苺満月の願いが叶いますように
Mon.17.06.2019 Posted in 恋愛
ブログを書くと決めた途端に忙しくなってしまいながら、ごきげんよう。

先日オレはそれを見付けてしまい、驚きを隠せずに奴の部屋に向かった。

「これ、まだ持っていたのか。もう捨てたらどうだ?」
「捨てない」
「でも何年穿いてる?」
「3年ぐらい?」
「いや、もっと長い筈だぞ。えーっと、買ったのはあの時だから……5年以上だ!」
「ええーっ! そんなに経つの!?」
「オレが貴方にプレゼントした本人だから間違いない」
「でも、まだ穿けるよ! ほら、スナフキンとムーミンの顔も伸びてたるんでない」
「そうかもしれないが5年以上も穿き続けているパンツ(メンズ用下着の方)ってちょっと凄すぎないか!?」

奴は頑として今後もそのムーミンのパンツを履き続けると言う。
そんなに穿きたいならオレもそれ以上は言うまいと思ったが、奴って本当に物持ちが良いな! オレ達がこんなに長く付き合えているのも実は奴のその物持ちの良さも深く関わっているのかもしれない。

(↑書きながら急にそう思えてきた。オレは奴と付き合うまで、すぐに別れる交際ばかりを繰り返してきたのに奴とだけはこんなにも長く付き合えている。奴が物持ちの良い性格で幸運だったようだ・汗)

しかし奴から良く良く話を聞けば、そのムーミンのパンツはオレからプレゼントされてから暫くの間は勿体なくて穿けなかったそうだ。

プレゼントされたばかりの頃はオレに見せる為もあって数回は穿いたが、後は引き出しの中に大切にしまっていたらしい。2年ぐらい経ってからようやく普通に穿けるようになったが、それでも頻繁に穿くのはやはり勿体なくて極々たまにしか穿かなかったとか。

その話を聞いてオレは納得する。
そういえば今回、ムーミンパンツが洗濯物として出されているのを見たのは物凄く久し振りだった。だからオレは物凄く驚いた。「このパンツまだ持っていたのか!」と。もうずっと見ていなかったから、てっきり何年も前に処分したのだと思っていた。

「そんなに大切にしてくれていたとは知らなかった」
「大切だよ。オレが故郷に居た頃のムーミンの思い出を話したらお前がわざわざプレゼントしてくれたものだからね」
「そうか。もう穿き古してボロボロになって捨てたのかと思っていた」
「捨てる時にはちゃんと言うよ。捨てる前にお前にもう一度ありがとうって言いたいから」

まさかムーミンパンツに感動させられる日が来るとは。

良い子だなあ……と、オレは奴の頭を撫でこながら決意した。オレも奴から貰ったものとお別れする時には奴に礼を言おうと。そして今日みたいに当時を振り返ることが出来たら最高に嬉しい。

==========

そんな訳で、昨日は父の日だった。
相変わらず今もオレ達は母の日と父の日にはプレゼント交換をしているが、昨夜奴から貰ったものは……内緒にしておこう(笑)

だが実用性に長けた物凄く良いものだった。
オレを応援してくれている奴の気持ちが込められていて最高に嬉しくなった。

オレはそれを地道に使って、やがて使い切って収納ケースを捨てることになったら奴に礼を言いたい。これを貴方がプレゼントしてくれたお蔭であれだけのことが出来たと。

どうせならたくさん感謝にしたいのでたくさんのことをやり遂げたいぜ。「これを貴方がプレゼントしてくれたお蔭で石油王になれたぜ!」とはまではいかないだろうが(笑)、奴の思い遣りに倍返しできるぐらいは頑張りたい。

ところで今夜はストロベリームーンだ。
言い伝えによればこの満月は恋を叶えてくれるとか。
オレが外を見上げた時には曇っていて見えなかったが、今はどうだろう?
だが見えなくても皆さんの一途な想いが叶うように応援しております。

