スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パ・ドゥ・シャ cat.6
Tue.31.01.2012 Posted in SM・フェチ
車に戻る前、電話ボックスで数枚の写真を撮った。
どこか現実味のないボンヤリとした灯りの元、奴に受話器を持たせて話をするフリをしてもらったり、ボックスの中でしゃがんで自慰に真似事をしてもらったり、スカートを捲り上げて下着の膨らみを強調させるように下腹部に手を置いてもらったり。

そんな写真を撮っていると欲情を覚えていった。
しかしそれは、目の前の被写体に飛びつきたいという獰猛な衝動ではなく、より淫らで自分の好みの被写体を写そうとする興奮の熱を楽しんでいたい、という静かなものだった。

「こんな所で撮ったら幽霊も写るかもしれないよ」
「今日のお前と幽霊のツーショットなら退廃的な雰囲気になって良いじゃないか」
「退廃っていうよりただのホラーだね」
「このまえ観た『ステキな金縛り』の落ち武者みたいな幽霊が写ってたりな」
「ギャグだよ!」

大笑いする奴の肩を抱いて車の中に戻った。
オレには悪い癖があって、楽しい時間を過ごしているとつい時間を気にしてしまう。あと楽しめる時間はどれぐらいあるのかと計算してしまう。
それは楽しい時間が終わって欲しくなくてやってしまうのだが、その晩もずっと時間が気になっていた。それから奴の眠気も。
いつまでも朝も眠気も来なければ良いと思った。夜だからこそ出来る遊びを楽しみながら、その刹那的な歓びに愛しさと寂しさを覚えた。

電話ボックスを後にして、3分ぐらい車を走らせて砂浜に到着した。
真っ暗な空の色に染まった海の波は荒く、白い飛沫が力強くこちらに向かって押し寄せていた。

「やっぱり風が強いね」
「寒いだろう? 車に戻るか?」
「大丈夫、でも髪がめちゃくちゃになって口紅にくっ付く!」

奴は笑いながらウィッグの髪を掻き上げた。だが手を離せばまたすぐに、強く吹き付ける風は奴の髪をバラバラとなびかせた。
おまけに生地の薄いドレスもめくり上がってしまいそうで、「モンローになったみたいだ」などと奴は冗談を言いながら裾を掴んでいた。

「じゃあモンローちゃん、写真撮影を再開して良いか?」とオレが訊くと、
「髪がぐしゃぐしゃだけど、モンローよりもセクシーに撮って」と奴は言ってウィンクを投げた。

妖艶な化粧をしても無邪気さは変わらなかった。もっとも奴のエロティシズムとはストレートに欲求をに投げて寄越(&受け止める)す無邪気さにあった。
その夜の派手な女装も興味と欲求のままに演じていた。己の楽しさと気持ちよさを満足させる為に、嬉々として己の秘めた一面を露わにしていた。

「止まった方が良い? それとも歩く?」
「歩いてくれ。好きなように。勝手に撮るから」

奴のリクエストに応えてとびきりセクシーに撮ってやりたかったが、砂浜には一本の照明もない上にオレのカメラの腕前が乏しいので難しかった。
だからオレは適当にシャッターを切っていた。写真を撮る為というよりも、ファインダーから奴を覗き見しているような感じだった。

「靴に砂が入って痛い」

奴はそんな事を言ってパンプスを脱いだ。確かにそれは砂浜を歩くには不向きな靴だったが、脱げば脱いだで今度は、「足の裏の冷たい」と言って猫のように飛び跳ねる始末だった。

「靴は履いていた方が良いんじゃないか?」

猫のステップを踏みながら歩く奴の背後でオレはそう言った。けれど奴は、「地面の温度に慣れてきたら気持ち良くなってきた」と言って笑った。まったくどこまで奔放なのか。

けれど、季節は秋の終わりであり、おまけに荒波の海は関東の街中とは比較にならないぐらい冷え込んでいた。
奴は薄いストッキングを穿いて膝を少し覆うぐらいのドレスを着ていた。きっと足元の寒さは相当なものだっただろう。そして足先は凍えるぐらいだったのかもしれない。

「写真は十分に撮ったから車に戻ろう」

オレはそう言って奴の手を掴んだ。
奴は振り返って、「もう? まだ大丈夫なのに」と言ってオレに抱き付いた。

オレは奴を抱き締め返して奴の唇にキスをした。
電話ボックスでは温かかった奴の唇は、まるで酔いが覚めたように冷たくなっていた。

「温かい。こうしていると平気」
「やっぱり寒いんだろう。風邪を引くぞ」

奴が温もりを求めてオレをぎゅっと抱き締めた。オレは少しでも奴を温めようとして奴の背中をさすった。
『上着を貸す』と言ったが、奴は『こうしてる方が良い』と言った。オレもそうしていたかったので、それ以上勧めるのは止めた。

「もう少し温かかったらここでもっと温まることが出来たのにね」
「寒すぎて、さすがに最後までしたいとは思わないな」

そんな事を言いながらも互いの手は互いの胸や下半身にあった。
身体を密着させて下着の中をまさぐれば、興奮の熱に触れて寒さを紛らわすことが出来た。

「お前の、熱い。カイロを握ってるみたい」
「はは、もっと温かくてやろうか」

オレは奴の前に膝立ちになった。そして奴のショーツから勃起したモノを露出させて口の中に咥えた。

奴の腰がビクリと震えた。オレはその反応に歓喜して、口の中で奴の感じる部分を舌で責め立てた。
そしてたまに口から抜いてフッと息を吹き掛けて「寒いか?」と訊いた。奴は笑いながら「風邪を引く」と言った。
そんな子供みたいな遣り取りが楽しくて、オレは奴のモノに何度もキスと愛撫を繰り返した。そしてまたフッとやって奴と一緒に笑った。

夏のように温かかったら、また奴と砂浜に転がって星を見上げたかった。そしてじゃれ合って砂まみれになりたかった(夏は夏で湿気で汗が凄いのだが)
だがその日は寒さが厳しくて、それ以上そこにいるのは辛かった。奴がくしゃみをしてオレの口の中を思いっ切り突いてくれた事もあって、そろそろホテルに帰ることにした。

車を置いた場所まで戻る間、また奴が砂浜に転々とある水たまりや木々の破片を避けながら猫のように跳ねて歩いていた。
オレは見兼ねて奴をおんぶした。奴は上着も着ていなかったし、そうした方が少しは温かいだろうと思った。

「気持ち良くしてもらえるし、おんぶもしてもらえるし、サービスが良いね」
「オレはお前の奴隷だからな」
「ふふふ、愛しているよ」

奴はオレの背中で笑った。
オレの言葉を冗談だと思って笑ったのか、あるいは本気だと判っているから笑ったのか、そのどちらだったのかはオレには判らない。

★今回は終わるかと思っていましたが長くなりました。次回で完結です。最後までよろしくお付き合いくださいm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

スポンサーサイト

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

パンツマジック
Tue.31.01.2012 Posted in 気軽な雑談
お昼休みに、ごきげんよう。

今日の昼ごはんは釜飯だった。
今日は朝から全員が忙しくて皆で弁当を取る事にしたのだが、そのメニューにあった鶏釜飯が美味しそうだったので注文した。

2012_01_31_1.jpg

出汁の効いたタレが染み込んだ鶏肉が美味かった。
そして味付きのご飯がまた最高。
そういえばオレは子供の頃から味付けご飯が好きだが自分ではほとんど作っていない。チャーハンとピラフは何度か作ったが、いわゆる和風の『炊き込みごはん』は2回ぐらいだ。

近々醤油味の味付けご飯を作りたいな。
小学生の頃、『チャー子』とい名前の猫を飼っていたが(チャトラのチャにーと子を付けた)、醤油味付けご飯とチャー子の色が似ているという事で妹と『チャー子ご飯』と呼んでいた。今の今まで忘れていたえらく懐かしい思い出だぜ。

そんな事もあって味付けご飯はオレに取って嬉しい料理の一つだった。
オレの家では鶏肉と油揚げを入れて作っていたが、あれならきっと奴も食べられるだろう。奴が喜ぶように鶏肉をたくさん入れてやろう。

ところで昨夜はコンビニでパンツを買ったんだ。
いつものサウナで買おうかと思ったが、そろそろなくなりそうになっていた付箋を補充するついでに買うことにした。
だが、残念なことにそのコンビニは品揃えが良くなくて、オレの好きなホワイトパンツが売られていなかった。

仕方なしに好みでない配色の柄パンを買ったが、今日はそのせいで尻が落ち着かない。
おまけに、いつもなら早朝のオフィスに一人切りでいるとズボンを下げたくなるのだが、今朝はズボンの中をさらけ出したい衝動が起きなかった。

それを奴にメールしたらこんな返事が返ってきた。

『会社で変態行為をしてしまわないように仕事の日は好みじゃない柄パンを穿いたら良いよ』

確かに実際に会社でそれをやってはいけない。
だが奴は判っていない。オレの労働意欲は変態欲求エネルギーから来ているということを。
精力がみなぎって元気な時には良く働けるものだが、オレにとって変態欲求もそれと同じだ。変態行為が充実していると仕事も楽しく頑張れる。逆に変態意欲が萎えていると仕事もやりたくなくなる。

故に、やはり会社に居る時には自分の好みのパンツを穿くことが大切だ。
お気に入りのパンツを穿くと腰の内側からじわじわと歓喜のエネルギーが沸き起こる感じがする。
デートの時ばかりにパンツのお洒落をする方もいるだろうが、労働意欲の為に尻の心地良さを重視されても良いように思う。
仕事は腰を据わらせる事も大切だからな。尻が心地よく引き締まって安定すると、仕事に対する意欲と自信が込み上がってくるものだ(オレの場合は)

という訳で、何の話をしていたのか判らなくなったが、今日は帰りに新しいパンツを買おう。
今日は定時前に上げれそうでエロティックな程に嬉しい。
今夜はワインを飲みながらおニューのパンツを穿くぜ。

では皆さんも引き続き充実した午後を!
今日も最後まで頑張ろうぜ。

★『今夜の更新も待ってます』と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

赤ワインが香る部屋
Mon.30.01.2012 Posted in 恋愛
なんと今夜は泊まり込みになってしまったぜ。
今日は帰宅したら奴とローストビーフの残りを食べてまったりと過ごす予定だったのに。

2012_01_30_2_1.jpg

写真は、オレが作ったローストビーフです。
ではなくて、奴がお肉屋さんの奥様から頂いてきた見事なローストビーフです(ビーフのソースも奥様の手作り。後ろにある小松菜とブロッコリーとアスパラとトマトとレンコンのサラダはオレの手作り。ちょっとしなびてきた残りもの野菜も蒸して活用)

店に並べる用ではなくご家庭用に作ったものらしいが、さすがお肉屋さんだけあって物凄く美味しかった。
ローストビーフを自宅で作るなんて凄い! と思ったが、以外にもたくさんのレシピがあるんだな。けれど肉の塊を二人で消費するのは無理だから自分で作ることはないだろう。

話が逸れたが、そういう訳でローストビーフの残りは全て奴が食べることになった。
羨ましい。オレも赤ワインと一緒に食べたかったぜ。実は昨日は赤ワインがなくて物足りなくてな、その為に今夜は赤ワインと一緒に味わう為に半分残しておいたんだ。

もしも『どこでもドア』があるなら奴に差し入れに来てもらうのにな。ついでに『頑張ってね』のチュウもして欲しかった。
なんて、そんな妄想を語りだすのは仕事から逃避している証拠だ。今日は何となくテンションの上がらない日で、目の前の書類を見てもため息しか出てこない。センチメンタルな気分なんだ。

頭をリフレッシュさせようと思って猫アプリを開いたが、いつまでもダラダラとアプリで遊びたくなって逆効果だった(汗)
こんなエンジンの掛からない日には適度にアルコールを飲んだ方が良いんだが、社内で飲酒はさすがにまずいな。それ以前に、今日は飲んだら眠気が来そうだ。さっきはテンションが上がらないとか書いたが、それは単に眠いからなのかもしれない。週末はまた夜更かしをして寝不足だったからな(汗)

今後は本当に、夜更かしをしたら奴に叱って……とか書いていたら奴からメールが来たぞ。美味しそうな赤ワインのボトルの写真と一緒に(泣)
『美味しいワインだよ。明日は一緒に飲もうね』との事だが、半分はオレを羨ましがらせたかったのではなかろうか? 泊まり込み残業が決まった時にオレは、『良いな、赤ワインとローストビーフ!』と思いっ切り羨ましそうに書いたからな。
まあそんな可愛らしい意地悪は、きっと奴に虐められるのが好きなオレに対する愛なのだろう。まったく憎い男だぜ!

明日、帰宅すれば赤ワインだ。
ローストビーフがないのは残念だが、少し早く帰宅して暖かな部屋で奴とぬくぬくと飲んでやろう。
明日を思えば幸せだな。赤ワインのエロスな香りが恋しいぜ。

という事で、ノロケを書いていたらテンションが上がってきたので仕事を頑張ります。
これも言霊の力の一種なんだろうな。どんなに下らないことでも自分にとって楽しい事を書いていると気力が回復してくる。
オレをノロケさせてくれる奴に感謝しよう。
そしてノロケにお付き合い下さっている皆様にも愛を込めて感謝致します。

では、今夜も寒いので暖かくしておやすみください。
そして幸せで楽しい夢を。

おやすみ。

★『次回の更新も待ってます』と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

猫を撫でながら猫で遊ぶハーレム男
Mon.30.01.2012 Posted in 恋愛
曖昧な仕事状況の中、ごきげんよう。

昨日の事、いきなりiPhoneのwi-fiが使えなくなった。
修理に出すのは面倒なので自力で対処しようとグーグル先生に質問してみたところ問題はあっけなく解決した。
トイレに落としたとかいう致命的な状態でない限り、携帯もそうだったが自力でなんとかなる場合が多い。ショップに出掛けるのは、それでも駄目だった場合に限る。

そんな流れがあって、昼間に入った喫茶店では奴とiPhoneの話になった。
そこでオレはまたガトーショコラを食べてしまったが、その話題は横に置こう。

「こんなアプリがあるって教えてもらったんだよ」と、奴はiPhoneにインストールしたアプリケーションを開いて、その画面をオレに見せてくれた。

2012_01_30_1.jpg

『猫の大家さん』

奴がやっているならオレも……ということで、オレも自分のiPhoneにダウンロードして暫し集中してプレイしてみた。
家に気まぐれに来る猫を撫でて餌付けして自分の家に住まわせて家賃(ニャエン)を払わせる、という内容だ。家賃を払わせるというと非情な感じだが(笑)、これを貯めて猫のごはんや遊び道具を買うシステムだ。

(株)エイブルがペットと住める物件のプロモーションの一環として開発したゲームらしいが、愛猫家の心をくすぐるゲームに自社アピールを組み込んだのはなかなか考えたなと感動した。お陰で『ペット可物件を探すならエイブル』というイメージが頭の中にインプットされた。

だが残念な事に、バグが多すぎる上にすぐにやることがなくなる。
プロモーションの為に作られた無料のアプリとはいえバグが多いのは頂けない。
けれどボリュームに関しては、エイブルの宣伝予算に関わっているので贅沢は望めないだろう。ゲームアプリ開発会社が公開してるような、内容は充実しているが課金があるソーシャルゲームとは違うからな。初めからエイブルはそこまでのものを作りたいとは思っていない……と思う。質問した訳ではないので判らんが。

オレも試しにプレイしてみたが、猫(鳴き声も)は可愛くて、撫でて懐かせて住猫を増やして行く過程が楽しかった。
操作も非常に簡単で『つみネコ』や『ネコアップ』で挫折された方にもお勧めできる。おまけに時間を取られることもない。

ただ、猫の種類と猫の動作とアイテムが少なすぎる。無料とはいえ、これらはバグを含めて改善を願いたい。あと、ゲーム性が余りにも緩すぎる為に早々に飽きてしまう。そして、ネットワーク対応でない事が非常に惜しまれる。他のプレイヤーの家と行き来できてメッセージやアイテムでの交流が出来たら良かったのにな。そうしたら毎日、仕事中に奴に何かを送って遊べたのに。

と、なんだか言いながらもそれなりにハマって今後に期待して真面目に改善希望点を述べてみた。
次回マンションを借りる時に猫と一緒ならエイブルに物件探しをお願いしよう(言うまでもなくオレはエイブルやアフィリエイトとは全く関係がありません)

2012_01_30_2.jpg

『今週の猫論学』

「『猫』でアプリ検索をしたらこんなのもあったよ」と、オレが『猫の大家さん』で遊んでいる時に奴が言った。
ロクに会話もせずに黙々と遊びながら『奴にすまないな』とか少し思っていたが、奴は自立した男なので我道を進んでいた。既にダウンロードまで済ませて。

『毎日新聞日曜版(2005年4月~2006年3月)で連載された、【今週のねこ論学】のコラムとイラストを全部まとめてリマスター!』 という内容だ。

オレも真似をしてダウンロード。
こちらはゲームではなく読み物アプリだが、とにかく猫のイラストが可愛い。そしてコラムも興味深くて面白い。猫好きならば読んでおきたい内容ばかり。
ちょっとした休憩時間に開くのに適したアプリだ。ゲームではないので、購入したアイテムがいきなり消えるバグにショックを受ける恐れもない(笑)

2012_01_30_3.jpg

『ネコ探し』

こうなってくると猫アプリ探しに夢中になってくる。
奴が『猫論学』を読んでいる間、オレはこっそりと他の猫アプリを探した。奴に「わあ!」と言わせたくて。

そして出てきたのが、『ネコ探し』
画像でお判りかと思うが、上に表示された猫と同じ猫を探してクリックするだけのゲームだ。オレも奴もまったくゲームをやらないので、ちょっとでも込み入った操作のゲームには手が出せない。だからアプリで遊ぶと言っても簡単操作のものに限る(あとは文章を読むだけとか)
去年から訳あってゲーム関連のイベントに顔を出したりもしたが、今時のゲーム機はボタンが多くて訳が判らなかった。そういえばゲームセンターも高校の時に入った切りだな。

で、この猫探し、『ノーマル』で始めると簡単だが、『オニモード』はなかなか難しい。つい焦りでミスタッチしてしまう。
奴と競ったが奴の方が高得点だった(汗) さすが不動の精神力の持ち主。オレは暫くこのゲームで精神修行をしよう。

奴は何かに集中すると岩のようになる。その目付きは余りにもまっすぐで、押してもくすぐっても微動だにしない雰囲気だ(実際は動くし吹き出すが)
オレは奴のそんな時の表情が大好きだ。ずっと見詰めていたくなる──と、真剣にネコを探す奴の顔を見詰めて心の中で『ああ、恰好良い』とノロケていたオレだった。

まあ、真剣な男の顔って良いもんだよな。
オレの事もそんな目で自分を見て欲しいと、ついラブロマンスな事を思ってしまう。

2012_01_30_4.jpg

『ねこカン』

気温も湿度も表示されない猫らしいアバウトな天気予報。
これをオレが発見した時、奴の猫好きのツボをくすぐったようだった。

キティちゃんもだが、欧米人はこういうツルっとしたイラストも結構好きなんだよな。いまだにちょっと意外な感じがする。もちろん、アーティスティックなイラストも大好きなんだけどな(奴は久下貴史画伯の猫も大好き)

「猫好き以外はダウンロードしなさそうなアプリだな」
「天気が知りたいから見るっていうより、猫がどんな風に天気を教えてくれるのかを見たいアプリだからね」

その他にももっと猫アプリはあったが、これ以上長居しては喫茶店の方に迷惑だろうので中断した(汗)
紅茶とケーキだけで一時間半も居座ったのは数年ぶりだった。
今やiPhoneやiPadが普及して、wi-fi設定のある喫茶店も増えたので、デート中にもアプリ(&オンライン)が活躍するようになったな。話題に困らない便利な時代になったものだ。

「今夜は頂いたローストビーフを食べてしまおうか」
「じゃあサラダの材料だけ買おう。オレが作るから」
「ありがとう。トマトが食べたいからたっぷり入れてね」

帰宅してオレがサラダを作っている間、奴はリビングのソファに座ってずっと猫アプリで遊んでいた。膝の上には本物の猫が座っているというのにな。猫好きの猫を求める欲求は果てしないものだ。

という訳で、皆さんも楽しいアプリライフを!(面白いアプリがあったら教えて下さい)
もうこんな時間だが、帰宅して余裕があったらまた夜に。

★『次回の更新も待ってます』と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: セックス « 恋愛

パ・ドゥ・シャ cat.5
Sun.29.01.2012 Posted in SM・フェチ
「でも怖いね。スリルと興奮で意識が突き抜けるようだった」
「ごめんな、もう危ない事は止めよう」
「オレが駄目と言ったら素直に止めるの? 聞き分けが良いのね!」

奴はそんな事を言ってオレを抱き締めた。
オレは確かに危険を軽んじていた自覚があったので奴と約束をした。停まっている車の中でならインサートまでしても良いが、走行中の車の中では二度と淫らな事はしないと。

そんな真面目な反省をする一方、奴にぎゅっと抱きしめられながらオレはつくづく思っていた。やはり奴に香水を吹きかけてくれば良かったと。
派手な衣装と化粧に香水を欠いたのは大きなミスだった。もしもそれを忘れずにいたら、オレは奴の肉体から匂うきつい香りを頭が朦朧とするまで嗅いだだろう。
オレは匂いフェチの気もあるようで、愛欲を感じる相手の体臭と香水が混じった匂いに官能を感じて止まない。全く惜しい事をした。

「近くに海があるんだよね?」
「今日は風が強くて寒いぞ」
「波の荒い海も好きだ。見に行こうよ」

一本の珈琲を二人で飲んでいると、奴が海を見たいと言い出した。
自動販売機で珈琲を買う為に外に出た時、潮風の匂いが気になったようだ。
そういえば以前、あれは真夏だったが、真夜中から早朝の荒れた海を見に行った事があった。
オレは当時を思い出して、その時の出来事を語った。あの時は流星群が来ていて凄い数の流れ星が見られたと。

「潮と湿気と汗で身体がベタベタで、服を脱いで海に飛び込んでしまいたかったね」

肩に抱き寄せた奴が、当時を懐かしむような優しい声音で言った。
「今年もまたあの海に行こうな」とオレは言って、奴の頬にキスをした。
奴はオレの耳元で微笑んで、「また流れ星に願いをかけよう」と言った。

再び運転を代わって海へ向かった。

奴は自分で初めての化粧直しをしながら『星に願いを(When You Wish Upon a Star)』を口ずさんでいた。
そんな派手な姿でそんな歌を口ずさんでいると、まるで本当に夜の世界を奔放に生きている人間のように見えた。そして、『流れ星に願いをかける』というささやかな約束を楽しみにしてくれるその姿は、どんなに小さなことでも大喜びしてくれる彼等の健気な姿と重なった。

「その曲、良いよな」と、オレが言うと、
「オレも大好き。暖かみのあるステキな曲だよね」と奴は顔をこちらに向けて微笑んだ。

「もっと大きな声で歌ってくれ」とリクエストしたが、「ほとんど歌詞を覚えていないからハミング程度にしか歌えない」と言われてしまった。
帰宅したらすぐにCDを買おうと思った。この曲もたくさんのアーティストに歌われているが、やはりオリジナルであるジニミー・クリケット(ピノキオに登場するコオロギ)が歌うバージョンが一番好きだ。

砂浜まであと5分ぐらいだった。
どにこも寄り道をしないで向かうつもりだったが、途中、電話ボックスを発見した。民家も店もないところにポツリと明かりを点けて佇むその姿はオレの興味を引いた。

「入ってみようぜ」

オレはそう言って電話ボックスのすぐ横に車を停めた。
「入ってどうするの?」と訊く奴を先にボックスに入らせて、いきなり背後から奴の身体をまさぐった。
奴は驚いてビクリと肩を震わせたが、すぐに『こういう遊び』なのだという事に気づいて笑い声を漏らした。

「外から見えるんじゃない?」
「こっちへ来る車のライトが見えたら出よう」
「一台も通らなかったら?」
「太陽が昇るまで」

瞬く間にエロティックな興奮に取り憑かれ、狭苦しい電話ボックスの中に笑い声と喘ぎ声が響いた。
オレは奴のドレスをめくり上げ、ガーターストッキングに包まれた太ももを撫で回し、下着の上から尻の割れ目に下半身を押し当てて腰を揺すった。そしてそうしながら片手で奴の下半身を大胆に扱けば、奴は歓喜の液をその先から溢れ出させた。

「外から見たら本当にセックスをしているように見えるだろうな」
「しているのと同じだ。ああん、感じるのに、もっと声を出したい」

そんな奴の言葉に、オレは唐突にある事を思い付いた。
緑色の受話器を取って奴の口元に当てた。そして、「なに?」と眉を寄せる奴に「待ってろ」と言って、100円玉をポケットから取り出してコイン投入口に押し込んだ。

「え、どこに電話をするの?」
「大丈夫、お前の家だから」
「オレの?」

奴の自宅の番号をプッシュすると、間もなく聞き慣れたコールが聞こえた。
オレはそれを確認した後、再び受話器を奴の耳に押し付け、奴の身体を刺激するのを再開させた。録音をスタートする合図の代わりに奴の耳にフッと息を吹きかけて。

「あっ、録音メッセージ……」
「電話ボックスの中でセックスをして感じてるって言うんだ。さっきみたいな声を出して」
「ふふ、またそんな変態くさいことをしたがるんだ。そんなオレの声を聞いて興奮してオナニーをするつもり? あ、始めるよ。……気持ち良い、もっと来て、もっと乱暴に、もっと電話ボックスの中で激しく突いて!」

通常、留守録の録音時間など僅かなものだ。
機種によっては設定で60分も録音出来るものがあるが、奴は3分の設定をしていた。

だが、奴は3分を超えても受話器に向かって喘ぎを口にしていた。
自分自身とオレの興奮を煽るように淫らな台詞まで言って、オレに下半身を押し付けられた尻を揺すって、オレの手の中でたっぷりと扱かれて濡れていた。

電話ボックスの中に居たのは5~6分ぐらいだった。
そのままでは本当に最後までしてしまいそうで、興奮を冷ます為に出る事にした。人通りはなかったとはいえ万が一を考えれば、これ以上長居をするのも好ましくなかった。

それにしても、普段ならあんなにも早急に興奮は昂らない。
だが異様(非日常)な状況の元、照れも恥じらいも捨てて肉欲に溺れてやろうと決めた途端に興奮が暴走する。人間の感性を失って野獣のそれを植え付けられたように、快楽を貪りたい衝動に突き上げられて歯止めが効かなくなる。

★次回のact.6で終了です。最後までよろしくお付き合い願いますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: セックス « 恋愛

帰宅したらガーリック・キス
Sun.29.01.2012 Posted in 恋愛
(このエントリーの下にコメント返信があります)

奴の自宅の一室より、ごきげんよう。

寒い日々が続いておりますが、皆さんはお元気でしょうか?

