スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しくなってもデートしような
Mon.20.02.2012 Posted in 恋愛
はじめに、お知らせです。

今週より仕事が忙しくなる為、明日より不定期更新とさせて頂きます。

さすがに大きな締め切りを抱えての更新は難しくてな。時間に余裕のある日でも、頭の中は仕事の事で掛かり切りになって(汗)
それでもちょくちょく更新するつもりなので、お時間に余裕のある時にでも覗きに来て頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

昨日は朝から晩までずっと奴と外出していた。
遠くには行かなかったが、ファミレスでモーニングを食べたり、映画を観たり、ドライブをしたり、買い物をしたり、レストランで中華料理を食べたり、ショットバーで飲んだり。朝の6時半頃に出発して、帰宅したのは21時頃だった。

土曜日の夜、奴は早い時間に眠ったので5時前に起きた。オレもそれに釣られて早く起きてしまった。早くと言っても6時だったが。

「珈琲でも淹れてトーストでも食べるか?」とオレが訊くと、
「ずっと眠っていたから外に出たい」と奴は言ったので、コンビニとファミレスしかやっていない時間だったが外出することにした。

休日の早朝に外出をするなんて物凄く久しぶりだった。
寒かったが空気は澄んでいて、車の通りは少なくて、大きな黒いクマみたいなワン子の散歩をしている人の姿があって、奴も上機嫌で、なかなか爽やかだっだ。

休日の為か、ファミレスの中はオレたちしか居なかった。
朝食を食べた後、「すぐに帰るのが勿体無い気分だ」と奴は言った。
オレは奴の気持ちが何となく判った。朝の明るい時間にのんびりと過ごすのは何とも心地が良い。いつもなら朝は一番余裕のない時間だからな。

「じゃあ、一旦戻って、それからまたすぐに出ないか?」とオレが提案すると、
「賛成、そうしよう」と奴は言った。オレの頬にキスをするオマケ付きで。

オレ達は一旦自宅に戻って、もう少し身なりを整えてから(ちゃんとした上着や財布を持ったり、髭を剃ったり、髪を梳かしたり)、改めて長時間外出の旅に出た。
行き先はどこでも良かった。頭に浮かんだ所に行って、食べたいものを食べて、欲しいものを買った。

夜は中華レストランに入ったが、奴の最近のお気に入りは蟹の卵入りのフカヒレスープらしい。

2012_02_21_1.jpg

鮮明なオレンジ色がキレイだ。
これまでに三軒の中華レストランで同じメニューを食べたが、どこもこんな色をしているので世界共通のようだ。レストランによってはクリーミーな感じだが。

写真は、京王プラザホテルの『中国料理レストラン南園』のスープ。
オレもだが、奴も初めてこの色を見た時には驚いたらしい。

2012_02_21_2.jpg

同じく『南園』のハート型のマンゴープリン。
恥ずかしげもなくスプーンを2つ運んで貰って奴と一緒に食べた。ちょっと酔っていたから、その勢いで(笑)

帰宅した時にはクタクタだったが、とても楽しかったので気分が良かった。
翌日(今日の月曜日)からオレは多忙になるが、その前に楽しくストレスを吹き飛ばせた。

シャワーを浴びてカーペットでゴロゴロしながらHuluでドラマを観た。
何となくキスをして、そのままセックスをして、一緒にベッドで眠った。

デートのフルコースを楽しんだような日曜日だった。
休日と言えば決まって夜更かしをしてゆっくりと起きるオレだが、早朝に起きるのも良いように思えた。あんなにもしっかりと『遊んだぜ!』と思える休日を過ごしたのは久しぶりだったからな。締め括りにはちゃんと愛の営み付きで。

という訳で、今日からさっそく忙しかった。
奴も心配してくれたが、この山場が終わるまでは、風邪やインフルエンザに罹らないように気を付けないとな。
暫らくは一日たりとも休んでいる日はなさそうだから(汗)

春が近付くと忙しくなる方も多いかと思う。3月には確定申告もあるしな(オレもやらなくては)
どうぞ皆さんも、この大切な時期を健康に元気でお過ごし下さい。
そして暖かくて楽しい春を迎えような。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもクリックをありがとうございます。明日も幸運な日となりますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

スポンサーサイト

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

帰宅したらもう待てない
Sat.18.02.2012 Posted in 恋愛
オフィスから少し離れているところで奴を拾った。
奴は車に乗り込むなり、「終わったよ……!」と、全身に溜まった緊張を吐き出すように言った。

「お疲れ様」とオレが声を掛けると、
「ふふ、疲れた。でも良い感じだった」と言って微笑んだ。自分に仕事に厳し奴がそう言うな、間違いなく良い仕事をしたのだろう。良かった良かった。

オレはさっそく奴に訊いた、「どこか行きたいところはないか? 食べるところでも飲むところで遊ぶところでも良いぞ」と。
けれど奴はこう言った、「リラックス出来る場所で身体を伸ばしたい。家に帰っても良い?」と。

いつもの奴ならこういう時にはパーと発散してから思いっきり熟睡するので、ちょっと意外な感じがした。
けれどそれだけ今回は全身全霊を傾けて頑張ったのだろうな。まさに神経が擦り切れるぐらい。

「じゃあ、帰ってすぐに食べられるものを買って、それから帰るか」
「うん、それが良い」

奴は後部シートに置いてある猫のぬいぐるみ(去年の誕生日に友人から頂いた白黒のハチワレ猫で安全運転のお守りにしている)を抱っこした。
奴はハチ子(またも安易なネーミングですまない・汗)がお気に入りで良く抱っこしているが、今日は身体が前のめりになっていたのでハチ子の顔が潰れていた(汗) 元気にしゃべっていたが、実は眠気でハイになっていたのだろうな。

デパートの地下でサラダやビーフなどを買って、後はまっすぐ自宅に戻った。

帰宅して奴は、猫様を抱っこして撫でてキスをして、それから「シャワーを浴びてくる。昨日から浴びてないからベタベタする」と言ってバスルームに向かった。

奴がシャワーを浴びている間、オレは買ってきた食材を器に盛った。いつでも奴がオープンサンドで食べられるように。
それからリビングのソファでiPhoneで遊んでいた。最近ちょっと熱中しているゲームの続きをして……いたら、パッと照明が暗くなった。

電球が切れたかと思って後ろを向くと、そこには奴がバスタオルを腰に巻いた姿で立っていた。
「いきなり暗くなって驚いたけど、貴方が?」とオレは声を掛けたが、奴は返事をするより先にオレの前に来てキスをした。

両手で頭を掴まれてキスをされたが、下半身が密着した時に奴が興奮している事に気付いた。
仕事の山場を超えた時にムラムラするのはオレも良くあるので、奴も今そんな状態になっているのだとすぐに理解した。

「すぐにしたい……ねえ、すぐに……」

奴は甘い声でねだって、オレの下半身を手のひらで撫で回した。
奴はシャワーソープの良い匂いをさせていた。
オレはその匂いに妙に興奮してすぐにイチモツを勃起させた。オレも奴のタオルを取って下半身を撫で回して、すぐに奴を激しく揺さぶってやりたい衝動に襲われた。

「思いっきりやっちまうぞ」
「ふふ……いっぱい突いて、激しくして」

お互いにエロティックな気分満々でゾクゾクしていた。性の歓喜とは本当に楽しくて堪らない。

奴をソファに押し倒して口での愛撫を始めると、奴はいつもより敏感に反応して淫らな声をたくさん出して身体をくねらせた。
奴がそんなにも積極的だとオレもそれだけ興奮するもので、まずはソファで背後から挿して揺さぶって、その後はベッドで色々な体位で挿して揺さぶりまくってやろうなどと、そんな発情したオスを丸出しにした考えばかりが頭に浮かんだ。

絶頂に達した後、奴はベッドの上でピクリとも動かなくなった。

「大丈夫か? このまま眠るか?」とオレは訊いたが、
「大丈夫。喉が乾いたから水が欲しいな……それと、クッキーも」と奴は言ったので、オレはキッチンに入って水とクッキーの用意をした。

で、寝室に戻ってみたら、奴はスースーと深い寝息を立てている。
今度こそ眠ったなと思いながら念の為に「起きてるか?」と小声で声を掛けてみると、意外にも奴は「起きてるよ」と言ってニコリと笑った。確かに起きていたが、きっと半分は眠っていたと思う。

クッキーを差し出すと、「わあ、可愛い。うふふ、食べるのが勿体無い」などと奴は言って、手前にあった猫クッキーを摘んだ。食べる気力はまだ残っていたが起きる気力はもう無かったようで、ベッドに横になったまま。

オレも味見に一枚(ちょっと焦げたものを)摘んだ。
そして奴とクッキーレシピの話をした。

「上手だよ、味も良いし」
「よく見ると厚さがバラバラだぞ」
「難しい?」
「そうでもない。ただクッキー作りに適したマットを買い忘れて型を抜くのに手間がかかった」
「美味しいのに」
「え?」
「…………」

話が噛み合わなくなったと思ったら奴が無言になった。
今度こそ眠ったなと思って顔を覗き込んだら、今度こそ案の定、奴は食べかけのクッキーを持ったまま眠りに落ちていた。

オレは奴の手からそっとクッキーを取って、自分で食べた。おやすみの間接キスということで(笑)
そして布団をちゃんと掛けてやってから寝室を出た。『今日はお疲れ様、良く頑張ったな』と、心の中で伝えて。

はあ、奴が清々しい顔をしているとオレの心も軽くなるぜ。
この数日はオレも緊張していたからな。奴の前では下ネタなんて言えなかったし(これは嘘)

という訳で、今日の土曜日は緊張と歓喜と安堵で終わった。
奴は明日の朝まで熟睡しているだろうから、今夜はオレも大人しく、猫様を撫でながらレシピのチェックでもしよう。

ところで今日、都内に住んでいる親戚の方から電話があって初めて知ったが、息子さんが都立高校受験でピリピリしているらしい。

そういえば今は受験シーズンだな。ここに来てくれている方の中にも受験を控えている方がいらっしゃるかもしれないが、どうか最後まで頑張って、受験当日には持てる力の全てを十二分に発揮できますように。そして見事に合格して希望する道に進めますように!

心の底から応援しておりますm(__)m

明日は日曜日でオレも奴も休日だ。
来週からはオレが忙しくなるので、今月ゆっくり出来る休日は明日で最後だと思う。
だから明日は思いっきり楽しい日にしたい。朝から晩まで奴と一緒に遊んで。

皆さんも素晴らしい明日を!
そして引き続き土曜日の夜をお楽しみ下さい。

では、今夜も暖かくて楽しい夢を。
おやすみ。

★今日もクリックをありがとうございます。明日は楽しい日曜日となりますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

朝の珈琲
Sat.18.02.2012 Posted in 恋愛
奴を迎えに行く前に、ごきげんよう。

今朝はオレも早い時間に起きて、昨夜は一時間しか眠れなかったという奴の為に珈琲を淹れた。
奴は、目はしっかりと開いていたが視線は虚ろだった(泣)
おまけに、「トーストを食べるか?」と訊いたら、「食欲がない」と言っていた。

けれど今朝の奴は良くしゃべっていた。ニコニコと笑ってもいたが、ずっと自分の髪に触れたり足を組み替えたりと、非常に落ち着きのない様子で。
特にナイーブな人って、緊張すると良くあんな風な仕草をするんだよな。そんな時には胸の中が不安や焦りでいっぱいになっていてな。

結果が出るのは数日後だが、取り敢えず今日の夕方で山場は終わりだ。
今夜はベタベタに甘やかしてやろう。我侭でも命令でも何でも聞いてやってな。

「珈琲をもう一杯くれる?」

家を出る15分ぐらい前に奴がそう言った。
オレはすぐに珈琲を奴のカップに注いで、ついでに奴の頭を撫でた。労いと応援の気持ちを込めて。
奴は大きな目でチラリとオレを見上げて、それからフフと笑った。そして、

「昨夜のクッキーがまだあれば良かったな。寝不足で食欲はないけど、あれは口当たりが良かったから……ね」

と言った。
その途端オレは気恥ずかしくなったが(あんなヘタクソなものを出してしまったからな)、奴がまた食べたいと言ってくれて嬉しくもなった。
だからこう言った「今日、お前が仕事に行っている間にまた作っておくぜ」と。

時間になって奴を玄関まで見送った。奴が玄関に出た途端にタタターと駆けて来た猫様と一緒に。

「お前なら大丈夫だ」とオレが言うと、
「ありがとう。お前のお陰で良い仕事が出来たよ」と奴は言って、オレを抱き締めてキスをした。仕事のことで頭がいっぱいなくせに思いっきり濃厚なキスをな。

今朝も奴のキスは、さわやかなユーカリと珈琲の味がした(ユーカリは歯磨き粉・笑)

という訳で、オレも奴が仕事を頑張っている間に頑張ってみた。
昨夜は形が悪くて失敗だったが(味はレシピのおかげて美味しかった)、今日は『型』を買って再チャレンジ。

動物クッキー。

2012_02_18_1.jpg

*参考にさせて頂いたレシピはクックパッドの『簡単やみつきクッキー
砂糖40gを蜂蜜40gに、マーガリン60gをバター50gに、オーブンの時間を20分から18分に、それぞれ変更して作りました。

一部、薄くなってしまったものが部分的に焼きすぎになってしまったが、ほぼ成功。
生地を均等に5mmの厚さ伸ばすのって難しいな!

猫ちゃんだけの型を買おうと思ってキッチン用品売り場に行ったが、こういうセット物しかなかったのでこれにした。
何枚も焼くなら数種類あったほうが賑やかな感じがして良い。本当はウサギもあったが、足の部分が細かいせいか千切れてしまって使えなかった(汗)

さっきネットで検索してみたら、amazonなどでも可愛い猫型セットがあるんだな。
うーん、これからも奴が食べてくれるなら、あれも買ってしまうかもしれん。お菓子作りは楽しいしな。

さて、そろそろ外出だ。

皆さんも楽しい土曜日を過ごされていますか?
今日も真冬の寒さだが、暖かいものを食べて元気にお過ごし下さい。

今日もお仕事やお勉強の方はお疲れ様です。
休日の業務(学習)は心寂しくなってしまうものですが頑張って下さい。応援しております!

では、またお会いできたら夜に!

★いつもクリックをありがとうございます。楽しい土曜日となりますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

早く帰宅した金曜の夜
Fri.17.02.2012 Posted in 恋愛
奴を応援しながら、ごきげんよう。

金曜日の夜はほぼ必ず食事か飲みに行っているオレだが、今夜は奴のことが心配なので、仕事が終わったらまっすぐ奴宅に帰宅した。

奴は先に帰っていた。
だが、オレが「ただいま」と帰宅しても、「おかえり」と仕事部屋から言っただけで顔は出さなかった。

今回は物凄く気合が入っている。
なんでも、どうしても負けたくない相手と競い合っているので、微塵にも後悔の残る仕事はしたくないそうだ。

判るよな、そういう気持ち。
相手の仕事ぶりを想像しては、自分はまだまだ駄目だと思って何度も作り直すんだ。
きっと今夜は徹夜でやるつもりだぞ。確実に相手よりも上を行くものを作らなくては気が済まなくてな。

そんな訳で、オレは大人しくサンドイッチを作った。
卵サンド(中身:卵)と、ポークサンド(中身:タレで焼いた豚肉+マッシュポテト)。それにモコレタスとトマトとピクルスのサラダを添えて。

今回は奴の事をずっと考えていたので写真を撮り損ねた(汗)
結構可愛く仕上がったが、まあ次回はもっと可愛く作ってやろう。特に卵サンドはふっくらと作れて自己満足度90点だった。もっとも、次回もそんなに上手く作れる保証がないのが初心者の泣き所だが……。

今回のサンドイッチのデリシャスポイントはカラシバター。
粉末のカラシをバターに入れて混ぜるだけだが、これを使ってサンドイッチを作ると物凄く美味しくなるのでお勧めしたい(辛いのが好きな人向けだが)

「サンドイッチが出来たぞ」とオレが奴の部屋をノックすると、
「ごめん、ここに持って来てくれる?」と奴は言った。

「じゃあ、入るぞ」とオレが奴の部屋に入ってサンドイッチを盛り付けた皿を差し出すと、
「ありがとう。お昼から何も食べてなくてお腹がペコペコだったんだ」と奴は言った。

その時、奴はオレの方を見て笑ったが、本当はちょっとでも視線を紙面から離したくなったと思う。
缶詰状態ってそんなもんだからな。3秒の時間すら惜しくて、食事も身動きも面倒になるんだ。

そんな状態なのにわざわざオレに微笑んでくれて嬉しかった←こうして今夜もノロケに繋がる。
どんなに忙しくてもオレを心配させまいとする奴の思い遣りは本物だ。やっぱりオレは親切な人が一番好きだな。

「後で珈琲を持ってくる」と、オレも無駄な話はせずに奴の部屋を後にした。
だけど心の中で考えていた。どうせなら珈琲に添える何かも付けてやりたいな、と。飲むだけでなく口を動かしていると脳の働きが活発になって眠気覚ましにもなるそうだからな(本当かどうかは判らないが)

コンビニに行って何か買おうかと思ったが、外は寒いので行く気が失せた。情けない。
だがネットのレシピサイトを眺めていると、自宅にあるものだけで簡単に作れるものがあって、それを作って奴に差し入れることにした。

何を作ったかというと、生まれて初めて作ったクッキー。

シャレたクッキー型など持っていないので、二年前(?)にスコーンを焼く時に買ったいつものチューリップ型で製作した。
そろそろ新しい型が欲しいぜ。ニャンコ型ってあるのかな? 明日は奴の帰宅を待ちながらキッチン用品を買いに行こう。中型のボウルも欲しいところだしな。

しかしそのクッキー、かなり形がいびつになったので、こちらも今回は写真のお披露目を控えさせて頂きます。一応はじめて作った記念に写真を撮ったが、余りにもいびつで削除してしまった(汗)

で、オレはそのいびつなクッキーを、羞恥プレイよろしく奴に差し入れた。
奴の部屋のドアを『コンコン』とノックして、奴が「はーい?」と言った後に、「珈琲、ここに置いておくから」と部屋の入口付近にあるボードの上に置いてさっさと立ち去った。

奴は忙しい余りに珈琲の存在を忘れているのかもしれないが、まだ奴からの反応はない。
どうせ今夜はもう顔を合わせることはないだろうから、明日ちょっとだけでも感想を言ってもらえたら嬉しい。「形がおかしい」でも良いからな(笑)

という訳で、今日のオレは落ち着かない。
奴には「先に寝て」と言われているが、奴が休むまで待ってしまいそうだ。
どうせなら奴の部屋の前で正座して待っていようか。大好きなご主人様を待つ忠犬のように。

……0時になったら、また珈琲のおかわりを持って行こうかな。
邪魔にならないように、そっとな。

皆さんにも『頑張り時』という大変な時があると思うが、そんな時には負ける気なんて1mmも出さないで思いっきり頑張ってください。満足の行く結果が出るように応援しております。
でもそんな時にも美味しい栄養補給は忘れずに(笑)

さて、金曜日も終わって今週もお疲れ様でした!
どうぞ明日は楽しい土曜日をお過ごし下さい。明日も皆さんが幸運であるようにお祈りしております。

では、今夜も楽しくて暖かな夢を。
おやすみ。

★いつもクリックをありがとうございます。とても嬉しくて毎日の励みとなっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今朝のイーアールオーミステリー
Fri.17.02.2012 Posted in 気軽な雑談
時間つぶしの為に入った喫茶店より、ごきげんよう。

今朝は奴よりも早く起きるつもりだったが、今朝も奴に起こされてしまった(汗)

奴は昨夜、仕事をしていた部屋のソファベッドで眠った(オレはいつも通りに寝室で眠った)
かなり遅くまで頑張っていたようなので、今朝は絶対にオレが先に起きられると思ったんだがな?