では引き続き楽しい苺満月の夜を。
明日の幸運も祈っています。

☆宜しければランキングバナーのクリックをお願い致します♪
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

秘密はダブルベッドの下
Fri.07.06.2019 Posted in 恋愛
梅雨に入った日に、ごきげんよう。

今日はさっそく訪問先に傘を忘れて来てしまった。途中で雨が上がるとどうも忘れてしまう。忘れないでいるコツなどあるのだろうか? 今年の梅雨も何度も奴に叱られそうで喜んで……いや、困っている。

先日、久しぶりに浅草でサド二人組に囲まれた。
サド二人とは言うまでもなく奴とボストン君のことだ。

二人は先に待ち合わせた店の席に就いていた。
オレが後から加わると、何やら二人揃って意味ありげに笑い出す。

オ:何だ?
ヤ:お前の話をしていたんだ。
オ:オレの?
ボ:さっきオレのグラスの氷にいきなり亀裂が入って欠片が弾け飛んだ。
ヤ:お前の注文した飲み物の氷もそうなってお前の顔に当たったらお前は喜ぶだろうねって話していたんだ。

何なんだこのサド共(汗)
もしかしてオレの可愛さに嫉妬しているのか?
オレはそんな事に喜ぶような軽いマゾではないのにな(恐らく大はしゃぎで喜ぶが)

まあ彼らは変態だからそういう発想をするのも仕方がないと、オレは諦めてドリンクをオーダーした。氷が弾けて飛んでくれそうな強炭酸のものを。ワクワクしながら飲んだが最後まで弾け飛んでくれなくて物凄くガッカリしたが。

ところで、久し振りに三人で集まったのは特に理由はないが、強いて言えばボストン君の見送りの為だった。

彼は数日後から長期に渡るバカンスと出張で海外に滞在するので、出立の前に会ってしっかりと土産をねだろう……ではなく、長い道中と滞在中の無事を祈る為に乾杯してやることにした。

オ:そんなに長い間海外にいるのも珍しいな。
ボ:要件が重なってな。
ヤ:写真を撮って送って。でもボヤけているのはいらないからね。
オ:それは無理な注文だろ。ボストン君の写真っていつもボケてるから。
ヤ:そうだね。前もボケているのばっかりで、ボケていないのを探したら一枚もなかったからね。

奴がキツい女王様っぷりを発揮しながら和気あいあいと話をして、その内に話の焦点はオレの休暇に当てられた。何故かというと、この三人の中で一番アクセクと働いてほとんど旅行に行っていないのはオレだからだ(泣)

ヤ:そうなんだよ。Rってディズニーランドすら行かなくなったんだよ。
ボ:そのぐらいの余裕もないのか?
オ:そのぐらいはあるけどな。
ヤ:老けるよ? 楽しもうって気持ちがなくなったらダメだってお前も言っていたじゃない。
ボ:Rは昔から年齢の割に老けているから気を付けろ。
ヤ:そうそう。

お二人の優しいお心遣いに説得されてオレは今月中におよそ一年ぶりのインパ(ディズニーリゾートに遊びに行くこと)を決めることにした。

梅雨入りしているが大丈夫だろう。過去に一度、大雨強風の日にインパしたが乗り物が乗り放題で意外と楽しかった。奴と一緒にずぶ濡れになってハイテンションでアトラクション巡りをしたのは良い思い出だ。

「ホテルはどこにする?」
「パーク内のも素敵だけど、あのホテルも良いな」

帰宅してからオレ達はさっそく日にちを決めてホテルの予約を取ろうとした。しかしその日のツインルームは満室。

「ダブルなら空いている」
「ダブル……」
「嫌なら他のホテルにするぞ」
「嫌じゃない。でも緊張する」
「なんで緊張」
「ホテルでダブルベッドなんて久しぶりだから」