オレ達はすこぶる元気で、先日は例の女王様DVDの野外調教がされた公園で散歩デートをしてきた。
と言っても普通のデートだ。オレがパンツ一枚で歩いた訳でもなく奴に鞭でぶたれた訳でもない。
ベンチに座ってお喋りをして、散歩をしている人が連れていた犬の頭を撫でて、今夜は何を食べようかと相談して、そんな普通のデートだった。

公園に来る前に、奴の祖母さんへの贈り物を買った。
『今年は暖冬かと思っていたら最近になって急に寒さが厳しくなった』との事なので、暖かそうなニットのセーターとカーディガンを贈った。
それは北欧製のものだったので、きっと祖母さんご本人やご家族が地元で購入された方が品質の良いものを安く買えるのだろうが、それが判っていても贈ってあげたいと思うのが祖母を愛する孫の心というものだ。祖母さんにしても、遠くに住んでいる孫からプレゼントを贈られてきたら嬉しいものだろう。自分の身を案じてくれる気持ちも嬉しいだろうし、プレゼントを贈れるぐらい元気で過ごしている事にも安心するだろうな。

「可愛い模様だったな。きっと喜んでくれるぞ」

そんなオレの言葉に奴はずっとニコニコと笑っていた。
奴にとってとても大切な家族。その家族を想い慈しむ奴の気持ちを、オレは大切にしたいと思った。

夜は和食のレストランに行った。中華や洋食が続いたので久しぶりに和食が良いということで意見が一致して。
和食といっても奴の好みに合わせて、肉と魚をメインにしたコースを選んだ。

2012_01_28_1.jpg

まずはシャンパンで乾杯。
口が潤ったところで、今年のレジャー計画などを話し合った。
今年は去年よりも要領よく仕事をこなして、TDRよりも遠いところに旅行しようという事になった(笑)

だけど春のTDRは一度も行った事がないから行ってみたいんだよな。そういえばバレンタインイベントもあるようだが2月のその時期は大忙しで……ううーむ、サボってでも行きたい。バレンタインのミニーちゃんはよりエレガントで、デイジーちゃんはよりセクシーなのだろうな。

「夕方で切り上げて夜に行けないかな?」と、オレはすっかり『TDRよりも遠い所』という条件を忘れて奴に訊いた。
「定時に上がるのは無理でしょう? 20時に上がったら……それから行って、1時間ぐらいは遊べる?」と奴は言った。

1時間の為に全力を尽くすのも虚しいような気がした。故に、「無理しないで近くのレストランで食事をして自宅でチョコレートを食べようよ」と言う奴の言葉に従う事にした。
まあ、今年は奴がオレにご馳走してくれるとの事なので、それだけで十分にハッピーだ。
バレンタインTDRは、ミッキーのチョコレートでも買って満喫しよう。それとも去年のクリスマスに買いそこねたミッキー&ミニーの31のアイスケーキも良いかもな。

2012_01_28_2.jpg

「具体的にどこか行きたいところはあるのか?」
「今は暖かいところ。国内なら沖縄も良さそう。まだ行ったことがないし。でも春や夏になったらそれほど行きたいと思わなくなるかもね」
「イギリスとかドイツは? ドイツに行くならデンマークにも行きたいが移動で一日が潰れるか。2018年になったらドイツとデンマークは橋で繋がるのにな」
「イギリスに行きたいのは幽霊が目当てでしょ? まったくそういうのが好きなんだから」
「ゴシックロマンはステキだろう?」
「オレも好きだけどね。ガイ・リッチーのシャーロック・ホームズ2には付き合うよ」
「その前にディカプリオのJ・エドガー、早めに観に行こうぜ」

という事で、いつどこに行くのかまったく決まらなかった(汗)
予定を立ててしまえばそれに向かって仕事を調整するのにな。具体的な計画を立てないから実現しないという良い例だ。でもオレの予感ではイギリスだな(あくまでも予感の段階)

ところで、数カ月ぶりの和食はとても美味しかった。

入った店はヒルトン東京内にある『武蔵野』
味も良いし店員さんの愛想も良くて、都内の和食レストランの中でもかなりのお気に入りだ。

今回頂いたコースの中で一番印象に残ったのはブリ。
今はブリが美味しいシーズンだからな。油の乗っているブリにあっさりとした味付けがされていて絶妙だった。
ブリの皿に添えられたカブの甘酢着けがまた美味しかった。ブリとの相性が抜群で忘れられない風味だった。

2012_01_28_3.jpg

その日は休日前だったので、鉄板焼きのステーキにガーリックスライスを乗せて食べた。
たまに無性にガーリックが食べたくなる時があって、そんな時にはステーキの皿に添えられているものだけは足りなくて、追加して焼いてもらってたっぷりと乗せている。

オレも奴もガーリックをカリカリに焼いたものが大好きだ。だが、仕事のある日には絶対に食べられない。だからたまに鉄板焼きで思う存分に味わっている。
お互いにガーリック臭くなれば、その匂いのするキスは香ばしくて美味しく感じるしな(笑)

この店はガーリックライスも美味しいので、来た時には欠かさずに注文している。
あのカリっとした焼き加減は、大きな高温の鉄板だからこそ出来るものなのだろうな。自宅で真似をした事があったが、まるで違うシンナリしたガーリックになってしまった(汗)
それともコツがあるんだろうか? コツを調べて自宅でも出来そうならまたチャレンジしたい。

2012_01_28_5.jpg

最後にデザート(季節のデザート:アイスクリームとメロンと柿のセット)を食べて、この店のお決まりの締め括りである『あんずと餡のお菓子』をお茶と共に頂いて、馳走様。

奴はあんずの方がお気に入りで、「酸っぱくて美味しい」と言って、いつもゆっくり噛んで味わっている。ガムよりも堅い歯応えだが、そんな感覚で噛んでいるのかもしれないな。

この最後のお菓子、初めてこの店で食べた時に「残っては勿体無いので持ち帰りたいのですが」と言ったところ、わざわざ新しいお菓子まで綺麗な和紙に包んで渡してくれた。
この店を気に入ったのはそんな事もあったからだった。親切な持て成しを受けると嬉しくて何度でも来たくなる。味の良さだけで常連になる事ってほとんどないような気がするぞ。

2012_01_28_8.jpg

(上の写真があんずと餡のお菓子。今回のコースはサラダとデザートを含めて8品でしたが写真が多くなるので4枚は割愛しました)

自宅(奴宅)に帰れば、キッチンには洗い物が溜まっていた。炊飯器の中も古くなって堅くなった飯が残っていた(汗)
外から帰った時には家に中が汚いとガッカリするものだが、お互いの多忙を思えば仕方がなかった。
「オレが片付けるから」と奴は言ってくれたが一緒に片付けることにした。その方が早いし、奴に冷たい思いをさせたくなくて米研ぎをやった。

ネットで調べてみると、お湯で研いでも大丈夫という意見もあるな。だが何となく水の方が美味しく炊けるように思えるので(素人の偏見)ラバーの手袋でも買おうかな。
まあそれはともかく、今週は先週よりも自炊できたら嬉しい。

という訳で、気温は低いが天気の良い日曜日だ。
どうぞ引き続き楽しい時間をお過ごし下さい。

また夜に!

★『次回の更新も待ってます』と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: セックス « 恋愛

コメント返信
Sun.29.01.2012 Posted in コメント返信
★ka~siさん
明日はまた、コロッケとは違うものに挑戦してみます!
淡い初恋は照れくさいですがおいおい語らせて頂きます。
けれどオレの場合、恋なのか友情なのか良くわからない感情もあって、一体どれが本当の初恋だったのか微妙な感じに……(汗) でも多分ハッキリと恋をしたのは小学生の頃でした。早かったなぁ。

★na~ruさん
はじめまして。いつも拙ブログを読んで下さってありがとうございます。
文章が好きと言って頂けて物凄く嬉しいです。そんなにも褒められては恐縮するばかりですが、そんな風に思って頂けて安心しました(笑)
落書きを描くように感情のままに書いているブログですが、これからも多々あるだろう誤字に呆れずにお付き合い頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。
そしてご指摘をありがとうございます!
何故か勘違いして覚えてしまう名詞ってあるんですよね。「おこと教室」を「おとこ教室」と思い込んだり(これは違う)
次回は美味しいアボカドで料理を作りたいです。その時にはまた、拙い料理ですがお披露目させて頂きます。
naさんも幸運な毎日を送られますように。今はもっとも冷え込む時期なので、お身体にも十分にお気をつけ下さいね。

★yu~iちゃん
年齢は二歳しか変わらないんですね。しっかりご家庭を守られているイメージがあって、もう少し年上の方なのかと誤解していました(申し訳ありません!)
それが、オレの英会話は初心者レベルです(汗) 去年の今頃はTOEICを頑張ると言っていたのですが、急に仕事環境が変わった為に勉強する時間がなくなってしまいました。なので、日本語8割:英語2割という感じです。もしも奴が日本人が喋れなかったら、果たして付き合えたかどうか怪しいものです。今年こそ真面目に勉強しなくては(汗)
雪の日から都内はかなりの冷え込みです。雪はほとんど溶けましたが、朝と夜は凍った地面に滑りそうになります。
ご心配して下さってありがとうございます。yuちゃんも毎日お疲れ様です! 冷え込みもインフルエンザの流行もまだ続きそうなので、体調を崩されないように気を付けて下さいね。

★ok~iさん
仕事の都合やデートでは洒落たものを食べますが、普段はコロッケとか焼き蕎麦とかたこ焼きが大好きです! 実は今日も初不動(お不動様をお祀りしているお寺の大きな行事)の縁日でたこ焼きを食べてきました。あつあつで美味しかったです。
そういえばそういう話を書かなくなってましたね。SM連載は楽しいのですが、普通のプライベートな話が全く書けなくなるのが難点です。またそういう話も書かせて頂きます。
応援をありがとうございます! オレもoさんの楽しい毎日を応援しております!

★pe~taさん
ああ、peさんもそんな惜しい夢を。本当に憎いですね、どうでも良い夢は最後までちゃんと見られるのに。
そうそう、何故か恋愛に関連する惜しい夢って多いんですよね。恋愛にはそれだけ願望があって、眠りながら「あともうちょっと!!」とか焦るから目が覚めてしまうのかな(汗) 眠っている間も冷静でありたいものです。
何でもかんでもSMに結び付けてしまうオレはまだまだ調教が足りないのかもしれません。peさんもこんなふしだらな男にならないようにお気を付け下さい(笑)

★Se~nさん
さすがに本場のドラッグクィーンほど派手には出来なかったですけどね。せいぜい化粧の濃いショーガールってところでしょうか。
本当は蝶の羽根ような付けまつ毛も欲しかったですが、さすがにそこまでやりたがったら奴にドン引きされるかと思って(笑)
暗くて狭い場所、深夜の野外、自分の欲望を解放できる場所で遊ぶのって楽しいですよね。そんな場所で夢中になると興奮も凄くて、最後の気持ちよさも格別です。
同じです、オレもそんな雰囲気がたまらなく好きです。相手の興奮した息にも、肌から発する熱気にも燃えます。
ドライブデート編はもう少し続きます。何かとご趣味の合うSさんに最後まで読んで頂けたら嬉しいです!

★da~keさん
そういえばdaさんも文章が上手そうです。職場ではしっかりと信用されていそうなイメージで。そんなdaさんにまで読まれていると思うと、今更(本当に思いっ切り今更ですが)ですが緊張します(汗)
そうフォローして頂けて嬉しいです。ではオレの誤字は可愛いということで(笑)
そうします、余り文体や誤字に拘ったりせずに今までと同じように書き綴りたいです。今後もお見苦しい文章をお見せしてしまいますが、どうぞよろしくお付き合い願いますm(__)m

★sa~uさん
ありがとう! 自分でそう思い込むと決心して、更にsaさんにそう言って貰えると、より強く信じることが出来ます。
不安になると最悪な場合、卑屈な事を言ってしまうんですよね。「どうせ自分は」、と。奴はそれにちょっとイライラしていたと思います。オレもそういう態度は駄目だって良く判っているので(そんな態度をされた時の晴れない気分も)、本当にもうきっぱりと止めることにしました。
そして文章に付いても、ありがとう! そんな風に言ってもらうと安心します。そして物凄く光栄で嬉しいです(笑)
ランキングに関しては皆様に感謝するばかりです。その応援を頂いているからオレも楽しくブログが書けています。本当にありがたいです。

★as~aたん
ごきげんに~。
ドライブ編はまだちょっと続きます。
相変わらずの変態ぶりですが最後まで読んで頂けたら嬉しいです。
『パ・ドゥ・シャ(pas de chat)』はフランス語でバレエ用語なんだ。『pas』はステップ(歩調)、『chat』は猫で、猫のステップ(猫のように飛び跳ねるステップ)なんだ。可愛いだろう!(笑)

★ky~uさん
ご心配して下さってありがとうございます。そうですね、確かに軽はずみでした。
これからはオレ自身も注意して、それを促す文章を添えておきます。ご忠告に感謝致します。

★『次回の更新も待ってます』と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: セックス « 恋愛

パ・ドゥ・シャ cat.4
Sat.28.01.2012 Posted in SM・フェチ
奔放な夜だった。
最愛の相手と愉しみを分かち、互いを快楽で慈しむ為の夜だった。

「お前にはオレの気持ちが判らないだろ?」
「ふふ、判らないよ」
「思い知らせてやる」

車の運転を交代した。
かつてアルバイトで運転手をやっていたオレの目から見れば奴の運転は少々頼りない。だからもっと細くて寂しい道に行くことにした。対向車のない道をゆっくり走るならば安全だろうと考えて。

「飛ばしたい気分なのに」と奴は言って、キスをするように唇を尖らせてチュッと音を鳴らした。
「今のウチだぞ、そんな事が言えるのは。あ、その前に、今の顔を撮らせてくれ。可愛かった」とオレは言ってカメラに手を伸ばした。

オレは密かに『今日しか撮れないベストショット』を狙っていた。こんな遊びをするのは生まれて初めての奴は、きっと今夜はさぞ新鮮な表情を見せてくれるだろうと期待していた。
かしこまった美しい写真はもうホテルで撮った。だから外ではそんなピンナップのようなものではなく、その時その時の奴の心が画面の中に満ちているものが欲しかった。悩ましいエクスタシーの表情、開放感に酔う笑顔、快楽に輝く目。ボケいようと歪んでいようと構わないので、奴の心を生々しく捉えた写真が欲しかった。だからオレはそんなものを求めて、(運転中を除いては)奴の表情をずっと目で追っていた。

「待って、撮るならルージュを塗り直して。お化けみたな顔を撮られるのは嫌よ」

カメラを構えようとすると奴がそう言った。
(すっかりその気になって)どこぞの伝説の女優のような仕草と言葉遣いでそんな事を言われたら逆らえなかった。
オレは照明を点けて、後部座席からバッグを取った。そして奴が気に入るように丁寧に唇を描き直した。

「手馴れているね。何人にこんな事をしてきたの?」

奴が意地悪そうな顔をして微笑んだ。
オレは苦笑するしかなかった。『お前を前にそんな事を言わせないでくれ』と。

準備が整って、奴はアクセルを踏んだ。
運転する奴の横顔は、いつもなら男らしくてステキだ。だが今夜はその男の匂いに、正体の不確かな妖しい性の匂いが加わっていた。
けれどその謎めいたものまた、奴の持つ性の一面であり、奴の性が醸し出している雰囲気だった。
通常の生活に於いては性とはその存在を余り主張できないものだが、性の願望(まだ気付いていない願望も含む)や好奇心を外に引っ張り出してみれば、今まで知らなかった強烈な興奮や歓喜を覚えるものだ。

奴は淫靡な己を楽しんでいた。この遊びに誘い出したオレが驚くぐらい、その気になって。
奴は完全に通常の自分ではなく『性を解放された姿』と化していた。外見ばかりでなく、内面も。
そうしたものはSMやフェティシュといったイマジネーションをベースとした遊びには不可欠だが、奴がいかに豊かな想像力を持ち、いかに快楽に強い好奇心を持っているのかを伺わせてくれた。

「ん、あ……あん……お前の気持ちが良く判ったよ」

オレは奴のドレスの中で手を動かしていた。
はじめはゆっくりと太ももを撫で、徐々に手を足の合間へと近付けて、ついには奴の弱い部分を執拗に責め立てた。

暗い車内には奴の感じている声が響いていた。
奴はハンドルを強く握ってノロノロと車を歩ませながら、薄く口を開いて、顎を上げて、目を細めて、そんな悩ましい顔をしてずっと喘ぎ声を漏らしていた。

それはとてもエロティックでオレはますます興奮を煽られたが、案外、奴は本当にオレを興奮させる為にそうしていたのかもしれない。何故なら、オレが奴に口で咥えられた時も相当感じたが、それでも平然としていられない程ではなかった。
それとも奴は、そこまで本気で感じるほど興奮していたのだろうか? 極めて快楽に昂ぶれば自分の声にまで感じて、その声を止める事ができなくなるものだから。快楽に没頭する余りに声を出すパターンから抜けられなくなり、一種のトランス状態に陥って。

「いつもより良い、感じる」
「ああ、凄いびちゃびちゃになってるぞ」

奴の口元に濡れた指を差し出せば、奴は舌を出してそれを舐め回した。
オレは自分のモノを扱きたい衝動を堪えてカメラを構えた。奴に指を舐めさせ、そしてまたショーツの中を愛撫して悶えさせ、淫らさを愉しんでいる顔を何枚も写真に収めた。

「ああ、もう止めて……!」

奴は搾り出すような声でそう言って車を停めた。
奴のモノはオレの手の中で絶頂を迎える手前の硬さになっていた。そのまま続けてもさすがに射精には至らなかっただろうが、それ以上はハメを外さない方が賢明に思えた。
激しい快楽とは時に恐ろしいもので、スリルに満ちた状態の中で興奮すると歯止めが効かなくなって危険が見えなくなる場合がある。良くある話だが手で首を締めてのエクスタシーが堪らないといって加減を忘れ、取り返しの付かない事態になる事だってある。

「気持ち良い……ふふ、幸せだ……」

奴はオレの方を向いて、息を乱しながらそんな事を呟いて微笑んだ。
その時の奴が物凄く可愛くて、オレは「幸せだな」と答えて、奴にキスをした。
身体を密着させれば奴の心臓はドキドキしていた。
それがますます可愛くて、口紅を移される心配も忘れて思いっ切りキスをした。

心の中は奴への愛と淫欲でいっぱいだった。
いつもならSMやフェティッシュな行為をする時には事前に手順を決めて挑むが、今夜は行き当たりばったりで何で良いから楽しんでやろうという気分になっていた。

★「エロティックで楽しいフェチは大好きです」と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

パ・ドゥ・シャ cat.3
Fri.27.01.2012 Posted in SM・フェチ
I県の海の方へと車を走らせた。
そこは昼間から閑散としている地帯で夜にはほとんど人気がなくなる。コンビニも牛丼屋もなく、わずかに車が通るばかりで歩いている人の姿はまったく見付けられない。

だが、背景がひっそりとして行くに連れてオレ達は好奇心をウズウズさせた。
まずはそこら中にある空き地に車を停めて痴漢ごっこをしてやろうと思っていたが、奴はオレの都合などお構いなしにオレの足や股間を撫で回してきた。
運転中ではなくても車の中でイチモツを撫でられるは何故か物凄く興奮する。オレ的な感覚としては、助手的の淫乱なビッチに弄ばれているようでたまらない。ずっと遊ばれていても良いし、反撃してオレからもドスケベな事をしてやるのも良い。そして相互で扱きあってお互いの射精する姿を眺めるのも楽しい。

「真面目な顔で運転してるくせに勃起してる」
「顔ぐらい真面目にしてないとその辺にぶつける」
「オレはもっといやらしい事をして遊ぶから、お前は気にしないで真面目に運転してなさい」

奴はそんな無責任な事を言ってオレのデニムのジッパーを下げた。
ジジっとジッパーが下げられる感覚がイチモツに響いてゾクゾクした。

奴はオレの勃起具合を確かめるようにもっこりと盛り上がったソレを下着の上から撫でた。それから指を立てて、根元から亀頭に向けて裏筋をツーッと撫で上げた。
「はっ」と思わず声が出た。腰もビクリと震えた。
すると奴は「真面目に運転しなさい」と再び言って、オレのモノの先っぽを指で弾いた。

見るからに淫乱そうな奴にそんな遊ばれ方をされる刺激は果てしなかった。
どうせなら奴の爪に真っ赤なネイルを塗って、ジャスミンの匂いを効かせたきつい香水もふりかけてやれば良かったと思った。

奴の表情をまとも確認する事は出来なかったが、きっと淫靡な好奇心を剥き出しにした顔をしていたことだろう。
奴の興奮の程は、その手の動きにも言葉にも現れていた。
奴はオレのイチモツを下着から取り出して、ビンと反り返ったそれに猥褻な言葉を吐きかけていた。軽く腰を揺すりながらそうしていたのは、自分の放った言葉にまで感じるほど興奮していたからなのだと思う。
自分の猥褻な言葉に感じることは言葉責めをしていれば良くあることだ。言葉に興奮してくるとますます饒舌に過激になるのですぐに判る。奴もすっかりそうなって、オレの様子(勃起具合)と衣装による高揚と相まって、とんでもない淫乱へと変身していた。