だが、ちょっとおかしいんだ。
オレはちゃんと目覚まし時計をセットしておいたのに鳴らなかった。もちろん故障などしていないのに。

そしてもっとおかしい事があった。
目覚めた時、オレは何故か、パジャマの下とパンツを穿いていなかった。

目覚ましは寝惚けて自分で止めたのかもしれないが、パンツの事を合わせて考えれば『寝ボケ』で片付けてしまうには少々無理があり(そんなことはない、というご意見は却下いたします)、『寝ボケ』以上に可能性の感じられる推測がいくつか浮かぶ。

例えば……

1、深夜にストレスが溜まった奴に襲われて目覚ましも止められた。

2、窓から侵入してきた英国の超色男モデルのDG氏(誰なのかはご想像にお任せ致します。Dolce&Gabbanaの看板モデルのデイヴィッド・ギャンディー氏だなんて恥ずかしくて言えないので)に襲われて目覚ましも止められた。

3、そろそろ春を感じた発情した猫様が超オレ好みの美貌の猫耳青年に変身してオレを襲って目覚ましも止めた。

(可能性じゃなくて願望だろうというご意見は却下いたします。ちなみにDG氏には脱がしたり着せたりして眺めたい願望しかない。目覚ましを止めた理由は……まあ、朝になったら終わりにするなんて無粋だし、そういう気分的なものということで)

その3つ以外には考えられない。絶対に他には有り得ない。
朝食を食べながら奴に、その『目覚ましとパンツのミステリー』を打ち明けて真相を解明しようかと思ったが、どうせまた、

『パンツはエッチな夢を見て寝惚けて脱いで、目覚ましは目覚めた夢を見て寝惚けて止めたんでしょ』

と、つまらない事をクールに言われるだけなので止めておいた。
決してそれに反論できないから打ち明けなかった訳じゃないぞ!

オレは余り夢を見ない体質かと思っていたが、実は覚えていないだけで結構見ているのかもしれん(汗)

そんな訳で、
無事に朝のミステリーも解決して(可能性1~3のどれかだ!)、早々に家を出る奴を見送った。

「今日は夕方には帰宅するけどずっと部屋に篭っていると思う」
「判ってる。晩御飯は仕事をしながらつまめるものにしておくから」
「ありがとう、行ってきます!」

『ありがとう』と『行ってきます』の間に、奴はオレをガバッと抱き締めてンチュ!という感じのキスをした。
ちょっと歯がぶつかって痛かったが美味しいキスだった(笑)

さて、今夜は何を作るか。
無難なところでサンドイッチが良いな。
奴の好きなポークに味を付けて、蒸したポテトと生野菜をたっぷり挟んでやろう。

そうそう、昨日までのレシピを上げておきました。
ご興味のある方は是非ご覧ください。

ツナ入りスペイン風オムレツ
チキンとジャガイモの悪魔焼き
サツマイモご飯&ササミとレンコンの炒め物

では、
皆さんも引き続き充実した午後をお過ごし下さい。
そして楽しい事がたくさんありますように!

★今日もクリックをありがとうございます。更新の励みとなっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

明後日の夜まで待ってるぜ
Thu.16.02.2012 Posted in 恋愛
奴の自宅の一室より、ごきげんよう。

奴は明後日に大きな仕事を控えている為、今日と明日はその準備で大忙しだ。
何か手伝えることがあれば喜んで手伝うが、今やオレと奴の仕事の内容はまるで違うので手が出せない。
日本国旗とデンマーク国旗を振って応援するのも迷惑になりそうだから、夕食を作ってやることぐらいしか出来ない。

奴の大好きな卵とジャガイモをふんだんに使って焼いたスペン風オムレツ。

2012_02_16_2.jpg

*レシピは、このエントリー最後の<今日のレシピを見る>からどうぞ!

「ツナをたっぷり入れておいたぞ」とオレが言ったら、
「美味しそうだ! ケチャップを付けておいて!」と奴は元気に言った。

オレは了解して、オムレツに大きく『Happy!』と書いた。勿論、奴の仕事の幸運を願ってな。
このオムレツはツナやジャガイモの焦げ目が付く為にちょっと発色の地味な『Happy!』になったが(普通の明るい黄色いオムレツならケチャップの赤色が映えるが)、奴が「ハッピーだ!」と喜んでくれたので良かった。

どんなに忙しくても元気な笑顔を忘れない貴方が好きだ。
もっとも今日はまだ時間に余裕があるからな。もう毎度の事だが、もっと切羽詰まって完全に余裕がなくなると、岩を削って作った鬼のお面ような顔付きになるんだ。……明日の夜がヤバいぞ。夜叉に凶器を与えないように、包丁は今晩中に隠しておくべきかもしれん←冗談です。

忙しい日は余り食事に時間を割きたくないだろうので(満腹も避けたいだろうし)、あとはキャベツとミートボールのスープだけを作った。
案の定、奴はさっと食事を済ませて自分の部屋に篭った。篭る前にオレにハグして、「今夜も美味しかったよ!」と言って。

ああいうスキンシップって、自分への気合入れにもなるんだよな。『美味しかったぜ、さあ頑張るぞ!』といった感じでな。
だからオレもしょっちゅう奴にやっている。あと○時間で締め切りだ! って時には思いっきりブチューッとディープキスをしたりな。それをやると気合が入るし、奴に恰好良いところを見せたくなるから絶対に締め切りに間に合う(本当に) オレの『仕事を落とさないおまじない』だな。

奴が部屋に篭って、あとはずっと大人しくしているつもりだった。
だがこういう時ってなんだか無性に相手の様子が気になるんだよな。

だから、今日お客さんから頂いたチョコレート&生クリームのロールケーキを差し入れた。「仕事の見直しの時は、これをつまんでリラックスしてやるんだぞ」、とか言って。

ふわふわのクリームが美味しいロールケーキに、さっぱりとしたアイス珈琲を添えて。

2012_02_16_1.jpg

「土曜日の夜は飲みに行こうね」と、ロールケーキを受け取った時に奴は言った。
「おごってやるから頑張れ」とオレが言うと、
「頑張る!」と奴はまた元気に言った。

男の子の頑張ってる笑顔ってどうしてああも可愛いんだろうな。……と、オレは胸をチクリとさせながら(ちょっとおじさん的な気分になって)しみじみと奴を応援した。

どうか明日の夜も、奴が穏やかに山場を超えられますように。
ストレスが溜まったらオレを踏み付けてビンタして発散してくれても良いんだけどな。良いんだけどな、というか大歓迎だからやって欲しい。

という訳で、今夜はオレも真面目に仕事だ。
そして明日の朝は奴よりも早く起きて朝食を作るぜ! ……と、たまには無謀な宣言をしてみよう。実行できなかったら……猫様のフードを食べて仕事に行くか(汗)

どうぞ皆さんも、今夜はゆっくり眠って明日は快適にお目覚め下さい。
そして楽しい金曜日となりますように。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★今日もクリックをありがとうございます。更新の励みとなっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

朝の言い訳
Thu.16.02.2012 Posted in 気軽な雑談
灰色の空を眺めながら、ごきげんよう。

今朝は眠い上に寒くてベッドから出られなかった。
先週辺りに暖かくなった時には春の到来を感じたが、やっぱりまだ2月だな。

けれど奴は今朝もいつも通りに早起きして、猫様に御飯をあげて朝食の支度をしていた。
凄いな。
実は奴の身体の半分はメカで出来ているんじゃないか? 目覚まし時計や暖房装置が内蔵されていてな。
でもって下半身には気持ちの良……いや、まだ明るい時間から下ネタを語るのは止めよう。下ネタやエロを語らないオレなんてオレじゃないみたいだが。

奴が起きて15分後、オレは奴に起こされた。「時間だよ、起きて」と言われて。

オレはすぐに起きようとした。だけど目が開かない。おまけに寒くてベッドから出られない。
で、『困ったな……』などを思っている内にまた眠ってしまった。夜は不眠症で目をつむっても一時間以上眠れないくせに、朝は一瞬で眠ってしまえるのだから理不尽だよな。

再び奴に「起きて」と言われて、ハッ! として起きた。

だが物凄く眠くて冗談でも目が開かない(汗)
部屋の中は(奴が付けてくれた)暖房が効いてきたお陰で暖かくなっていたが、ホンワリと部屋が暖かいとますます眠くなる。けれど起きなくてはならない。で、オレは再び『困った……』と思っていたら、また何時の間にか眠りに着いていた。

「起きて、○○!←オレの名前」と、夢の中で奴の厳しい声が聞こえて、オレは二度目の『ハッ!』で起きた。

何か夢を見ていたが奴の声で消し飛んでしまって良く覚えていない。多分、会社で働いている夢だった。きっと『起きて会社に行かなくては!』という気持ちが、ベッドから出られないオレを幽体離脱させたのだと思う。夜中にトイレに行った夢を見て、実は布団の中でジョーとやっていたのと同じ原理だ。

今度こそ起きなくてはならん! とオレは思った。
だが思うばかりで身体は付いてこない。

取り敢えず声を出せば頭が覚めるかと思って「ああ、良く寝た」とか言ったような気がするが、全身から込み上げる眠気に逆らえず、数秒後にはまたしっかりと眠ってしまった。

起きようと頑張っているんだがな。
だがどうしても駄目な日ってあるだろう? 今朝はまさにそれだったんだ。

(更に5分経過)

「ねえ」
「ああ、いま起きる」

(更に5分経過)

「まだ起きてないじゃない」
「起きてる。目をつむって考え事をしてるだけ」

(更に5分経過)

「もう○時だ、遅刻するよ!」
「大丈夫。今日は大丈夫なんだ」

オレの言い訳もだんだん馬鹿っぽくなって(今日も明日も遅刻したらぜんぜん大丈夫じゃない)、奴には物凄く面倒をかけてしまった(汗)

そんな風にウダウダしながら30分ぐらい過ぎて、その間にオレの頭もどうにか覚めてくれた。
で、この30分間のウダウダっていうのがちょっと大切なんだ。オレはその間に何度も起きて眠って夢を見ているのだが、何度もそれを繰り返していると何時間も眠ったような錯覚を覚える。それで起きる事が出来るようになる、という仕組みだ。

それを奴に(偉そうに)話したら、

「一時間早く眠って本当に熟睡した方がずっと合理的だね」

とクールに言われた(泣)
錯覚によって自分を騙しても眠気は誤魔化せないからな。今夜から本当にちゃんと早く寝よう。

ちなみに今朝のご飯は、奴が作ってくれたアボカドとカニのサラダ。
年末に頂いたカニの缶詰を使って思い付きで作ったそうだが美味しかった。
オレはそれにちょっとアレンジを加えてみたくなったので、レシピのお披露目はその際に。

今夜はオレが料理当番だ。
時間がないから手抜きになるが、何を作るかな。

という訳で、皆さんも楽しい夜をお過ごし下さい。
その前に、今日もお仕事と勉強を頑張って下さい!

では、また夜に。

●コメント返信をこちらでさせて頂きました。今回も楽しいコメントを下さって本当にありがとうございます!

★今日もクリックをありがとうございます。今日も皆さんにたくさんの良い事がありますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ネクタイをリボンにして
Wed.15.02.2012 Posted in 恋愛
仕事が終わって喫茶店で落ち合った。
それから奴に案内されて到着したそこは、ホテルの部屋の中だった。

てっきりレストランに連れて行かれるのだと思っていたオレは面食らった。
「食事じゃなかったのか?」と質問したら、「ルームサービスで予約をしている」と奴は言った。

バレンタインの夜にエレガントなホテルの部屋で二人きりで食事とは、そのロマンティックな発想に見事にやられた。オレは奴のクールな横顔を見つめてひたすら『素敵だ、素敵だ、素敵だ!』と心の中で繰り返していた(笑)
奴がそこまで恋愛にロマンティックになれる男だったなんて昨夜まで知らなかった。なにせ奴は浪漫よりも現実的な支配を好む性質だからな。

だが、その疑問はすぐに溶けた。奴はあくまでもオレの趣味に合わせた為にそうなったのだと。
なるほど、と感心した。けれど質問せずにはいられなくて「オレはそこまでロマンティックな演出にこだわるか?」と奴に質問した。すると奴は「これでも足りないぐらいだ!」と大袈裟に腕を広げて、「もっとお前の趣味に合わせるなら、赤い薔薇と赤ワインを入れたワインクーラーも必要だった」と言った。

そ、そうか?(汗)
赤い薔薇とワインなんて物凄くベタだが……そうかもな。それどころか、ベッドに薔薇の花びらを敷き詰めて寝てみたいとすら思っている(恥)

料理は、ルームでコースを取るのは余り好きではないので(2~3回に分けて数皿を一度に運ばれて来るので、落ち着かない上に料理も冷める)、奴のお勧めのアラカルトで頂いた。

二人きりで好きな音楽を流しながら食べるディナーは最高に楽しかった。
レストランではできないイチャ付いた食べ方もできるからな。どんな会話だって堂々と出来たし、美味しいフルーツをフォークに刺して「あーん」と相手の口に運んだりも出来たし、フルーツで甘酸っぱくなった相手の唇にキスをすることも出来た。
今までホテルに宿泊するとレストランばかりを利用していたオレだが、今後は奴と宿泊する場合にはルームサービス派になってしまいそうだ。

食事の締め括りに、奴はバレンタイン向けの小さなケーキも予約していた。
それが運ばれて来た時、奴はボーイに言った。「食事に使った食器は今すべて下げてしまって、ケーキの食器は食べ終わったら自分で廊下に下げておくので部屋に来られなくても結構です」と。

もうボーイが来なって、本当に二人きりの時間が始まった。

オレが奴に傍に来て欲しいと言うと、奴はオレの膝の上に座った。
まさかいきなりそんなに接近してくれるとは思わなかったが(笑)、いつも以上に愛嬌たっぷりの奴が可愛くて何度もキスキスした。

そのままの格好でキスをしたりケーキを「あーん」で食べさせ合ったりして戯れた。
その内に互いの身体に触れるようになって、淫らな箇所を愛撫するようになった。

奴を白いクロスの掛けられたテーブルの上に座らせた。そしてスーツのボトムを開いて下着を降ろして、露出させたモノの先端に生クリームを塗り付けた。
「あん、冷たい」と奴ははしゃぐように言った。オレはそれをペロペロと舐めた。溢れ出る液も一緒に味わいながら。

「今夜はオレがホストだけど、オレがお前を楽しませなくて良いの?」と奴は訊いた。
「今夜、オレが欲しいのは貴方だから」とオレは答えて愛撫を続けた。

途中、オレは奴のネクタイを外して、それで奴の両腕を拘束した。ネクタイをリボン結びにして、「これがオレへのバレンタインのプレゼントな」などと言って。

「お前のものになったならお前の好きにされてしまうね」と奴は言って微笑んだ。
「好きにするぞ」とオレは笑い返して、奴の足の合間を愛撫しながら、奴の足からボトムと下着を取り去った。

小さなガラスシリンダー(注射器)を使って、四つん這いになった奴のアヌスの中をゼリーで満たした。
そしてその上に生クリームを塗って、オレは勃起した自分のモノをその中に挿し込ませた。