そんな事を言いながら奴は手を後ろで繋いで片足をぶらぶらさせる。何でいきなりそんな可愛い仕草をするのかと不思議に思ったが、どうやら照れていると恥じらっているとか、そんな感じらしい。

「じゃあここで良いか?」
「うん」
「寝相が悪かったらすまない」
「良いよ。頬をペシペシするから」
「ははは、じゃあわざと寝相悪くするか」
「忙しい間もマゾだね」
「年中無休でマゾだ」

奴があんな素振りを見せるからオレまで緊張してしまいそうだぞ。
だが久々の夢の国の後の、ロマンティックな欧州風ダブルベッド。そんな部屋に泊まるのなら、ちょっとぐらい初々しい方が良いのかもしれない。

しかし後から判明する。そのホテルの部屋にはエキストラベッドを無料で追加することが出来ると。

気を利かせてエキストラベッドを頼むべきか?
いいや、それは駄目だな。知らなかったことにしておこう。

==========

という訳で奇跡の2夜連続更新でした。

以前は自分のエントリーを長文だと感じていたが(1000~2000文字位です)、今は仕事で大量の文章を書いているせいで短く感じる。
だからと言ってポンポン書ける訳ではないのが残念だ。ブログは書く速度よりもネタがあるかどうかが問題だからな(笑)

さて、本格的に梅雨入りしたぞ。
予報を見ると見事に大雨続きだ。

奴は用心してインパ用にラバー製の靴を買ったが、皆さんもお足元にはお気を付けください。靴の中に雨が染み込んで気持ち悪くなりませんように。濡れたタイルで滑って転びませんように。乱暴な運転の車に水しぶきを掛けられませんように。服が濡れて風邪を召しませんように。

では楽しい週末をお迎えください。
今宵も心地の良い夢を。
おやすみ。

☆宜しければランキングバナーのクリックをお願い致します♪
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

奴の後悔
Wed.07.09.2016 Posted in 恋愛
『夏バテにはミネラル』という話を聞いたので、奴にミネラル豊富なナッツやお茶を勧めたが、その効果なのか奴の体調が随分と良くなった。

「頭がスッキリした」
「良かったな。そんなに効果があるとは思わなかったぞ」
「色々と買って来てくれてありがとうね」

今日の夜はそんな話をしながら平和に過ごしていていた。
数日ぶりに具合の良さを取り戻した奴はご機嫌で、オレに仕事の近状などを話してくれた。

しかし、急に奴が言った。「ああ、後悔しちゃうよ」と。
「何が?」とオレが訊くと、奴はこう答えた。

「食欲が無くて吐き気があった時、上司に食事に誘われたんだ。美味しいステーキを焼いてくれる店でね。その時はとても食べられなくてサラダしか食べなかったけど、今は物凄く食べたい! 美味しそうだったんだよ? 無理にでも食べれば良かった!」

ああ、そういう後悔か……。
と、オレは『なんだそんなことか』と思いつつも、思い切り悔しがっている奴に同情した。

まあオレにも経験がある。
体調が良くなると急に食欲が戻るんだよな。そして食べられなかった時に出されたものがとても美味しそうに思える。

(ちょっと違うがブッフェもそうだよな。もう一口も食べられないほど満腹になって店を出たはずが、後になって後悔する。あの時、無理をしてでももっと食べれば良かったと。……ちょっとではなく、かなり違う話だな)

「ステーキぐらいオレが奢るぞ。快気祝いに」
「それは悪いよ! 逆にオレがお前にご馳走しないと。心配して貰ったし、ナッツやお茶も買って貰ったし」
「いいから。ちょうど美味い店を知ったばかりだし。ステーキを石の板でジューって焼くんだ。良い匂いがするし、美味しかったぞ」
「そうなの? でも悪いな……」

悪いな、と言いつつも奴の青い目は猫のように輝いていた。

よほど食べたいのだな(笑)
まったく元気になったようで何より。

食欲もなくオエオエ(軽い吐き気だったが)言っていた日が何日が続いたから心配した。
今度の休みには奴が元気に食べる姿を見て安心させて貰わなくてはならない。だからステーキでもエビでも豆腐でもたくさん食べるんだぞ。

==========

という訳で、
オレにしては短文の更新をしてみたが、たまにはこういうのも良いか。
自己主張の激しい性分なのでもうちょっと何か書きたくなるが(笑)

明日は週の真ん中の水曜日。
東京では雨が降るとの予報なので外出される方は傘をお忘れなく。

今度こそ本当に降るんだろうな?