「ヌルヌルしているのを舐めてやる」

奴はそんな事を言ってオレのイチモツにしゃぶりついた。
深く口に咥えたと同時にちゅうっと強く吸い上げ、舌先で尿道口をレロレロと舐めました。
これは堪らなかった。
オレが気持ちが良すぎて『止めろ』とも言えず声を漏らすと、奴はそんなオレの反応を楽しむように更に口での攻撃を繰り返した。
固くさせた舌でカリ裏をベロベロと刺激しながら竿を口からピストンさせたり、竿を手で握って扱きながら尿道口に舌先を踊らせたり。

「美味しい。もっと垂らしてよ。お前の勃起したコレの先から」

奴は先走りの汁を搾り出すようにオレのモノを強く握った。
オレは我慢が限界になって車を停めた。
車内での行為(オレの場合、困った事に特に運転中にフェラされると物凄く感じる)は普段よりも興奮する為、あんな事をされ続けたら奴の口の中で果ててしまいそうだった。
楽しい深夜のドライブデートを始めたばかりなのにそうなるのは避けたかった。
だからオレは反撃することにした。本当は奴の足をガバッと広げてショーツを毟り取って、今まで散々遊んでくれたモノを突撃させたいたいところだったが、狭い車内でそれは出来ず、こんなにも趣向を凝らしたデートなのにさっさとインサートに持ち込むのもつまらなかったので当初の予定を実行することにした。

「この淫乱」

オレはそう言って奴の足に手を伸ばした。
奴は「あっ」と声を出してオレのモノを口から放した。

奴はオレを攻撃しながらも反撃されるのを待っていたかのようだった。
ドレスの中に手を入れてストッキングの上から足を撫で上げれば、もっと奥まで手を運んで欲しそうに足の力を緩めた。

「そんなにオレのチ○ポは美味かったか?」

オレはムラムラしながらそう言った。
奴は、フェラチオをして口紅がめちゃくちゃになった自分の唇を舐めながら微笑んだ。派手なウイッグのブロンドの髪を掻き上げて、「お前のスケベな汁が美味しくて吸ってやったよ」と言いながら。

淫欲の炎に油を注がれる思いがした。
エロティックな衝動が込み上げて、今夜はありとあらゆる欲望を露わにしてやりたくなった。

★「cat.4も読むぜ!」と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Fri.27.01.2012 Posted in コメント返信
遅い昼休みの後の空いた時間に、ごきげんよう。

今日のお昼ごはんは焼き蕎麦パンだった。
学生に戻った気分だったが、1mぐらいのガラスケースの中に商品を並べただけの小さなパン屋の焼き蕎麦パンはとても美味しそうに見えた。
味も良かった。中央に挟まれたマカロニサラダと焼き蕎麦の味がベリーマッチしていて、極上の下町情緒の風味を醸し出していた。
そういばマカロニサラダって全然食べてないな。なんだか自分で作ってみたくなってきたぞ。

学生といえば、昨夜はおかしな夢を見た。
オレは映画を観るようにその夢を眺めていた。自分が夢の中に登場するのではなくてな。

高校生のカップルが登校していた。一世代昔のヤンキー風の詰襟を着た男子高生と、今風のブレザータイプの制服を着た女子高生のカップルだった。

二人は楽しそうにお喋りをしていた。
だが何故か急に事務所のようなところに入って、女子ちゃんの方が深刻な話をし始めた。
けれども男子君は「大丈夫だ」と言った。女子ちゃんの話の内容も判らなかったので何が大丈夫なのかは判らなかったが、彼は大丈夫じゃなくても大丈夫と笑い飛ばせる楽天家だったのかもしれない。だとしたら羨ましい。

そしてシーンは夜になる。
男子君は何故かホストクラブに勤務していた。この一貫性も脈絡もないところが夢らしくて面白い。
男子君は新人のホストらしく(高校生だしな)、先輩から様々な雑用を押し付けられていた。けれど男子君は性格の良い子らしく、深夜の事務所の見張りまで笑顔で頑張っていた(見張りが必要なホストクラブってそうとうヤバそうだが……)

けれど男子君、ちょっと誘惑に負ける。
見張りは軽く飲んでからやろうと思って近くの酒場に飲みに行ってしまう。事務所の鍵を開けてから『そうだ、飲みに行こう!』と思った為、事務所の鍵を開けたまま飲みに行ってしまう。……都合の良い夢(笑)と思ったが、これは現実でもウッカリやってしまいそうだな。寝不足で集中力が散漫な時とか(男子君は昼間は高校で夜はホストでコキ使われているから寝不足だったのだろう)

で、戻ってきたら案の定、事務所の中はめちゃくちゃに荒らされている。椅子や机は破壊されて、書類は全て床にばら撒かれて……やはり暴力団組織の襲撃を受けるような妖しいホストクラブだった事が立証されたようなシーンだった。

男子君は当然のように物凄く慌てる。これがバレたら先輩たちにリンチされる!! と。オレまでドキドキした。一体この先どうなるんだ!? と。

で、そこで目が覚めた。
今日はその続きが気になって仕事が手に付かない。

皆さんもこういう夢を見たことはないか? ヤンキー君とかホスト君とかの内容は横に置いて、続きが気になるところで目が覚めてしまう夢を。

夢の中での緊張が現実に神経を刺激して、それで目が覚めてしまうのかな?
だとしたら、そのシステムは人間にとって非常に憎い仕様だぜ。続きが気になる夢に限って最後まで見られないのだからな。
まあ、夢なんて最後は意味不明で終わることも多いけどな。
あと、虚しくなる夢もある。David Gandyと携帯番号を交換して友達になった! と思ったら、夢でした! で、あの時はマジでガッカリした(泣)

夢をコントロール出来る人もいると聞く一方、夢の世界を気にし過ぎるのは良くないとも聞く。
何にしろ楽しい夢をみたいな。でもって、どんなガッカリな結末でも良いから最後まで見せて欲しい。

オレの予想では、男子君はリンチ寸前のところでNO1ホストに助けられるんだ。けれど実はそのNO1は事務所を荒らした組織と繋がっていて、騙された男子君は妖しい会員制クラブでSMの奴隷として働かされるハメになっ(鬼畜エロ妄想以下略)

という訳で、引き続き楽しい夕方を!
コメント返信の前座雑談のくせに長くなって申し訳ありませんm(__;m


<コメント返信>

★p~21さん
pさん、お久しぶりです!
お約束を忘れて身勝手な事をしてしまいましたが、そのように暖かく迎えて頂けて幸せです。
いえ、度々救われていたのはこちらの方です。この度はその御恩を忘れて大変に失礼な事をしていましました。これからは決して今の後悔を忘れずに、皆様から寄せて頂いた暖かな気持ちを大切にしたいです。
困ったぐらいに天邪鬼なんですよね。自分でも不思議に思うぐらいです。なんであんなにも愛していると言われて、しかも愛情の判る行為をされているのに信じ切れないのか。
pさんがおっしゃるように怖いのかもしれません。自分にとって深い繋がりを築く事は恐ろしいもので、それによって傷付けられたくないから逃げる準備ばかりをしてしまうのかもしれません。
親身になって心配して下さってありがとうございます。自分では気付けない自分の内面というものがありますので、ご感想やご助言を頂けるのは嬉しいものです。
奴とはなんとか関係を修復して(昨日のエントリーの通り、まだ完全とは言い難いですが)、これからは今以上の関係を築けたらと願っています。
そうなる為には自分の努力も必要なので、これを機に、もっと大人としての器を磨こうと思っております。かなり難しいとは思いますが、何があっても自分の感情に揺れたりはせずに、自分が何を求めていのかを冷静に考えられるにしたいです。
ありがとうございます、乗り越えられるように頑張ります(笑)
応援して頂けてとても心強いです。実生活では語れない事を語るここでいただく様々な励ましやご意見は、本当に頼もしいものなんです。ありがとうございます。
寒さの本番が到来していますが、どうぞpさんも風邪なを召しませんように。pさんが毎日楽しく過ごせられるように祈っています。

★na~ruさん
お久しぶりです! オレもなかなか返信が出来ずにお久しぶりです(笑)
長く読んで下さってありがとうございます。オレの悪い癖が出て家出をしてしまいました。naさんからも応援をして頂いていてのに申し訳ありません。
今の後悔を忘れないで、また1から書き綴る事に致しました。大変に失礼で不束な拙ブロガーですが、今後もお付き合い頂けたら嬉しいです。
さっそくnaさんから暖かなコメントを頂けて嬉しかったです。
コロッケですが、そうなんですよね。とにかく手間が掛かって面倒で、普段はオレも売っているものを買って食べています。その方がバラエティな味(二種類のコロッケを買ったりして)を楽しめるし。
キャベツは既に千切りされた袋詰めのものです。あの細さは自分では不可能で、奴にも「細い方が美味しい」と言われたので(笑)
ありがとうございます。これからも楽しんで頂けたらとても嬉しいです。

★si~maさん
siさん、お久しぶりです。またsiさんからコメントが頂けてとても嬉しいです。
すみません、悪い癖が出て家出をしてしまいました。そんなにもご心配を掛けてしまって申し訳ありませんでした。これからは家出をするにしても、「暫く留守にします」のご挨拶をして不在にするだけにして、今回のような事はしないとお約束致します。
そうです。まさにそんな感じです(苦笑) 何かに堪えることは平気なのですが、そんな時にショックな事があると、堪えていた事もそれに関係していない問題も全て嫌になってしまいます。そして自信もなくなってジメジメと……と、そんな恥ずかしい状態に(笑)
ありがとうございます。そんな元気な応援が何よりも嬉しいです。相手の言葉って不思議なもので、優しい言葉を頂けばこちらも優しい気持ちになれて、元気な言葉を頂けばこちらも元気になれます。
そうでうですね、その当時のブログは完全になくなってしまって、実はオレも密かに思っています。あの時は深刻な身バレがあって、どうしても仕方がなかったのですが。一時、当時のエントリーを書き直そうかとも考えました。でも当時だからこそ書けたものばかりだったので諦めました。
奴とは今後もいろいろとあるかと思いますが、オレがまた馬鹿な事をやっても、奴が何かをしても、それでもどうにか付き合って行けるように応援して頂けたら物凄く嬉しいです。
そうですか。同じなのかもしれませんね。意識の上ではそうではなくても、ふとした時に、本来の性質である孤独を愛する気持ちが頭をもたげます。本当はそこそが原因なのかもしれませんね。喧嘩やすれ違いなどは本当の原因ではなく、その本質を恋しがらせるキッカケとなっているのかもしれません。
ありがとうございます。自分にとっての本当の幸せを見失わないようにしたいです。そして何があって(何を不安に思っても)、手に入れたい理想から道を外さないように生きていたいです。
siさんの毎日も楽しくありますように。心から応援しております。

★Fe~chさん
再びFeさんにお会いできて嬉しいです。この度は身勝手な事をして、とてもご心配をお掛けしてしまって申し訳ありませんでした。
そんなにも楽しみにして下さっていたなんて、身に余るほどの嬉しさです。ありがとうございます。そしてFeさんのそんな思いを裏切るような事して申し訳ありませんでした。過去のブログは消してしまいましたが、過去に負けないぐらい楽しいエントリーとなるように頑張りたいです。奴とも色々とありますが、奴との関係も、過去のブログに書いてきた以上の喜びを綴ることが出来ればと思っております。
わざわざ検索をしてまで探して下さってありがとうございます。オレも今回してしまった事に深く後悔を感じているので、今のこの気持ちを忘れないで、(けれども気ままに楽しく)また1から様々なものを書いて行きます。そして今後は絶対に衝動的な行為はしない事を固くお約束致します(指切り!)
いえいえ、オレも反省が多いです。奴を不機嫌にさせてしまってから「やっぱり○○をすれば良かった!」と反省して、翌日とか翌年には盛大にするようにしております(笑)
その物語、懐かしい!! 子供の頃にどこかの劇団の舞台で見て感動しました。しかしあんな物語まで持ち出すなんて、その男子君たち(笑)
でも年齢が上がると、誕生日もそうですが、特別な日に感じていた感動とか嬉しさが薄れて行くんですよね。奴はオレよりも2歳下ですが、たった2年の差でもその差は表れています。オレが奴の年齢の時には今よりも派手にクリスマスを過ごしていました。でも今は、奴のはしゃぎぶりに付き合っているという部分も少なからずあります。
でも、奴に気持ちを合わせてイベントを楽しむのは、心の老け込みを防止する良い方法のような気もしています。楽しい事がなくなったら日頃のストレスに負けてしまうような気もして(笑)
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお付き合い願います。プレッシャーなんてとんでもない、楽しい話をどんどん綴って行く気持ちでいます!
そしてアボカドの詳しい知識をありがとうございます。そうですね、あんなにも美味しいのにまだポピュラーじゃないのが残念です。もっとそこら中のスーパーでも扱ってくれると良いんですけどね。教えて頂いた知識を有り難く参考にさせて頂きます。急に柔らかいアボカドの生寿司が食べたくなりました(笑)

★to~oさん
なるほど、オリーブオイルで焼いたポテトは風味が良さそうですね! ありがとうございます、物凄く美味しそうなレシピです。次回オレが料理当番の時に真似て作ってみます。きっと奴も大好きです(笑)
栄養とデックス効果の為に毎日たくさんの野菜を食べるようにしています。好きな野菜を混ぜても美味しそうですね、早く作ってみたいです!
確かに、この『なんとか』のバランスが崩れてしまうと一緒にいるのが辛くなるのかもしれませんね。一昨日は喧嘩したけど昨日は仲良く食事をしたとか、そうやってバランスを取って『なんとか』の状態を保って行くのが大切なのかもしれません。『なんとか』の状態になるように協力してくれる奴に感謝したいです。
心配して下さってありがとうございます。tさんもお元気そうで嬉しいです。どうぞこれからもよろしくお願い致します。

★ta~aちゃん
今が今年一番の冷え込みかもしれませんね。さすがにオフィス周辺の雪は完全になくなりましたが、実家周囲には固く凍ったものがまだまだ残っています。日陰になる場所に残った雪って、いつまでも溶けないから厄介ですね。ズルズルに滑って危険だし。
ベーグルは、あの独特の食感が大好きです。同じものを挟んでも、普通のトーストとベーグルではまるで味が変わりますね。
ありますね、ドライフルーツ&ナッツ! アンソニー君が好きそうなので明日にでも買ってみようかと思ってます(笑)
そういえば冬は脂肪を蓄積しやすくなるんですよね。オレも高カロリーなもの(チョコレートケーキも)はほどほどして、冬こそ身体を動かさなくては(汗)
サウナは苦手なんですが、サウナと同じぐらいすぐに汗を流せられるものでもあれば良いんですけどね。

★ok~iさん
先日の雪は凄かったですね! 都内はほとんど溶けましたが、日陰になる場所には未だに凍結した雪が残ってカチカチになっています(実家の裏口の方もズルズルに滑って怖いです) 大雪の日から寒さが厳しくなりました。それでも晴れているから、まだマシなのでしょうね。
40cmも! それは凄いですね! 幼い子供には楽しいものですが(オレも当時は喜んだものです)、雪かきや交通の心配をしなくてはならない大人には頭が痛いばかりですね(汗) でもキレイに積もった雪を眺める楽しさはあるかな(笑)
いよいよ真冬の寒さ、という昨今ですが、oさんも暖かくして過ごして風邪など召しませんように。そして地面が凍る夜道を歩く時には十分に気を付けて下さいね!

★yu~chiさん
確かに! 『映画館は暗いから見えない&みんな画面に集中しているから気付かない』と思いがちなのですが、大きなスクリーンで意外と場内は照らされるし、皆じっとして座っているから何かモゾモゾ動いているものがあると目立ったりするかもしれませんね。周りのお客さんの迷惑にならないように、もしも実行するならほとんど誰もいない映画館で……って違うか(笑)
そうなんです。オレの知り合いが上野にあるハッテン場の映画館に入ったら、シートに座った途端あっという間に囲まれたと言っていました。隣に座ってきた男に足を撫でられて怖くなって逃げたそですが。ですね、気をつけます(汗)
実家の猫達の事ですが、なるほど、シロ子はガーナ子に嫉妬して猫パンチ&フーっと威嚇をしたのかもしれませんね。来たばかりもあって妹はガーナ子を可愛がる事に夢中になっていたようなので。ええ、妹も喜んでいます。毎日オレにメールで報告して来るぐらい楽しいみたいで良かったです(笑)

★ta~aちゃん
そうなんです、実はそんなものも豊富に流通されいます。
やっぱり購入者(愛好者)が多いから採算が取れるんでしょうね。価格は通常のレディスものと比べたら高いですが、それでも種類豊富に扱ってくれているから助かっています。ショーツとか、やっぱり男性ものじゃないと収納の関係で色々と……な(汗)
taちゃんったらお勉強熱心! ネットでたくさんのカタログがあって面白いよな(笑)

★ky~uさん
エロスとラブと料理を両立するブログを目指します(笑)
奴とはあんな感じです。以前のように、呼吸がぴったりで何でも思った事を言い合える感じではなくなりましたが(といっても、堅苦しい感じではありません)、奴の気持ちを気遣えるようになったのは良かったように思えます。昨年の末頃は酷いもので、奴の気持ちを無視して自分の気持ちばかりを主張していた時もありましたから。『親しき仲にも』は、仲良くしていたい相手にこそ守らないといけない事かもしれませんね。
ガーナ子の美貌を誉めて下さってありがとうございます! きっと実家でガーナ子も喜んでおります(笑)
マメちゃん、そのお名前を聞く度に「可愛い子だったんだろうな」と思います。同じ猫同士ですから、たとえ違う猫でもkyさんに可愛がられて幸せになる事に嫉妬はしないと思います。
白猫も可愛いですよ。ただ抜け毛が目立つので、スーツで抱っこをするとブラシ掛けが大変ですが(汗)

★yu~i君
『パ・ドゥ・シャ』でピンとくるのは決まってバレエ経験者ですね。
それにしてもお仲間だったとは嬉しいな、yu君もバレエを習っていたなんて。そんな些細な事だが親近感を覚えてしまいました。気が向いたらいつか(ブログででも)当時の思い出を聞かせてもらえたら嬉しいな。
猫があちっあちっ!する姿って、可愛い説明をされる先生ですね(笑) オレは疲れてくると良く、「重い!ドタっとしてる!」って足を叩かれたものでした。
恋人との付き合いには濃厚なエロスが欠かせないと思っているので、奴がはじめから性に対する好奇心が強かったのは幸いでした。
yu君にそう言ってもらえると嬉しくて、今後も安心して書けるぜ!とか思ってしまいます。なにせyu君はとても色っぽい文章を書く方ですから。
勝手に……などと言われると放ってはおけなくなるものです。そしてまたその色っぽい微笑が聞きたくて気を引きたくなります(笑)

★k~oさん
そういえば普通ならガー子になるかもしれませんね。相変わらずオレの家系のネーミングセンスは奇っ怪です。
始めの三日ぐらいはシロ子も嫉妬して、何かあるとガーナ子にフーっとやっていました。妹が可愛がり過ぎたせいでしょうね。いやあ、kさん宅の猫様のSぶりに勝てる猫なんて世界中を探しても……。
2ショット、妹に撮って欲しいとお願いしているのですが(カメラをプレゼントしてまで!)、なかなか撮れないようです。『ナイスな2ショが撮れる!』と思える恰好をしている時もあるのですが、カメラを向けると途端に身体を離してしまうそうで(汗) どうしてだろう、シャイなのかな? それとも本当はもう仲良しなくせにカップルとは思われたくないとか……ツンデレ?
コロッケ大好きです! お肉屋さんのコロッケは、やっぱり油に秘密があるのかな? 判ります、オレもあの味が食べたくなってコロッケを買いに走る時があります(汗)
いえいえキャベツははじめから千切りになっているものを買ってきています。以前はオレが千切りをしていたのですが、頑張って細く切ろうとしても太くなって、奴から「味が違う」と不評だったので千切りパックを買うことにしました(泣)
ご質問への返信ですが、区分されておりません(縛) SM調教のご褒美にその可愛いビスケットはどうですか? というコメントですね! ありがとうございます! というか、さっそく色々と拝見しましたが可愛すぎます……。

★次回の更新を待ってます!と思ってくださる方は↓の2つのバナーを押してして応援をよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

パ・ドゥ・シャ cat.2
Thu.26.01.2012 Posted in SM・フェチ
「コンビニ入ってパンツを脱げなんて言わない?」
「脱がせて、そのパンツを頭にかぶれって命令してやる」
「そんなのお前がやってよ!」

レストランで夕御飯を食べてから都内を出て、少し車を走らせたところにあるラブホテルにチェックインした。
セックスをする為ではなかった。奴の支度を整える為だ。
奴に化粧をするのも女性用のドレス(といってもサイズは男性用。下着もパンプスも同様)を着せるのも、もう何度かしていたので慣れたものだった。

ただ、今夜はいつもより派手に仕上げてやろうと意気込んでいた。
ショーパブの衣装を思わせるブルーのオーガンジーの膝丈のドレスを着せ、テラテラとした光沢のある黒いエナメルのパンプスを履かせ、今日の為にゲイ向けのインポートショップで購入した薔薇の刺繍が縫い込まれたガーターベルトとストッキングとショーツを穿いて貰った。

「ステージに立って歌いたくなる」
「歌よりストリップの方が良いな」
「じゃあアソコの毛も剃らないと」
「足を開いた時、毛がはみ出て見えた方がスケベで良い」

そんな冗談に笑いながら化粧を施した(奴は可笑しいと大笑いをするので、笑わせないようにするのが大変だった。下ネタを連発して笑わせたオレが悪いのだが)
丁寧に髭を剃って、コンシーラーで丹念に肌を整えて、今夜の衣装にぴったりと合うブルーを基調としたメイクをした。目元と口元をこってりたっぷりと飾り立てて、チークも濃い目に入れて、最後の仕上げにハニーブロンドのセミロングのウィッグをかぶせた。

出来上がってみれば、ド派手! ケバい!
どこをどう見ても煌びやかなショーパブで働いているドラァグクイーンだった。

オレはゾクゾクした。いつもとはまるで別人の奴に興奮してハイテンションになった。
奴もまたその気になっていた。椅子に座って足を組んで、オレにルイ13世を持って来いと命令して(ラブホにあるわけがない・笑)、シャンソンもどきの即興の歌を歌った。

メタモルフォーゼ(変身・変容)はSMでも度々使われる効果だ。
普段の自分を忘れて心の中に隠し持っている自分を露わにさせようという時に用いられる。
女装もそうだし、妖しいムードのボンテージを着るのもそうだし、フリルとレースたくさんの下着を穿くのもそうだし、全頭マスクをかぶるのもそうだし、着け耳や着け尻尾を着けるのもそうだ。
そんな恰好をすると内面(心の中)も同調して普段の自分ではなくなり、SMやイメージプレイに没入できる。
いつもの自分とは違う自分になる事は開放感があって楽しいものだ。それが密かに願望していた姿であれば尚更、楽しみは深くなってテンションは上昇する。

女装だが、ハッキリ言って愛好者は多い。
それによってストレスを吹き飛ばしている方も多く、『楽しい健康法』として考えている方もいる。

「女装してレズごっこをしてお姉様にクリを虐められるとすぐにイっちゃうの(本当の女性同性愛者の方には叱られるかもしれない発言だが、そのまま書く事をお許し下さい)」と言っている方もオレの知り合いだが、その方、最近では女装している時の意識(人格?)が仕事中にも出てきて困っていると話していた。
メタモルフォーゼには依存性があるらしい。本当は女装をしてみたいと思っている男性は少なくないと思うが(女装というか華やか&可愛い服を着てみたい願望のある男性を含め)、変身頻度は生活を乱さない範囲でお楽しみ下さい(笑)

「物凄くステキだ。惚れ直した」とオレが言うと、
「当たり前じゃない」と奴は言ってツンとした顔付きで笑った。いつもの奴ならバカ笑いをするのにな。凄い変わりそうだった。

