいる奴の胸がオレの背中に密着した。そして、奴の声と息がオレの耳元をくすぐった。

不意にオレは顔を背後に向けて奴にキスをした。「おはよう」と言って。
奴はニコリと微笑んでオレにキスを返した。同じく、「おはよう」と言って。

それから1時間ぐらいして空腹を感じた。

「オレが作るよ。温野菜とチーズで良い?」
「オレはチーズはいらないから納豆」
「判った」

奴が朝食の準備をしてくれている間、オレはベッドメイキングをして、サイドボードの上を軽く掃除した。

そしてガウンを着てキッチンに行ったが、奴はまだ全裸のままそこに立っていた。
オレは暫し奴の後ろ姿を眺めた。全てが白い肌に覆われた、シャープなラインの背中や腰や、細長い足や、小さな尻を。鑑賞して、見惚れるように。

「寒くないのか? 今日は雨だぞ」
「全然。窓を閉めていると蒸し暑いぐらいだ」

奴は茹で上がった野菜に塩を振りながらそう言った。
オレは奴の背後に立って、奴の真っ白な肩を抱き締めた。

「良い匂いだ」
「ブロッコリーとチーズって良い匂いだよね」
「……ああ」

オレは奴の肌の匂いの事を言ったのだが、まあ良いか。

そして奴は、チーズの隣にあった納豆の匂いの事は口にしなかった(笑)
納豆は和食ヘルシーブームでデンマークのスーパーでも売られているが、それでも奴にとっては、あの匂いは『良い匂い』とは形容し難いようだ。

奴の肩にカーディガンを羽織らせてブランチを食べた。

「今日はずっと雨かな?」
「映画でも観に行くか」
「良いね。そのついでに学校で使うものを買いたい」

今日も思いつくままに過ごす休日。
奴と仲良く、映画と買物に行ってきます。

皆さんも楽しい休日を。

★今日もクリックをありがとうございます。楽しい休日をお過ごし下さい。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

あの頃も貴方が大好きだった
Wed.02.05.2012 Posted in 恋愛
夕方頃、用事があってかつての部署に行った。

オレは懐かしいミーティングテーブルに座ってお茶を飲んだが、そうしていると当時の様々な思い出が蘇った。

残業の時、奴に紅茶を淹れてもらった事。
ミーティングテーブルで奴と手を繋いだ事。
二人でこの部屋に居残って、駅まで一緒に帰った事。
帰り道に映画を観に行く約束を交わした事。
……他にも、色々と。