では、今宵も心地良く楽しい夢を。
明日も幸運な1日になるように応援しています。

おやすみ。

私信。
伶斗さんへ。OKです。可愛い呼び方をありがとう。誰もそう呼ばないので新鮮です。

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

絶対に効果のある雨乞いの方法を教えて下さい
Tue.06.09.2016 Posted in 恋愛
雨はどこに行った?

月曜日は確かに夜に降ったがタイミングが悪く、偶然を装って傘を置き忘れてくることが出来なかった(ボストン邸に居てな。傘を持っていなかったので買って来てボストン邸に忘れようと思ったが、ボストン君に「貸す」と言われてしまった)

昨日も今日も晴天だ。
晴天は好きだが、9月に入ったにしてはちょっと暑すぎる毎日だ。1日ぐらい涼しい雨が降って、オレも無事に傘を置き忘れて来たいものだ。

それはさておき、
前回のエントリーに書いた『過去話』の再スタートは明後日から始めさせてもらう事にした。

しかし今更こんなことを申し上げるのも何だが、そんなに期待される程の内容ではない事は予めご了承願いたい(汗)

ただの片思い話だ。ちょっとした事で希望を持ったり、落胆したり。オレが金髪巻毛のニャンコに振り舞わされて悶々としているだけの話だ。最後はちゃんと告白しているがな。

このブログとは別けようかと思ったが管理が面倒なのでここに書くことにした。
通常(今現在)のエントリーとは違うとすぐに判るように、エントリーのタイトルの頭に【過去】と書いておこう。あと、カテゴリも分けておかなくては。

では少々緊張するが明後日より、よろしくお付き合い下さい。
色々と考えて小説形式ではなくした。もっともオレは普通の日記を書いても小説っぽいと言われてしまうのだが(笑)

ところで麻疹のワクチンを打ってきた奴だが昨日までダルそうだった。
しかし奴は体調の悪さを隠したがるので(猫と同様)、オレが案じても「大丈夫」の一点張りだった。

「食欲がないな」
「そうでもない」
「目が虚ろだぞ」
「ちょっと眠いだけ」
「少し頬が火照っているか?」
「今日も暑いから」

オレは奴が正直になることを諦めて口当たりの良い洋菓子やアイスを買って来た。そしてそれらを奴に見せると、奴はソファから身を乗り出して「アイスがある。そのカキ氷の、貰っても良い?」と言った。

オレは了解して奴の頬にそれをピタリとくっつけた。
奴は目を細めて「気持ち良い」と言った。

やっぱり微熱が出ていたのだろう。
しかしオレはそこを突っ込んだりはせずにアイスのフタを取って、ムーミンのスプーンで掬って奴の口に運んだ。

「冷たいからゆっくりな」
「うん。……美味しい」
「今日も暑かったからな。昼間は無理をして歩いたんじゃないか?」
「今年はなかなか涼しくならないね。息苦しくなるよ」
「貴方は暑さに弱いからな」
「こんなにバテるのって初めて」

奴はシャクシャクと美味しそうにカキ氷を食べた。
夏バテの上にワクチンの微熱では辛かっただろうな。完全に体調が戻るまで仕事を休ませてやりたかったが今日はしっかりと出掛けて行った。「休んでいられないよ!」と笑って。

