夏の小鬼はなかなか手強い
Tue.04.07.2017 Posted in 友人や家族
数カ月ぶりに、ごきげんよう。

ブログの休止宣言をしたのは昨年の9月の中旬。これから涼しくなり始めようとする頃だった。

そして休止を終えてみれば、今は7月の初旬。これから暑くなり始めようと……いや、既に十分に暑いな? 東京都では30℃を超える日が続くようだし、今夜は今年初の熱帯夜だ。

このブログを長く読んで下さっている方々はご存知だろうが、オレのパートナーである奴君は暑さに弱い。長く日本に住んでいるとは言え、湿気とも暑さとも無縁な北欧生まれなのだから仕方がない。今年も夏日が始まったゴールデンウィーク辺りからバテバテだ。

「食欲がないから今夜はフルーツだけで良い」
「パスタも食べられないか?」
「うーん、良いや。頬の火照りが治らない」
「早くも重症だな」

度々そんな会話を交わしているが、そればかりか……。

辛いものなら食欲を刺激されるという事でカレー屋に行った時、奴はボーっとしながら店頭のサンプルにを悪戯するように指で突いたら、それは樹脂制ではなく本物のカレーで奴の指はカレーまみれになった。すまないと思いつつオレは爆笑して奴に背中をどつかれた(快感)

おまけに、中華レストランに独りで行って会計をした時、奴はボーッとしてレジカウンターに財布を置いて店を出てしまった(帰宅後に店に問い合わせたら財布は保管して下さっていたので良かった)

「来週ハワイへ行くが、一緒に行くか?」

と奴に持ち掛けたのはボストン君。
オレは「オレもオレも!」と言ったが相手にしてもらえなかった。相変わらず差別が激しい。

「行きたいけど急に一週間の休暇なんて取れないよ。それにもうすぐR(オレ)と京都・奈良へ行くから」

と奴が断ると、ボストン君は(物知りな大人の男をアピールするように)こんな事を言った。

「京都か。京都なら初夏も良いが真夏も良いぞ」
「真夏は凄く暑いんじゃない?」
「じっとりとした暑さの中、古都の街並みが打水される光景は良かった。それと、一斉に騒がしく鳴く蝉の声が京都の山々に染み入るようで素晴らしかった」
「へえ……」

日本の情緒が大好きな奴には、そのセリフはたまらなく誘惑的だったようだ。ボストン君と別れてから早速「真夏に行こうか?」と言ったぐらいに。

「かなり暑いぞ?」
「暑いって言っても外を歩く時だけだし」
「その歩いている最中に倒れて溶けなけりゃ良いが」
「あはは、溶けないよ」
「じゃあ貴方に任せる。行きたい日が決まったら言ってくれ。スケジュールを調整するから」
「うん」

予定では7月の下旬に行くつもりだった。
しかし夏の小鬼はなかなかの悪さ好きで、その予定は延期となった。

実家で13年間暮らしていたガーナ子という名の猫が死んでしまった。
毎日世話をしていた妹は酷く落胆して何度も何度も留めようのない涙を零した。

妹からその報告を受けた時、オレは自分の親指に残る傷痕に目を遣った。ガーナ子が実家に来て間もなく、オレが無理にガーナ子を抱っこしようとして噛まれた傷痕だ。オレは思った。死に目に会うことはできなかったが、この傷を残して貰えて良かった……と。

「すまない、京都と奈良は延期して良いか?」
「もちろんだよ」
「勝ち気な目をした強い子だったのにな」
「シロ子をいつも負かしていたのにね」
「シロ子もこれから寂しいだろうな」
「そうだね……」

ガーナ子を見送った夜、オレと奴は実家に泊まって話をした。酒を抜きにして、ソファの下とかカーテンの裏側とか、ガーナ子が良くいた場所を眺めては、その時その時のガーナ子の様子を思い出して。

以下、妹から聞いた話だ。
これを語りながら妹はまた泣いてしまったが。

室内で洗濯物を干す場所の横にはガーナ子のお気に入りのソファがある。しかし洗濯物を干そうとすると決まってガーナ子はどこかへ行ってしまう。安眠を妨害されるのが嫌だった為か、あるいは干す邪魔にならないように気を使った為か。

だが、病状が進行すると洗濯物を干し始めてもどこかへ行かなくなった。行けなくなったからだろう。身体が辛くて、行きたくても動けなくて。

「来年のこの日もチューリップを買って供えよう」
「忘れないようにメモっておく」
「白いソックスが可愛い子だったよね」
「あのアンヨがもう見られないのが辛いな」
「もっと撫でておけば良かった」
「そうだな」