オレは奴を褒めちぎって、今日の記念に足で踏み付けてもらった。「ヒールで踏み付けて下さい女王様」などと言って。
しかし奴の足は大きいので、ちょっと力を込めて腹をグリグリされると結構苦しかった。だが、そんな苦しさも『有り』だとマゾヒストのオレは思った。

「お前にまたがれるのって最高だ。その格好のままオレの上に座って腰を振って欲しい」
「今はいたばかりのショーツを脱ぐのはまだ早いでしょう?」
「そうだな、脱がすのは勿体無いな。じゃあ、ドレスの裾をめくって見せて。チラリで良いから」
「ほら」
「チラリ過ぎて何にも見えなかったぞ」

確かに見えなかったが卑猥なムードは満点だった。
ドレスの中で奴のモノを包んでいるショーツを想像すると、今すぐにでもその膨らみにキスをしたくなった。そしてショーツの上からそれを舐めて感じさせて、オレのイチモツの上に座らせて激しく腰を振って欲しくなった。悶えながらきわどい台詞を言って、オレを逆レイプするように。

「またがれて興奮してる?」

奴はオレの下半身の上に足を乗せた。そしてオレの勃起した硬さを面白がるように足を動かした。上下に扱くように。
服を着たままとはいえ足でそんな事をされるのは初めてだった。奴に弄ばれたい願望は強いオレにとって、その行為は物凄くツボだった。
オレはますます興奮して、奴に手を伸ばして黒いストッキングに包まれた足を撫で回した。

「思いっ切り興奮してる。ガチガチだろ?」
「オレも。なんだかいつもより感じる」
「ストッキングの上から撫でられているからか?」
「そうかも。いつもより敏感に感じる」

支度をしたらすぐに出る予定だったが、結局一時間ぐらいホテルの部屋で戯れた。
そのまま夜を明かしても良いかと思ったが、せっかく準備をしたのだから予定通りドライブに出ることにした。
その前に、外に出たらそんな余裕は無くなるだろうから、奴の女王様姿を写真に撮らせてもらった。遊んでいる内に化粧も崩れてしまうだろうから、こってりとメイクした顔のアップも今の内に写真に収めた。

「誰もいない? ドキドキする」
「いない。誰がいても大丈夫だ」

奴の肩を抱いて駐車場に入り、いよいよ車を発進させた。
先日のセックス中の打ち合わせではかなり猥褻な行為をする取り決めとなったが……まあ、どうせ全ては出来ないだろうという軽い気持ちで深夜のドライブデートを開始させた。

★「cat.3も待ってるにゃ!」と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

寂しくない距離
Thu.26.01.2012 Posted in 恋愛
オフィスの一室より、ごきげんよう。

奴との暮らしはほとんど落ち着きを取り戻した。
けれど、以前とは違う空気が混じっている事を感じている。
その空気は、奴との会話の中に戸惑いを覚えさせる。奴に嫌われたくないという心配を感じさせて、奴にかける言葉を選ばせる。

しかしその感覚は、奴との間に距離が置かれてしまったというよりも、付き合う前の慎重だった自分を思い出させる。
親しき仲にも礼儀あり、という言葉がある。何度も奴を傷付けてしまったオレは意識的に奴を思い遣る礼儀を持つべきなのだろう。
この距離感は、また暫く経てば埋まってくれるのかもしれない。
出来れば埋められて(正直に言えばやはり寂しいので)、けれど『親しき仲にも~』も忘れずにいられたら良いなと思っている。

相変わらず奴のお気に入りの男には嫉妬しているが(今も奴は彼の名前を出す。その堂々とした態度は、たとえ心引かれる部分があったとしてもオレを裏切ってない(裏切るつもりもない)証拠だと信じるようにした。かつては自分もそうだったから)、以前のように見苦しい事を言って奴を追い詰めたりはしなくなった。

そして、奴宅で一緒に過ごす時などは、『奴がオレと一緒にいるのはオレが好きだからだ!』と自己暗示をかけるように思い込む事にした。
ちょっと図々しくて照れ臭い感じもしたが(汗)、奴に愛されているのは事実なのだと信じよう。

そう言えばオレは(削除してしまったブログに何度か似たような事を書いたが)、オレに愛されている事を信じ切って「お前はオレを愛しているから」といった事をハッキリと口にする奴に魅力を感じて、そして幸せに思ったものだった。
愛するだけでなく、愛される事も相手を幸せにするものだな。もう以前のように心を荒ませないように、オレの心は奴からの想いに満たされている事を信じよう。カサカサに荒れてはいない。ウルウルに潤っているんだ。

頑張るぞ!

話はガラリと変わります。

今に始まった事ではなく、今更な事だが、たまに自分の書いたものを読み直すと誤字や脱字や不自然な言葉遣いの多さに頭が痛くなる(汗)
自分が書いたものを後から見直すのは羞恥プレイだ。パンツ姿を晒すよりも恥ずかしい(そういえば沖縄消防士カレンダーの隣でパンツショットをお披露目する約束をまだ実行してないな。近日おニューのパンツを買った時に、必ず)

皆様。
いつもあんな酷い文章を読んで下さってありがとうございます。
まったくもってお恥ずかしい限りです。誤字はまだしも、意味の判らない文章など、どれほど皆様を混乱させている事か。

今後は焦らず、二回は読み直して推敲してから更新します。
それをやってもミスはなくならないかもしれませんが、少なくても意味不明な文章はなくなるだろうと思います(それすら残ったら本当に申し訳ありません)

オレの会社に文章の達人がいる。
何が凄いって、一発でミスも歪みもない長文を書く。おまけに文字が達筆で美しい。
正しい文章が書ける&文字がキレイな人って恰好良いよな。それだけで頼もしさを感じる。
そういう知的面での美貌というのは老いても損なわれるものではないから羨ましい。羨ましいというより、ご本人は努力して体得したのだろうから尊敬する。

文章は精神状態の表れ……とまでは言わないのかもしれないが、オレはもっと落ち着くべきだ。
今日から写経でも始めるかな。と思ったが、それに時間を掛けたらますます慌ただしくなって逆効果になりそうだ。迂闊に新しいものに手を着けるよりも、今の環境の範囲で出来る努力をした方が良さそうだ。

もっと流麗にスラスラと言葉が浮かぶなら、もっとたくさんコメント返信も出来るだろうにな。
いつもお待たせしてしまって本当に申し訳ありません。
時間や環境の都合で返信の出来ないコメントもありますが、せめて心の中で感謝を述べさせて下さい。
オレなどの為に時間を割いてコメントを書いて下さってありがとうございます。本当は何倍にもして返事をお返ししたいと思っております。

そのコメント返信ですが、今夜か明日の昼間に返させて頂きます。
また予定よりも遅くなって申し訳ありませんが、細々とながらも今後もコメントによる交流は保っていきたいと思っております。
不束な拙ブロガーではありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日の関東は気持ちの良い晴天!
どうぞ皆さんも充実した楽しい午後をお過ごし下さい。

では、また夜に!

★今夜の更新も待ってます!と思ってくださる方は↓のバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

パ・ドゥ・シャ cat.1
Wed.25.01.2012 Posted in SM・フェチ
(SMの話です。苦手な方は閲覧をお控え下さい)

あるバーの常連の男に渡されたDVDは、捕まえた男を厳しく奴隷として調教する鬼畜な女王様の物語だった。
男はほとんど裸に剥かれ、首輪を嵌められ、S区の公園に連れて行かれ、そこを行き交う人々に見られながら鞭でぶたれた。

「これってエキストラじゃないの? 本当に普通の人達?」
「そうらしいぞ。マニア向けのDVDはエキストラを雇うほど金は掛けられないし、これはどう見ても本物のホームレスだろう」
「犬の散歩をしている人も素人っぽいね。警察に見付からないようにやれば大丈夫なのかな?」
「どうなんだろうな? 猥褻物を露出しない限り大丈夫なのかもな。それとも撮影だって事前に届け出ているのか?」

白昼の元、余りにも開け広げに成されるその調教は異様としか言い様がなかった。故に道行く人々のほとんどは顔を背けていた。それをまともに見てしまったら(そして目でも合ったら)、得体のしれない厄介なものに憑かれるとでも思ったのかもしれない。
実際、その女王様は何人かの通行人に声をかけていた。「貴方も奴隷をぶってみませんか?」とか、「あの奴隷の尻を犯してみない?」とか。
真っ昼間の公園でいきなりそんな事を言われたらオレですら逃げるだろう。例え興味が沸いたとしても、昼間は夜の顔を隠していたいからな(苦笑)

けれど、そのDVDはもう十数年も前に制作されたものだったが、古臭さを感じさせる荒い画面が妙に淫靡だった。
夜になれば奴隷はセーラー服を着せられて再び散歩を強制された。
その奴隷は小太りの中背の中年で、とてもセーラー服など似合わない風貌なのだが、その果てしなく違和感のある滑稽な姿に独特の淫らさを漂わせていた。
スカートの中は、昔の映画に登場する街娼を思わせる黒いガーターベルトとストッキングだったが、清純なセーラー服とはまるで不釣合いなその安っぽいいやらしさは、何故か生々しく猥褻感を匂わせていた。

彼は車に乗せられて様々な場所に連れて行かれ、その度に女王様から調教された。
例えば公園の木に縛り付けらてて太い一本鞭でめちゃくちゃにぶたれたり、ベンチに座れと命令されて座ったら「ストッキングの中で渦巻いてる脛毛が汚い」と言われてライターで焦がされたり、公衆電話の中で下着を脱ぐように命令されたり、駐車場でスカートをめくって四つん這いで歩く姿を写真に撮られたり、オナニーを強制されて大笑いされたり。最後は納屋のような場所に連れ込まれ、そこに住んでいるホームレスのような男に尻を犯されて幕を閉じた。

恐らく多くの人間にとってはギャグのネタにしからないDVDだろうが、オレは真面目に(?)面白みや興味を覚えた。
まず、古めかしい映像や設定が気に入った。それは和洋問わずロマンポルノのストーリーが大好きなオレの心を甘くくすぐってくれた。
次に、野外で淫らに夜を明かすという奔放なテーマに心惹かれた。

残念ながら、その奴隷さんご本人に惚れることはなかったが(笑)、けれど虐めたい意欲を掻き立てる魔性を持った奴隷さんだった。
加えて、調教内容にも惹かれなかったが、『野外でここまで出来るのか!』というおかしな認識と勇気を与えてもらった(笑)

「今度こういう散歩をしよう」
「ええー!」

オレがそう言って奴を背中から抱きしめると、奴はオレが冗談で言ったのだと思って笑った。
実際オレも冗談で言っていた。「セーラー服を買って来るから着てくれ」などと、本当にそれをやりつもりもなく笑いながら言った。

だが、その映像は、翌日になっても、翌々日になっても、オレの中に居残り続けた。
DVDのオリジナルの内容に自分の好みの設定が加わり(あるいは置き換えられ)、それは何時の間にか『本当にやってみたい妄想』へと変化して行った。ある夜には自慰までさせるほどに。

休日の事。
その日は奴を撮影しながらセックスに耽っていた。
オレが奴のフェラに興奮すると言ったら、奴は、「そんなにオレの口に興奮するならまた口紅を塗って見せ付けてやろうか?」と言った。(*)

(*)長身で骨格がしっかりとしている奴に女装させて遊ぶのは以前からの趣味で、その男にしか見えず、男の肉体が醸せる濃密なエロティシズムの存在感をオレは好んでいる(簡単に言えば、女性に見える女装には興味が沸かない。けれども男と判るいやらしい感じの女装には興奮する)

奴のその発言に、オレは不意にこんな事を想像した。
真夜中のどこかで化粧をした奴に咥えられたら物凄く感じるだろう、と。
そして、奴をどうやってその気にさせようかと考えた。だがそれは非常に簡単な事だった。単純にストレートに願望を言えばそれで良かった。考えてみれば、そもそも奴は車の中での性行為が大好きだからな。

「今度ドライブに行く時、車の中でそれをやってもらおうかな」とオレが言うと、
「良いよ……たっぷり口紅を塗って、お前のこれが真っ赤になるまで舐めてあげる」と奴は言って、オレの顔を見上げながら舌でイチモツをレロレロと舐めた。

オレは、奴のいやらしい舐め方と次回のドライブの約束に興奮した。
だがそれだけでは不十分だった。奴が淫らな事をしたがっている今の内に、オレがやりたい事の全てを(全ては無理なので、少しでもそれに近付くように)約束させてしまわなくてはならなかった。

「どうせなら夜までどこかで遊んで、暗くなってからその遊びを始めないか? 前にオレが仕入れてきたドレスがあっただろう? 化粧をするならあれを着て、いやらしい下着も着けるとかな。オレは車の中でドレスに手を突っ込んで痴漢みたいに弄り回してやるから」
「あは、興奮しそうだ」

フェラチオをしてもらいながら(オレは奴を手で扱きながら)、その打ち合わせの内容はどんどんエスカレートして行った。
スケベな取り決めは、こういう時にこそやるべきだな。感じている時ほど人は性に大胆になって、もっと激しい快楽が欲しくていくらでも淫らになれる。そしてそんな時にだけ自分のスケベさを全開に出来る事にたまらない歓喜を感じる。

とは言え、どんなに淫らな気分になっていても、相手がやりたくない事をやらせようとしても拒まれるものだ。
そんな時には大人しく引くに限る。
SMもセックスも一方的なだけでは片方が白けまくるし、行為の後にはお互いに腹立たしくなって物凄い喧嘩になる事もあるからな。

★『cat.2も楽しくいってみようか!』と思われた方は↓のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

サディスティカルな、もっと
Wed.25.01.2012 Posted in SM・フェチ
(本日のコメント返信はこのエントリーの下にあります)

きっと奴の方が性欲が強い。
そして奴はエロティシズムの表現と、その遊び方を理解している。
そんな奴との性のコミュニケーションは愉しくて、昨夜は眠る事を忘れてそれに夢中になった。

「もっと……気持ち良い、もっと」

そんな今にも絶頂を迎えそうな声でねだるくせに、奴の望み通りにそれをすると奴はストップをかける。「駄目、まだいきたくなない」と言って。

オレは激しい腰の動きを止めて、上下に動かしていた手も止めた。今すぐに奴の中で爆発したくて仕方がないというのに、喘ぎながら笑みを浮かべて「まだ、もっと」と囁く奴に逆らうことができずに。

「いつまで続けたら良いんだ?」

いきり勃ったものを激しく突き動かしたい衝動を飲み込んでそう訊けば、奴は「もっと」と答えた。

「もっとか」

オレは顔をしかめてそう呟き返した。
何度も限界を堪えさせられ、『もっと』を続けさせられ、やがて声を出して身悶えずにはいられない絶頂に襲われ、その刹那に睡魔に飲み込まれた。

そして今朝、奴は言った。

「週末には、もっとね」、と。

★次回の更新も楽しみにしています!と思ってくださる方は↓のクリックをお願い致します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Wed.25.01.2012 Posted in コメント返信
(本日16時40分頃まで<雑談その1>とされていたものは別のエントリーとして上げ直しました)

<返信の前に雑談>

(祝)ガーナ子、いらっしゃーい!!

獣医さんに相談したところ何の問題もないようなので、ガーナ子はめでたく実家の子になる事が決定した!

たくさんの方に案じてもらえ、可愛いと言ってもらえ、ガーナ子は幸せだな(笑)
これからはシロ子と共に、たまに写真をお披露目させて頂きます。
ツーショットを撮りたいが、なかなか寄り添ってくれないと妹が言っていた。まあ、これからどんどん仲良しになってくれるだろう!

2012_01_25_1.jpg

数年前から鍵尻尾と縁がある実家。
幸運の鍵ウェルカム!


<コメント返信>

まだ全ての方に返しきれておりません。明日の昼間も返信させて頂きますm(__)m

できる限り全ての方に返信したいと思っておりますが、見落としやタイミングの関係で返せなかった方には深くお詫び致します。
もしもどうしても返信が必要な内容がありましたら、コメント内にそう書き添えて頂けたら嬉しいです。それに関しては必ず返信させて頂きます。

コメントはとても有り難く頂いておりますが、それに対するお礼が十分に出来なくて申し訳ありません。
こんな調子でも構わないと思って頂けるようでしたら、どうぞこれからもよろしくお付き合い願います。

★su~ruさん
はじめまして。ずっとお付き合いしてくださってありがとうございます。この度コメントを頂けてとても嬉しいです。
身勝手な事をしてしまって申し訳ありませんでした。戻ってみればsuさんからも温かなコメントを頂いて、良いことばかりです。あの時はどうしてあんなにも感情的になってしまったのか不思議でなりません。
こちらこそ、suさんのコメントに励まされました。本当に嬉しいです。今後は自分の悪い癖を治す努力をしますので、どうかこれからもよろしくお願い致します。

★ma~neさん
聞こえます、聞こえます。しっかりと繋がっております(笑)
いやあ、やっぱりmaさんの元気が声が聞けると嬉しいな。しみじみとそれを実感しています。
オレは非常に我侭で、多忙で返信が出来なくなってどんどんコメント欄が閑散としてくるとテンションが下がってしまいます(汗) 拍手やランキングなどでは物凄く応援していただいているのに。それでも皆さんの声を聞けないと今いち交流できている実感が沸かなくて寂しくなるのでしょうね。
そんな気持ちがあってポストを置いてみました。これからも楽しく交流をして行きたいです。
ちゃんこ鍋! ずっと忘れていましたが(洋食好きな彼氏との食生活に埋もれて)、ちゃんこは大好きです。maさんのお陰でまた食べたくなったので、真似をして近いうちに作ってみます。最後にラーメンというのも良いですね! レシピを探し回ってみます(笑)

★ry~uさん
ryさん、お久しぶりです。またコメントを頂けてとても嬉しく思っています。
あの時のコメントは良く覚えています。文章の終わりにとても寂しさを感じて、ずっと気になりながら応援していました。
判ります。あの時にはあんなにもあった筈の繋がりや楽しさが一瞬でなくなって、失った事が信じられずに(相手と自分のことまで信じられなくなる時もあって)打ちひしがれるばかりとなります。ryさんも辛い思いをされましたね。恋愛って本当に困ったもので、他の物事のように努力をすれば実るという法則が存在しない時もあります。人の心を自分への想いで満たすのって難しいですね。
でもそんなにも精一杯お相手を想っていたryさんは愛情深い方なのだと思います。自信を失くすことなんてありません。自分の愛情に自信を持って楽しい恋愛をして欲しいです。
そうですか、新しい恋を。良かった(笑)
オレの言葉などなんの役にも立ちませんが、先の恋愛で傷付いたままでいなかったryさんに拍手を送りたいです。おめでとう!
確かに先の事は何も判りませんが、それでもパートナーさんと一緒に幸せになる理想は追いかけていたいですね。オレも良いことばかりではないですがryさんに負けないように(そして恥じないように)頑張ります。ええ、お互いに幸せでありましょう!

★ha~guさん
お久しぶりです! またhaさんからコメントを頂けてとても嬉しいです。先ほど勝手ながらツイッターのフォローをさせて頂きました。もしも呆れられておりませんでしたら、またツイッターの方でもよろしくお願い致します。
ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。とても恥ずかしい事に、今回は感情的になっての行為でした。あんなにも大人げなくお約束を破ってしまったのに、温かく迎えて下さってありがとうございます。これからはこの嬉しさを決して忘れずにいます。
わざわざ検索で探して下さったなんて。こちらこそとても幸せです。それほど良い事が書かれているブログではありませんが(笑)、拙いながらも長く書いてきて良かったと思うばかりです。
温かな声を聞かせて下さってありがとうございます。これからもこのブログがhaさんにとって楽しめる場所であるように頑張ります。

★NA~BAさん
NAさん、はじめまして。コメントが頂けてとても嬉しいです。
大変に申し訳ありませんでした。感情的になってやってしまったことでしたが、そんなにも温かなお言葉で迎えて頂けて、嬉しいながらも胸が痛みます。
でも恥ずかしながらも、戻ってきて良かったと思っています。今のこの気持ちを忘れないで、また色々なものを書き綴って行きます。過去のものを削除して本当に馬鹿な事をしたと後悔しているので、過去に負けないようなものを。
これからも見守って頂けるなんて嬉しいです! ではオレは安心して書きます(笑)
判りました、何かあっても(今後は絶対に削除はしないで)戻ってきます。お約束いたしますので、これからもよろしくお願い致します。

★po~0さん
お久しぶりです! またpさんに声を掛けて貰えるなんて嬉しいです。
あんなにも身勝手な事をしてしまったのに、ご心配までして下さって、温かく迎えて下さってありがとうございます。
こちらこそ大変嬉しいです。せめて感情的になる悪い癖は治そうとしている不束者ですが、どうぞ今年もよろしくお願い致します。
これからもpさんにとって潤いになるものが書ければと思います(笑) 消してしまった過去のブログ以上に楽しいものを書くことが今年の抱負の一つです。
応援して下さるお気持ちがとても心強いです! 本当にありがとうございます。奴との関係も色々とありますが、弱気にならずに頑張りたいです。

★shu~uさん
こちらこそ、またこうしてshuさんのコメントが頂けて嬉しいです!
ありがとうございます。この嬉しさを忘れずに、これからもまた色々なものを書き綴って行きます。

★yu~iちゃん
はい、昨夜はかなりウキウキしておりました(笑)
なるほどフォンデュも良いですね。好きな材料でバラエティに楽しめるし、仲良く作って食べれば話も盛り上がるでしょうね。是非とも奴とやってみたいです。良いご提案をありがとうございます!
いえいえ、オレは写真で誤魔化しまくってますから。毎日、しかも2食や3食も作っているyuちゃんを尊敬します! オレでは献立が決められなくて挫折してしまうでしょう。
ありがとうございます。yuちゃんも毎日元気でお過ごし下さい!

★sa~uさん
実物を見たら「あれ?」と思いますよ。写真では角度やボカシで誤魔化しているので(笑)
そういえばsaさんのお弁当をツイッターで拝見しましたが見事でした! お弁当はオカズの数や詰め方が難しくてオレには無理です。残念なのはオレの方です(汗)
大切にして下さってありがとうございます。またお送りしたいです(笑)
料理のアドバイスに感謝致します! 裏面の焼き具合はどうかと、ついつい何度もひっくり返すのも悪いかもしれませんね。ひっくり返したい衝動をぐっと堪えて我慢してみます。

★ky~uさん
転ばなかったですが、夜には地面が凍結してツルツルになっているところもあって怖かったです。
kyさんは大丈夫でしたか? 雪が溶けるまでご無事でありますように。
そうですね、インフルエンザやノロウイルスも流行っているので、帰宅した時の手洗いとうがいは怠らないようにしたいです。
冬も好きですが、そろそろ春が恋しいなあ。

★pe~taさん
そうです、間違い無いです、peさんにメッセージしました。
ブログにお邪魔させて頂いて、「その気持ち判るぜ」という部分もあって楽しませてもらいました。今後もちょくちょく伺わせてもらいますので勝手ながらリンクを貼らせて頂きました!(事後報告になって申し訳ないです・笑)
ゲイの付き合い方ですが、そうですね、確かに一部にはそういう付き合い方をされている方もいます。でも普通の恋人や夫婦のように契り交わして、パートナーの想いを裏切るまいとしている方もたくさんいる筈です。オレの周りではむしろそういう方の方が多いです。裏切られるような事をされたら本気で傷ついて泣くような人ばかりです。そして彼氏が出来たら大切にするんだと誓うような方ばかりです。
だから大丈夫ですよ、きっと理想的な恋愛が出来ます。peさんのように純粋な気持ちを持っている人もたくさんいますから。
そして力強い応援をありがとうございます! そうですね、今は弱気になるのが一番悪いかもしれないので、自分の理想を強引に信じます! 自分がグラグラしていては相手も不安になってしまいますからね。peさんの応援、しっかりと受け取らせて頂きました!