今日も暑かったので心配だった(雨降れよ!)
具合が悪くなってはいないかと何度かLINEでメッセージを送った。
奴からの返事は決まって「大丈夫」とか「ジブリ展の2回目はいつ行く?」とか話の擦り替え。

しかし長く一緒に住んでいるオレには見え見えだった。いつもはあるテンションや猫かぶりのぶりっ子(失礼)が全くなくて、やはり具合が良くないのだなと判った。

帰宅してみれば、確かに昨日よりは元気そうだったが、完治まではあと一歩という感じに見えた。
今日も僅かながら微熱があって、クッションを抱いてソファに身体を伸ばしていた。

「ジブリ展は貴方の好きな日で良いぞ。ただ、少し涼しい日が良いな」
「天気予報を見てみる」
「予報は当てにならないぞ」
「あはは、確かに」

そんな会話をしながらオレはずっと奴の髪を撫でていた。
今はそう奴に触れられる機会はないので嬉しいといえば嬉しかったのだが……。

いや、それよりも早く元気になって欲しいぜ。
奴が少し弱っているニャンコのような顔をしているのが辛い。

過保護か? そうじゃないよな。ワクチン接種をした後は誰でも暫くは副反応に注意しなくてはならない。奴の体調が完璧に戻るまではしっかりと案じ続けるぞ。

取り敢えず、
いい加減に雨が降って秋らしい気候になって欲しいもんだぜ。

再来週の22日は秋分だ。
その日までにはススキや鈴虫の似合う気温になっていれば良いな。

==========

という訳で、
オレも麻疹のワクチン接種を受けなくては。

奴にチューしてもらえば免疫が移るとか、そんなお手軽&ご都合主義な設定だったら良いのにな。まったく世の中というのは自分の都合の良いようには出来ていない。ケチだ。

皆さんもこのしつこい暑さのせいでバテてはいないか?
バテると食欲が失くなるものだが、そうするとますます体力が乏しくなるので、一日一回は血肉になるものをしっかりと召し上がって下さい。

8日(木曜)から天気が崩れて気温が30℃以下になると予報にはあるが、信用して良いものか? 信用はせずに期待しておくか。

では今宵も心穏やかに楽しい夢を。
明日も良い1日となりますように。

おやすみ。

私信。『ピストルに薔薇と蛇』の伶斗さんへ。
お返事無用の筈が当ブログのレビューで返ってくるとは、サービス精神旺盛な方ですね。
当方、小心な仔羊のハートの持ち主なのでお手柔らかにお願い致します。伶斗さんは色々と鋭そうだからなあ(笑)
それから、オレはマゾ属性なので「さま」はご遠慮ください。それ以外でお気軽にお呼びくださいませm(__)m

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

唇に誘惑される夏の終わり
Wed.31.08.2016 Posted in 恋愛
とある休日の朝、オレは眠たさで死にそうな顔をしていた。

奴が心配して紅茶を淹れてくれた。
そして聞いてくれた。何かあったの? と。

「いや、何もない。休日前だからってスマホで遊んでいたら眠れなくなってな」
「うわあ、どうしようもない」

オレ自身どうしようもないと思っていたが、そうハッキリと言わなくても(汗)
しかし奴を本気で呆れさせたのはその先だった。

「布団に入っても5時まで眠れなくてな。暇で、何度か三毛子を撫でだんたが、その度に三毛子は起きてオレの手を舐めたりスリスリしたりしてくれた」
「三毛子に迷惑を掛けてどうするの!」

まったく不甲斐ない。
これにはオレも反省するばかりだった。つい付き合いの良い三毛子を道連れにしてしまって申し訳なかった(汗)

オレは何となく思った。
この際だから奴に詫びなくてはならない事も白状してしまおうと……。叱られるのを覚悟しながら。

「申し訳ないって言えば……」
「何?」
「すまない、また傘を忘れてきた」
「また? どの傘?」
「いや、出先で買ったビニール傘だ。で、それを訪問先で忘れてきてまた傘を買い直したんだが、それもまた忘れてきた。あの日は雨が降ったりやんだりで、オレが訪問先を出る時には晴れているのが悪かった。降っていたら傘を忘れた事に気づいたのに」