語りだせば後悔は尽きない。
もっと撫でてやれば良かった。
もっとオヤツを差し入れれば良かった。
もっと語り掛けてやれば良かった。
……。

それでもガーナ子が少しでも楽しく暮らせていたのなら嬉しい。大満足とまではいかなくても、「あの時にもらったオヤツは美味しかった」と天国で思い出してくれるぐらいには満たされていたなら。

ところで、オレは忘れられない贈り物をガーナ子から受け取ったのかもしれない。

妹に報告を受けた時、オレはまったく実感を覚えなかった。だが、そのくせに翌日の早朝(目覚める間際)に夢を見た。ガーナ子が元気に飛び跳ねている夢だ。それを眺めながらオレは思った。良かった元気だ、と。

あれは虹の橋を無事に渡ったというガーナ子からのメッセージだったのかもしれない。今はもうこんなにも元気だから、たとえ実家に来て痩せ細った亡骸を見ても悲しまないで欲しいと。

もしもそうだったのなら、優しい子だな。
悲しまないでいるのは無理だったが。

しかしガーナ子は辛い苦しみを乗り越えて今は楽になったのだという安堵を覚えられた。もっとガーナ子にしてやれることはなかったのかという疑問に胸を痛ませながらも、頑張ったなと、ちゃんとガーナ子を見送ることが出来た。

==========

という訳で、お久しぶりです。
このエントリーを機にまた不定期ではありますが更新しようと思います。

長期休止期間にもこのブログを訪れて下さった方々に心からの感謝を申し上げます。ありがとうございます。

どうぞ今後もご贔屓の程を。
全国的に今年の夏も非常に暑いようだが、皆さんがバテることなく(奴はバテバテだが)日々元気であるように応援しております。

では今夜も楽しい夢を。
おやすみ。

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

暫しお休みします
Tue.13.09.2016 Posted in お知らせ
過去日記をはじめたばかりなのに申し訳ありません。
暫くブログの更新をお休みさせて頂きます。

つい先日の事、力を入れて進めていた仕事がボツを食らいました。
どっぷりと落ち込んいたいところですが限られた時間の都合でそうも行かず、落ち込みと焦り(その仕事のやり直し)の狭間でもがいている次第です。

この問題に見通しが付くまで、仕事に能力の全てを傾ける事にしました。
それまで休止とさせて頂きます。

更新を待っていて下さっている方々には深くお詫びを申し上げます。
過去日記を1話だけ書いてお休みになるとは思ってもみなかったのでますます申し訳ないです。

オレ自身、再開できる日を心待ちにしております。
どうぞ暫しの身勝手をお許し下さい。

更新をお休みしている間も皆さんの健康と幸運をお祈りしております。

いよいよ秋めいて過ごしやすいシーズンの到来です。
皆さんと皆さんの大切な方々が共に幸せでありますように。

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

【過去日記1】片思い
Thu.08.09.2016 Posted in 過去日記
はじめまして。

このブログを『ゲイ』というカテゴリに登録した。

笑えるぜ。
だがオレはこれから同性である片思いの相手とのやり取りを綴って行く訳だから妥当な筈だ。

笑えるのは滑稽だからではなく、こんな風にブログに書かずにはいられないほどオレの気持ちがヒートしているからだ。そして柄にもなく彼との付き合いに慎重になっているからでもある。

どうしてもオレは彼の事が好きらしい。
彼は非同性愛者だが、それでも何とかして結ばれたいと願うほど。
もしもフラれたとしても、こんなところにこっそりと情熱の限りの気持ちを書き記して置きたと思うぐらいに。

さて、すっかりオレを悩ませてくれているその彼は今日も元気に出社している。

オレの斜め横で笑っている。
自分のブースから引っ張ってきた椅子に座って、同僚達と他愛もない話をして。

憎い奴だぜ。
昨夜もオレはお前が原因でロクに眠れなかった。夜中過ぎまで行き付けのバーで飲んで、友人の話を軽く流しながらずっとお前の事を考えていた。

そんなオレの気持ちなんぞ全く無関心といった様にお前は今日も良く笑う。

憎たらしいが、今日もくるくるとした金髪が可愛いぜ。少し顔を揺らすとふわふわと揺れてな。
そして目がなくなって皺くちゃになるまで笑う笑顔も可愛い。いつもは人形のように綺麗な青い目をしているのにな。

欧米人は日本人よりも表情で感情を表すが、今まで何人かの欧米人と交流を持ってきたオレだが、奴ほど表情によってガラリと雰囲気が変わるタイプも珍しいと思う。

さっきまでは紳士然としたビジネスマンの顔をしていたくせに、次の瞬間には屈託のない少年地味た笑顔になる。
そんな変化を目の当たりにする度にオレは二度も続けて奴に目を奪われる。どちらの奴も好きで。そして、その変化を見たいが為にますます奴に目を奪われる。まったくもう勘弁して欲しいぜ。