★me~miさん
雪が降るとやっぱり寒いですね。オレは風邪も引かずに、雪道で転んだりもせずに元気です。meさんは大丈夫ですか?
そうですね、長く付き合っていると今までには考えられない事が起こってしまいます。ネガティブな出来事を含めて、オレ達を見守って下さってありがとうございます。
なるほど、『全てが繋がる』ですか。そう考えてしまえば運命の相手だと思えてしまいますね。オレも見習います(笑)
料理のアドバイス、とても参考になりました。次回作る時にはそれを試してみます。見事上手に出来たら、ノロケと共にお披露目させて頂きます(笑)
おお、食べられましたか! あのレストランは他の料理も美味しかったでしょう!? 身の詰まった餃子、フカヒレなど、思い出せばまた食べたくなるものばかりです。
了解しました、また近々別のレストランの写真をお披露目致します。寒いですので、お休みになる時には暖かくして下さいね。

★Se~nさん
ベーグルを大量に!? それこそ羨ましいです! そうですね、あのもちっとした食感が好きで、ついつい翌日にも食べたくなってしまいます。本当に何にでも合うので、日替わりで中身を変えられるのも良いですよね。生ハムの翌日はサーモンにしようとか、ガーリックチーズの翌日はサワークリームにしようとか。
ほお、その知識は知りませんでした。てっきり欧州で誕生したパンなのかと。なるほど、フライなら合いそうですね。タルタルソースも。そういうのを作って食べたくなってきました(笑)
同感です。同じ気持ちでオレもプライベートで六本木に行くことは無くなりました。一時はヒルズの映画館に行ってましたが、今は有楽町や新宿ばかりです。で、映画館も淫靡ですよね! エロスな事はしなくても(思いっ切りしてみたいですが・笑)、空いていると身体を寄せたり手を繋ぎたくなります。あ、オレもディカプリオの映画は見る予定です。予告で観ましたが、ストーリーも演技もかなり期待できそうですね。あはは、オレもそんなにトム・クルーズには興味がありません。でも007のようなノリのスパイものは好きで(新ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグは好きです)、あのシリーズに限っては観ていました。もっとも見終わってからは、クルーズよりもソーヤーの人に話題が集中してしまいましたが(笑) 映画は楽しいですね。これからも色々とレビュー(という程でもないネタバレのない感想ですが)したいです。

★次の更新も待ってます!と思ってくださる方は↓の2つのバナーを押して応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

赤いハートのエロティシズム
Tue.24.01.2012 Posted in 恋愛
今日は暗くなる前に会社を後にした。
とはいえ今朝はかなり早く出勤したので(5時に出たぞ。眠かった!)、労働した時間の長さはいつもと変わらなかった。

だが同じ時間働くにしても、早く帰れた方が得したような気分になれる。
夕方ならまだ買い物をする余裕があるし、自宅に帰ったら何をしようかと考える愉しみもある。

そんな訳で今日の帰りには、本と文具と食材を買った。
今日の夕食は出来合いのもので済ませてしまおうかと思ったが、やはり自分で作ることにした。午後からは暇を持て余していたオレとは違って奴は最後まで忙しかったようだから、手を抜いては悪いような気がしてな。それに栄養いっぱいのものを食べて欲しかった。

和風味と洋風味を一枚の皿の上に並べてしまうのはどうかと思ったが、しかし醤油や味噌には意外とフルーツ風味が合うものだ。
最近の奴は洋食と和食がまぜこぜになったものが好きだしな。ライ麦パンに醤油味の焼きマグロとポテトサラダを乗せたり(笑)

2012_01_24_2_1.jpg

豆腐と鳥肉のハンバーグと、アボガドとグレープフルーツのサラダ。
(レシピはこのエントリー最後の<今日のレシピを見る>からどうぞ!)

先日のコロッケも今回のハンバーグも形のいびつさを角度で誤魔化しているが、調理中に崩れてしまう原因は焼き(揚げ)方がヘタだからかな? それとも練り方が甘いせい?

形が崩れた事を除けば、自分で言うのもなんだがなかなかの出来だった。
だがアボガドが堅かった。スーパーで見付けて『今夜はこれだ!』と思ったが、柔らかいのが出回るのはまだ先みたいだ。あんなにも堅いって判ってたならしばらく放置したのにな(汗)

マッシュポテトやキャベツのスープなども作り終えて一時間ほど経って奴が帰ってきた。
「お帰り!」と猫様と一緒に玄関まで出迎えれば(奴が帰宅すると猫様は必ず玄関へ走って行く)、奴は「ただいま!」と言ってニッコリと笑った。
奴が帰ってくるとホッとする。慣れ親しんだパートナーの存在には安堵の効果があるのかもしれない。

奴が普段着に着替えた後にリビングで夕御飯を食べた。
奴は今夜の献立も美味しいと言ってくれたが、「アボガドが堅いね」と軽く顔をしかめた。柔らかいバターのような食感を予想して食べたものだから、そのギャップに驚いたらしい。オレもまるで同じだったから笑えた(笑)

2012_01_24_2_2.jpg

食後には、今日の昼間に買ったハートのチョコレートとクッキーをつまみながら珈琲を飲んだ。

「バレンタイン? 可愛いね」と奴は言って、真っ先に赤い包みのハートチョコを取った。
「ああ、バレンタイン。今日はオレからお前にあげたから、2月14日は10倍返しでよろしく」と言ってオレは笑った。14日にもちゃんとしたものを渡すつもりだけどな。

しかし奴は、そんなオレの冗談にも律儀に応えてくれた。
「良いよ。じゃあ14日は食事に行こうか。お前が喜んでくれそうな店を予約するから楽しみしていて!」と、言って。

前々から思っていたが、どうやら奴は、全ての日本人にとってバレンタインはとても重要な行事であると思い込んでいるようだ(汗) まああれだけ企業がバカ騒ぎを仕掛けているしな。クリスマスに並ぶ超重大行事だと思われても仕方がないし誤解ではないのかも。

ちなみに奴は日本のバレンタインが好きだ。
日本に来て初めて女性からチョコレートをもらった時にはかなり感動したそうでな。なんでいきなりチョコレートを貰えたのか全く判らなかったが、キュートな女性から贈られた美しく包装されたチョコレートを見て胸がキュンとしたとか。
奴の祖国ではバレンタインはポピュラーではないからな。しかも女性から男性にチョコレートを贈るのではなく、男性から女性に花を贈って食事に誘うそうだ(奴が住んでいた頃にはそれすらなかったと言っていたような?)

奴からのバレンタインデートのお誘いは物凄く!嬉しいが、冗談からそんな事になったので申し訳なくなってしまった(汗)
ならばオレは14日の前にご馳走したいな。今日の数百円のチョコレートのお返しが14日のご馳走になるのでは余りにも釣り合ってない。
それともプレゼントの方が良いか? うーん、悩むぜ。ノロケながらの楽しい悩みだが。

という訳で、暫くはバレンタインに悩まされていたいと思う。
どうぞ皆さんも、チョコレートやスイーツやアルコールが美味しいこの期間をお楽しみ下さい。

どうでも良い事だが、膨らみのあるハートのチョコレートのラインはエロティシズムを感じさせるな。それはある形に似ているからか(笑)

では、今夜も暖かくて幸せな夢を。
おやすみ。

■お詫び。コメント返信は(少々そのルールを変更して)明日の昼間に返させて頂きます。申し訳ありませんm(__)m

★次回の更新を待ってます!と思ってくださる方は↓の2つのバナーを押してして応援をよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

貴方と一緒に、チョコレートベーグルサンド
Tue.24.01.2012 Posted in 気軽な雑談
オフィスの一室より、ごきげんよう。

昨夜、関東の一部で大雪が降った。
幸いそれほど積もらなかったが、今朝は地面が凍結してちょっと大変な事態になった。
ネットのニュースによれば、なんと『積雪の関東、交通事故は1664件』!

関東(関東人も?)は本当に雪に弱くて、ちょっと積もれば必ず影響が出る。
オレは滑って転んだりはしなかったが、皆さんは大丈夫だったか?
滑るだけでなく、電線に積もった雪がいきなり落ちてきて頭から雪をかぶっている方もいた。あれは驚くだろうな。髪や服は濡れてしまうし。
あと、カチカチに固まった雪を砕いて道路を整備している方もたくさんいて大変そうだった。

早く雪が溶けると良いな。
昨夜は降り積もる雪を眺めながら雪見酒と洒落込んでいたが、翌朝(今朝)の事を考えれば頭が痛かった(笑)
案の定、今朝の予定のほとんどが狂った。「○分遅れます」という連絡が相次いだお陰で、『予定時間に始まらなくて物凄く暇』→『遅れてきた方が一挙に集まって激多忙』という状況になった。

5時間しゃべりっぱなしだったが、ようやく休憩。他にも色々とやることはあるが、今日はもうのんびりモードで仕事をしよう。明日でも良い事は明日にやる。

今日の昼ご飯は、買ってきてもらったベーグルサンドを食べた。
それも美味しかったが、先日奴と一緒に食べたベーグルサンドを思い出して恋しくなった。

トースターで2分ほど焼いたベーグルに、好みのクリームチーズをたっぷりと塗って(この時はブルサンのハーブチーズを使用)、フレッシュな生ハムと生野菜を二重に重ねて、その上に塩だけで漬け込んだオリーブをばらまく。

2012_01_24_1.jpg

作るのに5分も掛からない超簡単料理だが、素材の美味さ丸かじりで味は抜群だ。

これも忙しい時の定番メニューだが、生野菜とオリーブがたっぷりと取れる。
なんでもオリーブには抗ガン作用もあるとか? そう言えば整腸作用(お通じ)もあるそうだが、オリーブを食べるようにして足の指を広げたり閉じたりする運動を習慣付けたら非常に快適になったという奴の友人がいた(詳しくは知らないが、足の指と腸は何かで繋がっている為、ヒールなどの先の細い靴を履いて指を締め付けていると腸の働きが弱まるとか←あくまでも聞いた話なので効果や正しさの保証はありません)

「マッシュポテトもはさんだらもっと美味しくなりそう(ジャガイモ大好きな奴らしい発言)」
「スクランブルエッグも良さそうじゃないか?」
「全部いれたら凄いボリュームになるね」
「でも美味そうだ」

忙しい日に、そんな会話をしながら食べるベーグルサンドは美味しかった。
ちなみに、オレは紅茶と、奴は珈琲と一緒に食べた。
今度作る時には超ボリュームサンドに挑戦してみるか。といっても、ちゃんと食べられる厚みにしてな(笑)

ところで、午前中に人を待っている間オレは物凄く暇だったので、待ち合わせ場所だったホテルの中をウロウロと見て回った。
するとこんなコーナーに遭遇した。

2012_01_24_2.jpg

バレンタイン・デー、特設コーナー。
二年前まではそれほど関心のないイベントだったが、今はついつい気を取られてしまう。

美味しそうなチョコレートやクッキーが並んでいて、オレは小さなハート型のチョコとクッキーが詰め合わされたものを買ってしまった。
見た目が綺麗だとつい手が出てしまうな! 買う時、思いっ切り照れくさかったぞ(笑)
今夜、奴と一緒に食べるんだ。
オレは今夜は暇だけど、奴もそれほど仕事を持ち帰らなかったら良いな。

という訳で、残りの仕事も頑張りたい。

どうぞ皆さんも充実した午後を。
雪は今日中に溶けないかもしれないので、帰宅される時には十分に足元にお気を付け下さい。可愛らしくペンギン歩きでよちよちと歩こうぜ。

では、また会えたら夜に!

ふと思い付いたが、生クリームとチョコレートソースとフルーツを使ったデザートベーグルサンドも美味しそうだな。焼いたベーグルに生クリームをどっぷりかけて、チョコレートソースをかけて、その上にチェリーや苺を……食べたくなってきた(笑)

■私信
yu~chiさんへ。大丈夫です、ちゃんと届いてます。いつも本当にありがとうございます!
pe~taさんへ。ありがとう、嬉しいぜ!どんどん送ってくれてOKです(笑) 近々ちゃんと返信させて頂きます。

★次回の更新を待ってます!と思ってくださる方は↓の2つのバナーを押してして応援をよろしく!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

エロティックな期待に胸膨らむ映画館
Mon.23.01.2012 Posted in 恋愛
日曜日の午前中は奴を誘って『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』を観に行った。

シリーズ最高の完成度と思えるぐらい面白かったが、前日の夜は欲求不満を残したまま眠ってしまったので、性欲を持て余しながらの鑑賞となった。
別の日に観に行くことも考えたが、チケットは既にオンラインで予約していたし、またいつ行けるか判らなかったので観てしまうことにした。

なんで欲求不満だったかと言うと、前夜は今年初のセックスをした訳だが、『もっとしたい、もっとやりたい』と思いながらも眠気に負けて、お互いに二回目の途中で寝入ってしまったからだった。
予定では愛欲の限りを尽くすはずだったが予定の3分の1のこともできず、その悶々とした気分を翌日まで持ち越してしまったという訳だ。

だから、日曜日は朝からお互いに『ヤりたいモード』だった。
『支度をしないと』と思いながらもいつまでもベッドの中で握り合って、服を着た後も新妻キッチンプレイで(キッチンに立った奴に痴漢のような事をすれば、奴はそれに反応して腰を突き出していた)、それは映画館に入るまでずっと続いた。

「映画館で調教するのも楽しそうだね」とか言い出す奴に対して、
「ずっと扱かれて出すのを我慢させられるとか刺激的だ」とかオレは答えた。お互いにまるで『今日はそうするぞ』とでも言いたそうに。

けれど、日曜日の人気映画の人の多さをオレ達は忘れていた。
劇場に入ってみれば全席ギッシリ。
あんな状態の中でニギニギシコシコやれば、隣か斜め後ろに座っている方に勘付かれるかもしれなかった。
コートで隠してやっても不自然にモコモコ動くからな。しかも股間で(笑) それで誰かに不審がられて『あの人盗撮しているかも?』とか思われて通報されたら(どう見ても盗撮している動きには見えないだろうが)、もうオレ達はご先祖様にお詫びする顔すらなくなる。

「mission failed(ミッション失敗)」とオレが囁くと、
「今度は終了間近の人気のない映画を平日に行こう」と奴は囁き返した。

奴君も好きだなぁ。オレも大好きだが。

ということで、『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』を最後まで痴漢に誘惑されることもなく集中して観た(嬉しいような寂しいような)

トム・クルーズ演じるイーサン・ハントは恰好良く(今回はトム・クルーズの役者根性がベストな形で現れていたように思う)、最先端ハイテク装置は冴えていて(一部ギャグにしか見えなかったが・笑)、笑いと人の情をも無駄なく織り込んだシナリオも良かった。
二時間を超える長時間の映画だったが、ド派手なアクションと緊迫の雰囲気と、スリリングな音楽とカメラワークのお陰で、退屈さを感じさせないパーフェクトな仕上がりだった。

それと、オレと奴を喜ばせてくれたのは、「LOSTのソーヤーの人だ!」が出演していた事だ。
すぐに死んでしまう役だったが、少し前にHuluでLOSTを見終わったオレ達にとっては非常にホットなサービスだった。
ソーヤーの人、ジョシュ・ホロウェイの身体つきはオレ達の好みだからな。LOSTが終わってもう観られないと思えば寂しかったんだ。
顔も男の匂いを漂わせる美形でステキだが、あの厚みのあるボディラインはもっとセクシーだ。オレもあんな身体つきになりたいもんだぜ。

映画の後のランチはかなり盛り上がった。
奴と過ごす楽しい時間は最高だ。
キッチンプレイも痴漢プレイも惜しかったが、普段の楽しい交流や愛しい気持ちがあってこそ、そういうエロスも生きるものだからな。

だけど奴としっかり約束したぜ。
「今度、映画館プレイをしよう」と。
その時にはポルノ映画(ノーマルのエロ映画館の方)も良いかもしれないな。普通の映画でも楽しいかもしれないが。
だが、エロ映画館はヤるのを目的に集まっている人が多いから集中できないかも。上映中でも席の移動は多いし、前の席の人はしょっちゅう後ろを見るし(そうやって獲物が来るのを確認している。好みの獲物が来たら席を移って近くに寄ってくる)
もっともそれは今から3年ぐらい昔の状況だが、今もそう変わらないかな?

その後、オレは実家に用事がある為に奴と別れた。
タクシーに乗り込む時、オレは奴の手を握ってこう言った。「火曜日に」、と。
すると奴は「……楽しもうね」と言った。『……』の部分だが車の騒音で聞き取れなかった。だが『楽しもう』って事は悪い事じゃないよな? もしかしてキッチンプレイの事か?

で、実家に行ってみれば、ガーナ子ちゃんはシロ子と一緒にストーブの前で丸くなっていた。
妹が言っていたが相性に問題はないようだ。2日ほど里親さんを恋しがって夜鳴きをしたが、それも今は落ち着いたとか。
里親さんもかなり心配しているだろうな。もしも実家で引き取る事が決まったら定期的に写真を送ってあげよう。本当は別れたくない別れだったしな。

このまま順調にお試し期間は終わりそうだ。
だけど、実は一つ困った事が。

シロ子は去勢手術済みでガーナ子も避妊手術済みなのだが、それなのにシロ子がいきなり発情してガーナ子の後頚に噛み付いて背中に伸し掛かったとか(汗)
シロ子め、今までおっとりしたお坊ちゃんかと思っていたが、その部分だけはオレに似てしまったんだな。
まあ、手で払えば簡単に身体を離すようなので(この辺りはオレと違う)、大丈夫だとは思うけどな。一応念の為に、掛かり付けの獣医さんと相談するつもりだが。

実家の猫家族が増えるのはオレも嬉しいので、この猫のご縁が結ばれますように祈るばかりだ。

と言うわけで、今日も奴と猫の事を想いながら仕事に精を出している。
今日も生憎の曇り空だが、火曜日の『楽しもうね』を考えれば心が晴れ晴れしてくるぜ。エロスな期待が入って悶々としてしまいそうだけどな。

どうぞ皆さんも楽しい月曜日をお過ごし下さい。
では、また夜に!

お詫びです。
すぐにお返ししたいコメントの返信があるのですが、なかなか返せないで申し訳ありません。
明日には返信を予定していますので、もう少しだけお待ちください。いつも本当にありがとうございます。

★『今夜のact.finalも待ってるよ!』と思って下さる方は↓のバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。ツイッターIDをご記入された方はこちらからフォローさせて頂きます。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

甘い糸で縛って閉じ込めて
Sun.22.01.2012 Posted in 恋愛
実家の一室より、ごきげんよう。

昨夜は奴の招待で、ANAインターコンチネンタルホテル東京の中華レストラン『花梨』に行ってきた。

一時はかなり中華料理にハマっていたオレと奴だが、他の料理に浮気してからはほとんど行かなくなっていた。
久しぶりにそのレストランに入ってみれば懐かしい感じがした。
奴と一緒にテーブルに就けば、かつて奴とここで食事(&宿泊)をした時の様々な思い出が蘇った。

オレの打ち合わせが長引いて奴を3時間もラウンジで待たせてしまった事。
このホテルからSMホテルへタクシーで移動する際、正面玄関の回転扉の前でローターを落として大慌てした事。
先に帰宅した奴が部屋に財布とカードを忘れて戻ってきた事。
メインバーの五目焼き蕎麦やピエール・ガニェールのベーカリーが美味しくて一時の話題になった事。
シャンパンバーで見掛けた野球選手の身体つきの良さにスケベ話が盛り上がった事。

他にも色々とあったが、そのほとんどは笑える話だった。
それらを語りながら食べる中華料理は美味しかった。
昨日は土曜日だった為に店内は混んでいたので、隣のテーブルの方におかしな話を聞かれないように声を潜めて話したり笑ったりした。

2012_01_22_1.jpg

とにかく楽しいディナーだった。
奴から誘ってもらったという事もあって大満足のディナーデートだった。
けれど、その楽しさでは埋められないものがオレの胸の中にあった。それは言うまでもなく、奴とオレの今後に対する不安だった。

奴はそれに関しては何かを言うつもりはないようだった。
だからオレも黙っていようかと思った。
けれど、奴のお気に入りの男の話題はもう出さないと決めたとしても、奴にそういう相手が出来たのはオレにも非があったように思えて、それは確認しなくてはならないように思えた。

食事の後、今度がオレの方から奴をバーに誘った。
満腹の後の楽しい雰囲気で飲み始めて、やがてアルコールが回って親密な雰囲気となった頃、オレは切り出した。『これからもお前と楽しく過ごしたい。オレとの付き合いで、もしもお前が嫌だと思っている部分があるなら教えて欲しい』と。

場合によっては付き合いを解消されるかもしれなかったのでオレはドキドキしていた。言ってしまってから、やっぱりこの問題は触れない方が良かったかもしれないと後悔もした。
けれど奴は「聞いてくれてありがとう」と言った。
奴がどんな気持ちでその言葉を言ったのかは良く判らないが、やっぱり奴には言いたい事があったのだと判って、(今回の件に付いて何も言おうとしない奴に甘えていないで)思い切って聞いて良かったと思えた。

奴のストレートな言葉によって、ますます不安を掻き立てられた部分もあったが(これを言われた時には、やはり言わなければ良かったかと思った)、先の事を考えれば言って貰えて良かったと思った。
何しろ、オレの駄目な部分をすっかり指摘して貰えたしな。オレがそれを改善しない限り、奴につまらない我慢をさせ続けることになったし、いずれ我慢に堪え兼ねて堂々と他に恋人を作られて去られてしまったと思う。

今は自分の愚かさに対する羞恥と後悔に胸が重くなっているが、それらは解決できないことではないので改善に努めたい。

奴はだいたいこんな事を言った。

『オレは奴を一番信頼して評価していると口では言っているが、他にもっと信頼して評価している人間が他にいる。オレがその人物を褒める発言をすると奴はとても惨めな気持ちになる』

『奴にそっけなくされると(そう思い込むと)オレはガラリと人が変わったように冷たく責める。その度に、何度も突き離される内に、本当はオレが奴と別れたがっているのでないかと思えるようになった。そして別れたいなら別れても構わないと思うようになった』

『もしも今、楽しい刺激もなくなってセックスレスになっていたなら奴は別れを切り出していた。けれどそうではなかったし、楽しい思い出もあって別れたいとまでは思わなかった。けれどオレを信じられない気持ちが生まれてしまって、それは今すぐに消すことは出来ないし、この先消えるかどうかも判らない』

奴は特に2つ目が辛いと言っていた。
「自分を信じてくれないし、冷たく振り払われるし、どうしたら良いのか判らなくなった」と。

2012_01_22_2.jpg

オレって馬鹿だな。
友人からも、このブログのコメントからも、何度も忠告されていたのにな。

個人主義になった恋愛(相手を信じないで自分の気持を判って欲しいとばかり主張する恋愛)なんて、どれもロクな結果にならないって頭の中では判っていたのにな。それなのになんで過去と同じ事をやってしまったのか。
こんな風に恋人に去られる状況になってみると、自分の気持ちなんてどうでも良かったと判るのに。本当に馬鹿だ。情けない。

当然、オレはその場で心の限りに謝って、これからは態度を改める約束をした。
だけど恋愛は心の問題だ。言葉や文章で誓約して印鑑を押しても何の効果も成さない。奴にかつての気持ちを取り戻してもらう為に、オレは黙々と信頼を築いて行くしかない。
とはいえ、それをやれば完全に取り戻せるという確証はない。なにせ恋愛は、いつ誰が誰に対して浮かぶかまったく判らない気持ちだからな。

「それでもまだ愛しているんだよ。別れたくないし」と奴は言った。
オレはその言葉に救われた。まだまだ不安は拭えないが、やってはいけない事をやってしまった自分なのだから、いまだにその言葉を言ってもらえただけで十分じゃないかと思った。

「オレも愛してる」とオレは言って、有り難さと情けなさと後悔に涙が込み上げた。
「愛してる」と奴はもう一度言って、そんなオレの肩をぎゅっと抱いてくれた。

オレが恋愛に弱気になってしまうのは何でだろうな?
状況に流されて強引な事を言ったりする時もあるが、本当はいつも自信がない。
オレに愛していると言ってくれる相手の心には時間制限が付いて、確かに昨日までは好きでいてくれても明日にはそうではなくなるように思えてしまう。