「ああっ!!」

と奴は大きく声を上げ、背中を逸らしてシーツに爪を立てた。
中はゼリーとクリームにみまれていた。オレは気持ちが良くて、奴のよがる姿に夢中になって腰を揺さぶった。「もっと」と強請る奴に応えて激しくそこを責め立てた。

生クリームの甘い香りが鼻に付いた。
それは媚薬というほど妖しい香りではなかったが、いつもよりオレを締め付けてオレを感じさせようとする奴の甘い想いを全身で味わっているようだった。

とにかく気持ちが良くて腰の動きを止められなかった。
オレは奴の好みに合わせてスーツを着たままだったが、もうそれがどんなに汚れようとシワになろうとお構いなしだった。

途中、「キスをしながらして欲しい」と奴に言われて体勢を変えた。
正常位になって舌と舌を絡ませながらのまぐわいはますます官能的で、オレは度々射精の衝動に襲われながらも、その度に奴の髪を撫でて気持ちを落ち着かせた。

「……の時、お前に髪を撫でられるのって好きだ。キス……」

行為の後、オレが奴のネクタイを手首から外している時、奴はそんな事を言った。
最初と最後の声が聞き取れなかったが、言っていることは何となく理解できたので、「オレもだ」とオレは答えた。

淫らで過激なセックスに走りたがるオレだからこそ、奴に誤解されたくなくて、髪を撫でてキスをしたくなるのかもしれない。どんなに破廉恥な事をしても、本当は貴方を大切に思っているのだと、それを判っていて欲しくて。

奴を胸に抱き寄せて、手にぶら下げたネクタイを揺らしながらオレは奴に訊いた。「これ、貰って良いか? 明日会社にして行きたいから」と。
「そうして」と奴は言った。オレのネクタイをいじり、楽しそうな笑い声を混じらせながら。

という訳で、今日は奴のネクタイを締めて仕事をしたが、何度も昨夜の事を思い出して浮かれてしまった(笑)
お陰で元気にテンポ良く書類整理が出来たぞ。今後は何か落ち込むような事があったらこのネクタイを締めて仕事をしよう。

それにしても、やっぱり寝不足だ。
今日は夕方頃から眠くて、今も意識が飛んでいる(汗)

コメント返信の方ですが、先週頂いたものをまだ返せていない方には大変に申し訳ありません。
今夜はしっかりと眠って、明日の昼間(一回目の更新の時)に必ず返させて頂きますm(__)m

さて、明日は週末も近い木曜日だ。
疲れが出てしまっている方もいらっしゃるかもしれないが、たくさんの幸運に出会える事を信じて頑張ろうな。

そういえば、そろそろ梅が咲く頃だな(名所ではもう咲いているのかな?)
次の休日には梅の花見をするのも良いかもしれない。清らかな姿に心洗われるのも良いし、厳寒の中に咲く姿に勇気をもらうのも良いな。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★今日もクリックをありがとうございます。明日も皆さんの幸運をお祈りしております!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

貴方より先に目覚めた朝
Wed.15.02.2012 Posted in 恋愛
目覚ましが鳴るよりも早く起きた。
隣でまだ眠っている奴の髪を撫でると奴も起きてしまった。申し訳ないと思ったが、一人で起きているのは少し寂しかったので嬉しかった。

「おはよう」

オレが挨拶をすると、奴は暫し目を瞑ったまま微笑んで、それから「おはよう」と挨拶を返してオレにキスをした。

「良く眠れたか?」

オレは奴にそう訊いて、チュと軽くキスを返した。
けれども奴はそれには答えず、オレの頭を両腕で抱き寄せて深くキスをした。

二人とも全裸だった。
奴のサラサラとした肌がオレの肌にこすれて気持ちが良かった。

ディープキスをしながら腰を揺らしている奴の下腹部に手を伸ばせば、奴のそれは固く勃って熱くなっていた。
オレ達は舌を絡ませて互いの舌を愛撫しながら、オレは奴のそれを握って扱き、そして奴もオレのそれを握って扱き、朝の昂ぶりを刺激し合った。

「あっ、あん……気持ち良い……」

朝の明るい日差しがカーテンの隙間から漏れていた。
日差しを遮れたグレーのシーツの上で、奴はオレに突き上げられながら嬌声を上げた。正常位で激しく揺さぶるオレの背中に両腕を回して、もっと深く突き挿されたがるように、自らも腰を揺らしてずっと声を上げていた。

朝に沸き起こる欲求のままに快楽を貪った。
オレは奴の中に情欲のエネルギーを注ぎ、奴はそれを受け止めて己もまたオレの腹に向かって発した。

一緒にシャワーを浴びて、昨夜の楽しかったパーティの出来事を話した。
そろそろホテルを出なくてならない時間が迫っていたのでゆっくり話はしていられなかったが、朝から元気に笑う奴の顔が見られてオレもすっかり元気な気分になった。

髭を剃って、髪を整えて、スーツを着て、オレは奴にキスをした。
「昨夜はありがとう。貴方の気持ちをずっと忘れない。愛してる」と言ってから。

「オレもずっとお前を愛しているからね」と奴は言って微笑んだ。
そんな嬉しい事を言われて、思わずオレは顔がニヤけてしまった。今朝はちょっと格好を付けて昨夜の礼を言うつもりだったのにな(笑)

という訳で、昨夜のことは今夜にでも。

昨夜はあれからすぐに眠ったせいか、今朝は早い時間に起きたがそう眠くはない。
やはり夜更かしをするよりも早起きした方が良いのかもしれないな……と、今朝のエロティックで楽しい出来事を思い出しては早起きの素晴らしさを再確認するオレだった。

バレンタインは終わったが、そんな特別な日に限らずいつもハッピーでいような。
今日も皆さんが元気で楽しく過ごされるように応援しています。

では、引き続き充実した良い午後を。
また夜に!

★今日もクリックをありがとうございます。今日も皆さんにたくさんの良い事がありますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

貴方にチェックイン
Tue.14.02.2012 Posted in 恋愛
酔いが醒めたところで、ごきげんよう。

はじめてのiPhoneからの投稿なので不備があったらお許しください。
FC2ブログ用のアプリを使ったが、どうもプレビュー画面で仕上がりの確認が出来ないみたいでな(汗)

今日の様に平日なのに夜通しデートを楽しもうという時には、区切りの良いところで『お仕事休憩』を挟むことにしている。

休日でもない限り仕事が終わってもほぼ必ず仕事の連絡が来るが、バレンタインである今日もそれは変わらず、それによって良いムードがぶち壊される のが嫌なので『お仕事休憩』の間に連絡を取ることにしている。

仕事が終わったら翌日まで完全にフリーでいられたら良いが、オレも奴も密な連絡があるからこそ良い仕事が出来るし、そのお陰でお給料を貰ってデー トもできるので文句は言えない。
今日奴に美味しいディナーをご馳走してもらえたのも、昨日オレがガトーショコラを作れたのも、どちらもそのお陰だ。

……なんて、理解のあるような事を言いつつ、今日はしっかりと全ての連絡をスルーして留守電で受けたがな(笑)
まあ『お仕事休憩』で真面目に対応するので、バレンタインの夜ぐらいは大目に見て欲しい。今夜は仕事よりも恋人の方がずっと大切なんだ。

今夜は、まだ自宅に戻ってない。と言うか、明日の朝に朝帰りする予定だ。
本当は朝帰りではなくまっすぐに会社に行きたいところだが(奴宅からそう遠くない所にあるホテルなのでそれほど手間でもないが)、バレンタインの 翌日に昨日と同じスーツで出社したら皆に冷やかされるだろうしな。

奴は、昨日とはまったく違うバレンタインを過ごさせてくれた。
もっともオレは、外でディナーをご馳走してくれると言った奴と似ないようにホームパーティにしたんだけどな。
けれど、それにしても奴のプランはアダルトだった。負けた……というか、オレの趣味を良くもあれだけ考えてくれたもんだ。嬉しかったぞ(笑)

どんな風だったかと言うと、今夜は時間がないので明日にでも。
とにかくオレが想像していた内容とは全然ちがっていた。明日は寝不足で倒れも良い、今夜は眠らないで朝まで楽しみたい。──と言っても、夜に弱い 奴はそろそろ眠くなる頃だけどな(笑)

はしゃぐのはもう終わりして、あとは静かに過ごすのも良いな。
楽しい夜を過ごさせてくれた感謝を込めて、奴が眠るまでずっと頭を撫でようか。恥ずかしい話なのでここだけでこっそりと告白するが、オレも奴も頭 を撫でられるのが大好きなんだ。心地が良くて嬉しくてな。

という訳で、もうじき今日は終わってしまうが、皆さんも最後まで楽しいバレンタインをお過ごし下さい。

今夜も良い夢を見ような。明日も元気にがんばれるように。
おやすみ。

■23時17分に追記。お仕事休憩の為にバスルームに入った奴がなかなか戻って来ない。寝潰れたか?(汗)

■23時34分に追記。奴が戻って来た! 良かった、寂しかった! 少々身バレの元になるかもしれなかったので(まず有り得ませんが)ホテルの画像は削除いたしました。

★いつもクリックをありがとうございます。明日も皆さんが幸運でありますようにm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

Let's spend happy day !
Tue.14.02.2012 Posted in 恋愛
打ち合わせ場所で資料を整えながら、ごきげんよう。

今日は生憎の曇り空だが、バレンタインのお陰で街の中は華やかだ。
オフィス近くにある洋菓子店にはずいぶんと沢山の女性が訪れていた。今夜、大切な相手に渡すのだろうな。オレもその中に混じって、今夜もまた愛する奴様に渡すチョコレートを買いたくなってしまったぞ(笑)

今朝は、朝食の後に昨夜の残りのガトーショコラを食べた。
ケーキは昨夜よりも味が落ち着いて美味しくなっていた。
バレンタイである今日に、昨日よりも美味しいケーキを奴に食べてもらえてラッキーだった。

奴よりも一足先に家を出る時、(いつもは朝は慌ただしくて軽いキスを1~2度する程度だが)、今朝は奴をしっかりと抱き締めてキスをした。
「貴方を愛している」と想いを伝えて、奴を壁に押し付けるぐらい熱烈なキスをした。たまに奴の喉から漏れる「ん……」という声が悩ましくて、なかなかキスをやめることが出来なくなるぐらいだった。

唇を離して奴の顔を見つめれば、奴は、「オレもお前を愛してるよ。今夜を楽しみにしていて」と言った。
今日は、その時の凛々しくて甘い奴の顔が忘れられなくて、仕事中に何度もそれを思い出してはニヤニヤしている(笑)

早く仕事が終わって夜になって欲しいぜ! 仕事が終了するまであと三件も大きな山が残っているなんて信じられない!
こういう日に限って時間が長く感じるのは、時の女神様の愛の焦らしプレイなのかもな(笑)

という訳で、また仕事でミスって残業になどならないように頑張ろう。

皆さんも楽しいバレンタインをお過ごし下さい。
本日も皆さんが楽しい一日を過ごされるように心から応援しております!

では、余裕があればまた夜にお会いしましょう。

Let's spend happy day !

★いつもクリックをありがとうございます!今日も皆さんにたくさんの良い事がありますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

貴方からの贈り物を受け取る前に
Mon.13.02.2012 Posted in 恋愛
今日は定時前に帰宅して、奴に贈るバレンタインのケーキを焼いた。

本当はチョコレートケーキを作りたかったが(旧ブログで作ったものを、今度はハート型で・笑)、今日は時間の掛かるケーキを作っている余裕がなかったので、もっと簡単に焼けるレシピを選んだ。

2012_02_13_1.jpg

ガトーショコラ。
良く行くイタリアンレストランを真似て、苺と生クリームを添えて(ちょっと苺の位置が離れてしまったが・汗)

表面が少し焦げてしまったが、ほとんど味に差し障りはなかった。そしてレシピ通りに表面が割れてくれてホッとした。

ホールごと奴に出そうかと思ったが、初めて作るケーキなので試食なしで出す勇気がなくてカットして出すことにした。
けれど、焼き上がって20分ほど冷蔵庫で冷まして一切れ試しに食べてみたが、まだ中が暖かくて良く判らない味がした。まるで試食の意味がなかったぜ(泣)

下の写真は焼き上がったばかりのところ。冷めてくると表面の膨らみがしぼんで上の写真のような形になる。
ガトーショコラは完全に冷めないと味が落ち着かない。けれど冷えすぎても良くない。常温で食べるのが一番美味しいケーキだそうだ。

2012_02_13_2.jpg

奴が帰宅して、オレは奴を玄関まで出迎えた。「お前にプレゼントがあるんだ」などと言って。

「プレゼントって何だろう?」と奴はニコニコと笑った。
「着替えて来てくれ。リビングに用意しておくから」とオレは言って、すぐさまケーキに生クリームと苺を飾って、ケーキを食べながらつまむチキンの仕上げに掛かった。それからバレンタインをお祝いして乾杯するアップルタイザーの準備もした。

飲み物はシャンパンにしようかと思ったが、今日はアルコールを飲まない日だったし(休肝日は真面目に守っている)、アップルの方がバレンタインに合っているような気がしたのでアップルタイザーを選んだ。

チキンは、あまり甘いものが食べられない奴にケーキを出す時には必ず塩味のものも一緒に出すようにしているが(いつもはプレツェルか塩漬けオリーブ)、今回はツイッターフレンドのBさんからとても美味しそうなチキンのレシピを教えて貰っていたので、バレンタインの日に必ず作ろうと心の中で決めていた(Bちゃん、ありがとう!)

下の写真が今夜作ったチキンのオーブン焼き。チキンのもも肉とジャガイモに絡めたオリーブオイル塩&&マスタードの味付けが絶品だった。まさに何度でも食べたい逸品

*チキンの悪魔焼きのレシピは、このエントリー最後にある<今日のレシピを見る>からどうぞ!

2012_02_13_3.jpg

オレは先にリビンに入って、その入口で奴のご登場を待っていた。
間もなく奴は来てくれたが、テーブルの上のケーキを見て、「あ! もしかしてバレンタイン!?」とすぐに判ってくれた(笑)

「明日は貴方がご馳走してくれるって言っただろう? だからそれよりも先にオレから貴方にバレンタインのケーキを贈りたかったんだ」

オレがそう言うと、奴は「最高だ!」と言ってオレを抱き締めた。
まだ味も見ていないのに『最高』というのは大袈裟だと思ったが(笑)、そんなにも奴に喜んでもらえて嬉しかった。ケーキを焼く為に早起きをして仕事を片付けたのは辛かったが、そんな苦労はこの一瞬で消えてしまった。それどころか、早起きして良かったとすら思えた。

「チキンが冷めない内に食べてくれ」
「うん、チキンも美味しそうだ。ジャガイモも良い具合に焼けているじゃない?」
「ジャガイモを一個だけ味見に食べたけど、なかなか美味しく焼けていたぞ」
「楽しみ。さっそく頂きます」

テーブルに就いた奴のグラスにアップルタイザーを注いで、ちょっとしたバレンタインパーティが始まった。
食べる前に、オレは奴を抱き締めてキスをした。「ハッピーバレンタイン。貴方を愛してる」と言って。

食べはじめてみれば、奴はまた「美味しい、レストランで食べるケーキみたいだ!」と大袈裟に誉めてくれたが、奴に言われるとお世辞であってもメロメロになるぐらい嬉しくなるから困ったもんだ。こんなにも間に受けてしまうのも、惚れた弱みだよな(笑)

オレも奴と一緒にガトーショコラを食べたが、試食で食べた時よりも味が落ち着いて、濃厚なチョコレートとラム酒の味が美味しいと思えた。

そしてチキンも美味しかった。奴はこれも絶賛しながらパクパク食べていたが、奴の言う「美味しい、最高」という言葉は、あながちお世辞ではないのかもしれないと思えた。
もっともレシピが良かったからな。けれどオレも頑張ったので、それが報われたのかもしれない。バレンタインに手作りケーキなど余りにもベタかと思ったが、照れを捨てて作って良かった。

「ねえ……」

ケーキを食べ終わって紅茶の準備をしている時、奴がオレの名前を呼んだ。そして「オレを好きになってくれてありがとう。オレもお前が好きだ。明日はオレからお前に想いを伝えるからね」という事を言った。

明日は奴にご馳走してもらう約束だが、オレはもうその言葉で十分に満足してしまった。
そんな事を言われたらますます好きになってしまいそうだ。
素直に「好きだ」と言って貰えるのは何よりも嬉しいな。嬉しいばかりでなく、ホッとした安堵で胸がいっぱいになる。

明日は、奴はどんな風に想いを伝えてくれるのだろうな?
楽しみすぎて、明日は仕事が手に付かないかもしれない(笑)

という訳で、
愛の女神様が応援してくれたのか、ケーキもチキンも美味しく出来て、無事に奴に捧げることが出来た。
何よりも奴が喜んでくれて良かった。オレにとってバレンタインという日はその為にあるからな。

バレンタインは明日が本番だが、皆さんも好きな相手にチョコレートを贈られるのかな?
バレンタインの過ごし方もクリスマスと同じように様々だが、美味しいチョコレートやアルコールや果物が出回るこのシーズン(お洒落なメンズウェア&アイテム見逃せない)、皆さんが楽しく過ごされたら良いなと思っています。

今日もこんなノロケを聞いて下さってありがとうございました。
皆さんの明日の幸運も応援しております!