「もう! 天気のせいにしないの!」とか叱られるかと思ったが奴は両手で頭を抱えてしまった。
どうやら奴をほとほと呆れさせてしまったようだ(汗)

流石にこれは言えなかったが、オレが傘を忘れたのはそれだけではなかった。8月に入って5本以上の傘を失くしている。どれも知っている場所に置いて来てしまったので、正確には『失くした』とは言えないのだが。

「すまない、今度から手の甲に『傘』って書いておく」
「そうして。じゃあ失くした傘の分のお金を入れてね」
「もちろんだ!」

オレはゴソゴソと財布を出して、奴はチャカチャカと音を鳴らしながら貯金箱を持ってきた。

少し前のエントリーに書いた(と思うが)貯金箱だ。
今では罰金制度も加わって(これで入れるハメになっているのはオレばかりだが)順調に溜まっている。満杯になったらオレと奴とでどこかに行く予定だ。行き先は溜まった時に決めようと約束している。

その貯金箱は500円玉専用。
購入したビニール傘は一本700円度なので、四捨五入して三枚の500円玉を入れようとした。

しかし変なところで正直になるオレは5本分の500円玉を入れた。その時はそんなに500円玉を持っていなかったので、足りない分は後でこっそりと追加して。

「また重くなったな。オレが傘を忘れて来たお陰だ」
「失くしてお金が無駄になっているから喜べないよ」
「すまない、傘を失くすのはこれで最後だ」
「これで最後ねえ? 最後にならなかったらどうしよう?」
「煮るなり焼くなり」
「お前は筋肉ばかりで美味しくなさそう」
「不味いだろうな。じゃあどうする? 罰則は貴方が決めて良いぞ」

奴は少し考えた。
そして言った。ぽってりとした赤い口を少し吊り上げて。

「お前に忘れられてしまった傘に代わってお仕置きだからね。オレの愛用の傘でお前のお尻をぶってあげる。真っ赤になるまで」

オレは思わず勃起しそうになった。
まさか奴の口から再び、こんな刺激的な台詞を聞かされることになるとは。

(お仕置きではなくご褒美だ!)

オレは感動を隠しながら「良いぞ、もう忘れないからな」などと言いつつ、次回の雨降りの日にさっそく意図的に忘れて来てやろうと予定を立てた。

次回の雨の予報は9月6日の火曜日!
必ず降れよ。もう台風はうんざりだが、秋らしくロマンティックに静かに降る雨を希望だ!

無事にお仕置きをして貰ったらご報告致します。
ちなみに奴の愛用の傘はオレがプレゼントした……。その日までナイショにしておこう(笑)

==========

さて、
ところでブログ村のゲイカテゴリが賑やかだ。

それに関して、というかランキング不正行為に良く見られるパターン的なものを追々オレも書かせて貰おうと思う。長年このカテゴリにいれば必然的に色々な情報が入って来るものだしな。

今夜は遅くなったので寝る。今夜も三毛子に迷惑を掛けては申し訳ない。

しかし三毛子は可愛いばかりでなく付き合いの良い子でな。
オレが横になるとオレの腕や肩を枕にして寝るし、撫でるとぺろぺろ返しをするし、オレが部屋に入るとお腹を向けてコロコロする。猫好きのツボを熟知している魔性のニャンコなのだと思う。

まったくオレは良い子を保護したもんだぜ。
いや、惚気ていないで眠らなくては。
幸い、今夜はちゃんと眠気がある。

皆さんも心穏やかに良い夢を。
明日は8月最後の日だ。
夏の最後に相応しく、楽しい1日になるように祈っています。

宿題や課題が残っている学生さんは本気で頑張って下さい、応援しています!(笑)

おやすみ。

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

NEXT PAGE »

topBack to TOP