どうしても信じられない。努力しても駄目だ。
愛の言葉の裏側には必ず別の顔が潜んでいるように思えてしまう。

だけど、無理矢理にでも信じなくては駄目なんだな。
愛されているなんて嘘だと思ってもその気持ちを強引に飲み込んで(それは自分の本当の気持ちではないと否定して?)、確実にオレは愛されていると信じなくては駄目なんだろうな。

父が亡くなった時、妹はこんな話を聞かせてくれた。
かつて妹が酷い虐めを受けてうつ病を発した時、大好きな絵画や音楽が自分に向かって襲ってくるようなイメージを抱いてしまって満足に学校に行けなかった。だが当時から両親はあてにならなかった為に自分の精神力だけでそれを克服したそうだ。襲ってくるイメージは気のせいで、本当は自分を楽しませてくれると信じて。本当にそう思えるようになるまで一年ぐらい掛かったそうだけどな。

あの繊細な妹に出来たのならオレにも出来る筈だ。
症状は比較にならないぐらいオレの方が軽いしな。それなのにできなかったら余りにも情けなくてもう去勢するしかない。

ちなみに昨夜ははその後、仲良く奴宅に帰った。
駅までのタクシーの中では手を繋いで、帰宅した後には、今年に入ってはじめてのセックスをした。

昨夜を思い出してニヤニヤしてしまうのは仕方がない。なにしろ三週間も手が出せなかったからな。三週間もセックスレスにするなんて新記録だった。だが今後はもう記録更新はしたくないぜ。
毎日でもやってやってやりまくりたい。絶対服従でもエロスケベでも真性マゾでも偽性サドでもネコでもタチでも何でも良いから。セックスとSMもオレと奴を強く繋いでくれるものだからな。

という訳で、
引き続き黙々と忍耐を積み重ね、そしてブログの方も書かせて頂きます。
今まで自分が抱えていた悪い癖(夜更かしも含み)の全てを追い出すつもりで頑張るぜ!
それにしても正月(1月)中に姫初めが出来て良かった!(涙)

さて、
この週末は生憎の天気だったが、皆さんも楽しく過ごされたなら嬉しいぜ。
明日からまた平日が始まるが、先週よりも充実した良い一週間にしような。疲れた日には美味しくて甘いデザートも食べてな(笑)

ところでガーナ子ちゃんへの暖かなコメントをありがとう!
ガーナ子とシロ子に付いても色々と書きたい事があるが、もう長くなってしまったので明日お伝え致します。

そして、いつもながらオレを励ましてくださってありがとうございます。
オレはこの通りの大馬鹿野郎ですが、これからも見守って頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

では、引き続き楽しい日曜の夜を。
そして眠られる時には、幸せで暖かな夢をご覧ください。

おやすみ。

*本日の1枚目の写真は2ヶ月ほど前に行ったヒルトン東京2Fの中華レストラン『王朝』で撮った、『リンゴの飴だき』です。テーブルの隣にカウンターを寄せて、そこで飴の糸を作って焼きリンゴの上に掛けてくれるデザートでした。見事な金糸が美しく、口の中で繊細にパリバリと折れる甘い食感が美味しかったです。

★『お疲れ様でした!明日のSMの話もよろしく』と思って下さる方は↓のバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。ツイッターIDをご記入された方はこちらからフォローさせて頂きます。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

キャンドルのぬくもりのような
Sat.21.01.2012 Posted in 恋愛
休日出勤のデスクより、ごきげんよう。

今日の都内は雨。
そして昨日の雪は夜更け過ぎまで降ってくれなかった(笑)

今日は電話番をやりながらの更新なので、雨のようにまとまらな雑文にて失礼を。

<実家の猫が増えるかもしれない話>

オレは一年半以上前に猫を保護したのだが、その猫の里親になって下さったご一家は本当に心優しい方々だった。
けれど、どうしても避けられない問題に遭われて、二ヶ月ほど前にオレにこんな連絡を下さった。『責任を持って、ちゃんと育ててくれる新しい飼い主さんを見付けます』と。

オレも新しい里親さん探しを手伝おうと思って、友人や家族や同僚などに声を掛けた。すると以外な人物が『飼えるよ』と言ってくれた。それは誰かというと、なんとオレの妹だった。

実家にはシロ子がいるが、実は両親がいなくなってから寂しそうで(というか常時遊んでくれる相手がいなくなってストレスを溜めるようになって)、その内に遊び相手となる猫を飼おうかと叔母と相談していたそうだ。本当はオシャレな血統書の猫を飼いたかったようだが、そういう事情なら、という事で名乗り出てくれたという次第だ。

シロ子との相性が心配だったが、とりあえずお試しで連れて来てみたら、その子がメスだったから良かったのか、シロ子はほとんど無関心(初めは何回かフーっと威嚇したが)で、相変わらずストーブの前でグーグー眠るばかりだった。

という訳で、先日から一週間のお試し期間。
この期間を無事にクリアしたら本格的に実家の子となる。

2012_01_21_1.jpg

もともと懐っこい子なので家に来た翌々日にはこんな様子に。
もしかしてオレの事を覚えていたのか? 猫は三日で人を忘れると言われているが、オレは自分の経験からそうは思わない。

名前はチョコレート色にちなんで、ガーナ。里親さんが付けてくれた。
実家に来たらきっと『ガーナ子』と呼ばれるのだろう。というか、もう妹にはそう呼ばれていた。なんでわざわざ呼びにくい名前にするのだろう? とか思いながらもオレもガーナ子と呼んでいる。

さて、どうなることやら。


<友人にネ彼できた話>

オレがブログをはじめた理由の一つでもある某君が、自分のブログを通して「ネ彼(ネット上でお付き合いするネット彼氏の事)ができたんだぞー♪」と自慢してきた。

お互いに諸事情あってリアルに持ち込むつもりはないそうだが、だからこそ絶対に誰にも言えない様々な事まで告白し合えて、その秘密めいたエロティック臭いっぱいの付き合い方はなかなか楽しそうに思えた。

だからオレは「オレもネ彼の募集をするかな、自分のブログで」と冗談で言った。すると某君は「R君は無理でしょ。あれだけブログで変態をコクってるから、みんなドン引きして誰も来ないから」と言った。

本格的な専門誌を読めばオレのしている事なんて大したレベルじゃないときっと判って貰える筈だが……まあ、別に良いんだ。遠くから見てもらえれば(寂)

でもそんな相手が出来たらオレの事なので、チャットなどでもさんざんエロ変態な言葉責めをしてやるんだろうな。ついでに、昨夜は相手をオカズにどんな妄想をしてオナニーで抜いたのかも親切に語って聞かせてやるのだろう。なんて冗談で言っているので冗談で聞き流してくれよ(笑)


<インフルエンザとノロウイルスの話>

一昨日、母のいる施設に面会に行ったら入り口に『伝染病が発生した為、本日は面会ができません』との貼り紙がされていた。
何事があったのかと職員さんに訊いたら、ノロウイスルが発生したとの事だった。集団が暮らす施設では度々こういった事があると聞いていたが、まさかオレが行った日にそうなるとは(汗)

急な事態で家族に連絡も出来なかったそうだが、取り敢えず差し入れの衣類は届けられたので良かった。
受付の方をはじめ全てのスタッフさんがマスクをしていた。ノロもインフルエンザも感染力が強いみたいだから油断できないんだろうな。

どうも今はノロウイルスの増殖が半端じゃないようだ。
皆さんも生食には気を付けて、帰宅したら手洗いとうがいをお忘れなく。


<今夜のデートの話>

真っ先にノロけたい気持ちを抑えて最後に(笑)

今夜は久しぶりに奴とデートらしいデートをする事になった。
しかも奴からのお誘いで!

「○○料理を食べたくない? ○○ホテルの招待券があるんだけど、どう?」と、昨夜奴に訊かれたので、
「行きたい。ちょうど食べたいって思っていたんだ」とオレはすかさず答えた。
すると奴はニコリと笑って、「じゃあ明日で良い? ディナーを予約しておく」と言った。

なんと奴に食事に誘ってもらえるとは。こんな事は数カ月ぶりじゃないか?
でも素直に喜んで良いのかな? まさか食事の後に改まった態度をされて別れ話を持ちだされ……いや、ネガティブな妄想は止め。ここに書くのも禁止にしたんだ。
奴は昨年の暮れからその招待券でオレを誘いたいと思っていたと言ってくれたんだ。奴の言葉に裏なんてないって事を信じよう。

という訳で、今夜は奴と美味しいものを食べてきます。
昨夜は奴が慌ただしくてゆっくり雪の話もできなかったから、今夜こそ。

食事の後には飲んで、ちょっと良い雰囲気になれたら良いな。
今夜も寒くなりそうだが胸が温もれる気分になれたら嬉しい。奴はちゃんとオレの側にいるんだって実感が味わえたらな。

どうぞ皆さんも楽しい土曜日をお過ごしください。
外出される方は暖かくして風邪など召しませんように。

★「良い週末を!」と思って下さる方は↓のバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。ツイッターIDをご記入された方はこちらからフォローさせて頂きます。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

雪は夜更け過ぎまで降るかな?
Fri.20.01.2012 Posted in 恋愛
窓の外に降る雪を眺めながら、ごきげんよう。

「一緒に雪を見ようぜ」と約束した奴は今は隣にいないが、今夜は必ず帰るからな。

実家にいた昨夜の事、かなり冷え込むので気象庁の天気予報は当たるかもしれないとワクワクしていた。
奴にメールか電話で『明日、降るかもしれないな』と伝えようと思ったが、約束を催促しているように思われたら恥ずかしいので(そして迷惑に思われたら悲しいので)止めておいた。

で、昨夜も遅くまで持ち帰りの仕事をした訳だが、寝る前にiPhoneを起動させたら、なんと奴から電話があったメッセージが表示された。
まったく気付かなかったので、オレは慌ててそれを聞いた。いつもならiPhoneをデスクの上に置いて仕事をしているが、昨夜に限って(というかたまにやってしまうのだが)スーツのポケットにしまったままにしたのが悪かった。

そのメッセージは『寒いね』という言葉から始まり、猫がずっと膝の上にいる事を言って、オレがいたらベッドを暖めてもらったのにと言って終わった。

別に一緒に寝たいと言われた訳ではなかったが、それでもオレを恋しがらせるには十分な台詞だった。
奴にオレの体温を求められて嬉しかった。そして、(また独り善がりな思い込みかもしれないが)なんとなく、それ以上の意味を囁かれたような心地になった。
飛んで帰りたいというのは、まさにその時のオレの心情だった。出来ることなら本当に車を飛ばして帰りたかった。

0時を超えてきっと奴はもう眠っていたので、メールで返信した。
『明日は雪が降るみたいだな。一緒に見よう』と。
一緒に見てもらえたら良いな。その前に、果たして雪が夜まで降り続けてくれるかどうかも判らないが(笑)

今夜は奴が温かいものを作ってくれるそうだ。
ちなみに昨夜は、オレが実家で料理を作った。妹と叔母さんの分も一緒に。

温かい魚料理が食べたくて、味噌味のホイール焼き。

2012_01_20_2.jpg

(写真は年末に作ったもの)

物凄く簡単にできる上に野菜も一緒に調理できるのでお気に入りだ。
料理している時間がないけど自宅で食べたい時に良く作っている。
味噌とバターもそうだが、醤油とバターとか、この微妙な和洋折衷の味って美味いよな。シャケをチキンに変えてもOKだし、野菜にジャガイモを加えてもいけるから、洋食が好きな奴も美味しいと言って食べてくれる。

シャケついでに、こちらも。
シャケの生姜焼き。これもチキン(ブリでも)と交互に簡単に作れる手抜き料理。

2012_01_20_1.jpg

(レシピはエントリー最後の<今日のレシピを見る>からどうぞ)

以前は、「簡単料理とか言っても難しいじゃないか!」とレシピを見ては愚痴っていたがオレだが、今はレパートリーも増えて、簡単料理を本当に簡単だと思える余裕が出来た。

やっぱり料理って面白いな。腕を上げればちゃんと成果が出る。
こういう段階を経てスキルアップして行けるものって大好きなんだ。達成感があるし、今度はもっと凝ったものにチャレンジしようという意欲も湧く。本当に良い趣味を見付けられたよな。趣味と言うよりも生活の必須スキルかもしれないが(笑)

という訳で、料理の応援までしてくれる皆様に、改めて感謝を申し上げます。

そして最近ではたくさんの、様々な思いを込めたコメントを送って下さってありがとうございます。
どれも暖かな気持ちが込められているものばかりで、拝読する度に頭を下げて「ありがとうございます」と言わずにはいられません。
親身な声を聞かせて下さって、明るくて楽しい声を聞かせて下さって心から感謝致します。新コメント欄を作って良かったと心から思っております。

応援の拍手とクリックにもまったく同じように感謝しております。
皆様から頂いた励ましや応援を裏切らない自分であり続けたいと思います。けれど、多少ヘタレで弱腰になるのはどうかお見逃し下さい(笑)

では、寒さに負けずに楽しい午後を!
雪が夜まで降り続くことを願いながら、また夜に。

★今夜の鬼畜エロスのact.6も待ってるよ!と思って下さる方は↓のバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! メールやツイッターでの返信も可能です。ツイッターIDをご記入された方はこちらからフォローさせて頂きます。暫くは水曜日に頂いたコメントのみに返信させて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今夜、確かめても良いか?
Wed.18.01.2012 Posted in 恋愛
「シチューも美味しそうだけど……」

と、言って奴は雑誌を持って来た。そしてあるページを広げてオレに見せた。
そこには、あたたかそうなきつね色に揚げられた、美味しそうなコロッケの写真があった。

揚げたてあつあつのコロッケというのは最近では余り耳にしないが(オレだけ?)、オレが東北に住んでいた頃には冬の定番料理だった。
当時通っていた中学校の近くに駄菓子屋と文房具屋が合体したような店があって、そこでも『揚げたてコロッケ!あつあつで美味しい!(という商品名だった)』が売られていた。

部活で帰りが遅くなった時には良く、日が沈んで暗くなった雪道を歩きながら買い食いしたものだった。
気分によっては肉まんやカレーまんを買ったが、それらよりもコロッケの方が空きっ腹を満たしてくれそうな気がした。実際、自家製なのでそれなりに栄養もあっただろうしな。

たまに『揚げたて』じゃなくて冷えている時もあってな。そんな時にはマジでガッカリしたもんだ(笑)
寒さで指先は冷えてかじかんでも、揚げたてコロッケを食べれば腹は温かくなった。
一緒に帰宅した友人と白い息を吐きながら話したり笑ったりしたな。
当時の出来事はもう滅多に思い出さないが、ふとしたキッカケで思い出せば、懐かしさに口元がゆるむ。

と、こんな話しをしていたら当時の淡い片思いを思い出してしまったぜ。
脱線修正。

そんな事があって、
寒い夜にコロッケも良いな! ということでコロッケを作る事にしたが、どうせなら奴の好きなものを詰め込んだコロッケにしようと思った。

コロッケを作ったのはこれで3度目だが、ポテトコロッケしか作った事がなくて(ジャガイモにひき肉を混ぜた事はあったが)、中に何かを包み込むタイプのものは初めてだった。
崩れたらどうしようかと思ったが、とりあえず挑戦。
結果は、中身を詰め込み過ぎた二個が少々割れてしまったが、その他はまずますの出来栄えに仕上がった! 良くやったぜ、オレ。これでまたちょっと料理の腕に自信が付いたぞ。

2012_01_18_1.jpg

本当は縦長の形にするつもりが、揚げたりひっくり返したりしている内に形が崩れていびつな丸型なった。難しい。

奴が帰宅してから揚げて、あつあつのコロッケを出した。
奴はとても美味しいと言って、「凄く気に入ったからまた作って」と言った。『また』という、これからも先が続くことを思わせる言葉が嬉しかった。

そしてこんな事も言った。「溶けたチーズの味がセクシーで感じる」と。
食事中には滅多にエロスな発言をしないオレ達なので(マナーの関係で)、奴のその発言は非常に珍しかった。

あの事があってからほとんどセックスをしていないオレ達だが……オレがたまにそうするように、奴もそうしたさり気ない言葉の中に欲求をアピールしていたのなら嬉しいな。

今夜はオレからもちょっとだけアピールをしてみるか。
思い違いだったら恥ずかしいから、本当にさり気なく。鬼畜なサド様が大好きなマゾのくせにオレは小心者だな。

という訳で、今年も料理を頑張ります!
長く待って下さった方々にお詫びと感謝を申し上げます。

では、引き続き楽しい水曜の午後を。
また夜に!

<お礼>
昨夜はたくさんのコメントをお寄せ下さってありがとうございました。
そして、PCからも携帯からもちゃんと稼働している事が判って助かりました。
今後もお気軽によろしくお願い致します。

★今夜のact.4も待ってるよ!と思って下さる方は↓のバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

狭苦しい部屋で満開エロス
Tue.17.01.2012 Posted in 恋愛
ある寒い日の事。
酔っ払ったオレと奴はラブホテルになだれ込もうとした。

しかし既に深夜だったのでほとんどが満室だった。
その上オレ達は男同士なので、ホテルに入ってフロントに「男同士でも良いですか?」と訊いても、「ごめなさいね」とか「女性同士なら許しているんけどね」といった連れない返答ばかりをもらう始末だった(その地区の男同士OKのホテルはちゃんと知っていたが満室だったので、恥を捨てて若い頃に戻ったつもりで一軒一軒訊いて回る事にした)

「この通りにあるホテルも駄目だったら大人しく帰るか」とオレが言うと、
「嫌だ。見付からなかったらここで脱ぐ」と、オレよりも酔っている奴が言った。

まったくオレの苦労も知らずに。訊いて回るのはオレばかりで、奴は外で待っているだけだったからな。
まあ、ご主人様だからそれで良いんだが。奴隷は鼻でコキ使われてナンボのもんだ。

その頃にはもう恥はなくなっていた。
オレはその通りにある一軒目の『満室』ではないホテルに入って、コンビニで雑誌を買うぐらいの気持ちで訊ねた。「男同士ですが良いですか?」と。
すると意外にも「良いですよ」と言われた。「ただし掃除中なので20分ぐらい待って頂きます」と付け加えられて。

「ここで待っていてください」と年配の女性に案内されたのは、電話ボックスを横に2つ並べたぐらいのスペースの待合室だった。
その中には二人が座れる長さのソファが置かれていて、入り口には扉もあってカーテンも引かれていたので、完全に外部からシャットアウトされていた。

「助かった」と、ソファに座ってオレが言うと、
「早くしたいね」と奴は言った。
「何がしたいんだ?」とオレはスケベ親父根性を丸出しにして訊くと、
「うふふ、セックス」と奴は答えた。

「部屋に入ったらスケベなセックスをしような」
「スケベってどんな?」
「○○○○を使って○○○っているのを見ながらやりまくるか?」
「いやらしい。そんな事をするつもりなの?」

そんな猥褻な話をしていたらオレ達は興奮してきて、何時の間にかお互いのモノを撫で撫でしはじめていた。
身体を密着させて卑猥な事を囁き合ってキスをしたり耳を舐めているとエスカレートするばかりで、服の上から撫でているだけでは気が済まなくなってしまった。

狭苦しい密室で乳繰り合っていると異様なぐらい興奮する。
いつもは広くてキレイなシティホテルやラブホテルを利用しているが、猛烈にどスケベなセックスがしたくなるとたまに、狭くてちょっと小汚い(失礼)地方のコテージ風ラブホやレンタルルームを利用したくなる。場所によっては壁が薄くて、他の客のエロ声が聞こえるしな。

『ヤるだけの為の個室』って雰囲気が良いんだ。こちらも凹凸を繋げる為のイチモツと穴だけを出して、即ハメでバコバコ盛りたい気分の時に使うしな。
狭い所ででやり始めると、そんな風に即物的なエロい気分になる。日常のセックスではできない大胆な事をやったり言ったりしてしまう。

話を戻そう。

オレ達はキスをしながら互いのイチモツを取り出して、互いにそれを握り合って扱いた。
部屋に入る前の前戯という感覚で始めていたのだが、物凄く気持ちが良くて止まらなくなってしまった。
奴がオレの耳元で「ここで舐めやろうか?」と囁いた時には完全に理性が吹き飛んで、『ここでそこまでやったらヤバイだろう!?』などとも思わずに「やってくれ」と囁き返してしまう有様だった。

オレはソファに座っている奴の前に立った。
途端に奴はオレのモノに吸い付いて大きく頭を前後に振った。
大胆でスケベなしゃぶり方だった。モロにオレを興奮させるやり方で、オレは奴の口の中で感じまくった。

奴は自分のモノを扱いてオナニーをしていた。オレはその(自分好みの)シチュエーションにますます興奮して、奴が自分の竿を扱いている姿を意識しながら腰を振った。
もう頭の中はエロ一色だった。そのまま興奮に任せて奴の口の中に飛ばしてしまおうかと思った。

しかしその時、『コンコン』と扉がノックされて「お客さん、準備が終わりました~」の声が聞こえた。
興奮しまくりのエロに耽っている時の20分間など早いものだった(後で計ったらたったの10分しか経っていなかった。どうりで早かった)
オレは飛び跳ねるように腰を引いて、上ずった声で「はーい」と返事をした。

思えば別に返事なんてしなくても良かったんだよな。モクモクと支度をして待合室から出て、部屋の鍵を受け取ってエレベーターに乗れば良かったんだ。
後ろめたい事をすると無意識に表現(何か言われた時の反応とか)が大袈裟になるが、その時のオレはまさにそんな感じだった。
スケベ根性に負けてついあんな所であんな事をやってしまった訳だが、その時になって急に、それがバレていなかったかと心配になった。

フロントの女性は平然としていた。多分(あくまでも多分)気付かれてはいなかった。
ホッとしながら心の中でお詫びした。
そして感謝もした。あんなに興奮する場所を無料で貸してくれてありがとう、と。

しかしまあ、
ヤリたい時にホテルに駆け込んだのに満室であんな部屋で待たされたら、オレ達でなくてもあんなことをするだろうな。大人しくお喋りだけで済ませる人の方が少ないような気がするぞ。中には待合室だけで満足してしまって部屋をキャンセルする客もいたりしてな。というか、いる方に500円賭けよう。

それにしても、部屋に入る前に狭い待合室に案内してくれるホテルって良いな。
……と、先日宿泊したシティホテルで小さな小部屋(待合室ではない)を発見したので今回の話しを思い出した。もしもそのホテルに奴と宿泊して小部屋を利用する事があったら、慎んで歓びをお伝えします。

という訳で、今日もオレの話に付き合ってくれてありがとう。
皆さんの応援を励みにさせてもらっているぜ。心から有り難く受け取って。

今後のコメントですが、今後はこちらに携帯はこちら)にお寄せ下さい。

返信は今まで通りブログ上で行いますが(頂いたコメントは全て非公開となるのでご安心下さい)、メールでの返信を希望される場合はメールアドレスを記入して下さい。

そして毎日返信をするのはどうしても無理なので、今後は水曜日と土曜日に受け取ったコメントに返信を返す事にします(後日この方法は変更となります。曜日を問わず、返信が必要が無用かを自由に選択できるようにして)
といっても、他の日ばかりにコメントをしないで、たまには遠慮無く水曜日と土曜日にもコメントを送って欲しい。今から楽しみにしているぜ(笑)

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

*『ケダモノの檻 act.4』は明日の夜に上げます。昼間には久々のレシピを予定しています。

★明日の更新を待ってるよ!と思って下さる方は↓のバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Tue.17.01.2012 Posted in コメント返信
(通常のエントリーは夜に上げます)

ちょっと雑談。

今日はティータイムにケーキを食べる暇もなく、あちらこちらに移動して仕事をしていた。
たくさんの方と話をしたが、ほがらかな笑顔で話を聞いてくれる方は物凄く有り難い。
例え不成立に終わっても良い印象が残るから、是非また会って話がしたいと思う。

奴にもそんな風に思われていたい。
ずっと好きでいてもらいたい。

2012_01_17_2_1.jpg

日が長くなってきたな。
まだ寒くて実感はないが、それでも春は近付いているんだな。

今夜はオレが料理当番。
奴が食べたがっていた『あれ』を作る予定だ。
『あれ』は難しいので形が崩れてぐちゃぐちゃになるかもしれないが、形が崩れたのはオレが食べて、比較整っているのを奴に食べて貰おう。