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。

無事にケーキを奴に贈れて、今夜はオレも安心して熟睡できそうだ(笑)
お互いに良い夢を見ような!

*コメント返信をこちらで返させて頂きました。

★いつもクリックをありがとうございます! 嬉しくて毎日の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ベッドから離れられない月曜日
Mon.13.02.2012 Posted in 恋愛
打ち合わせ相手を待ちながら、ごきげんよう。

今朝は6時前に家を出る為に5時に起床した。
身支度をすっかりと整えた後、家を出る前に奴の寝顔を見ようと思ってそっと寝室に戻った。

すると、寝室の前で爪を研いでいた猫様が「クルル」と鳴いた。
奴はその猫様の声をいつもの目覚ましの声(朝ごはんが欲しい猫様はほぼ6時になると鳴いて奴を起こす)だと思って起きてしまった。まだ5時40分ぐらいだったのに。

「おはよう、気を付けてね」

奴は眠たそうな顔をしながら『伸び』をした。
クルクルの巻き毛は寝癖が付いて必要以上にふわっふわっに盛り上がっていた(笑)

「先に行って来る」

オレは目覚めてしまった奴にキスをした。
奴は「うん」と答えて、オレの背中に腕を回した。

オレは軽くキスをして出掛けるつもりだったが、まだ微睡みの中にいる奴はキスをしたまま再び眠りに落ちてしまいそうだった。何もしゃべらずピクリとも動かず、深くてゆっくりとした眠りの呼吸に戻って。

そんなに長くキスをしているとオレの子息が目覚めてしまった(笑)
眠りかけている奴の身体に悪戯をして、早朝のベッドの上で淫らに奴を揺すぶってやりたくなった。
実際、早朝のセックスは燃えるし気持ちが良い。朝はオレも奴も元気になる時間だからな。

けれど、今朝はどうしてもやらなくてはならない仕事があったので、断腸の思いで寝室を後にした。
ベッドから離れる前に「今日も貴方を愛している」と言って何度もキスをして、キスをしながら奴のふわっふわっの髪を撫でた。

寝室から出た途端に朝の寒さに身を震わせた。
特に今の季節、暖かな寝床から離れるのは厳しいな。

キスをしている間、奴はずっと「うん、ん」とか言っていたので、今朝はちゃんと起きられたのかと心配になって会社に着いてからメールした。
ちゃんと起きたそうだ。猫様に耳元で「ごはん、ごはん」と鳴かれて(笑)

という訳で、朝から元気だ(上も下も)
午後もこれからまた忙しくなるが、早く帰宅するために頑張るぜ。

皆さんも今朝は快適に目覚められたか?
月曜日にこそ気持ち良く起きたいものだな。月曜の朝の目覚めが良いと、その一週間が楽しく過ごせるように思えるから。

今日も皆さんの幸運をお祈りしております。
嬉しい事がたくさん起きる素敵な一日になりますように。

では、また夜に。

★いつもクリックをありがとうございます! とても嬉しくて毎日の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

パートナー感謝の日
Sun.12.02.2012 Posted in お知らせ
日曜の夜に、ごきげんよう。

今夜の御飯はクラッカーだった。

2012_02_10_1.jpg

この上ない手抜き料理だが素材にはちょっとこだわったぞ。

ベースのクラッカーは奴の好きなイタリアのデルセール(ソルトなし)
その上に乗せたのは、友人から頂いたとても美味しいドイツ風のコンビーフとハム。そして、デンマーク産のチーズ(ナチュラルな酸味が美味しいフェタ)。あとは奴宅の冷蔵庫に残っていた野菜とオリーブ。

クラッカーは上に乗せるものによってバラエティに味が変わるから面白い。
今日は惣菜系のものしか乗せなかったが、生クリームやフルーツやアイスクリームを乗せてスイーツ系にしても美味しそうだな。

オレは以前はチーズやハムぐらいしか乗せていなかったが今は奴の影響で、野菜(生野菜、マッシュポテト、オリーブ、軽く塩コショウを振ったアボカドなど)、チキン、魚(サーモン、ツナ、オイルサーディン)なども乗せるようになった。
これだけトッピングが充実するとちゃんとした食事になる。ついあれもこれもと食べてしまってカロリー摂取は高くなるが、こういうパーティっぽい食事の時にはそれは考えないようにしている(笑)

休日は労働意欲が沸かない為に自炊を休んでしまうが、上に乗せるだけで食べられるクラッカーやオープンサンドなら10分で準備できるので手間にならない。
……まあそれでも、本当は休日だからできる凝った料理も作りたいと思っている。思っているばかりで身体が付いて来てくれないんだけどな。

「本当は今日も作りたいものがあったんだ」
「なに?」
「貴方に食べてもらいたいもの」
「何だろう? 食べたいな」

身を乗り出す奴の唇にキスをした。『必ず今週中に作る』と約束して。
それはご飯ではなくてデザートだが、奴が美味しいと思ってくれたら嬉しいぜ。

週に一度でも月に一度でも、自分の為に家事をしてくれるパートナーをたっぷりと労える日があったら良いのにな。
先週も奴の作ってくれた料理のお陰でオレは健康を損ねることもなく仕事を頑張れた。だけどオレは外出している時間が長くて、なかなか奴の食べたがっているものを作ってやれない。
だから度々思う。あと一日ぶん、自宅でゆっくりできる余暇があればな、と。

「明日は実家の用事がなくなったから早く帰って食事を作るぜ」
「無理はしないで。でも楽しみにしてる」

優しい笑顔でそう言ってくれた貴方は、今夜もたまらなく可愛かった。
今日も大好きだぜ。

明日は気合を入れて頑張って作ろう。
奴の自宅に厄介になりながらも余り自宅の事で役に立ってないオレだから、明日ぐらいはそういう事で奴に喜んでもらいたい。

それにしても今日のハムとコンビーフは美味しかった。
こんな美味しいものが売られているなんてまったく知らなかったぜ。
やはり友人というものは大切だな。話をすれば楽しいし、自分の知らない貴重な情報をどんどん教えてくれる。本当に有り難いものだ。恋人を大切するも大事だが、友人との付き合いも大事にしたいな。

という訳で、昨日と今日は思いっきり楽しく過ごせた。出来ればあと三日ぐらい、こんな風に過ごしたいけどな。
ちょっとまた奴シック(ホームシックのようなもの)に罹ったかもしれん。この数日はやたらと奴が恋しい(汗)

皆さんも良い二日間を過ごされたか?
明日からまた平日が始まるが、満足の行く仕事(勉強)が出来るように頑張ろうな。

今週も皆さんの幸運を心からお祈りしています。
皆さんに楽しい事がたくさん起こりますように!(二礼二拍手一礼←神社参拝のあれ)

では、今夜も暖かくて楽しい夢を。
おやすみ。

★明日も楽しい日になるように頑張ろうぜ! 今週もよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

バロック式デート
Sun.12.02.2012 Posted in SM・フェチ
奴の自宅の一室にて、ごきげんよう。

今日の早い時間は予定を変更して外出した。

二日間ずっと部屋にこもって過ごすつもりだったが飽きてしまってな。
飽きたというか、ストレスが溜まっていなかったら篭って過ごしても良かったが、今日は内に溜まったものを発散したい気分だったので外出する事にした。

まずは良く行くボンテージショップで買い物。
奴に真っ赤なエナメルのピンヒールをプレゼントしようと思ったが、残念ながら奴の足が入るサイズがなかった。
仕方が無いので今日は取り寄せの注文をして、あとは店内を見て回って。他に欲しいものはなかったしな。奴は妙なものにばかり興味を示していたが。

「これもカテーテルなの? ステンレス製だけど入れても大丈夫なの?」
「先がバイブになっていて尿道に入れて振動させる尿道バイブレーターだ。かなり尿道責めの好きなマニア向けのものだぞ」
「お前も使える?」
「使える訳ないだろう。それは時間をかけてブジー(尿道を拡張するステンレス製の医療器具)で慣らしたマニアじゃないと使えないと思うぞ。カテーテルに関して言えば、オレはラバー製(医療でも使われる天然ゴム製のもの)のでも怖くて駄目だ。きっと一生無理」

まったく、いきなり「使える?」なんて言われて吹き出しそうになったぜ(汗)
あんなものを突っ込まれたら本気で悲鳴を上げるぞ。慣れない尿道にあんな硬いものを挿したらとんでもない事になるしな。

SM&フェティッシュプレイが大好きなオレだが、それでも医療プレイは怖くて手が出せない。『慣れないご主人様に入れられたら一週間ぐらい尿道から血が出て本当に怖かったです!』とかいう話をリアルで何度か聞いているしな。ああいう話は聞くだけで息子が痛くなるんだ(汗)
オマケにSMで傷付けられると病院に行きたくても行きにくい。そうなった理由など説明しなくても医者はすぐに判るから説明は求められないだろうが(多分)、だからこそ恥ずかしくて行けないと上記の方(尿道から出血した方)は言っていた。納得。オレもそいうロマンも快感もない羞恥プレイはしたくない。

恐ろしい医療グッズがたくさん売られているボンテージショップを出て(でも数種の拘束具を試用できて楽しかった)、二年以上行っていなかった小料理屋に行くことにした。

初期ブログの初めの頃に何度か登場していた小料理屋だ。歳は行っているがまだまだ美しいニューハーフのママさんがやっていて(下半身は男性のまま)、奴と付き合うようになってから一度も行かなくなったところだ。
行かなくなった理由は、まあ色々だ。何度も営業メールを頂いてたし、最近は風の噂で名前を聞いていたので久しぶりに行ってみることにした。無論、『彼氏と一緒に行きます』と予め電話で伝えておいて。

店の中はほとんど変わっていなかった。ママさんも相変わらず華やかで色っぽかった。
以前はオレをさんざんエロく虐めてくれたものだが(辛口の言葉でな)、今日はオレに気遣ってくれたようでそういう会話にはならなかった。
というよりも、奴を気に入ったようで、オレに見せつけるように奴とばかり話をしていた。「今度は一人で来てね~、デートしましょうね~」とか言ってメール交換をしていたが、断固オレは邪魔してやるぜ(汗)

けれど、さすがそこも変態趣味人が集う老舗だけあって、今日も昼間から面白い話を聞かせてくれる方々が集まっていた。

中でも、『最近は以前にも増して尻を掘られたがるノンケが増えてる。そういうノンケは風俗で喘ぐ事に慣れているからヒーヒーうるさく鳴く(でもそれが良い!という意見もあった)』とか、『最近の売り専はノンケがいなくなったorアナルが出来ないホストが増えて、つまらなくなって行かなくなった』とか、そんな話しをしている人に視線が集中していた。

後者の話はオレの知るところではないが(売り専を利用したことが無いので)、前者の話はオレも良く耳にしていた。
実際のところ(一般にはまだ認識されていないことなのかもしれないが)、ゲイでなくても尻の快楽を求めて男を求めるようになった男は少なくない。

そういう方って、初めは風俗の『性感』などでアヌスの気持ち良さを覚えるらしい。
『性感』とは男性が受身になって全身のマッサージ(アナル責め・乳首責め・寸止め・言葉責め・浣腸も含む)を受ける風俗カテゴリの一つだが、その味にハマる男性はかなり多くて、それがエスカレートすると本物の男根を尻に入れて欲しくなるそうだ。ディルドゥ(模造ペニスなど)やペニスバンド(女性が股間に装着する模造ペニス)ではもの足りなくなって、欲情に勃起した本物で責められて中で(スキンごしで)放出されたくなる、という感じだ。
やはり偽物と本物では感覚も興奮もまるで違うからな。それに、そもそも男は『本物』とか『よりエロに、よりスケベに』に拘りたがる生き物だしな(笑)

で、ママが言っていた。「私はそういうノンケにモテモテなのよ」と。
成る程、とオレは思った。女性が好きだが男根だけが欲しい男にとって、女性の姿をしていて男根だけが付いているママはまさに理想的なのだろう、と。

他にも興味深い話をたくさん聞いたが、長くなるのでまた後日に。
それにしても今日の昼間は見事な晴天だったが、そんな清々しい休日に妖しい店を回るのも面白いな。
また今後は定期的に妖しいデートを繰り返すことになりそうだ。奴はああいうバロックな雰囲気が大好きだからな。奴が飽きるまで、オレは従順に貴方にお付き合い致しましょう。

さて、そろそろ夕飯の支度だ。
今日は遅い時間に昼食を食べてしまったので、晩御飯は軽食で済ませるつもりだ。
上に乗せながら食べるメニューなので10分もあれば支度できる。外で遊んできた休日に合う料理だよな。

日曜日が終わるまであと数時間。
どうぞ皆さんも、引き続き楽しい時間をお過ごし下さい。

では、またお会いできたら深夜に!

★日曜日にもクリックして下さってありがとうございます。感謝を込めて次回も楽しい記事が書けるように頑張ります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

シーツ センシス
Sat.11.02.2012 Posted in SM・フェチ
エロスを含むエントリーです。

奴と一緒に選んだベッドシーツが到着した。
生地はベロアで、色はブルー。
さっそく奴はそのシーツをベッドに掛けて、オレ達はベッドに座って心地の良い手触りを堪能した。

「裸で寝たら気持ちが良いだろうな」
「今夜はそうしようよ」

まだ明るい寝室の中、オレ達はそんな事を言ってくすくすと笑った。すっかりそのシーツの上で乱れる事に官能を掻き立てられながら。

夕食の前。奴は先にシャワーを浴びた。
そしてシャワーを出て寝室に入ったかと思えば、間もなくそこからオレを呼んだ。「ねえ、こっちに来て」と。

寝室に入ってみれば、奴はパジャマのトップだけを着た姿でベッドに横たわっていた。
そして言った。「試しに横になってみたら、やっぱり気持ちが良いんだ……」と、仄かに微笑んだ顔をして、囁くように。

まだ『今夜』にはなっていなかった。だがオレは奴にキスをした。
キスをしながら奴に覆いかぶさり、2つばかり留められていたパジャマのボタンを外した。

オレも服を脱いだ。全て脱いで奴を抱き締めた。
肌と肌が重なる熱にいっそう情欲が昂った。そしてオレ達が愛撫によって身体を蠢かせば、シーツは艶かしい感触でオレ達の肌を撫で回した。

「愛してる。貴方を愛してる、貴方が好きなんだ……」

ベッドのスプリングを軋ませて激しく腰を揺さぶり、時折それを止めて奴に囁いた。
オレのモノをひくひくと締め付ける感覚にため息が漏れた。そんな淫らな蠢きをされると途端に射精の誘惑に負けて、絶頂を迎えるまでノンストップで腰を叩きつけたくなってしまった。

奴はため息を漏らすオレを見上げ、オレを引き寄せて「上になりたい」と言った。
そしてキスをした唇をずっと重ねたまま、オレの了解も待たずにオレの上に騎乗した。

オレは奴を下から突き上げた。
奴は自らも腰を前後に振りながら思うがままに乱れた。オレをシーツに張り付けるように、オレの両腕を押さえ付けながら。

興奮した。
興奮してクライマックスには互いの舌を舐め回すキスをして、夢中で互いのものを手淫し合った。そして我を忘れて絶頂の液を飛ばした。

買ったばかりのシーツは、それで呆気なく汚れてしまった。
だがそういう状況を目的に買ったシーツなので後悔はない。それどころか二人で汚せて大満足だ。
オレ達の買い物なんて、その三分の一はセクシャルなものを満たす為のものだからな。いや、二分の一以上かもしれない。音楽や絵画や洋服やアルコールに刺激される事もあるしな。

……突然だが、目白か六本木にあるボンテージショップに行きたくなってきた。上野もマニアックなものが揃っているから良いな。奴にメンズサイズの真っ赤なピンヒールでも買ってやりたいぞ。
明日は予定を変更して奴とボンテージショッピングをしようかな。奴がOKと言ってくれたらな(笑)

と言う訳で、楽しい土曜日だ。
先月までほとんど休日なしで過ごしてきたが、やはり休日は有り難い。朝から晩まで奴とイチャイチャ出来る。

明日も楽しい日にしようぜ。
皆さんもな、平日の不安や不満は忘れて、貴方の心が満足する良い日曜日にしよう。

休日にもこのブログに来て下さってありがとうございました。
皆さんの明日の幸運を心からお祈りしています。

では、今夜も楽しくて暖かな夢を。
おやすみ。

★今日もクリックをありがとうございます。感謝を込めて明日の更新も頑張ります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

猫のスイーツはお好きですか?
Sat.11.02.2012 Posted in 恋愛
出来たぜ!