その部署には今でも奴がいる。
デスクの位置と肩書きは変わったが、いまでも毎日その部屋で勤務に励んでいる。

けれど今日は、奴の姿は見当たらなかった。
だからオレはさり気なく、かつて一緒に仕事をしていたW君に奴の事を訊いた。

「そういえば○○君はどうしてる?」
「さっき○○室に行ったから、すぐに戻るんじゃないかな?」

その部署でのオレの仕事はもう終っていたが、もう少しだけ粘って奴を待つ事にした。
何となく、どうしてもその部屋の中で奴と顔を合わせたくなって。

幸いな事に、間もなく奴は戻ってきた。
部屋に入るなり驚いた顔をしてオレを見た。

「久しぶり」とオレは奴に手を振った。
すると奴も手を振り返して、「こんにちは、久しぶりです」と言った。

オレは心の中ではしゃいでいだ。
その懐かしい部屋の中で奴に会うことが出来て、とても嬉しくなって。

「○○君、R君がね」

W君はそう言って、オレが手渡した書類を奴に見せた。
それは既に数日前に、オレが奴に見せていたものだった。

ちょっと笑いが込み上げた。
奴も顔いっぱいに笑みを浮かべて書類を手に取った。そして、「良いですね」と言った。

確か数日前は、その書類を見て幾つか文句を言ったくせに(笑)
だがその後で「頑張ったね」と言って頬にキスをしてくれた。

後の仕事が控えていてそれ以上の長居は出来なかったが、オレが立ち去る時、奴はW君と一緒にこう言った。

「また来て下さい。今度はRさんの好きな紅茶を淹れますから」

用事もないのに行くことは出来ないが、あの部屋でまた奴に紅茶を淹れてもらえるなら、自分でつまらない用事を作ってでも行ってしまいそうだ。

ちなみに奴は、今朝オレの前で着ていたスーツを着ていた。当たり前だが。
だがオフィスで見ると自宅で見るのとは雰囲気が違っていて新鮮に思えた。

そう言えば一時は、深夜のオフィスで……と、まるでアダルト小説のような事を目論んでいたな。忙しくなって(去年は個人的にも色々な事があって)実行には至らなかったが(笑)

そこまでの事はしなくて良いから、またオフィスの中で話をしたい。
以前のように残業の時に、一緒に紅茶を飲んで、雑談をして、仕事が終わったら部屋の照明を切って一緒に帰宅したい。

とい訳で、無事に仕事は終わって明日からまた連休だ。

皆さんもお疲れ様でした。
どうぞ明日は、ゆっくりお休みになって、十分に遊んで下さい。
疲れとストレスを残さないように心地良く楽しみましょう!

連休中の皆さんの幸運を祈りしています。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★今日もクリックをありがとうございます。明日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

love you like a big schlong
Wed.02.05.2012 Posted in SM・フェチ
早く今日の仕事が終わらないかと思いながら、ごきげんよう。

一昨日、オレはある海外ブランドの化粧品のカタログを渡された。
そしてそれを眺めながら、『今までは赤ばかりだったが鮮やかなピンク色のルージュも奴に似合いそうだ』と思った。

そして昨夜の事、友人からあるURLがメールで送られてきた。『モロにお前好みだろ?』というサブジェクトが付けられて。

それはアメリカで人気のドラァグクイーン『Willam』のプロモーションビデオだったが(正確には『オレのモロ好み』とはちょっと違う)、Willamが使っているルージュの色はカタログで気に入ったものと似ていてオレの目を惹いた。

『このブランドのルージュを買いに行こうぜ』

と、オレは奴にメールを送った。
『連休中に開催するフェティッシュパーティに遊びに行かないか?』という文章も添えて。

ストレスのせいか、オレは物凄くハメを外したい気分だ。
汗まみれになるまで踊ったり歌ったりセックスしたりしたい。
奴も昨夜そんな事を言っていたので、連休後半はクレイジーな日を楽しむのが良いのだと思う。

『love you like a big schlong(でかいチン○のように貴方を愛してる)』と歌って踊りたい。
そして連休前に予定したように、寂れたモーテルにしけこんで思いつく限りのエロスに耽りたい。

ドラッグはやらないから、香水と衣装と化粧と酒と映像と身体で官能を刺激しまくって。

少し前に、奴から返信が来た。

『良いよ。オレがピンクのルージュならお前はこの下着を穿くんだ』

と書かれているメールには、ペニスの膨らみをもっこりと強調させた派手なピンク色のメンズ用ビキニの写真が添付されていた。

ええー、恥ずかしい(笑)

とか言いながらニヤニヤしながらワクワクしてしまうオレは、やはりエロ大好きフリスキーなのだろう。
エロい恰好は最高なんだぜ。
こういう下着を穿いて踊ると、腰に性エネルギーが渦巻いて勃ってくる。

エロい日にはエロい下着を穿く。
それはエロい遊びに誘った(応じた)者としての絶対的なマナーだ。奴がその気ならオレもそれを守らねばならん。

という訳で、エロティシズムファンタジーな休日の為に今日は頑張ろう。
昼過ぎからはお客さんと会うが、調子に乗ってピンクのビキニパンツをお勧めしたりしないように気を付けよう。

では、皆さんも充実した午後を!