明日から料理カテゴリの再開だ。
ここでお披露目をしていないとどんどん作らなくなってしまう。
物事の手っ取り早い上達方法とは『発表すること』と聞いたが、それは本当に本当だな。

その内に早起きスケジュールも公開してしまおうか。起床時間になってもツイッターで挨拶が見られなかったら、それは寝坊した証拠としてお仕置きを受けることにするとかな(笑)

<コメント返信>

★ky~uさん
またここを訪ねて下さって、そしてご心配して下さってありがとうございます。
この度も悪い癖が出てしまって、感情的になって御恩を忘れてしまってすみませんでした。今回感じた後悔を忘れないで、また1からやり直します。
奴ともやり直すつもりでいます。確かに楽しく過ごした時はたくさんありましたが、オレが身勝手だった時もたくさんありました。
はい。今回のオレの態度を許してもらえるなら、もう二度と奴を責めたりはしないで、ずっと一緒に居てくれるようにお願いするつもりです。
今回の事で色々と反省して、本当の自分の姿が見えたように思えます。かつては『何でもするから一緒に居て欲しい』などと言って奴を大切にしていたのに、今では自分の感情を優先するようになっていました。
オレは奴に当時の愛情を求めていましたが、先にそれを忘れたのはオレの方でした。当時、奴に対して抱いていた愛情を思い出したいです。今だって当時と変わりなく奴を必要としている事も忘れないでいたいです。
応援して下さってありがとうございます。この先どうなるかは判りませんが、惨めなだけの結果にだけはしないように頑張ります。

★mi~iさん
この度、mさんからコメントを頂けて本当に良かったです。
当時はさぞ泣けてしまわれたことでしょう。そんな貴重な思い出をオレなどに話して下さってありがとうございました。
あのまま悲観に暮れても、奴を責め続けても、きっとロクでもない結果にしかならなかったでしょう。たとえ同情や責任を強調して奴を引き止めたとしても、完全に修復の不可能な終わりを感じさせるだけだったと思います。
人の心は愛や喜びでしか繋がれないものですからね。そんな事をやればやるほど愛も優しさも楽しさもない日々を送る事となって、当たり前のように破局を迎えてしまうのでしょう。
オレは悔しさで頭の中がいっぱいになっていました。オレに辛辣に責められて、奴はとても辛かったと思います。後悔しています。
そうですね。悔しさに負けないで、自分の一番大切なものを最後まで大切にします。どんな結果を迎えたとしても構わないと思えるようになりました。
まだ少し何かを(恩着せがましい事や非難や追求など)言ってやりたくなる事もありますが、ひたすら忍耐を重ねて、また奴に安心して貰える自分になれるように頑張ります。こんなにも好きな相手のことですから、この世から去る時まで愛しく思っていたいものです。
お祈りして下さってありがとうございます。オレもmiさんの幸運を心の底から祈っております。

★ju~n
jさん、そんなにもこの拙ブログを思って下さってありがとうございます。
オレは馬鹿ですね。感情的になってしまうと何が自分にとって大切なのかを忘れてしまいます。その挙句、自分にとってマイナスのものを選んでプラスのものを投げ捨ててしまいます。本当に愚かでした。
素直に喜んで下さるその言葉の全てが愛しいです。そんな風に言って頂くと、自分がしてしまった事に後悔するばかりです。
奴の事に関しても、このブログの事に関しても、ずいぶんと小さな事で必死になっていたのかもしれません。オレもまだまだ幼稚ですね。すぐに頭に血が登って目先の事しか見えなくなって(笑)
そんな程度の事で困らせてしまって申し訳ありませんでした。
判りました。次回何かあっても(もう何もしないと決心しましたが・笑)、同じタイトルで続けます。ネット上に浮かぶ根無し草としてではなく、一人の人間としてお約束致します。
迷惑なんてしていません。コメント欄に代わる交流ツールを置くと予告しましたが、実はそれ、今回のような事をしない為にもメールアドレスでの遣り取りも可能なものを選びました(もちろん文章は非公開で誰にも見られません)。
どうぞこれからもお気軽にお付き合い下さい。改めて、とても嬉しいメールを送って下さった事に感謝を申し上げます。

★tu~aくん
やあ、ごきげんよう。
この度はtu君にも色々と迷惑を掛けてしまったな。
Mブロガーの鬼畜エロ変態ブログ(笑) ご声援をありがとう(笑)
何か手伝えることがあったら遠慮なく言ってくれ。その類のいじり方はそれなりに判るから、それなりにお役に立てるかもしれない。
迷惑ばかり掛けている男だが、今後もよろしくな。

★次の更新も待ってるよ! と思って下さる方は応援クリックをよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: お知らせ、その他。 « その他

コメント返信
Mon.16.01.2012 Posted in コメント返信
コメント返信

(この30分ぐらい後に通常のエントリーを上げます)

明日で全ての方に返信が出来ます。
本当は今日から新しい交流ツールを公開するつもりでいましたが、全て返してしまってからの方が良いように思えたのでそうさせて頂きます。
当方の都合による変更をお許し下さいm(__)m

今回もちょっと雑談。

焼き蕎麦パンは昔からの定番だが、普通の四角いスライスパンに焼き蕎麦を乗せられると『パンに焼き蕎麦!?』とギョッとする。
今日の夕方、出先でそんな光景に遭遇して面白いと思った。

今日も甘いものを食べてしまった(ガトーショコラではなかったが)
週に3回ぐらい『休甘日』を作るべきか。
食後のデザートは一度『良い』と思ってしまうと癖になる一方で飽きが来ない。まあ、日に一度ぐらいなら甘いものを食べても大丈夫だろう。

2012_01_16_1.jpg

あるスペイン料理レストランのプリン。
「お勧めされて食べたのですが、少し温かなカスタードが冷たい生クリームと一緒に口の中でとろりと溶けたんですよ!」と、力説したくなる美味しさでした。

<コメント返信>

★ma~zuさん
お久しぶりです! この度はご心配をお掛けして大変に失礼致しました。
様々な事がありましたが、やってはいけない事をやってしまって、とても反省しております。またこうして交流ができて嬉しいです。よろしければこれからも、どうぞよろしくお願い致します。
maさんも辛い事があったのですね。相手の為と思った事が、逆に相手を悩ませてしまう場合があります。それは残念ながら度々起きてしまうものです。
maさんはオレに、そんなにも親身で優しい事を言ってくれるではないですか。どうぞこれ以上気に病みませんように。
ブログは続けられるとの事で嬉しいです。はい、これからも伺わせて頂きます(笑) オレも今回の事を深く反省して、奴との生活を1からやり直すつもりで頑張ります。
そうですね、どうもジャンルによって攻撃されやすいみたいで……。なるほど、そんな風に捉える方もいらっしゃるかもしれませんね。そう感じてしまったら、確かに『自分のこと!?』と思ってビクビクしてしまうでしょう。
大丈夫です、maさんは冷たい方ではありませんから、そんな誤解はしません(笑)
そうですね、ご助言をありがとうございます。楽しみながらも、自分を守る事も忘れないようにします。

★p~nさん
あたたかなコメントを下さってありがとうございます。
この度の不始末は、そんな言葉を言ってもらっていた感謝を忘れてしまった為の過ちでした。pさんも楽しく交流して下さっていたのに、それを投げ捨てるような事をしてしまって申し訳ありませんでした。
こうして再びpさんからのコメントを拝読すれば、ますます馬鹿な事をやってしまったと反省しております。
また交流が持てて良かったです。「ありがとう」と言わなくてはいけないのはオレの方です。不束な男ですが、どうぞこれからもよろしくお付き合い下さいm(__)m
いやいや、それは褒めすぎです(笑) 延々とノロケとマニアな事を垂れ流しているのに、それに付き合って(しかも何かあればすぐに心配して)下さる皆さんの方こそ頼もしくて魅力的です!
自分が正しいと思うのは自分の自信に繋がるから良いのですが、それが極端になってしまうのは恐ろしいですね。
そうですね、今後は自分を守る事も忘れません。自分に関心を寄せてくれる方と向き合うのは大切ですが、相手を選ぶ必要がある場合もあるということを肝に命じておきます。
こちらこそ、『これからもよろしく!』です。励ましくて下さって、本当にありがとうございました!

★mi~aさん
不束者の家出からの帰りを歓迎してくださってありがとうございます。
以前からmiさんの優しい声に励まされていたのに、この度はとても身勝手な事をしてしまいました。
そんなにも心配して下さってありがとうございます。そして申し訳ありませんでした。今感じている後悔をずっと忘れないで、これから少しずつ御恩をお返ししたいです。
再び交流が持ててホッとしています。冷静に戻って感じる今のこの気持ちがオレの本心なのだと思います(笑)
そうですね。とても残念で悲しい事ですが、何の悪意もないのに相手を傷付けてしまうことがあります。きっとオレも、気付かないところでたくさんの方を傷付けているのでしょう。きっと今回の事でも。
とても素晴らしい考え方ですね。オレも習わせて頂きます。無意識の罪はどうにもならないのなら、せめて、故意の上では誰にでも親切でありたいです。と言っても、度々感情的になってしまうオレの事なので……いや、それも意地を張ったり対向意識を持ってしまうのが悪いのでしょうね。勝負の勝ち負けよりも大切にしたいものがあると、忘れないでいたいです(笑)
こちらこそ、今回もまた励まして下さってありがとうございます。ずっと忘れられないような為になるお話も聞かせて頂きました。
コメント欄の代わりになるものを置きますので、また気の向かれた時に声を掛けて頂けたら嬉しいです。
この一年、mさんの毎日が幸運と歓喜の連続となりますように。心からお祈りさせて頂きます。

★as~aたん
いつも応援してくれてありがとうな。
そんなにオレの味方をしてくれて、嬉しくて目が熱くなるじゃないか!
でもやってはいけない事はやっぱり駄目だよな。それは物凄く反省してる。aたんがそんなにも親切な事を言ってくれるから余計にな。
暫くは反省する猫になって(奴に対しても反省して)、借りてきた猫みたになって黙々と頑張るぜ。
鳴門金時! あれは甘くて美味しいんだよな。デザートにも使えそうだし(笑)
昨夜はツイッターでありがとう。遅くなってしまったけど、帰宅したらその返信をするぜ。
いつも力強く支えてくれてありがとう。これからも楽しい交流をよろしくお願いします。

★ma~eさん
はじめまして! 拙ブログを読んで下さってありがとうございます! ……なんて白々しい返信は横に置きましょう(笑)
「ごめんなさい」を言うのはオレの方です。もっと叱られても良いぐらいです。maさんにお仕置きをして貰えて嬉しいです。マゾとしての戯言ではなく、人として。
こんなオレの事などを、まだあたたかく迎えて下さってありがとうございます。
maさんのお気持ちが嬉しくて、ますます悪い事をしたと反省してしまいます。
本当にすみませんでした。何のお礼も出来なくて歯がゆいですが、今後も長くブログを書いて、少しずつでも今の気持ちをお伝えできたらと思っています。
今年も湯たんぽは愛用していますか? オレは夜間にデスクに向かう時には必ず愛用してます(笑)
ヘタレは相変わらずです。奴の事で物凄く弱気になって、めそめそしたり過敏になったりしていました(汗) 弱いヤツほど良くわめくと言いますが、あれは本当ですね。オレもそんな日々をちょっと送ってしまいました。情けない。
コメント欄はなくしますが、また別の交流ツールを起きます。そちらはメールでの返信なども可能なので(もちろんコメントの内容は非公開です)、またオレが馬鹿なことをしでかしたら遠慮なく叱って下さい。そして今以上に楽しく遣り取りが出来たらと思います。
maさんにも弥栄! 楽しくて大満足な事がたくさん起きる一年になるように祈っています。
再びコメントを下さってありがとうございました。maさんのお名前を見た時にホッとしました(笑)

★yu~iちゃん
はじめまして。コメントを下さってありがとうございます。オレがやってはいけない事をしてしまった時だったので、なおさら嬉しいです。
お忙しい日々を送っていらっしゃるのに、夜にはここに訪れて下さってありがとうございます!
そう言って頂くと大きな励みになって、次回は何を書こうかとワクワクします(笑)
ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。非常に個人的な事でやってしまいましたが、yuさんのあたたかな言葉が有り難くて、本当に馬鹿な事をしたものだと反省するばかりです。
料理の方、またレシピと写真をお披露目します! 忙しくて思うようにできませんが、健康の為にも頑張ります。まだまだ初心者の域を出られない出来栄えですがリクエストして貰えて嬉しいです(笑)
応援して下さってありがとうございます。オレもyuさんが毎日楽しく幸運に過ごせるように、心から祈らせて頂きます。
これからはコメント欄に代わるものを置きますので、また気が向かれたら声を掛けて下さいね。いつでもお待ちしております。

★ji~uさん
jiさんにもお詫びを申し上げます。いつも応援してくださっていたのに、それを忘れて消えてしまって申し訳ありませんでした。
こうして再び交流が出来ると嬉しくて、自分がやってしまった事は間違いだったと実感できます。この反省を忘れずに、また一からやり直して、その中でちゃんとお詫びできればと思います。
過去のブログですが、オレの知らない所で保存している方はいるようですね。そうしたものがあると人から聞いて検索したら本当にあったので驚きました。
『新しい出会いの新鮮な楽しさ』に嫉妬していました。オレはもう二度と、それを奴と分かち合うことは出来ないので。
でもそれは必ず色褪せるものですからね。とても浅はかな事で苦しんでいたと思います。
まったくです、オレも奴に責任を押し付けてばかりになっていました。オレだって至らない部分がたくさんあったのに。
そうですね。そういう視点で物事を考えると、自分はなんて幸せの無駄遣いをしているのだと思ってしまいます。今だって何でも言いたいことが言えてやりたい事ができるのに、それを不満に思うなんて。自分の馬鹿加減に泣けてきます。
jiさん、深いコメントを下さってありがとうございました。そうします。自分で破滅の道を選んだりはしません。
ずっと幸運でいる方もちゃんといるのだと教えて貰えて気が楽になりました。そんな事は奇跡だと思っていましたが、違うんですね。オレは一体どこで、そんな事を信じるようになってしまったのかな…。
オレもjiさんの幸運を祈っています。きっとこれからもおかしな事を書いてしまう時もあるかと思いますが、それでもどうぞよろしくお願い致します。

★次の更新も待ってるよ! と思って下さる方は応援クリックをよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: お知らせ、その他。 « その他

エロすぎるぜ、そのキス
Mon.16.01.2012 Posted in SM・フェチ
昼食後の空き時間に、ごきげんよう。

本日より、『1日1ノロケ』を目標にする。
ノロケる事がなくても無理矢理こじつけてノロケようと思う。くじけないで前向きになれるようにな。

ノロケといっても『R流』になる為、「どこがノロケ?」と思われる場合も多々あるかと思うが、凍て付く眼差しで遠くから眺めて頂けたら幸いだ。

今はもうなくなってしまった高層ホテルの最上階にあったラウンジ。
その店内はほとんどローソクの灯火で支えられていた為、とても暗かった。

オーダーした料理の上に木苺が乗っていた。
全ての料理を食べ終わった時、その木苺だけが皿の上に残されていた。

それ一個だけを残しておくのも勿体無いような気がして、オレは奴に「食べないか?」と訊いた。
奴は「お前が食べて」と言った。
オレはそれを貰うことにした。けれど酔いが回っていて奴にエロく絡みたい気分だった為、「食べさせて」と言った。

奴は、はっと笑って木苺を口の中に入れた。
そしてオレの腕を掴んで背後を向かせ、キスをして、口の中にあった木苺をオレの口の中に移した。

店の中だというのに深く舌を挿入されて、とてもエロティックなキスをされた。
オレは一瞬で感じてイチモツを硬くさせた。
その店内の雰囲気がエロい行為をする店のようだった事もあり、そしてオレが以前から奴が口したものを与えられたいというマゾヒスティックな願望があった為、オレはその日以来、奴に口移しのキスをされるのが大好きになった。

(それに関する話をしようと思ったが、今はそこまで書いている時間がないので後日に)

昨夜の事。

数日前、奴はナッツを使った料理を作った。
昨夜はその残ったものを摘みながらワインを飲んだ。

お互いのワインがカラになった時、ナッツが一粒残っていた。
オレが奴に「お前が食べるか?」と訊くと(その時、上に書いた出来事を思い出した。けれど今回はそんな展開にはならず)、奴は「貰う」と言ってナッツを摘み上げた。

しかし、ナッツは奴の手から落ちてしまった。
オレ達はほとんど同時に床を見下ろして「ああ、勿体無い」と言った。

オレは冗談で「お前が下に落としたものはオレが食べないとな(*)」と言った。
すると奴はオレの方を見て、「やって」と言った。

(*)『ご主人様は食べ残したものをテーブルの下に落として、奴隷はそれを餌として食べて生きる』 かつて盛り上がったその話が今回の台詞に繋がっている。

オレは従った。
こんな馬鹿みたいな事で……と思われてしまうかもしれないが、今もオレが奴に忠実であって愛している事を、こんな事ででも示したかった為に。

オレは床に両手を就いて、口でナッツを拾って食べた。
「本当にやるなんて!」と奴は言って、身体を起こしたオレの頬や唇にkisskissした。

「本当に何でもするならテーブルの下に入って貰うよ?」
「今度行くレストランでそうするから、残ったものをオレに落としてくれ」
「ふふ、いっそのこと首輪を嵌めて連れて行ってあげようか?」
「良し。オレは全裸で四つん這いで歩くから、お前、絶対にやれよ」
「逮捕される!」

変態で下品でエロな会話だが、けれど互いにしか話せない事だから、これも大切な絆の一つになっているんだろうな(笑)

という訳で、
今日は週の初めの月曜日だが楽しくお仕事をしようぜ。

今週も皆さんの幸運をお祈りしています。
では、また夜に!

★仕事を頑張れよ! と思って下さる方は応援クリックをよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Sun.15.01.2012 Posted in コメント返信
(この10分ぐらい後に通常のエントリーを上げます)

明日で全ての方に返信ができる予定です。
もしも仕事の都合などで明後日になってしまったら申し訳ありません。

ちょっと雑談。

本日センター試験だった方、お疲れ様!
今日までの長い期間、完全に気を抜ける日もなく、本当に良く頑張ったな。
今夜はとりあえずゆっくり休んで、好きなものを食べて楽しくお過ごし下さい。
様々な不安もあるかもしれないが、皆が大満足できる未来を摘めるように目一杯応援してるぜ。

新しい交流ツールですが、今日は準備が間に合わなかったので明日からスタートします。

今年に入って更にアルコールの量を減らしたが、どうもそのせいで口寂しく(ノンアルコール生活をすると頭にストレスが残るような感じもあって)、最近は甘いものが欲しくなる。特にガトーショコラに大ハマリ中。
あちこちのレストランで食べ歩いたが、奴の何気ない一言で自分で作ってみたくなった。「ヴァレンタインには焼いて貰えるのかな?」の一言で。
レシピを見ると、そう難しそうではない。うーん、頑張ってみる価値はアリかな?

それにしても、少し前までハロウィンとかクリスマスとか言っていたのにもうヴァレンタイン。めまぐるしいですね。

120110_1_1.jpg

<コメント返信>

★yu~hiさん
yuさんにもあんなにも可愛がって貰っていたのに、とても薄情な事をしてしまって申し訳ありませんでした。
これからは心を入れ替えて、何があってもクヨクヨしないで頑張ります。
再び見付けて下さってありがとうございます。yuさんと再開できてとても嬉しいです!
こちらこそ、またyuさんと交流が出来るという嬉しい楽しみが出来ました。本当に、心から感謝致します。

★ta~nさん
taさん、はじめまして。拙ブログに訪れて下さってありがとうございます。この度は大変に身勝手な事をしてしまって申し訳ありませんでした。よろしければこれからも末永くお付き合い頂けたら嬉しいです。
そうですね、特にこのジャンルは批判されやすいようで、オレも度々辛い体験を聞かされています。
taさんもかなり辛い思いをされたんですね。少人数の悪口なんて気にしなければ良いという意見もありますが、実際にそれを受けてしまうと胸にグサリと突き刺さるんですよね。
taさんのブログ、閉鎖されてしまって残念です。もしもまた開設される事がありましたら是非とも教えて下さい。
コメントが頂けてとても嬉しかったです。また気が向く時があったら声を聞かせて下さい。いつでもお待ちしています。

★ho~kさん
お久しぶりです! いえいえ覚えています。またお会いできて嬉しいです。
そんなにも長くこの拙ブログを読んで下さってありがとうございます。
この度は、嬉しかった事やありがたかった事を忘れてブログを閉じて逃げてしまってすみませんでした。
検索までしてまた来て下さって、ありがとうございます。これからはそのお気持ちを以前よりも大切にします。
判りました、もしも今後何かあった時には必ず予告します。指切りをして約束します(笑)
奴とはこれからどうなるかは判りませんが、今回判った気持ちを忘れないようにします。
このまま何事もなく一年ぐらい過ぎてくれたら良いんですけどね。その頃には本格的に一緒に暮らす話でも出来れば(笑)
これからも、自分の気持ちを正直にここに綴って行きます。どうかこれからも末永くお付き合い下さい。新コメント欄ができたら、またそちらの方でも(笑)

★ha~aさん
こんにちは。前にコメントを頂いた時には何のお礼も言えずにすみませんでした。
それどころか何の予告もせずにブログを閉じてしまって、大変にご心配を掛けてしまいました。
笑うだなんて。それだけオレの立場を考えてくださったんですよね。ありがとうございます。そのお心遣いはずっと忘れません。
思った事を何でもおっしゃって下さって構いませんよ。全く関係のないことでは困りますが、そこそこブログに関連している話題ならなんだって嬉しいです。
失礼な事をしてしまったのはオレの方でした。せっかくのご親切を無下にしてしまって、今は心が痛みます。
またここを訪れて下さってありがとうございます。こちらこそ、そんな有り難い事を言って貰えて幸せです(笑)
コメント欄は閉じてしまいますが、それに代わるものを起きますので、また気が向かれたらいつでも声を掛けて下さい。お待ちしております。

★me~onさん
はじめまして。拙ブログにお越し下さって、コメントまで添えて下さってありがとうございます。
そうですか、お疲れになってしまったお気持ちは良く判ります。楽しい交流ばかりではないし、気がかりな事があったらそれどころではなくなるし、人の言葉を聞かないでゆっくり過ごしたい時もありますからね。
お気遣い下さってありがとうございます。ええ、今後は本当に無理なくやって行こうと考えています。やりたい事をやって楽しむ為のブログですからね(笑)
あのように拙い料理を楽しみにして頂けて恐縮です。そう言ってもらったら嬉しくて、またレシピを載せようって気になります。ガトーショコラも頑張ろうかと(笑)
コメント欄はなくなりますが、それに代わるものを起きますので、また気が向かれた時に声を聞かせて下さいね。料理の話題は大歓迎です!
「きのう何食べた」面白いですよね。今年は少しでもシロさんに近づけるように頑張ります! あれだけ色々なものが作れたら、きっと楽しいだろうなあ。
(追伸)ブログを拝見しました! 可愛い猫ちゃんとワンちゃんですね(笑) 白い猫さんに親しみを覚えます。ゆっくり拝見させて頂きますm(__)m

★ka~siさん
お久しぶりです。この度も大変に失礼な事をしてしまって申し訳ありまでんした。
ハッキリとした事情を述べなかったので余計に心配を掛けてしまったと思います。
ええ、確かに色々とはありましたが、だからといってやって良い事ではありませんでした。kaさんを不安にさせてしまってすみません。今は後悔して、反省しております。
恥ずかしながら、ちょっと気持ちが不安定でした。そんな時にはPCの電源を切って、気ままにケーキでも食べに行くのが良のかもしてませんね。
心にゆとりがない時に無理をしたくなるのは悪い癖です。これからは、疲れたら(その他、何かあったら)休むということを学びたいです。放り投げてしまうのではなくて。
何の事情も述べずに衝動的に消してしまったすみませんでした。
コメント欄は閉じますが、それに代わるものを起きますので、また気が向かれましたら声を掛けてください。いつでもお待ちしております。