2012_02_09_2.jpg

猫のスイートポテト。

ちょっと形がいびつで表面が割れてしまったが(毎度の台詞だな・汗)、スイートポテトを作ったのも、食べ物に猫を描いたのも初めてなので大目に見て欲しい(笑)

昨夜は先に眠ってしまった奴の隣で猫のイラストの練習をした。メモに何種類かの猫の顔を描いてな。
色々な表情と模様と形を作ってやろうと思っていたが、実際に作ってみると形を整えたり模様を入れたりするのは難しくて無理だった(汗)
表情は目を変えれば良いが、模様はごちゃごちゃになって、形は長毛種のフサフサが崩れてしまって駄目だった。

だが楽しかったぜ。
お互いにたまに「あ、失敗したかも!」と上手く出来なくて弱気になってな。それをフォローし合って完成させた。

ポテトの生地は奴が作ってくれたが、ちょっと生クリームを多く入れてしまって緩い生地になった。
「ごめん、形になる?」と奴は心配したが、柔らかい方が猫耳を簡単に付けられたのでまったく問題なかった(本当は卵白を塗って頭に耳を付けるのだが、その手間もなく簡単に付けられた)
オレはオレで焼き上がった猫の耳を崩してしまったし、チョコレートが上手く絞れなくて変な顔になったし。

でもその分、出来上がった時には抱き合って喜んだぞ。
初めて一緒にスイーツを作った記念のキスキスキスもしたしな(笑)

味の方は、サツマイモが美味しかったしレシピも良かったので最高だった!
(レシピはクックパッドのこちらを参考にさせて頂きました。砂糖を蜂蜜(30g)に換えて、ラム酒(大さじ半分)を追加して)

「明日も一緒に何か作ろうか?」と奴が言ったので、
「作ろう」とオレは答えた。

ノートPCをリビングに持って来て一緒に料理サイトを見た。
レシピは決まったので、明日もまた美味しいものを一緒に食べようぜ。

サツマイモ繋がりで、忙しくて書けなかったエントリーの写真をお披露目。

2012_02_09_1.jpg

サツマイモ(鳴門金時)の美味しい今の季節に欠かせない、ホコホコのサツマイモ御飯。
そして甘酸っぱいタレで仕上げた、ササミとレンコンの炒め物。

*本日の『サツマイモご飯』と『ササミとレンコンの炒め物』のレシピは<今日のレシピを見る>からどうぞ。

冬も食べ物が美味しい季節だな。
作りたいものがたくさんあって困っているが、時間のある休日に一つずつ奴と一緒に作れたら嬉しい。

さて、無事に猫スイートポテトが成功してお披露目できたぜ! やったぜ、バンザーイ!
オレと奴の共同制作の猫スイートポテトを見て下さってありがとうございました。
また近いうちにサツマイモでスイーツを作りたい。頂いた美味しい金時がまだ少し残っているしな。

では、
引き続き、皆さんも楽しい土曜の夜をお過ごし下さい。
そして美味しいものを召し上がられて幸せな気分になられますように(笑)

では、またお会いできたら夜に!

★いつもクリックをありがとうございます!とても嬉しくて、感謝を込めて更新を頑張りたくなりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

一緒に
Sat.11.02.2012 Posted in 恋愛
昨日は喫茶店に入ってハンバーググラタンとティラミスを食べた。
ああいうところで食事をするのは久々だったが、こじんまりとしたカントリー調の喫茶店も良いものだな。すぐに感化されてしまうミーハーなオレは、さっそくああいう店で出されるような料理を作りたくなった。

という訳で今日はニョッキ入りのミートグラタンを……という流れになるかと思ったが、何故かまったく違うものを作ることになった。しかも、奴と共同作業で。

オレ達は滅多に一緒にキッチンに立つ機会がないので楽しみだ(一緒にキッチンで勃つことは度々あったが)
ちゃんと役割分担をしたんだ。
奴は下地でオレは仕上げ。せっかく奴の作ったものを台なしにしないように頑張ろう。オレに失敗は有り得ないぜ(と暗示を掛けておく)
分担といってもずっと一緒にいるんだけどな。奴が作っている時にはその姿を見守って、楽しくおしゃべりしながら作るつもりだ。

で、何を作るかというと、今夜までの秘密とさせて頂きます(笑)
見事に成功したら堂々とお披露目させて頂きます。失敗したら無かったことにさせて頂きますm(__;m

「今日の夕御飯、美味しかったぞ」

夜になってベッドの上で二人でゴロゴロしている時、オレはご馳走してくれた奴にお礼を兼ねてそう言った。

「お前の口に合って良かった」

iPhoneをいじっていた奴は片手でオレを抱き寄せて頬にキスをした。

「素朴なミートソースの味が気に入った。かなり野菜を煮込んで作ってるな」
「ケーキも美味しかったでしょ?」
「美味しかった。明日は違う物を作るから、明後日はああいう料理を作ろうかな」
「作ってくれるなら嬉しいよ。オレも手伝うから」

奴はiPhoneを枕元に置いてオレにキスをした。
柔らかな唇が重なって、オレはその心地の良さに甘えるように奴のパジャマを握った。
奴はそれに応えるようにオレをしっかりと抱き締めた。オレの上に重なって、何度もチュッとキスの音を立てては唇の重なりを深めさせて行った。

「オレが欲しい?」

奴がそうオレに訊いた。
昨夜は二日間の緊張が切れて精神が弛んでしまって、正直に言えばただのんびりと過ごしていたかった。だが、奴にキスをされている内にすっかりそんな気分になってしまった。奴の欲情の熱や昂ぶりを身体で感じている内に、もっとそれに身を任せてしまいたいと思うようになった。
夜に食べた、ハンバーググラタンというちょっとノスタルジックな料理も効果的だったのかもしれない。それを食べて童心を取り戻して、子供のように無邪気に我侭や甘えを主張したい気分になったのかもしれない。

「欲しい」

オレは素直にそう言った。思いっきり甘えさせてくれと心の中で願いながら。

「今夜は優しくするよ。そんな気分だから」

奴はそう言って寝室の照明を落とした。本当に優しい笑顔を見せながら。

今回の仕事の件でどこまでもオレに優しくしてくれた奴に感謝を込めて、今日は頑張って可愛いのを作るぜ。
という訳で、また夜に。

皆さんも楽しい休日をお過ごし下さい。
今日も皆さんの幸運をお祈りしています。

★おやすみの日に美味しいものを食べるのはお好きですか? いつもクリックをありがとうございます。更新の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。返信は水曜と土曜日に頂いたコメントに返させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

一番の思い出の場所
Fri.10.02.2012 Posted in 恋愛
楽しい金曜の夜が始まる前に、ごきげんよう。

幸運にも時の女神様が微笑んで下さったようで、今日はオレも奴も定時+1時間で帰れることになった。
この数日はモヤっとした出来事が続いたので物凄く嬉しい。ようやく幸運がこっちを向いてくれた気分だ(笑)

しかも、今日は数カ月ぶりに社内の自動販売機の前で奴と3分ぐらい話ができた。
いきなり幸運すぎて夢でも見ているようだぜ。「実は夢だよ」、なんて誰も言わないでくれよ。

「ああ、今は会社の駐車場。外から戻って会社に入るところ」
「じゃあ販売機のところに来る? 今そこで珈琲を飲みながら話しているんだ」

待ち合わせの取り決めの為にiPhoneで話をしていると、そんなタイミングの良い状況になった。
オレは会社の廊下をダッシュで走りたい気持ちを抑えて、足早で自動販売機のある場所に向かった。
エレベーターを上がって曲がったところにある販売機が見えた時、奴がこちらを見て「あ」と口を開けて笑顔になったのも一緒に見えた。

そんな顔をしたら周りにバレるかもしれないじゃないか。などと思いながらも、オレも奴から視線を逸らせなくなっていた。まあ、『久しぶりに偶然に対面した元同部署の二人』という状況ならそう不自然でもないか。と、心の中で自分を納得させて。

「○○君、久しぶり」と、オレは自分の中の設定に従って奴に挨拶をした(○○←奴の苗字)
すると奴も、「○○さん、お元気そうですね」とオレに調子を合わせて挨拶をしてくれた(○○←オレの苗字)

まったく。自宅ではオレに『貴方』と呼ばせて自分はオレを『お前』と呼んでいるくせに『○○さん』とかな。なんて白々しいんだ! ……と、オレはこの学芸会のような遣り取りにワクワクしていた(笑)

オレは紅茶を買って奴の横に並んだ。

「休憩中ですか?」
「珈琲で頭を覚ましていました」

場所が場所なのでそんな他愛のない話しかできなかったが、奴の顔が見られただけで満足だった。そして、見つめ合えただけで幸せな気持ちになった。

オレは小声でこっそりと奴に言った。「ここで貴方と話をすると懐かしい気持ちになる」と。

オレと奴はこのオフィスで知り合って想いを寄せ合ったからな。おまけに付き合う前には度々その自動販売機の前で一緒に珈琲を飲んだ。
そのせいなのか今日はとても初々しい気分になった。もしかするとこのオフィスは、オレと奴にとって最高の思い出の場所なのかもしれない。

「オレもだよ」

奴はそう言って、数秒間オレを笑顔で見詰めた。
それからすぐに互いの持ち場に戻ったが、別れる間際に喫茶店の待ち合わせの確認も出来て、素敵な休憩を過ごせたように思う。

昨日のようなミスをやらかした時には奴と違う部署になって良かったと思うが(無様な姿を見られなくて済むので)、今日の出来事で無性に部署が一緒だった頃が懐かしくなって、また同じ持ち場で働きたくなってしまった。

奴の存在に振り回されてばかりで、オレも困ったもんだな。
もっともオレは、困ったもんだと言いながらも、この状況にも恋している。本当に貴方は最高だな。

という訳で、あと少しで仕事は終わりだ。
今日は昼御飯を食べる暇も惜しんで働いたので気分が良い。
この調子で奴と落ち合って楽しい喫茶店デートにしよう!

皆さんもお疲れ様でした。
お仕事の帰りに思う存分羽根を伸ばして、そして夜にはゆっくりお寛ぎ下さい!

では、間に合うようならまた今夜に!

★週末の皆さんの幸運をお祈りしています! いつもたくさんのクリックをありがとうございます。嬉しくて更新の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

二匹の猫が飼えるマンションに住もう
Thu.09.02.2012 Posted in 恋愛
「いつか貴方とそんな仔猫を飼いたい」

あどけない仔猫の写真に喜ぶ奴にそう言った。
奴はニコリと笑んで、「うん、一緒に飼って可愛がろうね」と言った。

仔猫ばかりか奴の明るい笑顔までもあどけなく見えた。
オレは奴の肩を抱き締めてiPhoneの画面を覗き込み、十数枚の写真をゆっくりとスライドしている奴と一緒に仔猫の写真を眺めた。

視線は仔猫の写真に向いていた。けれど心は、腕や胸から伝わってくる奴の体温に留まっていた。
奴を抱き締めながら、けれど奴にちょっとだけ寄りかかっているその体勢が心地良くて、いつまでもそうしていたいと思った。

「まるで小さなぬいぐるみだ。もしもこの仔猫を飼うなら、お前はなんて名前を付ける?」
「ショー子」
「もう、本当に飼う時にはもっと良い名前を考えるんだよ!」

奴は笑いながらそう言った。オレは「判った判った」と言いながら、笑い声に震えている奴の肩をぎゅっと抱き締めた。
肩が震える度に奴の髪が柔らかくオレの頬をくすぐった。オレは奴が気付かないぐらいそっと髪の先にキスをした。

5枚目、6枚目、7枚目と、暫く奴は写真を熱心に眺めていた。
けれど不意にオレに訊いた、「今日、何かあった?」と。

ドキリとした。
オレはいつもと変わりなく帰宅して奴と笑いながら話をしていたつもりだったが、奴の目から見れば、今日の俺はいつものオレとは違って見えたようだ。

そういえば、付き合い始めたばかりの頃、奴はこんな事をオレに言った。「お前はすぐに顔に出るから、ちょっとでも顔を見れば嘘かどうか判ってしまう」と。
奴がそう言ったのはもう2年以上も昔だが、奴は今でも変わらずオレの顔を見てくれているようだ。

それはしょっちゅう顔を合わせていれば当たり前の事なのかもしれないが、さすがに今日の落ち込みが完全に癒えなかったオレにとっては、それが物凄く嬉しかった。奴は本当にオレと向い合って一緒にいてくれているのだと、そう思うことが出来た為に。

貴方のことがとても頼もしく思えた。
そして、そんな貴方のことがとても大切に思えた。

「あった。だけど良いんだ。心配することは何もないし」
「本当に? でも大変なことじゃないの?」
「本当に。貴方と猫の写真を見るのが楽しくて元気になった」
「ふふ、そう? オレも楽しいよ。じゃあもう一度最初から見ようか。将来一緒に飼う仔猫の名前も考えてね」

貴方が喜んでくれるなら何でもする。……と、そんな大袈裟な思いが込み上げれば、急に照れ臭くなって苦笑が浮かんだ。
だけど大切な貴方をオレの生き甲斐だと思うようになっても、それは別におかしなことではないよな。それだけオレは貴方が好きなのだから。

「夕御飯を仕上げてくる」
「手伝うことはある?」
「あとは味を付けるだけだから大丈夫」

奴の背中から離れる時、オレはもう一度奴をきゅっと抱き締めて、奴の髪に元気にチュッ! とキスをした。
そして立ち上がった時、もう今日の後悔は今後一切考えないことにして建設的なことだけを考えようと決心した。

新しい局面の中で様々なことを頑張って、いつか必ず貴方と一緒に猫が二匹飼えるマンションに引っ越そう。
掴もうと思った夢は叶えるまで途中で放り投げたりはしない。失敗することも考えたりはしない。貴方との関係もそうすると決めたように。だからこれからもずっと、貴方がオレを見ていてくれたら嬉しい。

「明日の帰りは、オレがご馳走するから美味しい珈琲を飲み行こう」

キッチンでチキンに味付けをしていると、奴が背後でそう言った。
そこはイタリアンドルチェも美味しい店だそうなので嬉しい。
ただ問題は、オレと奴の帰宅時間が合うかどうかだ。
願わくば時の女神様、どうか明日はオレも奴も定時で上がれますように。

という訳で、
オレが仔猫に付けようとした「ショー子」とは、なんの種類の猫だったでしょうか? 正解された方には漏れなくパンツ……じゃなくて、今夜はact.3を書く気力がなかったのでおやすみさせて頂きました。明日からまた楽しくエレガントに、欧風ボンテージエロティシズムを綴らせて頂きます。

あの連載は過去の話なので奴を『お前』と呼んでいるが、この2日間で奴を『貴方』と呼ぶのがすっかり気に入ってしまったので、早くも『お前』と書くと違和感を感じるようになった。
うーん、どうせ今後は『貴方』だから、『貴方』で書いてしまおうかな。

さて、明日は金曜日だ。
明日の仕事が終われば自由時間だ。今週は実家や施設に行く用事もないので、月曜の朝までずっと奴と過ごすつもりだ。

楽しい自由時間に思いを馳せて明日を頑張ろうぜ!
皆さんの週末の幸運を祈っています。

では、今夜も暖かくで幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもたくさんのクリックをありがとうございます。とても嬉しくて更新の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

不運なんか笑って吹き飛ばそうぜ
Thu.09.02.2012 Posted in 気軽な雑談
オフィスの資料室にて、ごきげんよう。

今日の午前中、オレは思いっ切り馬鹿な事をやってしまった。
何をやったのかと言えば、お客さん宅から会社へ戻る電車を乗り間違えて、20分間も気付かなかった為に帰社時間が大幅に遅くなって次の仕事に穴を開けてしまった。
我ながら物凄い馬鹿ミスだ。だが、その電車に乗る前に電車の上に表示されている行き先を二回確認したんだがな? ローカルな駅だったので猫に化かされたのかもしれない。

猫にそうされたのでは仕方がなかったが、会社に戻ったら、オレのフォローをして下さった上司と同僚の視線が全身にグサグサ突き刺さって痛かった(泣)
きっと皆さん、「この馬鹿タレが!」と心の中で思っていたことだろう。物凄く申し訳なくなって頭から怒鳴りつけて欲しいぐらいだった。こういう場面での無言のプレッシャーって重いよな。鞭や竹刀でバシバシ折檻された方が気分的にはずっと楽だと思う。

しかし昨日からビジネス運がアンラッキーなのか、それとは違う件でも物凄く困った事が起きてしまった。とは言え、これは前々から予測出来ていたことだから、オレが手を抜いてその回避方法を万端にしておかなかったのも悪い。
なんて、そんな事を冷静ぶって言ってみても深刻な立場に立たされたら悶々として胃が重くなるものだ。お陰で今日は昼御飯を食べる気にならなくて急きょダイエットDayになってしまったぜ。

まあ、悶々としていても何の解決にもならない。こういう問題が起きた時なにを一番重視するべきかと言えば、やっぱりそれなのだと思う。
この先は一体どうなるんだ!? と気に病んでしまうのは仕方がないが、ずっとその問題にかかりきりになって他の事に頭が回らなくなってはどうしようもない。苦悶して解決するなら何時間でもそうするけどな。

誰にだってこんな日はあるさ。
何をやっても上手くいかない日もあれば、いきなり不幸がドカッと降ってくる日もある。そして今回のように、甘えていた部分をいきなりグサリと刺される日もある。
いつまでも順調な環境に守ってもらえていたら一生安泰だが、そんな都合の良い展開ばかりでないのが現実だ。

それは当たり前の事なのだから我侭を言って落ち込むのは止めよう!
大丈夫だ、別に最愛の人を失った訳じゃない。別の手立てはあるし、新たに物事を始めることだって出来る。
それこそを幸運だと思おう。
オレにはちゃんとそんな幸運があるのだから、駄目になったものに執着するのは止めよう。駄目になったものはサッパリと見切って、今度は今までよりも確実なものを作ってやろう。

という訳で、長々とすっきりしない文章を読んで下さってありがとうございましたm(__)m

こういう事は奴には言えないからな。
言えばきっと奴はオレを励ましてくれるだろうが、仕事のミスやら不運やらで落ち込んだ姿を見せるのは恰好悪い。奴には既にさんざん醜態を晒しているが、それでもまだ恰好を付けていたい部分があるんだ。

その代わりにここでグズグズした事をこぼすのもみっともないし申し訳ないのだが……。
すみません、けれど感謝しています。
オレの書くものを読んで下さっている皆さんには本当に助けられています。
オレのかなり内面のつまらない事まで聞いて下さってありがとうございます。
けれど、余りにも情けない時には容赦なくコメントで怒鳴りつけて下さい。それでも、そんな叱咤も、励ましも感想もご報告も、いつもあたたかな気持ちで読ませて頂いています。

さて、
そんな訳で今日は2つも仕事に穴が開いて暇になった。
ちょっと外に出て、猫を飼っているお客さんの事務所に挨拶に伺って猫の写真を撮らせてもらおうかな。
数日前にその方から写真付きでメールを頂いたのだが、なんでも仔猫を新たに飼ったので大きくなる前に見に来て欲しいとのことだ。
仔猫は耳が横にある内が特に仔猫らしくて可愛いだ。こんな日にはそんな可愛いものを見に行った方が良いに決まっている。

そしてその写真を奴に送ってやろう。
いつか貴方とこんな可愛い仔猫を飼いたいと、そんなメッセージを添えて。

元気になったので行ってきます。
どうぞ皆さんも、引き続き楽しい午後をお過ごし下さい。

急なお知らせになりますが、コメント返信は今後はブログ上ではなくこちらの掲示板にて返させて頂きます。クリックする手間を増やして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。コメント返信をこの掲示板に書き込んだ時には、必ずこのブログ上でお知らせ致します。

では、また夜に!