と、今まで吐き出せなかった気持ちの一部を勢いに任せて書いてみたが、なかなか悪くないな。

ちょっと気恥ずかしさはあるが、気が向いたらまた書いてみるか。
その時にはまたお付き合い頂けたら嬉しい。

==========

さて、
ようやく雨が降ったぞ。
しかし今日は忙しすぎて傘を構っている余裕がなかった(泣)

なかなかタイミングが悪くてロマンが遠ざかる思いだが、次回の機会こそ上手くやる決意をして頑張ろう。

皆さんも色々な目標をお持ちかと思うが、それが達成できるように応援しています。

明日は平日最後の金曜日だ。
お仕事が終わった後には、5日間の疲れを吹き飛ばすように楽しくお過ごし下さい。

金曜の夜か。
奴はガールフレンドとデートだろうな。なんてネガティブにはならないぞ(笑)

では、おやすみ。

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

奴の後悔
Wed.07.09.2016 Posted in 恋愛
『夏バテにはミネラル』という話を聞いたので、奴にミネラル豊富なナッツやお茶を勧めたが、その効果なのか奴の体調が随分と良くなった。

「頭がスッキリした」
「良かったな。そんなに効果があるとは思わなかったぞ」
「色々と買って来てくれてありがとうね」

今日の夜はそんな話をしながら平和に過ごしていていた。
数日ぶりに具合の良さを取り戻した奴はご機嫌で、オレに仕事の近状などを話してくれた。

しかし、急に奴が言った。「ああ、後悔しちゃうよ」と。
「何が?」とオレが訊くと、奴はこう答えた。

「食欲が無くて吐き気があった時、上司に食事に誘われたんだ。美味しいステーキを焼いてくれる店でね。その時はとても食べられなくてサラダしか食べなかったけど、今は物凄く食べたい! 美味しそうだったんだよ? 無理にでも食べれば良かった!」

ああ、そういう後悔か……。
と、オレは『なんだそんなことか』と思いつつも、思い切り悔しがっている奴に同情した。

まあオレにも経験がある。
体調が良くなると急に食欲が戻るんだよな。そして食べられなかった時に出されたものがとても美味しそうに思える。

(ちょっと違うがブッフェもそうだよな。もう一口も食べられないほど満腹になって店を出たはずが、後になって後悔する。あの時、無理をしてでももっと食べれば良かったと。……ちょっとではなく、かなり違う話だな)

「ステーキぐらいオレが奢るぞ。快気祝いに」
「それは悪いよ! 逆にオレがお前にご馳走しないと。心配して貰ったし、ナッツやお茶も買って貰ったし」
「いいから。ちょうど美味い店を知ったばかりだし。ステーキを石の板でジューって焼くんだ。良い匂いがするし、美味しかったぞ」
「そうなの? でも悪いな……」

悪いな、と言いつつも奴の青い目は猫のように輝いていた。

よほど食べたいのだな(笑)
まったく元気になったようで何より。

食欲もなくオエオエ(軽い吐き気だったが)言っていた日が何日が続いたから心配した。
今度の休みには奴が元気に食べる姿を見て安心させて貰わなくてはならない。だからステーキでもエビでも豆腐でもたくさん食べるんだぞ。

==========

という訳で、
オレにしては短文の更新をしてみたが、たまにはこういうのも良いか。
自己主張の激しい性分なのでもうちょっと何か書きたくなるが(笑)

明日は週の真ん中の水曜日。
東京では雨が降るとの予報なので外出される方は傘をお忘れなく。

今度こそ本当に降るんだろうな?

では、今宵も心地良く楽しい夢を。
明日も幸運な1日になるように応援しています。

おやすみ。

私信。
伶斗さんへ。OKです。可愛い呼び方をありがとう。誰もそう呼ばないので新鮮です。

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

絶対に効果のある雨乞いの方法を教えて下さい
Tue.06.09.2016 Posted in 恋愛
雨はどこに行った?

月曜日は確かに夜に降ったがタイミングが悪く、偶然を装って傘を置き忘れてくることが出来なかった(ボストン邸に居てな。傘を持っていなかったので買って来てボストン邸に忘れようと思ったが、ボストン君に「貸す」と言われてしまった)

昨日も今日も晴天だ。
晴天は好きだが、9月に入ったにしてはちょっと暑すぎる毎日だ。1日ぐらい涼しい雨が降って、オレも無事に傘を置き忘れて来たいものだ。

それはさておき、
前回のエントリーに書いた『過去話』の再スタートは明後日から始めさせてもらう事にした。

しかし今更こんなことを申し上げるのも何だが、そんなに期待される程の内容ではない事は予めご了承願いたい(汗)