★me~miさん
こんばんは。コメントをありがとうございます。
事情はありましたが、だからといってやって良い事ではありませんでした。その証拠に、戻った時には後悔ばかりで、消して良かったとは少しも思えませんでした。
衝動的になるのは良くないですね。自分が本当にしたい事とまるで逆の事をやってしまいます。今回の苦い気持ちはずっと忘れないでおきます。
ファンと言って下さってありがとうございます。とても勿体無い言葉ですが、素直に嬉しいです。
そうですね、無理なく、また楽しい事を綴って行きます。ディナー写真も上げてい行きますので、これからもお付き合い頂けたら嬉しいです(笑)
お約束をして下さって感謝いたします。meさんはもう十分に、勿体無いぐらい優しい言葉を掛けて下さっていますよ。そのお気持ちを裏切らないように、オレはその約束を大切にします。ありがとうございます。
コメントはなくなりますが、もっと気軽に使えるものを置く予定です。また気が向かれましたら、いつでも声を掛けて下さいね。お待ちしております。

★ku~aさん
ごめんな。慌ただしくなってろくに言葉が交わせなくなって。
本当は何度も思い出してはずっと気になっていたんだ。ちゃんと元気で居るのかな?って。
返信はできなかったけどコメントが貰えると嬉しかった。安心もしたしな。
そうか、そんなにおめでたい事になっていたのか。良かったな、物凄く嬉しいぞ。思いっ切り幸せになってくれよ。
生まれてきたら大忙しになるみたいだから、今のうちにやりたい事をやって楽しんでおくと良いぞ。と言っても、新しい生命の誕生も嬉しくて楽しい事だろうけどな。
とにかく今は旦那さんにたくさん我侭を言って甘えておくように(笑)
礼なんていらないんだ。ただ思った事をつらつらと書いてくれるだけで良かった。
そうだな、どこか繋がっていたのかもしれないな。なんとなく貴方には、懐かしいようなものを感じていたから。
式はどうだった? 照れくさいながらにも嬉しかったか?
貴方に大きな思い出ができた事に祝杯をあげよう。おめでとう。今日から毎日、ずっと幸せでいてくれよ。
またいつか、気が向いた時で良いから声を掛けて欲しい。「プーラ子ちゃん」が大きくなってからでも良いから。
それまでオレは漂っていようか。コメント欄は閉じるがそれに代わるものは置いておくから、またいつかな。
河原の話はちゃんと覚えているぞ。なんとなく危なっかしい雰囲気で大丈夫なのかと心配したが、良かった。
ああ、またな。その時にはまた心の中にある話を聞かせてくれ。
「国芳展」、先週に見てきたぞ。素晴らしかったから貴方にもお勧めする(笑)

★次の更新も待ってるよ! と思って下さる方は応援クリックをよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: お知らせ、その他。 « その他

最後まで愛し抜こうぜ
Sun.15.01.2012 Posted in 恋愛
昨日のSMエントリーを書いていたら、過去の幸せだったエロティックかつ鬼畜なセックスを思い出して……なんてな。

一昨日の深夜までは上の文章みたいな気分だったが、わざわざ過去エントリーのコメント欄を探して投稿して下さった方のコメントを読んだらそんな気分ではなくなってしまった。
あと、全然ロマンティックじゃないオレの友人のボストン君とT君(こちらはこのブログに登場したことのない友人)のお陰もあってな。

12_01_13_1.jpg

改めて、自分に言葉を向けてくれる人がいる有り難さを痛感した。
コメントを下さった方、拍手やクリックで応援をして下さった方、心の中で励まして下さった方、ありがとう。

やっぱりブログをやっていて良かったと思った。
オレは迷いやすいし流されやすい人間だが、どんな時にもここに今の気持ちを書けば、本当の自分は何を願っているのかを見つけ出すことが出来る。
たまにおかしな偏見を持つ人がいて「なにお前、ブログなんて書いてるの!」と小馬鹿にされた事もあったが、そんな理解に乏しいヤツの事は殴ってやれば良いってもんだ。

自分独りで気持ちの向きを変えるのは難しいが、誰かに何かを言ってもらうと、いつまでも落ち込んでいないで元気になりたいという気持ちになってくる。
昨日まであんなに落ち込んでいて、今後は憂鬱な文章しか書けないと思っていたのにな。他の事ならともかく奴の事だから、どうしようもなくて。

12_01_13_2.jpg

念の為に言っておくが、相変わらず何も判らないし、決着も付いてない。
だけど何度も自分の気持ちに問いかけてハッキリした事がある。
たとえ奴が誰かに心を移してもオレは奴と一緒にいたい、と。

もう問い詰めるのも止める。
何もなかったことにするのは悔しいとも思ったが、強引に問い詰めたところで険悪になるばかりだし、何よりもオレは、そんな風に奴と過ごしたいのではない。

考えてみればちょっとした浮気心なんて誰にだってあるものだ。
そりゃ常に自分だけを想って貰えた方が良いが、そんな事は現実には無理に等しい。
何せこの世には魅力的な人間がゴマンといる。「あの人と居ると楽しい、あの人は自分を判ってくれる」なんて感じる出会いは、誰にだって何度も訪れる。

オレにだってあった。
一緒に食事をする事すらなかったが、ある人と言葉を交わすのが楽しくてワクワクしていた日々がかつてあった。
オレはその人が大好きで、恋愛感情もあったし手を出してしまいたい欲求だってあった。けれども奴を失うなんて少しも考えられなかったし、一度きりでも裏切る事はできなかった。

12_01_13_3.jpg

人間の欲望は限りない、というか、自分好みの人間に出会ってワクワクしたり期待しない人間なんてほとんどいない。
そんな人間の感情はちょっと浮ついたものに感じられるが、そんな感情があるからこそオレは奴に惹かれて結ばれることが出来た。

どんなに頑張っても昔の気持ちを取り戻すことは出来ない。
どんなに悔しく思っても新たな出会いの新鮮な感動には敵わない。
だがその代わり、これまで一緒にいた時間がそれ以上のものを育んでくれた事を信じたい。オレがそうしたように奴もオレとのそれを選んで、これからも一緒に居てくれると。

まあ、そんな強気な事を言っても(自分に言い聞かせても)、暫くはドキドキしながら暮らすだろうけどな。
そしてもしも奴に別れを切り出されたら物凄く落ち込むだろう。
幸い、あれから奴はその事に関しては何も言わないし、今までとそう変わりなく平穏に暮らしているが。……。いいや、もう決意したんだ。どんなに不安になっても奴と楽しく暮らすと。そしてもしも振られたら、その時には潔く幸せを祈ってやると。

12_01_13_4.jpg

この二日間、とても力強いコメントを頂いた。
どんな状況になっても最後まで愛し抜く事のできる人は素晴らしいと思った。そしてそんな愛にこそ尊い憧れを感じた。

皆さんも、辛くても頑張っているんだな。
ああ、本当に。たとえ何年も忘れられなくて泣き続けることになっても、それでもオレはずっと奴を好きでいたいし、奴と育んだ思い出を汚したくない。
きっとそれこそがオレの本音だ。悔しさや悲しみに埋もれて忘れてしまっていたが、もう怯えもしないし逃げもしない。

という訳で、暫くは黙々と仕事をしてブログを書く。
SMとか下ネタとかノロケとか料理とかデンマークの様子とか。今までと変わりなく。

ボストン君との事を書こうと思っていたが、長くなったのでまたの機会に。
馬鹿馬鹿しくて間抜けな話だけどな。
だけど彼がああいうドッシリとした揺らがない性格の持ち主で良かった。悔しい思いもしたが、それで良かった。

本日、奴は試験で朝から外出。センター試験ではなくてサディスト試験だ。
オレは久しぶりに晩御飯を作る。そして楽しく過ごす。

最後に皆様へ。

ありがとう、愛してるぜ。
オレの日々を好きになってくれて、本当にありがとうな。

12_01_13_5.jpg

*今回の写真は文章と関係ないが、今夜は美味しい料理を作りたくてイメージとして貼らせてもらいました。

*今夜、昨夜の続きのAct.2を上げます。オレらしくエロくエグく耽美に。それからコメント返信の続きもさせて頂きます。

*今夜か明日、新しい交流ツールを導入します。お時間に余裕のある親切な方は送信テストにご参加下さい。今後もお気軽によろしくお願します。

*実家の猫がもう一匹増えるかもしれない。

★応援して下さる方はバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

コメント返信
Sat.14.01.2012 Posted in コメント返信
たくさんのコメントをお寄せくださってありがとうございます。
一度に全てのコメントが返せないので、3日ほどかけて返信させて頂きます。

新しい交流場所ですが、来週の末を予定しております。
今までよりも活用しやすい場所を考えておりますので、よろしくお願い致します。

*通常のエントリーは今夜上げる予定です。

<コメント欄>

★no~nさん
再びお会いできて、こちらこそ嬉しいです。
この度もまた身勝手な事をしてしまって申し訳ありませんでした。再びnさんと交流できるキッカケを作って下さったS様に感謝したいです。
パンの上にサーモンなどを乗せると、それはまんまオープンサンドのように思えるのですが、形が寿司型であればsushiになるそうで不思議です(笑) でも、まだ作ってもらっていないので判りませんが、味付けはsushi風に工夫されているのかもしれませんね。
親身になってくださってありがとうございます。生きている限り困難が続きますが、自暴自棄にだけはならないように気を付けたいです。

★ao~iさん
ロマンポルノというジャンルがあるぐらいですからね。やっぱりエロスにも感動のロマンがなくては。……といっても、毛にまでロマンを求めようとするのは数少ない変態だけかもしれませんが(笑)
この度もまた、大変に身勝手で失礼な事をしてしまって申し訳ありませんでした。
応援をありがとうございます。これからは、暖かな声を掛けてもらえた感謝を決して忘れないようにしたいです。

★wa~?さん
今年も親身なご感想をありがとうございます。
既に去年、三軒行きました。けれども悪化してしまいました(縛)

★me~iさん
mさんとも再びお会いできてとても嬉しいです。
事情がなんであれ約束を違えて身勝手な事をして申し訳ありませんでした。こちらこそ、そんなにも優しい言葉を掛けて頂ける有り難みを、これからはずっと忘れないでいます。
不快なんて、まさか! 本当に嬉しかったです。プライベートでは色々と困難ですが、とにかく自分の気持ちを失わないようにしたいです。

★yo~oさん
嫌がらせのように足止めをしてしまいました。近頃は人恋しいせいか、立ち去られる言葉が悲しいです。先に自分でそれをやってしまったので人様の事は言えませんが(笑)
そうですね、まったく同感です。これからは一秒たりとも関わらないようにします。そして有益な情報をありがとうございます。忘れないで参考にさせて頂きます。
では、とりあえず今日はさようなら。またお会いしましょう(笑)

<拍手のコメント欄>

★義兄さま
ちょっとどこに行ってたんですか。今、お家(ブログ)はあるんですか? あるならここへ< ragnya●inter7.jp (メールフォーム設置の為、このメアドは削除しました) >こっそり教えて下さい。それともまた自力で探せと? 迷子になりそうです。
オレを心配してくれているなんて嘘だ。オレはもう男の優しい言葉なんて信じないんだ。
政治家になるのも良いかもしれませんね。首相になって独裁政治をやってみたいです。そこまでデカい事がやれたらどんな最後を迎えてもスカっと本望でしょうね。

★sa~oちゃん
暖かくて元気な声を聞かせて頂けて嬉しいです。
この度も身勝手な事をして、とても心配を掛けてしまって申し訳ありませんでした。
「無問題」ですか、そうですか(笑)
プライベートでは色々と悩むことが生じていますが、自暴自棄になって後悔することだけはしないようにします。墓穴を掘るのだけは…ね。オレはそうしてしまうタイプかもしれないので(笑)

★ta~aちゃん
初詣の夜はたこ焼きよりも甘酒に軍パイが上がりました。美味しそうで(笑)
シロ子、妹がOKしてくれるなら引き取りたいぐらいなんだよな…難しいけど。そうそう、自宅の方で諸事情あってもう一匹増えるかもしれない。そうなったらまたお披露目します。

★ok~iさん
はじめまして。コメントを頂けて嬉しいです。
この度も身勝手な行為をして、ご迷惑をお掛けしてすみませんでした。
こちらこそ元気にして頂きました。これからは声を掛けて頂ける有難みを忘れないでブログを続けて行きます。
オレの方からも、よろしくお願いします。oさんにとって、この一年は幸運と歓びの続く日々となりますように。

★as~aたん
ごきげんようにゃ。
そうなんだ、素っ気ないんだ。そのつれなさがまたハートに火を付けてくれるから良いんだけどな(笑)
ラグ毛様……aたん、今年も斜め上横にぶっとんだ才能を発揮してくれて嬉しいぜ(汗)
けれどもやっぱり笑う事って大切だよな。色々と困難はあるけれど、『そんなもの小さいじゃないか』と思えるぐらい大らかな気持ちを持っていたい。
今年は耽美な80年代の洋楽を聞くよりも、落語のCDを買って愛聴しようかな。aたんみたいに楽しい人になれるように。

★SのHちゃん
新年を迎えてhちゃんの元気な声が聞けるなんて縁起が良いな! また来てくれてありがとう。物凄く嬉しいぜ。
それ良いかも。今年の抱負は、Hすぎるエントリーを挙げ続けて削除される事(笑) なんて、こんなにも度々心配してもらったらバチが当たるな。今後は本当に、もう消えるのは止めます。
お仕事、大変だろうけどやり甲斐があって目的が持てるのは良いな。今年も充実していて楽しくて幸運であるように、心から祈ってるぜ。
Dスーツの着こなしなセクシーなグループですね。
残念ながらコンサート系も暫くはお休みで、そのチケットも取っていないんだ。もしも行かれたら感想をよろしく!

★Se~nさん
お久しぶりです。またも身勝手で困った事をしてしまいましたが、再びSさんにお会いできてとても嬉しいです。
お気遣いくださってありがとうございます。もう二ヶ月以上経つので、オレの中では昔話なんですけどね(笑) 改めて、寒中見舞いをありがとうございます。これからますます寒くなりますが、Sさんも風邪など召しませんよう、元気で幸運な日々を送って下さいね。
そろそろ雪は降りますかねぇ。交通機関が混乱すのは物凄く困りますが、雪の夜に飲み歩くのは大好きです。ヒートテックは去年買いましたが、本当に暖かいかどうか判りませんでした。鈍感?(汗)
今年も是非お付き合い願います。これからもコメントを頂けたらとても嬉しいです。本当に。Sさんの今年一年の幸せをお祈り申し上げます。

★SO~Nさん
お久しぶりです! 去年と変わらず元気な声が聞けて嬉しいです(笑)
この度もまた、ご迷惑とご心配を掛けてしまって申し訳ありませんでした。事情があったのは確かですが、けれどもそれは約束を違える理由にはなりませんでした。反省しております。
励まして下さってありがとうございます。まったくその通りですね。振り舞われて書かなくなったら思う壺なのだと思います。余り他者に対抗意識を持たないオレですが(平和主義というよりもヘタれなんです)、さすがにそれには屈したくありません。
Sさんもこの一年は、去年以上に楽しい年にして下さいね。たくさんの幸運に恵まれるように心からお祈りしております。
改めて、今年もどうぞよろしくお願い致します。

★次回の更新を待って下さる方はバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: お知らせ、その他。 « その他

Something's Gotten Hold Of My Heart 1
Fri.13.01.2012 Posted in 恋愛
付き合う前は喫茶店にすら上手く誘えなかった。
それが今では、どんなにムードの良いレストランにでも簡単に誘えるようになった。

あの頃は、あってもなくても良いような仕事の理由を付けて、時間と時間の合間に滑り込ませるように約束を取り付けていた。
そしてオレはその度、今の約束が不自然ではなかったかと、心の中で奴を誘った言葉を何度も繰り返して考え込んだ。
オフィスでやれば良い筈の打ち合わせを喫茶店でする必要などどこにもなく、その時点で既に不自然であったにも関わらず。

奴に面倒臭い上司だと思われてしまったらどうしようかと悩んだ。
奴に密かな想いを気付かれてしまったらどうしようかと悩んだ。
悩んでも奴を誘う事を止められなかったくせに、オレは凝りもせずに機会を見付けてはそのパターンを繰り返した。

今になってみれば笑える話だ。
当時の照れ臭さや気恥ずかしさは相当なものだったが、それでも奴が了解してくれる事が嬉しくて、次はどんな理由を付けて誘おうかと頑張ったものだった。

オレが誘えば、奴は必ずといって良いほど応じてくれた。
それはオレが目上の立場だから快く了解してくれているのだろうと思っていた。だけどその内に、それだけにしては奴の態度が積極的であるように思えるようになっていった。

パッと明るくさせる表情に、仕事の信頼を得た以上の嬉しさが込められているように思えた。
身体を寄せてきたり手に触れようする動作に、友愛以上の感情を寄せられているように思えた。
良くオレの方に向けられる目配せと、視線が合った時に送られる無言の時間の中に、意味深い情感が込められているように思えた。

その頃からオレは、奴のそれらの仕草が好きでたまらなくなった。
奴の外見も好みだったが、その何十倍も、そんな仕草や視線に惹かれて夢中になった。

奴の表情は子供のように素直だ。仕事中は真面目な顔をしているくせに、オレと二人きりになれば心の中を隠そうとしない。顔いっぱいに笑って、顔いっぱいに歓喜する。
オレは奴のそんな顔が見たくて様々な事をやった。笑わせる為に下らないジョークを言ったり、喜ばせる為に才能を褒め称えたり、意味深な目が見たい時には淫らなグラビアに登場するモデルの真似事をやらせり。

二人きりの顔を見せてくれる事が、奴がオレのものである証であるように思えた。
完全に心を許し合い、完全に心を開き合い、互いが互いだけを求めている特別な関係の証に思えた。

けれど、月日が過ぎて行く内に、どんどん奴の表情は豊さを失っていった。
もっともそれは、付き合い始めの頃の激しい想いが覚めて行けば当然の事だった。
それは判っていた。いつまでも初々しい情熱を保って愛し愛されることは出来ないのだと。
奴だけじゃない。きっとオレだって随分と素っ気なくなった。
かつては奴に夢中で朝から晩までのぼせていたが、今はもう手が触れ合っても、視線が合っても、喜びに胸がいっぱいになる事などなくなった。

だけど、それでもオレは奴が好きだった。
今でも好きだ。
情熱を失っても、これまで奴と過ごしてきた記憶は余りにも尊くて大切で、奴と付き合う以前の自分には戻れないように思えている。
オレは奴に変えられた。以前は一人でいる事が好きだったのに、奴と半ば一緒に暮らすようになって、奴に支えられ、奴に愛され、奴と共にでなくては生きていられないように変えられた。

きっと奴もそうなのだと思っていた。
オレと同じように、情熱はなくなってもまだ唯一の存在としてオレを必要としているのだと。

それなのにどうして、他の人間の名前を言うんだ?
まるであの頃オレに向けていたような笑顔をして、どうしてそんなにも楽しそうに彼の話をするんだ?

昨年のある夜、オレは腹立たしくなって奴にこう言った。
「そんなにしょっちゅう話をするぐらい楽しいなら次の休日も彼に会ってきたらどうだ?」と。顔に不機嫌さを露わにして、皮肉を込めて。
奴は驚いたように一瞬言葉を飲み込んだが、すぐにこう言った。「仕事が同じで、共通の話題が多いだけだよ」と、強張った笑顔をして。
だけどオレは、奴の気持ちはその範囲を超えているようにしか見えなかった。

「どうだか」
「何か疑っているの?」
「そいつを気に入っているんだろう? お前さ、どんな顔をして毎日そいつの話しをしているか判ってるのか?」
「楽しい友人が出来たとは思ってるけど、それだけだ」
「嘘つけ。友人のことを語ってるような顔じゃない。まるで好きなヤツの話しをしているみたいだ」
「違うって、物凄い誤解だ」
「好きなんだろう?」
「そんな気持ちはない」
「嘘だな、どうせ本当は好きなんだろう?」
「本当の事を言ってるんだ、違うって」
「好きなんだろう?」
「そうだよ、好きなんだよ!」

奴が怒鳴って言ったのは、オレが執拗に告白させようとした台詞だった。
オレはまんまと奴を告白させた。だのに奴がそれを口にした途端、ビシリと胸に衝撃が走って、石のようになって動けなくなった。

『やっぱりな、思った通りだ』と、オレは鬼の首を取ったかのように残酷な台詞を奴に叩き付けるつもりだった。約束を破ってくれた奴を引き裂いて傷付けて投げ捨ててやるつもりでいた。
それなのに何を言ったら良いのか判らなくなった。ただ、一瞬でカラカラに乾いた喉で息を飲み込むばかりだった。

胸がドクドクと鳴って、頭に血が登って目がかすんだ。
もうそこに居たくなかった。
今すぐにここから立ち去ってどこかに行ってしまいたくなった。
早急に胸の中に集まってくる感情が弾けてしまう前に、さっさと消えてなくなってしまいたかった。

「外に行くの?」

背後で奴が言った。

「明日中にマンションを借りてここから出て行く」

オレはそう答えて玄関へと向かった。
けれどすぐに奴に腕を掴まれて足を止める事となった。

その瞬間、石のようになっていた気持ちが緩んだ。
そうしたらもう我慢ができなくなって、まばたきをした途端に涙が零れた。

足元には、いつのまにか奴の飼っている猫が来ていた。
あの猫は飼い主の不穏な気配を感じると心配して出てくるものだが、こんな時にまで来てくれた。

オレの零した涙は猫の背中に落ちた。
奴がそれを見ていなければ良いなと、惨めさと悲しさを感じながらボンヤリと思った。

「ねえ、嘘だよ……お前があんな酷い事を言うから、もうお前の気の済むように言ってやろうって……」

奴はそこまで言って、オレの背中に抱き付いて泣き声を漏らした。泣きながらこう付け足した。「泣くぐらいなら出て行くなんて言わなければ良いのに」と。

そうだな、とオレは心の中で思った。
本当は出て行きたくなんかなかった。奴と別れたくなんてなかった。
たとえ奴の気持ちが他の人間に移ったとしても、オレは奴の事が好きだった。一瞬で自分の存在を消してしまいたくなるぐらい、オレは奴の事が好きだった。

奴はオレを引き止める為に嘘を言ったのかもしれない。
本当はどうなのかは判らない。今もそれは判らないままだ。

けれど、誰が恋をしていて、誰が誰を好きなのかなど、ちょっとした言葉や表情のニュアンスで簡単に判ってしまうものだ。電話越しにだって、文字だけのチャットでだって判ってしまう事が多い。ましてやオレがずっと見詰めてきた相手の事なら……。

昨夜、たくさんのコメンを頂いた。
古くから付き合って下さっている方の多くは、過去の思い出話を書いて下さった。

それを読んでオレは、当時を懐かしんでこんな事を考えていた。

あの頃に戻りたい。
激しく想い合い、激しく惹かれ合い、まるでこの世界にオレと奴の二人しかいなかったような、あの頃に。

今はどんなレストランにでも奴を誘える。
特別な結び付きでもなければ二人きりで行けないような高価なレストランにでも、たった一言で誘うことが出来る。

あの頃は、普通の喫茶店に誘うのも大変だった。
たった一言の誘い文句がなかなか言えなくて、奴に先に帰られてしまってガッカリする事も少なくなかった。

奴は今、限りなくオレのそばにいる。
それなのにオレは、あの頃に戻りたい。

■この話は今も解決に至っていない為、同じタイトルで不定期に続けることにします。

■本日コメント欄を閉じました。昨日はたくさんのコメントを頂けてとても嬉しかったです。後日、必ずお返事をさせて頂きます。なお、コメント欄に代わる交流方法を後日公開致します。その際にはどうぞまたよろしくお願い致します。

★次回の更新を待って下さる方はバナーのクリックをお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。