★いつもたくさんクリックして下さってありがとうございます。更新の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

Separate Ways
Wed.08.02.2012 Posted in SM・フェチ
オフィス近くの喫茶店にて、ごきげんよう。

昨夜はできるだけ『貴方』を使って奴を呼んで、今朝は昨夜より慣れた感じで奴を『貴方』と呼べるようになった。

「今日はずっと眠くて辛かった」
「昨夜は夜更かしするぐらい忙しかったの?」
「ベッドに入ったのはいつも通りだったけど、貴方の事を考えていたら眠れなくなったんだ」

オレが奴の髪を撫でながらそう囁くと、奴は「どんな事を考えていたの?」と囁き返した。
オレはありのまま話した。「貴方からのメールが嬉しかった。メールを眺めていたら寂しくなって、貴方と一緒に眠りたくなった」と。

「オレも昨夜は寂しくてメールをしたんだ。最近、お前と離れていると不安になって」

奴はそんな事を言って、背中を丸めてオレにぴったりと身体をくっつけた。
愛しくて切ない気分が胸に込み上げた。奴にそんな風に思って貰える事が嬉しくて、けれど、やはりオレの過ち(奴の交友関係を責めて奴から離れようとしていた事)は奴を不安にさせてしまっていたのだと理解した。

「ずっと一緒いたいから貴方に告白したんだ」
「信じるよ」
「途中で離れたりしない。何があってもずっと貴方を大切に思っている」
「うん、オレも……」

奴はオレの頬にキスをして目を閉ざした。
オレは奴の体温に安堵しながら、奴の心を傷付けてしまった事に反省した。
こんなにも暖かくて優しい奴を傷付けて、オレは一体何を求めていたのだろう? と。あの時のオレの胸の中にあったのは、奴の立場を考えない浅ましい独占欲と、奴を責めたいだけの独善的な美徳だけだったような気がする。

昨夜は改めて、最後まで奴を愛したいと思った。決して途中でこの想いを捨てたりはしないで。
もしも何らかの理由があって別れる事になっても、それでもオレは相変わらず奴を愛しく大切な相手であると思い続けるだろう。たとえ恋人から友人という付き合いに変わったとしても、奴に対する思いは唯一なもので、そして別格だ。

ところで、奴とベッドでそんな睦言を囁き合ったのは一年以上ぶりだったように思う。
言葉って面白いな。
卑猥な事をいえば卑猥な気分になって卑猥な事をするし、情感を込めた事を言えば愛しい気持ちが盛り上がってどこまでも優しくしたくなる。

ああ、もっと奴に優しくしたいな。
美味しいものを食べさせて素敵なスーツを着せて大切に箱に入れてしまっておきたい(こういうプレイもちょっと良いかもと思ったがボストン君いわく、こういう発想は老化現象だそうだ・汗)

以前のように、奴に伝える言葉を大切したい。
笑える雑談や刺激的なエロ言葉責めも良いが、お互いの気持ちを高め合う言葉を言う事も忘れないようにしよう。

「今日も貴方を愛している」

今朝はそう言って奴を送り出した。
奴は「オレも愛している」と言って、早朝だというのに熱烈なディープキスをしてくれた。
奴が満足してくれて何よりだ。また照れとか多忙とかで三日坊主にならないように気を付けよう。

という訳で、
どうやらオレは奴に『お前』と呼び続けられるらしい。やったぜ日頃からの主従関係! もうオレは奴宅にいる時には首輪を着けてるかな(笑)

さて、そろそろ商談だ。
思いっ切りノロケて緊張が溶けたところで頑張ろう。

皆さんも引き続き楽しい午後をお過ごし下さい。
今日も皆さんの幸せと喜びを心から祈っています。

では、また夜にお会いしましょう。

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます。嬉しくて更新の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

オレだけの貴方
Tue.07.02.2012 Posted in 恋愛
奴の自宅の一室にて、ごきげんよう。

今日はちょっと気の晴れない話を聞いた。

仕事が終わった直後、親しい友人からメールがあった。
『ただ聞いて欲しいだけなんだ』と前置きがされたその話の内容は、6年以上も付き合っていた相手は実は結婚していた、というものだった。

とつぜん相手からの連絡が途絶えてしまい、彼は心配のあまりに相手の会社に確認の電話を入れた(彼とその相手は仕事で繋がっている部分があった為)
すると受付の方が『○日前に奥様がお亡くなりになって……』と教えてくれた。それで相手が既婚者であることが判ってしまった。

その直後、相手から『もう君とは会えないと思います』というメールが来た。恐らく受付を通してバレた事を知ったのだと思う。

彼は、奥様を亡くされたばかりの相手を思い遣って『貴方を責めるような事はしない。私は貴方の味方だから』と返信したそうだが、本当は騙されていた事がショックで、メールでアッサリと捨てられてしまった事が悲しくて、何日も涙がとまらなくて何も食べられなかったそうだ。

もしもオレが相手の職場を知っていたら殴りに行って、ちゃんと会って謝れと怒鳴り付けただろう。
デタラメの一途さを餌にして人の心を釣ったり引き止めるのは最低だ。実現させるつもりもない約束を交わすのは罪だ。
できもしない一生の約束なんて口にしなければ良かったんだ。どうせこんな終わり方しかできない男なら初めから誰とも付き合わなければ良かったんだ。

たとえ遊ぶにしても最低限の誠意とか優しさを持つのが人と関わりを持つルールだろう?
言えなかったのは愛とか優しさとか、オレはそんなものは認めない。
それは欲望でしかなく、確実に相手を傷つけるものでしかない。
結婚しているなら結婚していると言えば良い。いくら月日を費やしても、真実を打ち明けない限り、二人の関係も真実にはならないのだから。

6年間もの一途な情熱をあっけなく放棄された彼は可哀想に、すっかり何も手に付かなくなってしまった。それでも彼は相手を思い遣って、これからも相手を責めたりはしないのだろう。
あんな男の事は早く忘れてしまうのが一番なのだろうが、それにしても……奥さんのことはかなりショックで気落ちしているのだろうが、それでもせめて直接会って謝って欲しかった。友人として無念に思う。

「貴方が馬鹿だった訳じゃないんです。そこまで上手いことを言われたら貴方が気付かなくても仕方がないです」

オレは電話口で泣いている彼をなだめた。オレがなだめたところで何の救いにもならなかったが。
奴はそんなオレを心配そうに見詰めていてくれた。

電話を切った後、オレ達はケーキを食べながら彼の話をした。
『時間が必要だな』と、オレも奴も口にした。それ以上の解決策は何も浮かばず、それを頼りにするしかないように思えた。

「あんまり調子の良いことを言う人は信用できないね」
「だけど、嬉しいことばかりを言ってくるから、その相手に夢中になっちゃう人もいるよな」

彼の話が終わっても、そんな会話が続いた。
仕事上でもたまに非常に調子の良い方と関わることがあるが、そういう人に限って入金が遅かったりするので偏見を持たずにはいられない。その言い訳がまた決まって同じでな(苦笑)

「オレはそういう嘘を言ったことはないな。出来ない約束とか、恋人がいるのにいないとか」と奴が言ったので、
「オレもないぞ。自分がしたいことしか約束しないしな」とオレは答えた。
「そうだよね? 良かった」と奴が笑った。
「お前とずっと一緒にいたいからずっと一緒にいてくれって言ってるしな」とオレは言って笑い返した。

奴は笑顔のまま唇を噛んで少し俯いた。
オレは、その奴のお決まりの照れた顔に胸がくすぐられた(笑)

「ねえ、前から頼もうと思っていたんだけど」
「なにを?」

奴がまだ顔をニヤニヤさせながら切り出した。
オレは奴の言う事を何でもきくつもりで『頼み事の内容』を訊き返した。

「お前は年上の人を『貴方』って呼ぶけど、オレのこともそう呼んで欲しい。そう呼ばれてみたいって前から思っていたんだ」

突然そんな事を言われて驚いた。
そんな事は今まで誰にも願われなかったし、奴がそんな事を考えていたなんてまるで気が付かなかった。

「なんでそうして欲しいって思ったんだ?」と質問してみたら、「雰囲気が良いから」と奴は答えた。
なるほど、雰囲気か。確かに『お前』と『貴方』ではかなり違うな。後者の方が親密でアダルトな感じがする(よな?)
オレが奴に様々なものを求めているように、奴もオレに同じぐらい様々なものを求めていているのかもしれない。もしもそうなら嬉しい。それはオレにたくさんの興味を持ってくれていることになるから。

奴に言われたのは思いっ切り想定外の事だったが、別に嫌ではなかったので「良いぞ」とOKした。

「ありがとう」と奴は言った。
「貴方が喜んでくれるなら」とオレは言って奴の肩を抱き締めた。

けれどまだ違和感でいっぱいだ(笑)
まあ、三日も経てば慣れるだろう。
だけどオレが奴を『貴方』と呼ぶようになっても、奴はオレを『お前』と呼び続けるつもりか? そうなると普段から主従関係っぽくなるな(汗) 『貴方』と呼ぶと目上の相手というイメージが強くて、オレはますます奴に従順になってしまいそうだ。

という訳で、彼が元気になったら美味しいケーキをたくさん差し入れてやろう。
早くそんな時が来てくれたら良いな。

皆さんの中にも、今は大変な思いをされている方がいらっしゃるかもしれない。
全ての辛さや悲しみが癒える日が一日も早く訪れるように心からお祈り致します。

明日は何が起こるか判らないが、何があっても、自分を苦しめる全てのものに負けないで必ず幸せになろうな。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます。とても嬉しくて毎日の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは不定期に返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ル クリエ ドゥ ラムール
Tue.07.02.2012 Posted in 恋愛
ちょっと外でサボりながら、ごきげんよう。

昨夜は一人で都外のホテルに宿泊したが、眠ろうとした時に、奴からメールが来ていた事に気付いた。

件名は、『眠れそう?』
本文は、『お前は忙しいと眠れなくなる時があるから心配だ。良い夢を見てね。愛してるよ』

昨日は急に都外に行く用事が出来たがそれほど忙しい訳ではなかった。
行く前には奴に『そういう事情で行って来るから土産を買って来るぞ』と呑気なメールを送ったのだが、奴はオレを案じてわざわざメールをくれた。

オレはさっそく奴に返信した。

件名は、『ありがとう』
本文は、『今夜は枕をお前だと思って抱っこして寝る。愛してる。明日は本物のお前と寝たい』

オレは嬉しいメールを読みなおす癖があるのだが、昨夜もそれに漏れず、眠気も忘れて奴からのメールを眺めていた。
眺めながら、最近のオレと奴の付き合いをボンヤリと思い浮かべていた。あれから特に変わった事はないが(オレは奴を問い詰めたりはしていないしネガティブな事を想像するのも止めている)、奴からのメールが明らかに増えた。友人と外出している途中には必ず送ってくるし、今夜のように何気ない要件で送って来る事も多くなった。

恐らく奴は、オレが不安にならないようにそうしているのだろう。
そんなに気を回すことはないのに……等と思いながらもオレは、奴のメールがマメになった事にしっかりと安堵と喜びを感じている。

情けないな。だけど嬉しい。ありがとうな。

昨夜はベッドに入って枕を抱き締めた。
メールで予告した通りそのまま眠るつもりだったが、奴と一緒に眠る時の事を思い出して眠れなくなってしまった。
いつもなら、奴が先にベッドに入っている時には後から入ったオレが奴を抱き締めて、オレが先にベッドに入っている時には後から入ってきた奴に背中を抱き締められたりしているが、そんな時の奴の身体の暖かさや感触をハッキリと思い出して眠れなくなってしまった。

つくづくオレは、まだまだ奴の事が好きなんだな。
最近あった出来事は、その気持ちをしっかりと確認させてくれた。あの時に感じた堪え難い嫉妬とやるせない愛しさは、三年の月日の中で褪せてしまったと思っていた感情がまだ息づいているを思い知らせてくれた。

愛してる。愛してる、愛してる。
お前が必要なんだ。愛している。

そう心の中で呟いてはため息が漏れた。
奴は単にオレを案じて送ってくれたメールだったが、オレにとってそれはとても切ないメールになってしまった。

そんな訳で、昨夜の就寝時間は3時半。
お陰で今日は眠い。今朝は余りにも眠すぎて目が開かなかった(汗)

『どうして眠れなかったの?』と奴に訊かれたら、お前に恋煩いしていたからだと素直に答えてやろう。
付き合ってもう三年目だから今更のような気もするが、本当なのだから仕方が無い。

さて、紅茶を二杯飲んでこれを書いていたら頭が覚めてきたぞ。
今日も仕事を頑張ろう。

どうぞ皆さんも充実した良い一日を。
今日も皆さんに感謝を込めて、沢山の良い事や楽しい事があるように応援しています。

では、また夜に!

★いつもバナーをクリックして下さってありがとうございます。とても嬉しくて更新の励みになっておりますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは不定期に返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Mon.06.02.2012 Posted in コメント返信
たくさんのコメントをありがとうございます。

返信は遅いですが、いつもその日の内に読ませて頂いております。
そして楽しい気持ちにさせて頂いたり、力強い気持ちにさせて頂いております。

コメントを添えることはなくても、心の中や拍手やクリックで支えて下さっている全ての方にも感謝を申し上げます。

皆様のお陰でますます書く意欲が沸きます。
このブログを支えて下さってありがとうございます。

拙いブロガーの拙いブログですが、どうぞこれからもよろしくお願い致します。

==========

★SO~Eさん
「寒い!」と言い合っているのがまた楽しいですが、その後は暖かいところで温かいものが飲みたくなります(笑)
そうですね。刺激的な時間も楽しいですが、そんな何気ない平和があるからこそなのだと思います。良い買い物デートができました。
この数日はちょっと暖かいですが、春が来るまで先週のように冷え込まないと良いですね。
こちらこそありがとうございます。今週もSOさんに楽しい事がたくさん起きますように。

★Se~nさん
プロでもないのに料理が物凄く上手い人っていますよね、男性でも。将来的にはそんなナイスミドルになりたいんですが、今のままではかなり厳しそうです(笑) あ、またSさんと趣味が合いましたね! オレも釜飯が大好きで、鎌倉の有名なお店がある場所に行くと(浅草とか)必ず食べています。おお、それは羨ましいアルバイトのオマケ! バイトで美味しいものがご飯に出されると物凄く嬉しいですよね。こういう話をしていると深夜でも食欲が沸いてきます。
野外だとやっぱり恐怖感もあって一箇所でじっくりは楽しめないですね。広大な山とか砂浜なんかを私有地に持っているお金持ちのお坊ちゃんに生まれたかった!(笑)
楽しんで頂けて嬉しいです。本日よりまたフェティ連載を始めますので、どうぞよろしくお付き合いください。
この数日はちょっと暖かいですね。このまま春になってくれたら良いでしょうね。

★k~oさん
オレも買ってしまおうかと悩んでいます。欲しいですが恥ずかしいというか(汗) あ、妹に頼むという手も……。
さすが看板漫画、そういうオマケを付けると本誌の売上がガラリと違ってくるのでしょうね。
『猫の大家さん』、猫をコンプリートするとやる事がありません(汗) なので今は浮気をして『なめこ』を栽培しています。ああいうアプリで遊んだ事はほとんど有りませんでしたが、あると暇つぶしにやってしまいますね。育った『なめこ』は可愛いです。
そういえば高齢者の方を対照にした携帯(スマホ)教室もあるとか。時間とお金と好奇心に余裕の方はどんどん最新テクノロジーを吸収しているのかもしれませんね(笑)