ただの片思い話だ。ちょっとした事で希望を持ったり、落胆したり。オレが金髪巻毛のニャンコに振り舞わされて悶々としているだけの話だ。最後はちゃんと告白しているがな。

このブログとは別けようかと思ったが管理が面倒なのでここに書くことにした。
通常(今現在)のエントリーとは違うとすぐに判るように、エントリーのタイトルの頭に【過去】と書いておこう。あと、カテゴリも分けておかなくては。

では少々緊張するが明後日より、よろしくお付き合い下さい。
色々と考えて小説形式ではなくした。もっともオレは普通の日記を書いても小説っぽいと言われてしまうのだが(笑)

ところで麻疹のワクチンを打ってきた奴だが昨日までダルそうだった。
しかし奴は体調の悪さを隠したがるので(猫と同様)、オレが案じても「大丈夫」の一点張りだった。

「食欲がないな」
「そうでもない」
「目が虚ろだぞ」
「ちょっと眠いだけ」
「少し頬が火照っているか?」
「今日も暑いから」

オレは奴が正直になることを諦めて口当たりの良い洋菓子やアイスを買って来た。そしてそれらを奴に見せると、奴はソファから身を乗り出して「アイスがある。そのカキ氷の、貰っても良い?」と言った。

オレは了解して奴の頬にそれをピタリとくっつけた。
奴は目を細めて「気持ち良い」と言った。

やっぱり微熱が出ていたのだろう。
しかしオレはそこを突っ込んだりはせずにアイスのフタを取って、ムーミンのスプーンで掬って奴の口に運んだ。

「冷たいからゆっくりな」
「うん。……美味しい」
「今日も暑かったからな。昼間は無理をして歩いたんじゃないか?」
「今年はなかなか涼しくならないね。息苦しくなるよ」
「貴方は暑さに弱いからな」
「こんなにバテるのって初めて」

奴はシャクシャクと美味しそうにカキ氷を食べた。
夏バテの上にワクチンの微熱では辛かっただろうな。完全に体調が戻るまで仕事を休ませてやりたかったが今日はしっかりと出掛けて行った。「休んでいられないよ!」と笑って。

今日も暑かったので心配だった(雨降れよ!)
具合が悪くなってはいないかと何度かLINEでメッセージを送った。
奴からの返事は決まって「大丈夫」とか「ジブリ展の2回目はいつ行く?」とか話の擦り替え。

しかし長く一緒に住んでいるオレには見え見えだった。いつもはあるテンションや猫かぶりのぶりっ子(失礼)が全くなくて、やはり具合が良くないのだなと判った。

帰宅してみれば、確かに昨日よりは元気そうだったが、完治まではあと一歩という感じに見えた。
今日も僅かながら微熱があって、クッションを抱いてソファに身体を伸ばしていた。

「ジブリ展は貴方の好きな日で良いぞ。ただ、少し涼しい日が良いな」
「天気予報を見てみる」
「予報は当てにならないぞ」
「あはは、確かに」

そんな会話をしながらオレはずっと奴の髪を撫でていた。
今はそう奴に触れられる機会はないので嬉しいといえば嬉しかったのだが……。

いや、それよりも早く元気になって欲しいぜ。
奴が少し弱っているニャンコのような顔をしているのが辛い。

過保護か? そうじゃないよな。ワクチン接種をした後は誰でも暫くは副反応に注意しなくてはならない。奴の体調が完璧に戻るまではしっかりと案じ続けるぞ。

取り敢えず、
いい加減に雨が降って秋らしい気候になって欲しいもんだぜ。

再来週の22日は秋分だ。
その日までにはススキや鈴虫の似合う気温になっていれば良いな。

==========

という訳で、
オレも麻疹のワクチン接種を受けなくては。

奴にチューしてもらえば免疫が移るとか、そんなお手軽&ご都合主義な設定だったら良いのにな。まったく世の中というのは自分の都合の良いようには出来ていない。ケチだ。

皆さんもこのしつこい暑さのせいでバテてはいないか?
バテると食欲が失くなるものだが、そうするとますます体力が乏しくなるので、一日一回は血肉になるものをしっかりと召し上がって下さい。

8日(木曜)から天気が崩れて気温が30℃以下になると予報にはあるが、信用して良いものか? 信用はせずに期待しておくか。

では今宵も心穏やかに楽しい夢を。
明日も良い1日となりますように。

おやすみ。

私信。『ピストルに薔薇と蛇』の伶斗さんへ。
お返事無用の筈が当ブログのレビューで返ってくるとは、サービス精神旺盛な方ですね。
当方、小心な仔羊のハートの持ち主なのでお手柔らかにお願い致します。伶斗さんは色々と鋭そうだからなあ(笑)
それから、オレはマゾ属性なので「さま」はご遠慮ください。それ以外でお気軽にお呼びくださいませm(__)m

☆いつもクリックをありがとうございます。本日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

NEXT PAGE »

topBack to TOP