★いつもクリックをありがとうございます。今日もポチリとして頂けたら物凄く嬉しいです!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ねえ、ムーミン
Tue.01.05.2012 Posted in 恋愛
帰宅した奴は浮かない顔をしていた。
職場か学校で何かあったのかと思って、オレは奴に事情を訊いた。

「電車の中で2分ぐらい眠って夢を見たんだ」
「夢?」
「一瞬だったけど、とてもハッキリ見た。まるで現実みたいに」
「どんな?」
「5才ぐらいの時、父親の車で買い物に行った時の夢だった。オレはお菓子を買ってもらった。ムーミンの人形の中にお菓子が入っているやつだ」

ムーミンとは可愛いな。と、オレは奴に笑いかけようかと思った。
だが、奴はいきなり涙を零して顔を両手で覆ってしまった。

オレは奴から幼少期の話を聞いていたので、すぐに奴の心の中を察した。
奴はたまにそれを思い出しては涙する(感情の昂りが続いた時になど、ごく稀にだが)
家族の間で『事件』と呼べる出来事が起きたのをキッカケに、楽しかった過去の思い出がことごとく色褪せてしまった事を。

「そのお菓子、オレが買ってやるぞ」

オレがそう言うと、奴は泣き続けながらも頷いた。
オレは奴の頭を撫でながら、自分の幼少期にあった一コマを思い出していた。

もうどんな歌だったのかも思い出せない。
母親はその歌を涙声で歌いながらオレの髪を梳かしていた。
当時オレは母親に嫌悪の念を抱いていた。だがそんな悲しそうな声で歌われると、オレまで悲しくなって涙が零れそうになった。

愛人を作って暴力を振るう父親も大嫌いだったが、ヒステリックな言葉をわめきちらして狂言自殺を繰り返す母親はもっと苦手だった。
名前を呼ばれれば嫌悪に震えて、触れられればそこを洗い流す程だった。

けれど、それでも母が父に泣かされていると、オレを頼ろうとする母を突き放すことは出来なかった。
「パパとママが別れたら、Rちゃんはどっちの方に来る?」と質問されれば、母親の方に付いて行くと答えた。

嫌悪とは裏腹に同情の念が常にまとわり付いていた。
オレはひ弱な母を毛嫌いしながらも、そんな母を哀れんで一種の屈折した愛情を感じていたのかもしれない。
それ故にオレはますます母親に対してどう振る舞って良いのか判らず、避けるばかりとなったが。

「ごめんね、急に泣いたりして」
「いいや、愛してるぞ」

奴にキスをして、奴の好きな珈琲を淹れた。

「優しいね」

と奴は言った。

奴に優しくしたいのは当然だが、それだけではなかった。
ここには暴力も悲しみも存在していないという事を、オレが奴に優しくする事で証明したかった。

せっかく出会ってここまで仲良くなれたのだから。
大きな諍いもトラブルもなく上手く過ごしているのだから。
わざわざ自ら辛い思いを作り出すことはないんだ。

ところで、そのムーミン。
奴に詳細を訊いたが、どうも日本では売っていないようだ。

買ってやると約束してしまった手前、困ったな(汗)

欧州方面で売られていないか、ボストン君に頼むしかないか。
だがもう二十年以上前に売られていたお菓子なので、もうないのかもしれない。

という訳で、
オレは暫くムーミンを求めて三千里だ。

上手い具合に見つかれば良いんだがな。
きっと奴は大喜びしてくれるから。

皆さんにも、もう手に入らない思い出の品というものがあるのかもしれない。
そういうものがまだ身近にある方は、どうかそれを大切にして欲しい。
失ってしまったらもう二度と手に入らないものは、結構この世の中にたくさんあるのだから。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもクリックをありがとうございます。今日も是非ともポチリとお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

陵辱されてきました
Tue.01.05.2012 Posted in SM・フェチ
内視鏡の技師は優しそうな雰囲気の人だった。
身長は178cm前後で、程度に筋肉の付いた体格をしていて、黒縁のメガネをかけていて、低めの声で丁寧に内視鏡の説明をしてくれた。……なかなかのヒット。