★yu~iちゃん
いえ、yuちゃんもオレも多分、その楽しい時間が終わってしまうのを惜しんでいるのだと思います。まだ何時間もあるなら『まだ○時間も楽しめる!』と喜んで、もう1時間を切ってしまったら『終わらないで欲しい』と願ってしまうんです。楽しさに没頭していられたら良いのですけどね。でもどうしても時間を気にしてしまいます。
釜飯って美味しいですよね! 器も可愛くて捨てられません(でも使い道がなくて結局捨ててしまいますが・笑)
ああ良いですね、その具のラインナップ。読んでいたら食べたくなってきました。また自分でチャレンジしまみようかな。
yuちゃんもきっと美味しい料理を作られるんでしょうね。その美味しそうな炊き込みご飯などご家庭で人気でしょう? オレはyuちゃんの手料理は頂けないので、アドバイスを有り難くちょうだい致します(笑)
ありがとうございます。今のところ風邪もインフルエンザにも罹っていませんが、春が来るまでは油断しないでたっぷり野菜を採ります。yuちゃんも体調に気を付けて、毎日楽しく過ごして下さいね。

★ok~iさん
今週はちょっと暖かくなるみたいですね。先週までずっと寒かったので(あんなに寒い関東も珍しい!)、もう春が来たかのような気分になっています(笑)
いえいえ、こちらこそ拙いブログを読んで下さって本当にありがとうございます。面白かったと声を掛けて貰うのが嬉しいので、okさんのコメントにはとても励まされております!
恵方巻きは……ブログに書いた通りで、本当の食べる恵方巻きは食べそこねてしまいました。okさんは食べられたんですね。きっとたくさんの福が来たことでしょう! オレもやっぱり真面目に食べれば良かったと後悔しています(汗)
少し暖かくなったとはいえまだ冬ですからね。okさんも毎日元気で、楽しく過ごされますように。

★ma~uさん
猫はセクシャルな雰囲気がありますからね。そんな素敵な言葉遣いをされる先生にオレも習ってみたいものです。
それにしてもフランス語! 良いなあ! オレも今後語学が必要になってくるので、そろそろ真面目に学習しないとまずいかもしれません(汗)
ありがとうございます。そんなおだてて頂いたら小説家を目指しそうになってしまいます!(笑)

★ky~uさん
痛い話を書くと、皆さんが引いている雰囲気が手に取るように判ります。ランキングは下がるし、いただくコメントもとても寡黙で(笑)
そうですね。同性だと相手の欲求がハッキリ判ります。特にオレと奴はSとMの関係なので刺激のツボが良く判ります。だからどんどんハマって過激になってしまうのですが、危険な事は控えないといけませんね。こういう事で事故を起こして新聞に乗るのは嫌ですから(笑)
そうなんですか、新しいニャン子のご家族が! そのmixは素敵ですね、きっと物凄く可愛いんだろうな!
kyさんなら毎日毎日とても可愛がられるでしょうね。ご家族の皆さんも猫が大好きなご様子で、kyさん宅に嫁いだその猫ちゃんは幸せものです!
そして可愛いお名前を付けられたんですね。判ります、特に遊び盛りの仔猫がいると、その姿は小さいのに家全体が明るくなります。
オレが奴にデレデレするようにkyさんはそのニャン子ちゃんにデレデレですね(笑) ありがとうございます、kyさんの猫ちゃんも毎日楽しく健やかに過ごせますように。ずっとそうお祈りしています!
アボカドグラタンはお勧めです。久々のヒットでした。ボストン君に感謝です。

★ma~eさん
ええ、幼少の頃からあのチョコをですか! 酔わなかったですか? あれって結構アルコールの味が強いですよね? しかもむしゃむしゃ…って、さすがmaさん!
なるほど、寂しい環境だった反面、お菓子には恵まれていたんですね。ラミーは大人の気分で召し上がっていたんでしょうか?(笑)
ええ、そうなんですよ。オレが良く行くスーパーでは『期間限定品!広告の品!』とか張り紙がされているので、ラミー&バッカスはとても目立っています。
そうですね、今は子供に食べさせるお菓子も厳しく制限されていそうなので、そういう事情もあるのかもしれません。
判りました。今からシロ子の背中に乗って王子様のようにお届けに上がります(笑)
この間お正月かと思ったらもうバレンタインですね。本当に時間の流れは早いですね。
あ、そんなバレンタインメニューも良いですね。オレもそろそろ何を贈るが決めてしまわないと! 手抜きと言いつつmaさんの作られるチョコは美味しそうですよ? 味見の為に参上したいです。シロ子に乗って(笑)
今回の金時ケーキ、しっかり失敗しましたよ(汗)
オレも密かに思っていました。お口の恋人という言葉はとても悩ましくて淫靡です。

★ha~8さん
ありがとうございます。美味しそうと言って頂けてとても嬉しいです!
でもお手本の写真はもっとふわりと膨らんでいて美しかったです。あんな風に作るには、もっとお菓子作りに慣れないと厳しそうです。
そ、そうですか。フォローを入れる隙もなく「ダメ!」とおっしゃられしまうんですね(汗)
おお、旦那様が! 手作りのサツマイモのパンは美味しかったでしょう? 良いなぁ、そんな優しい旦那様のお話を伺うと幸せな気分になります(笑)
コーヒーにお酒って美味しいですね! オレはアイリッシュコーヒーぐらいしか飲んだ事がなかったのですが、奴に言わせると、ほぼどんなコーヒーにも合うのだとか。
エスプレッソにブランデーも香り高くて良さそうですね。明日は奴のエスプレッソマシーンを借りてしまおうかな。
かなり強いアルコールだったんですね。そこまで強いと、ブランデー入りのコーヒーというより、コーヒー入りのブランデーという方が当たっているような気がします(笑)

★ji~uさん
ありがとうございます、楽しんで頂けて嬉しいです! ああいう雰囲気の行為はオレも一番好きなので、これからもちょくちょく思い出しては書き綴らせて頂きます。
痛い話は読まれている方も痛い気分になってくるでしょうね(笑)
そうですね、SM系の変態といってもかなり幅が広いです。たとえ同じ性別であっても多種多様で、ちょっとここには書けないような好みを楽しんでいる方もいれば、芸術的な意識を持って楽しんでいる方もいます。SMを好きになった動機も色々ですからね。同性愛者と同様に、一括りには語れない世界だと思います。
良い印象を持って頂けたら嬉しいです。今後もどうぞよろしくお付き合い願います!(笑)

★ta~aちゃん
シロ子はお腹がたっぷりで毛も柔らかいので、顔を埋めると天国のような心地良さを味わえます(猫自慢)
眠れない夜にtaちゃんにもモフっとさせて差し上げたいなぁ。この寒い季節、猫のお腹は一家の宝物です。

★ak~maさん
おお、akさんもKAGAYA氏のファンだったとは(笑) ええ、実はかなり前に作品を拝見して、その繊密な美しさの虜になってしまいました(お弟子さん?の貴希さんのイラストも最近では好きです)
お近くにあるなら是非! 美しいばかりではない良い作品でしたよ。宮沢賢治作詞作曲のテーマ曲が頭に残って、しばらくは「赤い目玉のサソリ♪」とか口ずさんでおりました(笑)
教えて下さってありがとうございます。さっそくフォローさせて頂きました。氏のツイートを楽しみにしています。

★sa~uさん
それは勿体無い! プラネタリウムはとても素敵で楽しいところですよ。今よりもずっと暇だった昔は何度も足を運んだものです。あと水族館にも。
さつまいもの料理を誉めて下さってありがとうございます! 創作料理と言っても、まだまだ単純な味付けのものしかできないです(笑)
saさんのお弁当こそ美味しそうでした。オレもバラエティなお弁当が作れるようになりたいです。

★as~aたん
NO、NO!
あれは妄想じゃなくて事実を回想していたんだ(汗)
やっぱり最後までちゃんと書かないとアレでしょうか(何)
手枷は買い換える事にしました。手首が痛くなって痺れてリアル奴隷気分は味わえるけど、血が止まるのはやっぱり怖いです。

★いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。今夜の更新も頑張ります!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

憩いの食卓
Sun.05.02.2012 Posted in 恋愛
実家の一室より、ごきげんよう。

昨日も今日も天気が良くて暖かかったな。
お陰で両日とも楽しい外デートが出来たぜ。

昨日は予定通りプラネタリウムに行ってきた。
KAGAYA氏の『銀河鉄道の夜』は評判以上の素晴らしさだった。何が素晴らしいかったかといえば、幻想的で輝き出すようなグラフィックは言うまでもなく素晴らしかったが、深い望郷の念を掻き立てて止まない雰囲気が何よりも素晴らしかった。

胸の奥に込み上げるものに魂が震えるといのか、オレの斜め前の席に座られていた女性は涙もろい方だったらしく何度も目元にハンカチを当てていた。特に感動的なシーンという訳でもないのだが(効果を盛り上げる音楽などもなく)、何故かじわりと来るシーンが何度もあった。

漠然と感じる懐かしさって不思議だよな。別にその情景に思い出がある訳でもないのに、ずっと昔はそこで暮らしていたかのような切なさを覚える。
多くの場合、純朴な自然に溢れた情景にそれを感じる。そしてそこは穏やかで、優しくて暖かい雰囲気に満ちている。
あるいは、公害やストレスでパンクしそうな日常を過ごしているからこそ、そんな場所に憧れを感じて懐かしいと思ってしまうのかもな。豊かな生活を得た代償として失くした自然の幽玄・神秘なるものに、無意識にも憧れを抱いている人間は多いのかもしれない。

そんなものに触れる機会は滅多にないが、そんなものに惹かれる気持ちは大切にしたい。社会に生き残る為の不安と焦りが繰り返される日々の中で、それを忘れてしまったら、自分は、大切な人は、大勢の人達は、本当は何を求めているのか判らなくなってしまいそうだ。

ずっと行くつもりで二年以上も行かなかった銀河鉄道の夜だが、昨日観ることが出来て良かった。
昼間は淫らに過ごしたせいで午後からの外出が面倒になったが、奴に「今日は行くんでしょう? 絶対に!」と尻を叩かれて行って来て良かった。時間に都合が付くなら近い内にまた観ておきたい。

プラネタリウムを出た後は仕事関連の買い物をして、それから恵比寿の串焼き屋で夕御飯を食べた。
奴が同僚に評判を聞いたようで、急に「串焼きが食べたい」と言ったので、数年前に入った切りのその店に入った。オレはあんまり串焼きは食べないからな(汗) 好きじゃない訳ではないんだが、行くなら鉄板焼き屋の方を選んでしまう。

奴は喜んで色々なネタを注文していた。
けれどそれらをモグモグと美味しそうに食べながら、「最近また自炊をサボって外食ばかりするようになっちゃったね」と言った。

「今日は仕方がないだろう。朝からあれだったしな」
「そうだね。今夜も作る気がしないでしょう?」
「しないな。明日作ろう」
「明日は必ずね」

という事で、オレと奴は串焼きを食べながら明日の献立を考えた。
けれど食べながら食べたいものを考えるのはなかなか難しくて、スーパーで食材を見ながら決めることにした。

で、選んだのはアボカド。
今度は前回のサラダの時とは違ってしっかりと熟していた。

これでグラタンを作る事にした。実は少し前に、奴と一緒にボストン君の自宅に遊びに行ったらアボカドのグラタンをご馳走になったのだが、これがとても美味しかった。
レシピを訊いたらとても簡単で、次回アボカドを買ったら作ってみようと思っていた。

2012_02_05_2.jpg

なかなかの成功!(しかし今になって気付いたが上にパセリを乗せるのを忘れている)

奴が、「今度はパンに乗せる分も作って!」と言っていた(笑)
やっぱり奴に「美味しい」と言ってもらうと嬉しいな。最近は料理をサボりがちだったが、今週からまた健康の為にも頑張りたい。外食が多い分、新鮮な野菜をちゃんと取らないとな。

そしてもう一品、さつまいもと豚肉の炒め物。
こちらはオレの思い付き料理。いつも作っている魚の蒲焼をアレンジしただけのもの。

2012_02_05_1.jpg

さつまいものパウンドケーキの時にも書いたが、頂きもののさつまいもがとても美味しいので、さつまいもを使った料理を作るのが楽しい。
シンプルに焼き芋にしても物凄く美味しいんだけどな。甘味があるからデザート代わりにもなるし、忙しい時の手抜き料理にもなる。
だけどこの機会に作ってみたいさつまいも料理はまだまだある。きっとまた近い内にお披露目すると思う。さつまいもは奴も好きだしな(笑)

(本日のこの2品のレシピは、このエントリー最後の<今日のレシピを見る>からどうぞ)

「お前はどんどん料理が上手くなってるね」

と、食事の後に奴が言った。
『そりゃあお前の為に頑張ってるからな』と、オレは心の中で密かにデレデレした。

でももっと上手くなりたいな。毎日作れたら良いだろうな。
でも毎日作るのは献立を考えるだけでも大変そうだ。オレはたまに作るからまだ呑気にデレデレしていられるのだろうな(笑)

「オレの作ったものを美味しいって言って食べてくれるお前が好きなんだ」

とオレが言うと、奴は照れたように微笑んでこう言った。「明日はお前の為に晩御飯を作るよ」と。
オレは思わず幸せを噛み締めた。

という訳で、
この二日間は思う存分楽しく過ごした。
これで明日は何が起きても大丈夫だ。雨の中を遠い役所まで歩いて行っても心は晴れやかだ! ……いや、予報では明日の関東は雨で、明日は朝から複数の役所を渡り歩く用事があってな(汗)

どうぞ皆さんも、明日から始まる一週間を元気にお過ごしください。
そして今夜は心ゆくまで日曜日をお楽しみください。

では、今夜も暖かくて楽しい夢を。
おやすみ。

★明日の更新も待ってます!と思って下さる方は下のバナーを押して
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

消耗のエクスタシー
Sun.05.02.2012 Posted in SM・フェチ
シャワーの後、
パジャマ姿で立ったまま雑誌を眺めていると奴が背中に抱きついて来た。

「ベッドの下にこんなものが落ちていたよ」

そう言われて後ろを向けば、こちらに差し出された奴の指には銀色の手錠──いや、通常の手錠よりも何倍も幅のある『手枷』が掛けられていた。

「そういばずっとそれを見てなかったな」
「失くしていた事に気付かなかったね。以前ベッドでこれを使った時に落ちてしまったんだ」

奴はオレと話をしながら、何気なくオレの片腕に手枷を嵌めた。
それはサイズが小さかった為に『お気に入り』にはならなかったボンテージアイテムだった。けれどこうして手首に嵌められてみると、その窮屈な拘束感はなかなか悪くない。
おまけに、背後に立つ男からこんなものを嵌められるというシチュエーションがちょっと刺激的だった。

ガチリ。
左右の手が拘束された。

この手枷の鍵は頑丈で、鍵穴に付属の鍵やピンを差し込んで回せば外れるようなシロモノではない。
左右の手を拘束されてしまったら自分では絶対に外せない。
外せるのは鍵を持っている奴だけだ。

不意に、奴はオレのうなじにキスをした。
オレはゾクリとして、その途端、奴に対してこんな欲求が生まれた。ただ戯れに手枷を嵌めただけで終わらせず、それ以上の事も仕掛けてはくれまいかと。

「今夜はそのまま寝る?」

奴はオレの肩を抱いて耳元でそう囁いた。
どうやらオレの欲求は報われたように思えた。

「このままじゃ大人しく寝ないぞ」
「縛られたら大人しくするものなのにお前は違うんだね」
「奴隷みたいにお前に奉仕したくなってウズウズする」
「奴隷みたいに? 奴隷でしょう?」

奴はずっとオレの耳に唇を付けて囁いていた。
奴が声を出す度に背筋がゾクゾクした。昨夜も昼間もセックスに耽ったというのにオレはまた硬く昂っていた。

オレもそうだが奴も言葉(&声)で遊ぶのが好きだ。
言葉はイマジネーションを刺激するもので、手や口では与えられない強烈な興奮を相手に与えることが出来る。だから淫らな昂ぶりをこよなく愛するオレと奴はセックスの前や最中にほぼ必ず言葉で刺激し合う。
時には過激な言葉を言わずに相手への想いだけを囁く事もあるが、それだって十分に快楽や感度を高めるものだ。

「奴隷のオレはいかなくて良いから、お前が満足するまでやるぞ」
「その手枷の鎖をベッドに縛り付けて、動けなくなったお前の上に乗るのも楽しそうだよ」
「それとも奴隷に犯されるシチュエーションの方が感じるか?」
「犯されているフリをして楽しむよ」

奴は背後から手を回してオレの膨らみを撫で付けた。
一気にヒートした。かつて奴がオレに言った、『お前のこれはオレを満足させる為の道具だから』という言葉が頭に浮かんだ。
奴が自分の内面に潜む欲深さと淫らさに溺れて快楽を貪ろうとする時、外で見せる紳士然とした表情は消えて支配的なサディストの表情に変わる。そしてオレはそんな奴に興奮を積もらせ、もっと奴が貪欲さを露わに出来るように様々な言葉や行為を繰り返す。

「縛ってやる」
「その手で? 出来るの?」
「出来るぞ。縛って動けなくして何回も寸止めしながらやってやる」
「奴隷のくせに……」

奴の声は上ずっていた。
言葉や声には興奮の程度がありありと現れる。奴は思いっ切りオレで楽しむつもりでいた。

奴の為に消耗して行くオレの肉体と精神と精子。それらは全て奴の歓喜によって昇華される。
そしてオレはもっと消耗される事を望むようになる。貪欲なサディストの顔を見てしまえば、もう歯止めもなく。

──と、
彼氏は先に眠ってしまって、一人寂しくそんな事を思う真性マゾヒストの日記だった。

前に誰かが『男奴隷の喜びは消耗される事にある』とか言っていたが、つくづくそれを実感している。
いやそれよりも手枷は買い直した方が良い。嵌めている時間が長くなると食い込みがきつい。それも奴隷気分が満喫できて良いかもしれないが、血が止まりそうになるのは怖い。オレは血に関しては思いっ切り臆病なんだ。出ても怖いし止まっても怖い。SMは危険が付きまとうものなので、グッズや行為には完璧なぐらい安全性を求めないとやってられない。

という訳で、手酌酒をしながら書いていたら眠くなってきた。
iPhoneのデータ整理は明日にして、そろそろ奴の眠るベッドに戻ろうと思う。

今夜は二度目になるが、おやすみ。

もう眠られている方は良い夢を見ているかな?
今夜も楽しい夢を見ような。明日も楽しい気分で目覚めて幸運な一日となるように。

では素敵な日曜日を!

*明日か明後日、コメント返信をさせて頂きます。いつもありがとうございます!
*月曜日からまたフェティッシュ連載を開始します。よろしくお付き合い願います。

★下の2つのバナーを押して頂くと次回の更新の励みなります!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

チェリーフェティッシュ
Sat.04.02.2012 Posted in SM・フェチ
チェリーチョコレートを一粒、奴に渡した。
奴は赤い包みを剥がしてチョコレートを口に含んだ。
オレはそのタイミングで奴を引き寄せてキスをした。そして奴の口の中に舌を挿し込ませて、甘いリキュールを滴らせているチェリーを奪い取った。

「オレが食べていたのに」と奴は笑った。
「食べさせてやるから」とオレは笑い返して、チョコレートの包みを剥がした。

それを奴の口に寄せると、奴はオレの人差し指の先まで口に含んで、チョコレートと共にぺろりと舐めた。そしてそのまま咀嚼して、オレの指にも噛み付いた。

猫の甘噛みを思い出した。それはチクリと痛くて、だが可愛らしくて官能的だ。

やっぱりオレはチョコレートが欲しくなって奴にキスをした。
しかし奴は笑いながらもぎゅっと口をつむって、身体をよじらせながらオレに奪われんとして抵抗した。
オレはそんな奴をソファに押し倒して、奴の口の中に舌を割り込ませようとして強引なキスで粘った。

んーんー。
んー!
お互いに「ん」しか言えなくなっていた。

およそ1分後。
チョコレートをすっかり飲み込んでしまった奴が笑いながら言った。「今度は一緒に食べよう」と。

箱がカラになるまでチョコレートを食べた。
三粒目ではキスをしながら互いの服を脱がせ、四粒目ではキスをしながら互いを手で愛撫し、最後の五粒目ではキスをしながら繋げた身体を激しく揺さぶった。

外出の準備をする時間が来るまでカーペットの上でまぐわりあった。
甘いリキュールに酔ったふりをして淫らに楽しく休日の昼間を過ごした。

さて、ここで話はガラリと変わるが、
今日の昼間、妹からこんな写真が送られてきた。

2012_02_04_1.jpg

ストーブの前で大股開きをしてグーグー眠るシロ子。
ヤバイな、丸見えだ。修正してから上げるべきだったか。

この写真を送ってきた妹の話によれば、ガーナ子はこの状態のシロ子の隣に来て、非常に冷めた目で1分間ほどじっと眺めたそうだ。
そういえばオレと奴がチェリーチョコレートでエロ行為をしまくっている最中に猫様が入ってきたが、きっとガーナ子と同じような目で眺めて行ったのだろうな(汗)

猫様はオレと奴のセックスを何度も見ているが、その度に「また大股開きをしてはしたない」とか「人間のくせに四つ足の恰好になってみっともない」とか思っているのかもしれない。
オレはもうシロ子に対して「野生の雄の風格を取り戻すんだ!」なんて説教はできないな(汗)

昨夜もそうだった。
リビングの椅子でオレが奴の恵方巻き(もうこの言い方は止めよう)を咥えていると、猫様がクルルと鳴いて寄って来てオレの後ろに座り込んだ。けれど何かを要求するわけでもなく(猫めしをくれとか、遊んでとか)、ただじっとこちらを見て、気付くともういなくなっていた。

奴の家に通い始めた頃は猫様の視線に緊張したものだが、その内に慣れてなんとも思わなくなった。
だが最近(一年ぐらい前から)は、自宅でまで変態行為をするようになって、そんな場面を見られると猫様の視線が痛く感じるようになった。

たとえばボンテージのエナメル素材のエプロンを奴に着せてキッチンで背後からやっている姿とか、奴に猫耳を着けて四つん這いで牛乳を舐めさせているところを背後からやっている姿とか、一体猫様はそれらをどう思いながら眺めているんだろうかと気がかりになる。
何も思ってないから! と笑われそうだが、それにしては必ず腰を据えてじっと眺めるんだ。だからどうしても変態を見る目で見られているように思えてならない(汗)

まあ、猫様も男の子なので混ざりたいのかもしれない。
けれどずっと前に奴からこんな話を聞いた。『特にオスの家猫のは嫉妬深くて、飼い主に恋人(or新たな飼い猫)ができると横取されたと思ってじっと睨むんだ』と。そういうことだったら怖いな。でも猫様にも譲れないぞ。でももっと猫様に奴を還元してやるべきか。

明日も休みなので、明日は猫様のオヤツと玩具を買いに行こう。
普段は風格があって恰好良い猫様だが、実は奴の事が大好きな甘えん坊なので、寂しい思いをさせないようにもっと可愛がってやろう。奴にとって猫様は日本で唯一の大切な家族だしな。

という訳で、明日も楽しい日にしようぜ。

皆さんも今日は楽しい土曜日だったかな?
あるいは今日もお仕事orお勉強だった方はお疲れ様でした。その頑張りが必ず幸運を育みますように。

では、引き続き楽しい土曜の夜を。
そして眠られる時には暖かくて幸せな夢を。

おやすみ。

★次回の更新も待ってます!と思って下さる方は下のバナーを押して応援をお願い致します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

銀河鉄道でハート惑星へ
Fri.03.02.2012 Posted in 恋愛
奴の自宅の一室より、ごきげんよう。

今日はオレも奴も同じ頃に仕事が終わったので、奴の仕事が終わった場所の近くにあるレストランで待ち合わせをした。

2012_02_03_1.jpg

まずは乾杯。
その後にチーズのリゾットとクリームソースと山羊のチーズのパスタを食べたが、どちらも舌に良く馴染むコクのある美味しさだった。

リゾットとパスタは、それぞれ半分の量を一枚の皿に取り分けて、オレと奴の分を運んで貰った。濃厚なイタリアンの味は大好きだが同じ味を一皿ぶん食べるのはちょっときついオレにとって(途中でその味に飽きてしまう)、取り分けてくれる店は有り難い。奴もその方が経済的に二種類の味が楽しめると言って喜んでいる(笑)

「でもたまに物凄く濃厚なイタリアンって食べたくなるんだよな。ワインでじっくり煮込んだビーフにチーズを溶かしたような料理とか。それを冷えたシャンパンを飲みながら食べると最高」
「あるね、そういう時。そういえば以前、お前はそんな事を言って濃厚なビーフソースのパスタを作ってたね?」
「ああ、でも食べていると途中で口が重くなって他のものが食べたくなるんだ」
「オレは平気だな。あのパスタ、また食べたいから近いうちに作って」

あの時と同じ味のソースが出来上がる保証はなかったが、取り敢えず『良いぞ』と奴と約束した。
そうなんだよな、オレの料理は毎回味が違う。前回は成功したのに今回は失敗したというパターンも少なくない。まだまだ初心者の域から出られていない。

2012_02_03_3.jpg

それにしても今日のイタリアン、濃厚な味が欲しくてチーズ&クリーム味の品をオーダーしたが(その他に前菜とパンとサラダ)、どちらもかなり濃厚で途中で口が重くなった。片方はブイヨン味かトマト味にしておけば良かったな(汗)
奴が平気なのは、子供の頃から肉料理ばかりでなく乳製品も多くとっているせいなのかもしれない。なにせデンマークは酪農王国で乳製品の消費が盛んだからな。

コース料理を一緒に食べる時に度々思うが、奴(&欧米の方々)は食事に対する持続力がある。あれはたくさん食べられるからだけではなく、濃厚な肉風味やミルク風味に慣れているせいもあるのだろう。
たとえ薄い味付けにしても、舌に感じるそれらの濃さというものは変わらないからな。美味しいものを食べるのが好きなオレにとっては羨ましい限りだ。

「その代わりオレのリクエストも聞いてくれ。またお前のスムッシーが食べたい」
「良いよ。いつでも作ってあげる。本当のスムッシーみたいにキレイでも豪華でもないけどね」

スムッシーというのは、少し前のエントリーで書いた、ライ麦パンに寿司の素材を乗せて食べるデンマーク風寿司のことだ。
あれから奴はスムッシーを作ってくれたのだが、予想してた以上に美味しくてバラエティーで、まるでホームパーティでもしているようだった。
基本的には小さめに切ったパンの上に素材を乗せるだけだが、様々な種類の素材をキレイに(ケーキの飾りのように)乗せなくてはならないので手間が掛かる。だから次回はオレも手伝って作ろうと思う。そして写真を撮れたら良いな。

レストランを出て買い物をした。
(本日のレストランは、フォーシーズンズホテル椿山荘にある『イル・テアトロ』です)

奴が買い物をしている最中、オレは10分ほど別れてこれを買った。

2012_02_03_2.jpg

リキュール漬けのチェリーチョコ。
ああ、冒頭に書いた『オレが昨日から欲しいと思っていたもの』とはこれなんだ(笑)

今日はオヤツを一口も食べなかったので(シャンパンは一杯だけ飲んだがバナナも食べなかった)、明日はこれをオヤツにしようと思う。
もちろん奴に口移しで食べさせて貰うつもりだ。さり気なくそんな流れに持って行ってな。
それを思えば今から胸が疼く。早く明日の夕方になって欲しいぜ。
本当は朝起きたらすぐにやって欲しいところだが、朝からリキュールチョコを食べるのは健康によろしくなさそうだ(笑)

ところで今日は節分だったな。
オレの会社(奴宅でも)ではやらなかったが、お客さんの事務所で豆まきをやっていたので参加させて頂いた。
参加といっても「福は内!」と一回言って年の数の豆を食べただけなんだけどな。それでも日本古来からの伝統ある行事に参加できて良かった。やっぱり家(奴宅)でもやれば良かったな。

いや待て。
まだ今日は終わっていない。これからでも間に合う。

さすがに今から豆まきをするのは大変だが、恵方巻きなら。
とは言え深夜に太い寿司を買ってきて食べるのも不健康なので(それ以前に売り切れているだろう)、ここは一つ代案という事で、奴の恵方巻きに登場して頂くということで。

……なんだか、オレが恵方巻きと発言した途端にオチがバレバレだったような(笑)

まあ、日本の伝統行事を冒涜するつもりはない。
けれどもしも今夜そんな行為をするならば、今年の恵方は『北北西やや右』だそうなので、そちらを向いて完食するまでは一言も言葉責めなどしないで黙々とやってしまいそうだ。『ありがたやー』と思いつつ願い事をしながら。
なんなら手を合わせながらするか。いっそ両手をネクタイで縛ったりして。

どんどん変態話になって行くのでそろそろ終わろう。オレに恵方巻きの話題は刺激的すぎる。

さて、あと原稿用紙2枚分の文章を書けば今週の仕事は終わり。
明日は丸々休みなので楽しく過ごしたい。
最近の夜空は澄み渡っていて、あんな美しい星空を見ていると何年かぶりにプラネタリウムにでも行きたくなる。

だが明日は土曜日だから混んでいるかな? 電話して空いていたら行ってみるか。
KAGAYA氏の『銀河鉄道の夜』も観たいしな。もう二年以上前から奴と観たいと思いつついまだに観に行っていない(汗) 明日は奴に尻を叩かれながら観に行こう。

という訳で、
明日は星空鑑賞と濃厚なリキュールチョコのキスを頑張りたい。
濃厚なアレコレはきっと今夜中にやってしまうだろうがな(笑) ゆったりと過ごせる土曜の夜は最高だ。

どうぞ皆さんも、明日はステキな休日を。
その前に、引き続き楽しい金曜の夜をお過ごしください。

では、今夜も暖かくて幸せな夢を。
おやすみ。

<お礼>
『パ・ドゥ・シャ』への沢山のリクエストクリックをありがとうございました! 多くの方々に楽しんで頂けてとても嬉しいです。また近いうちにあんな体験話を書かせて頂きます。ちなみに『パ・ドゥ・シャ』は、フランス語のバレエ用語です。『pas』はステップ(歩調)で、『chat』は猫。猫のステップ(猫のように飛び跳ねるステップ)という意味です。

★次回の更新も待ってます!と思って下さる方は下のバナーを押して応援をお願い致します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

キスの味はチェリー?ラム?
Fri.03.02.2012 Posted in 恋愛
寒い深夜に、ごきげんよう。

もう日付が変わってしまったが、今日は休日だった。
休日といっても溜まっていた仕事を片付けていたので退屈ではなかった。それでも自宅に居れば時間に余裕があるので久しぶりに凝ったものでも作ろうと思った。

先日、親切で楽しい友人から見事な鳴門金時(サツマイモ)を送って頂いた。
実はそれを頂いた時から、『これを作ってやろう!』と密かに思っていたレシピがあった。

それは、サツマイモのパウンドケーキ。
通常、パウンドケーキは比較的作りやすいデザートだが今回オレが選んだのはプロフェッショナルな作り方でかなり難しそうだった。

そして時間をかなり掛けて作ってみた訳だが、結果は、失敗(泣)

2012_02_02_1.jpg

パウンドがフワフワになってくれなくてモチっとしてしまった。おまけにイマイチ膨らみ方が足りない。

原因は判っているんだ。バターを常温に戻し切れていななかったせいだ。それでバターと卵が分離してしまってフワフワにならなかったんだ(とか書くとデザート作りが上手い人のように見えるな。知識とは、例え実力が伴っていなくてもその人間をプロフェッショナルに見せるものだ←深夜に悟った)

それでも味見をしてみたらかなり美味しい。
パウンドの中にラム酒と練乳を効かせたサツマイモのクリームを詰め込んでいるのだが(写真でその部分がお判りになるかと思う)、そこが絶妙。
こういう手の込んだ『大人向けのパウンド』を食べたのは初めてだったが、失敗作ながらもすっかり気に入ってしまった。レシピ通りにパウンドがフワフワにできていたら、きっと夢のように美味しかっただろうな。

23時頃に奴が帰ってきたので金時パウンドを食べて貰った。
奴はまた「どこが失敗? こんなに美味しいパウンドを食べたのは初めてだよ!」と大袈裟に誉めてくれたが、それがお世辞であっても嬉しいものだった。そしてこうしてノロケられるのも嬉しい(笑)

「珈琲を淹れるか?」と訊くと、
「珈琲にも少しラム酒を入れてもらっても良い?」と奴は訊き返した。

珈琲にウイスキーやブランデーを入れるのはポピュラーだが、ラム酒も美味しいというのは初めて知った。
オレも真似をして飲んでみたら確かに美味い! ラム酒特有の風味が口に広がって、ウイスキーとは違った美味しさが味わえた。

「ケーキと珈琲だけで身体が温まるな」
「そうでしょう? 以前は良くこうして珈琲を飲んでいたんだ。最近は珈琲は珈琲、お酒はお酒で飲む方が好きで忘れていたけど」

日本よりもずっとアルコール摂取の多い国で生まれたせいか、奴はアルコールを効かせた料理や飲み物が好きだ。きっと舌が慣れているのだろうな。そうしたものを当たり前のように口にする。
オレなどたまに洋酒を効かせたデザートを口にすると『大人向けのデザート』とか思ってしまうのにな。ロ○テのラミーやバッカスですら大人向けのお菓子という感覚だ(まあ、特に年齢制限はないようだが、子供は食べないチョコレートだろうな)

ラム酒(それをベースとしたカクテルを含め)を口にする機会は今までほとんどなかったが、ちょっと良いのを一本置いておくのも良いかもな。
今年の冬はかなり冷え込むので、夜に飲む珈琲や紅茶にはラム酒を垂らして温もるのも良さそうだ。珈琲や紅茶はストレートでも良いし、ミルクや砂糖やシナモンやジンジャーを入れても美味しい(と、奴が言っていた)

「ラム酒のケーキを食べてラム酒の珈琲を飲んだら、なんだかラム酒のチョコが食べたくなってきた」
「食べ過ぎ。今夜は甘いものをたくさん食べたから明日は控えるんだ」

明日はオヤツ禁止を言い渡されてしまったぜ。
仕方が無いのでバナナでも食べよう。

……土曜日はチェリーの洋酒漬けチョコを買ってきて、奴に口移しで食べさせてもらおうかな。

という訳で、立派な鳴門金時をたくさん送って下さったa様に感謝を込めて、またこのレシピに挑戦してみたい。今度こそフワフワに仕上がるように精一杯頑張るぜ。とにかくバターを室温まで戻すのが重要だ。

そして今回のケーキは、一昨日お誕生日だったsさんに捧げます。
2日も遅くなってしまったが、sさん、お誕生日おめでとう! 毎日必ず幸運が訪れる楽しくてたまらない一年となるように心の底から祈っております!
失敗したケーキを誕生日に捧げるのも何だが、次回はもっと美しいケーキを捧げ直すということでお許しくださいm(__;m

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
明日も今日と同じぐらい冷え込むようなので、十分に温かくして外出してください。

おやすみ!

★次回の更新も待ってます!と思って下さる方は下のバナーを押して
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。