『こういう優しそうなタイプにじわじわと嬲られるのも良い』

……と、オレは咄嗟に思った。
柔らかな真綿で首を締められるように追い詰められてな。

マウスピースを噛まされた時にはマゾヒスティックドリーム(マゾヒストの夢)に胸がときめいた。
これはもしかすると本当に、ずっと調教を受けているような心地で終われるかもしれない……と思えて。

だがドリームとは儚いもので、内視鏡を喉に突っ込まれた時には全ての意識が現実へと引き戻された(泣)

オレは二年ほど前にも内視鏡を受けたので、辛いと言ってもまたあの程度の辛さを我慢味すれば良いのだと思っていた。

だが、どうしてなのか?
今日は二年前よりずっと辛かった。今もまだ喉に違和感がある。
技師さんにうつつを抜かした為に奴の生霊に罰を当てられたのか?(汗)

胃の泡を消す不可解な味の薬を飲まされ、その後に、口の中が不快感でいっぱいになる凍った麻酔薬を舐めさせられた。

そして、
マウスピースを噛まされて閉じれなくなった口の中に、黒くて長いアレを突っ込まれた。

それは生きた蛇のようにオレの喉の先まで潜り込んで、ありえないぐらい深くオレを貫いた。
貫くばかりでは飽き足らず、あらゆる角度から濡れた粘膜の壁を擦って、オレの内部を思うがままに蹂躙した。

そしてオレは、自分のそこがどんな様子で犯されているのかをモニターで見せ付けられて……。

ああっ!
もう駄目だ! もう無理だ! 本当にもう許してくれ!!

と、そんなマゾくてエロい状況を必死で妄想(いや、本当に上記のままの状況なんだが)したが、まるで駄目だった。
予定ではオレはゾクゾクしちゃって、うっとした目で息も絶え絶えになっている筈だったんだがな。

とにかく一刻も早く終わって欲しくて必死で身体から力を抜いた。
だが強引に力を抜こうしても無理だったようで、腹の底から込み上げてくる苦しさに涙が出た。

終わった時には本当に陵辱されてしまった気分だった。
グッタリしてるし目はウルウルしてるし、そのまま技師さんの奴隷人形になっても良いとすら思った(浮気性ではないが悲しいマゾのサガだ)

とにかく、終わってくれて良かった。
時間にして15分ぐらいだったが、苦痛の時間は長く感じるもので、1時間以上は弄ばれたような気がした。

で、肝心の今日の結果だが、

入り口付近にポリープ1個発見。陽性で問題のないもので、薬も何も渡されなかった。
ただ、ストレスには注意してくれとの事。あと、暫くは刺激のあるものは控えるようにと言われた。

そして重要な事として、

オレは本格的な医療プレイは合わないと十分に理解できた。やるならスケベなお医者さんごっこ程度にしておく。

今日の技師さんはステキだったが、もう二度と胃カメラは飲みたくない(汗)
『知り合いが居るから』という理由で受ける病院を決めたりはせず、鼻から楽に挿入できる胃カメラの設備のある病院を探して行けば良かったぜ!

『終わった』
『お疲れ様。どうだった?』
『ポリープ1個だけで問題なし。CTも異常なし。ウイルス感染もなし。辛くて診察台の上では興奮できなかった』
『興奮したら切るよ。チョンって』

チョンって、奴はどこを切るつもりなんだろう?
ポリープ?
それとも?

皆さんも胃は大切にされて下さい。
不安を持たないように、一日一回は笑って、美味しいものを良く噛んで召し上がって下さい。

では、また夜に!

<お礼>
胃カメラの応援をして下さってありがとうございました。
結果は何の問題もありませんでした。
日々、皆さんから思い遣りを頂いているお陰でストレスを和らげることが出来ています。改めて感謝いたします!

★胃カメラお疲れ様! と思って下さる方はクリックをお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、今は仕事と多忙を理由にお休みさせて頂いておりますm(__)m

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

« PREV PAGE

topBack to TOP